最近投稿されたレビュー一覧(新着順)

  • 姫騎士くっころちゃんのイメージ 姫騎士くっころちゃん
    user-pic
    だんご / 投稿日時 -[2019年01月18日 23時56分]
    • 5
    • 4
    • 3
    • 4
    • 2
    • 4

    めっちゃ面白かったです。
    ハッピーエンドのル-トまで行くのは難しかったけど・・・
    でも、ハッピーエンドを見たくて燃えましたww

  • I・S・U~Fighting Musical Chair~体験版のイメージ I・S・U~Fighting Musical Chair~体験版
    user-pic
    パラシュートおじさん / 投稿日時 -[2019年01月18日 17時01分]
    • 5
    • 2
    • 4
    • 3
    • 5
    • 5

    イス取りゲーム×格闘ゲーム。
    ただし、格闘系ゲームにありがちなコマンド入力やジャンプアクションを排し、戦術やタイミングに特化した印象が強いです。

    このゲームのポイントは「3秒イスに座れば勝ち」という勝利条件。
    これのおかげで殴り合いが必須ではなくなります。
    格ゲーやス○ブラが苦手な私ですが、格ゲーが得意な人とやってみたところ、対等に対戦できました。
    戦術が多様で、誰とでも楽しめる対戦ゲームとしておすすめです。

    【良いところ】
    システム・オリジナリティ:イスに座る(近づく)ことが主ですが、あえて近づかない戦術などもとれて奥が深い。
    グラフィック:ドット絵がメイン。レトロゲーム好きにはおすすめ。
    【その他】
    シナリオ:戦術性メインなのでストーリーはほぼ無し。
    サウンド:BGMやSEは無難に用意されています。

  • SUPER QUESTのイメージ SUPER QUEST
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月18日 9時47分]
    • 2
    • 2
    • 3
    • 3
    • 1
    • 4

    理不尽な謎解きで胃に穴が開き涙が止まりません。
    レベル上げにとんでもない時間かかってます。
    いつか良い思い出になるでしょうか。

  • 【スマホ対応DLなし!】東方 太鼓の仙人【太鼓風リズムゲーム】280曲以上収録!のイメージ 【スマホ対応DLなし!】東方 太鼓の仙人【太鼓風リズムゲーム】280曲以上収録!
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月18日 0時17分]
    • 3
    • 4
    • 3
    • 4
    • 5
    • 3

    面白いです

  • もけきゃあハザードのイメージ もけきゃあハザード
    user-pic
    a / 投稿日時 -[2019年01月17日 17時14分]
    • 4
    • 3
    • 3
    • 5
    • 3
    • 5

    敵が来る時に、赤くなる演出が分かりやすくて良かった。あと、キーボードで入力するとその方向にいったままになりますが、コントローラー(x box)だと普通に移動しました。環境 windows7 64bit。

  • Twelve~世界から13番目の君と~のイメージ Twelve~世界から13番目の君と~
    user-pic
    かぬい金 / 投稿日時 -[2019年01月17日 16時04分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 3
    • 5

    レビューのほう失礼します。
    とても感動しました。個人的には最初の話と三つ目の話がつぼにはまりました。
    ところどころの凝られた演出にも製作者さんのこだわりを感じました。
    全ての真実が明らかになったときは悲しかったです。ここまで泣かしてもらったのは、長年フリーゲームをプレイさせてもらっている自分でもほかにはあまり記憶がないです(笑)
    有料の作品と比べても負けていない名作でした。

  • 勇者レース(仮)のイメージ 勇者レース(仮)
    user-pic
    月華の犬歯 / 投稿日時 -[2019年01月17日 10時06分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    ウディタの標準素材のみを使って作られていますが
    ゲームデザインが面白く結構凝った作りになっています
    RTAを題材にしていて作者のタイムと競う事も出来ます
    ルート開拓や効率化を好むやり込みタイプの方は結構気に入るかも知れません
    タイムにこだわらずプレイする分には幅広い方にも楽しめる内容で
    コマンド戦闘が苦手な方だとクリアを目指すだけでも十分やり応えがあると思います

