新着フリーゲーム

現在、9059作品掲載。フリーゲーム(無料ゲーム)の投稿 受付中。

ダウンロードランキング

週間DL数順

プレイランキング

週間プレイ数順

フリーゲームアップデート情報

最近投稿されたフリーゲーム一覧

(投稿順)

おすすめフリゲが集う『フリーゲーム大賞』の結果はこちら

  • フリーゲーム大賞2023の結果発表
  • フリーゲーム大賞2022の結果発表
  • フリーゲーム大賞2021の結果発表
  • フリーゲーム大賞2020の結果発表

フリーゲーム/無料ゲームランキング(全期間の集計結果)

フリーゲーム 総合得点ランキング

フリーゲーム ダウンロード数ランキング

フリーゲーム レビュー数ランキング

フリーゲーム アクセス数ランキング

フリーゲーム 偏差値ランキング

フリーゲーム 平均評価ランキング

最近投稿されたフリゲレビュー(星3以上)

  • 久遠の彼方のイメージ 久遠の彼方
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2024年04月21日 12時40分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4

    毎回ハイレベルな作品を出し続けているTS氏ですが今作は氏の作品の中でも最高傑作といってもいいでしょう。フリゲ界隈に留まらず商業作品でも昨今このレベルのシナリオ、キャラの魅力の作品はほとんどありません。ゲーム性のみで見るなら他にもいい作品はあると思いますが、シナリオやキャラを重視する人にとっては間違いなく最高の一作になると思いますので是非プレイしてみてください。

  • 久遠の彼方のイメージ 久遠の彼方
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2024年04月21日 11時38分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 3
    • 5
    • 5

    フリーゲームどころかコンシューマーの名作ともタメを張れるレベルのビックリ大作SRPG。
    ゲームバランスは世界観に寄り添っており、ゲームというよりはプレイする読み物という性質が強い。
    BGMが平凡なこと以外には目立った欠点は無く、総合的にハイレベルな作品。

  • 久遠の彼方のイメージ 久遠の彼方
    user-pic
    ただのファン / 投稿日時 -[2024年04月21日 10時26分]
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4

    夢現で公開前から遊んでましたが1ヶ月このゲームが生活の中心になるくらいハマりました
    個人的にシナリオの面白さはあのランス10に並ぶくらい面白かったです
    前作の新説魔法少女でも思いましたがこれだけ多数のキャラクターを埋もれさせることなく動かす手腕はさすが
    間違いなく神ゲー

  • 久遠の彼方のイメージ 久遠の彼方
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2024年04月21日 9時56分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    令和入ってからプレイしたゲームで最高のゲームです!

  • 久遠の彼方のイメージ 久遠の彼方
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2024年04月21日 9時13分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5

    新説魔法少女が素晴らしかったのでプレイ、今作も期待を上回る面白さでした。
    個人的にTS様のSRPGの魅力は、ストーリー上のキャラクターの強さとゲーム上の性能にズレがなく、ストーリーにのめり込める点、及び終盤に特に強くなるキャラクターの性能が特出しており、爽快感がある点だと思っておりますが、今作も新説魔法少女に負けないくらい、上記の要素がありました。
    ここ最近のフリゲの中なら一番かと思いますのでプレイ推奨です。

  • ルクトクスの刻印~風の使い手と貿易都市カサンドラ~完成版のイメージ ルクトクスの刻印~風の使い手と貿易都市カサンドラ~完成版
    user-pic
    夢幻台 / 投稿日時 -[2024年04月21日 8時00分]
    • 5
    • 3
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5

    「作者視点」の有無で評価が真っ二つに分かれそうな印象です。まずその発想が超独特で思いつかない、そして思いついたとしても作るに至らない、さらに作り始めたとしてもほとんどの人は形にできない「ぼくの考えた最強長編RPG」をそのまま形にしたらこうなった、という作品です。