  • スペランツァレガーメのイメージ スペランツァレガーメ
    user-pic
    永藤雪 / 投稿日時 -[2019年01月17日 8時35分]
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5
    • 3
    • 4

    ゲーム内容やストーリーやシステムが本格的でした。多少セクシーで残酷なのがありましたが、演出として楽しめました。声が入っていて演技も本格的でした。ゴルゲのユニットが黒くないのが難点でした。

  • 404 not foundのイメージ 404 not found
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月15日 20時18分]
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4

    中々の難易度でどのステージも楽しめました!続きのステージも楽しみにしています!

  • 【スマホ対応DLなし!】東方 太鼓の仙人【太鼓風リズムゲーム】280曲以上収録!のイメージ 【スマホ対応DLなし!】東方 太鼓の仙人【太鼓風リズムゲーム】280曲以上収録!
    user-pic
    幽々子大好き / 投稿日時 -[2019年01月15日 16時48分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    このゲームは東方が好きな人は、すごく面白いと思います!

  • クミとクマのイメージ クミとクマ
    user-pic
    こあら / 投稿日時 -[2019年01月15日 14時49分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    小学生の時、初めてプレイしました。
    大人になった今でも、時折あの世界観を思い出します。
    名作です。

  • ソードマン長岡の一日(Prototype_Ver)のイメージ ソードマン長岡の一日(Prototype_Ver)
    user-pic
    月華の犬歯 / 投稿日時 -[2019年01月14日 16時17分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    シンプルに面白いゲームでした
    一面は何も考えずに剣振ってれば良いので爽快
    二面は適度に難しくなるので手応えがあり
    三面はぬるゲマの私には厳しかったですねぇ(;´Д`)
    全体的には色んなレベルの人が楽しめる作りだと思う

    スマホのゲームもここからDLできるのは便利です
    ちなみにアップルはどうだったか忘れましたが
    グーグルだとアカウント連携を使えばPCから
    スマホへ作品をDLするように命令を出せます
    なので夢現でスマホ用フリゲを漁って後でスマホで
    DLされたのを遊ぶって一連の流れができるので便利ですよ

  • ゾウディアック2+のイメージ ゾウディアック2+
    user-pic
    愛莉 / 投稿日時 -[2019年01月14日 15時43分]
    • 3
    • 3
    • 4
    • 4
    • 3
    • 4

    グラフィックはどれも力作でレベルが高い。
    前作同様隠し要素も多くいろいろ楽しめた。

  • 【スマホ対応DLなし!】東方 太鼓の仙人【太鼓風リズムゲーム】280曲以上収録!のイメージ 【スマホ対応DLなし!】東方 太鼓の仙人【太鼓風リズムゲーム】280曲以上収録!
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月14日 15時07分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    ID29821
    知らない曲もしれるし、飽きずにあそべる。
    今年受験だけど勉強の合間に遊ぼうと思う。

  • 【スマホ対応DLなし!】東方 太鼓の仙人【太鼓風リズムゲーム】280曲以上収録!のイメージ 【スマホ対応DLなし!】東方 太鼓の仙人【太鼓風リズムゲーム】280曲以上収録!
    user-pic
    ぐり / 投稿日時 -[2019年01月14日 13時42分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    譜面がたくさんあって面白い!