    ・全く必然性の無い戦闘メッセージの煽り(清楚なキャラが「何だあ~今の攻撃は?」とか言う)
    ・元の設定が木端微塵に吹っ飛んだ歴史上人物(しかも出典が完全に異種格闘技戦状態)
    ・同一キャラが複数の全く違うグラフィックかと思えば、別キャラが同一グラフィックだったり
    ・全編続く、誤字かネタか独自用語か判別不能の文字列(ネタ的な言葉いじりが一般用語にも及ぶ)
    ・後半はボスの大半が某至高唯一神もビックリの顔面ラッシュ(手も添えてる)のシュールさ
    ・ペルソナのアンクウやKOFのザナドゥも想像しない会話内容、超展開と超設定
    ・クリアにゲーム外の作業(BGMファイル関係でエラーが出るので)が必要という超攻略手順あり
    ・最後まで謎のサブタイトル「風の使い手」(こじつければ該当しそうなキャラは1人いますがそれもサブタイトルに関わる程重要キャラか?と言われれば疑問)などなど…。

    これらの内容がギャグではなく大真面目に一斉に押し寄せてきます。無理にでも当てはめるなら「カオス」や「電波」という言葉が近いのでしょうが、それらの言葉でもまだ足りない気がします。この作品ジャンルを形容できる言葉が日本語には無いです(無知ですみません)。

    正直プレイヤー視点しかないと「何これ!?」な要素だらけなのですが、ゲームを作っている作者視点まで含めると「やりたかったんだろうなあ…」で納得してしまう、多少強引ではありますが納得させられてしまう熱量があります。そこに理由も理屈も辻褄も必要ない。「だってやりたかったんだもん!」で全てを解決し、完成まで辿り着く熱量は羨ましいと思うし、一周回って面白さを感じられるのではないでしょうか。

    一方で戦闘バランスに関しては、うっかりするとザコ敵でも1ターンで全滅する程度には難しいですが、耐性を考えて攻略すれば「それなりに難しい」の範疇に収まっていると思います。とりあえず大きな数字が飛び交うので細かい計算はほぼ不要で「何発耐えられるか、あと何発で倒せるか」くらいの大雑把な認識でOKです。謎解きやストーリー進行に関しても然りで、肝心な場面でメモに頼れない状況は特に後半に結構あるものの、それも「それなりに難しい」の範囲内かなと思います(前述のゲーム外での作業が必要な場面を除けば)。

    もしかしたら、もしかしたらですがある種の、文学ならぬゲーム学、新たなフリーゲーム文化としてのポテンシャルがあると思うので、フリーゲームに詳しい(自称含む)有識者の方にもぜひプレイしてもらって、ご意見を頂きたいです。1~2話のプレイでその片鱗は見えますが全編通して考えるとそれもまだまだ軽いジャブ。長編ゆえに難しさもあるとは思いますが、ぜひエンディングまで辿り着いた時に感じた「フリーゲームってこういうのもアリだよね」という清々しさを体験して欲しいです。

  • 久遠の彼方のイメージ 久遠の彼方
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2024年04月21日 5時59分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    ストーリーの面白さと敵味方問わずキャラクターの魅力が秀逸な作品です。ステージがクリアできなくても、経験値を得た状態でやり直せるので、過去作品と比べて難易度は下がっています。ゲームを遊ぶというより、ゲームを通して物語を楽しむ作品だと思いました。

  • 久遠の彼方のイメージ 久遠の彼方
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2024年04月21日 4時43分]
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5

    第一に書きたいのはかなりの大作だということ。
    作者の公開しているSRPGはどれもクオリティの高い長編だが、その中でも随一のボリュームがある。
    全30話という数字ではあるものの、実際は1話内に数回戦闘マップがあったりするのでその厚みは相当なもの。

    物語の舞台はややコンパクトだが今作は「集団」の数が多く、またガンガン状況が動くのでキャラクター数が膨大。
    そして作者の過去作同様、主要登場人物皆が個性的で、当然のように固有グラフィックと戦闘アニメーションが存在する。
    想像するだけで鳥肌が立つ仕事量であり、この部分のみ切り取ったとしても「一線を画す作り込み」と言えると思う。
    まさか立ち絵以外は既存グラ…という半モブ的キャラクターにあんなにカッコいい固有技があるなんて…

    また、今作は過去作と比べても戦闘アニメを用いた演出が豊富で、最も力を入れたであろう終盤のシーンなどは文字通りに圧巻。変な笑いが出たほど。
    チップだけの演出でもスピード感があり見ごたえがあるので、「SRPGだけど視覚的にアツい」というのは個人的にかなり美味しい部分である。


    小説的なアプローチも大きな特徴で、場面転換がそのままゲーム部分に直結するという珍しい(?)構成が印象に残る。
    バラバラになった仲間をそれぞれの視点で操作していく…といった形はどの作品でも良く見るが、戦闘中の陣営丸々操作対象が移るのは経験したことがない。
    A陣営で殴るステージの次にA陣営から殴られるステージが来るのはかなり新鮮で、なかなか挑戦的な部分だと感じた。

    多角的に演出ができて、キャラもたっぷり描きつつ、後半のシナリオの都合に合わせて全員に触ることができる…というのは結構な妙手だと感心したが、同時に人によっては失点になりそうな部分だなとも思う。
    これからどうなるんだ…!というところで操作陣営が変わる没入間の仕切り直しを、新鮮と感じるか唐突と感じるかで好みが割れそうな印象があった。

    好みが大きく割れそうな部分は他にもあるが、その一つが主人公姉弟の弟…を取り巻く人間関係である。
    弟は非常に魅力的な人物という設定なのだが、容姿の美しさや血統を加味してもかなり強引にモテる上、双子の姉は姉弟愛という言葉では片付けられないレベルで溺愛している。ここは人を選ぶだろう。
    ここから発生するドタバタは面白く、設定的にもモテる事自体は気にならないが、如何せんそこまでの描写に乏しく、強引に脳内補完してようやく納得できるかなというレベル。
    特に姉からの愛情は最序盤からフルスロットルな上に一切の理由が存在しないので、そういうものだとしっかり割り切る必要がある。


    ネタバレになるので書けないことだらけであるが、魅力的なキャラクター群と極厚のシナリオ、それを彩るグラとアニメは文句無しに高品質でフリーSRPGとしては異常なほど贅沢な作品。
    セーブ制限もなく、経験地引継ぎのリトライもあるのでSRPG初心者にも優しい…が、初心者がこの作品に触れると他の作品をフラットに楽しめなくなるかもしれないという変な心配がある。

  • アステロイドファイトのイメージ アステロイドファイト
    user-pic
    ムトト / 投稿日時 -[2024年04月21日 1時55分]
    • 3
    • 3
    • 4
    • 2
    • 2
    • 2

    飽きずに長く遊べる工夫は、誰かと対戦出来る事かな。
    それから、チョッとした息抜きにもなると思うので、シナリオは、3点。

    グラフィックは、自機がカッコイイですし、隕石や着弾時のグラフィックが良いと感じました。
    固定されている敵は他の作品でも見たような・・・

    サウンドは、効果音だけですが、効果音は分かりやすくていいのですが、カッコイイ自機に合いそうなBGMでもあれば・・・と、思いました。

    システムは、操作が少し厄介・・・
    6人対戦できるのなら、例えばですが、コンピューター相手に戦えたりとかあったら・・・
    例えば人間5人とコンピューター1人で合わせて6人とかみたいなだったら・・・例えばコンピューターが何人かとかも決めて遊べるならもっと面白くなるのでは?と思いました。

    独創性は、似たような作品を良く見ると思いますので・・・
    ただ、6人対戦というのは良かったかも。

    総評は3点。
    自分は息抜きする時にプレイしています。
    普段あまりプレイしないジャンルでしたので、それが息抜きになるので・・・
    操作も難しいというか厄介ですが、難しいながらもなんとか操作するのも気分転換になると思ってますので・・・
    そういう点では、この作品は、とても魅力的であると言えます。

    有難う御座いました。

  • THE新海誠のイメージ THE新海誠
    user-pic
    ムトト / 投稿日時 -[2024年04月21日 1時32分]
    • 3
    • 3
    • 2
    • 4
    • 1
    • 3

    とても風変りだけど、意外とハマってしまう不思議な作品だと思いました。
    最高記録は、20533333000円でした。しかも初めてのプレイ時に。
    あとは、上手くやろうと意識し過ぎてしまい、散々な結果に・・・
    何でも、上手くやろうとし過ぎるのは良くないって事ですかね?そういう意味では少し勉強になりました。

    物語では、モノ作りの難しさや厳しさが描かれていて勉強になりました。
    一度クリアするとスコアアタックモードが解禁されるようで、遊びやすくなって良いんじゃないですか?

    グラフィックは分かりやすいとは思いますが、良く見かけるタイプの素材ばかりなのと、画面が頻繁に揺れるのがあるので、少し評価が低いです・・・

    サウンドは、普通かな…だけど、たまにおじいちゃんボイスがあるのが良かったかも。

    システムは、シャッターを切りたくても凄く離れてしまってなかなか戻ってきてくれない事が多くて大変でした。
    モノ作りの厳しさを表現したつもりでしょうが、もう少し遊びやすくても良かったのではないでしょうか?

    独創性は、パロディというかオマージュというか、そういうのが強いので、2点くらいかなと思いましたが、制作者様は、新海監督の熱狂的なファンなのかなって思いました。
    そして、おそらく、新海監督は、制作者様にとって、物凄い衝撃を与えた人物なのだと思います。だから、それを、物凄く独創的な表現方法で描いている・・・
    こんな凄い表現の仕方は、初めて見ると思います、正直、凄いです!!!
    なので、他の事で減点しても、この独創的な表現と、監督への尊敬の意を考慮して、この評価としました。
    総評も、このゲーム作品の制作者様の独創性あふれる思いが自分には凄まじい衝撃であった為、このように評価いたしました。

    この作品の制作者様は、おそらく、独創性だけで見ると、他の人に決して真似できないものを持っており、誰も描けないような独特の表現や思想みたいなのを持っているのだと思います。
    それは、本当に凄い事です・・・磨けば、第一線で活躍できる凄いクリエイターになれるだろうと、自分は本気で思ったほどです・・・

    それから、作中に出てきたものの名称とかを、少し変えた方が良いのでは?とも思いましたが、ゲームの説明を見て、セーフだとあるので、やはり、大好きな監督へのリスペクト的なものだろうと思い、このゲーム作品を評価したくなりました。

    有難う御座いました。

最近のコメント一覧/フリーゲーム投票レビューをもっと見る

サイトの活動目的と目指すところ

フリーゲーム夢現は、過去10年間の3万件を超すレビュアーのコメント投票を元にした統計から、おすすめフリーゲームをランキング形式で簡単に探せる無料ゲーム投稿サイトです。

主な活動目的は、フリーゲームを探している人には、皆様からのコメント投票レビューによる人気ランキング化されたおすすめの名作フリーゲームがすぐわかるように。また制作者様には、多くの人に広くゲームを掲載・発表できる場として、より一層自由度の高い紹介ページで投稿作業ができるように。

フリーゲーム夢現は、「無料で面白いフリーゲームをプレイしたい人」「自作ゲームを遊んでもらいたい制作者」の双方にメリットのあるフリゲ紹介サイトをこれからも目指して、フリーゲーム界をより一層に盛り上げていきたいと思います。

フリーゲーム夢現 管理人

最近注目されているフリーゲーム

全期間のレビュー数ランキングを見る

投げ銭で応援しよう!寄付できるゲーム一覧
サイト内検索