  • よるとゆきのイメージ よるとゆき
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月14日 12時34分]
    • 3
    • 3
    • 4
    • 3
    • 3
    • 4

    少し滑ったりお邪魔キャラに押されたりするため、操作には慣れがいると思う。
    けど、状況に応じてお邪魔キャラを後ろに飛ばしたり凍らせたりするのは、テクニックが要求されて面白い。
    また、クリアはごり押しで行けるが、ハイスコアを目指すと非常に難易度が上がるので上級者も楽しめるかも。

    ストーリーはシンプルに良かったです。

  • Overnight Mareのイメージ Overnight Mare
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月14日 1時29分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4

    この系統のフリーゲームは初めてなのでノーマルでやりましたが自分はほぼストレスフリーで楽にクリアできました
    しかし開発者とプレイヤーでゲームの難しさの感じ方に差があるのはゲーム製作あるあるなので選べる難易度が幅広いのは良いと思います

    シナリオは良くできてたし、一度訪れた場所を後々もう一度探索する構成は上手く感じました
    グラフィックもすごく作り込まれています

    武器が豊富で終盤でも死に武器が無くそれぞれにちゃんと強みや使い所があるのが良かったです

    ステルス状態のグリードの攻撃を一周目の間で一度も回避できなかったけどあれは回避不可なのでしょうか?ノーマルゆえストレスを感じるほどの脅威ではありませんでしたが
    ラスボス戦はエフェクトが派手すぎて敵の攻撃の種類を識別するのに少し時間がかかりました

    謎解きに関しては作った人がいくら簡単にしたつもりでも気づけないときは気づけないもんだし仕方ないかと
    むしろ攻略ページで回答を教えてくれるだけ有情だと思いますw

  • 【カードバトルゲーム】ガルメロ☆カーニバルのイメージ 【カードバトルゲーム】ガルメロ☆カーニバル
    user-pic
    もんじゅ / 投稿日時 -[2019年01月14日 1時11分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    うまく行くとホント楽しい。
    音のクリスタルがデイリーをやるとそこそこ貯まるので、継続的にプレイしてます

  • 鼈口飴(べっこうあめ) ver3.02のイメージ 鼈口飴(べっこうあめ) ver3.02
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月13日 11時58分]
    • 2
    • 1
    • 3
    • 2
    • 3
    • 3

    メッセージ性がとにかく薄い。
    シナリオは矛盾だらけだし、何より主人公が一番のクズの癖に、周りを改定させていくみたいな流れが最早何も分かってない。

  • Altertum Ver.0.61.10 -α版 体験版のイメージ Altertum Ver.0.61.10 -α版 体験版
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月13日 10時09分]
    • 3
    • 4
    • 3
    • 3
    • 3
    • 4

    一時間程の感想です
    スペックは一応満たしている程度のPCで申し訳ありませんが
    見た目の割に動作が重いというのが第一印象
    特にボス戦は滑らかモード外しても辛かったのでちょっと続けらんないかな・・
    あとは敵が強めなので長引きがちなくせに戦闘があんまり面白いと感じられなかった
    序盤の割にレベルが上がりづらい気がするし爽快感がない
    人によるだろうけどちょっと面倒臭いと感じられる点が多いと自分は感じたのでUIはもう少し改善したほうがいい気がする
    軽くなるかPC買い換えたらまたやってみようかなと思えるほどに世界観やコンプセプトは好きです

  • 扉の伝説~風のつばさ~のイメージ 扉の伝説~風のつばさ~
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月13日 6時47分]
    • 1
    • 1
    • 1
    • 2
    • 1
    • 1

    ストーリーやキャラの性格は不快、また、所々UIや導線が不親切。 非常に大型なゲームであるところは評価するが、またやりたいとは思えない。

  • かんぱにガールズのイメージ かんぱにガールズ
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月12日 18時19分]
    • 2
    • 2
    • 4
    • 3
    • 2
    • 2

    一見、シナリオに深みがあるように見えますが、そんなことはありません。ただ「大層な設定」を持ち出してそれっぽく見えているだけです。「平行世界」とか「魔法」とか「神様」とか「不老不死」とか「真祖」とか「愛」とか。よぉ~~く見てください。浅いです。マジで。設定ありきなだけです。正直私には何の魅力も感じませんでした。常時冷めた気持ちでした。


    ネタバレしますと、このゲーム上のとある重要な人物に「レマルギア公爵」というのがいるのですが、最初は正体不明です。ストーリーを進めていくと正体が判明します。
    ただ、実は私はこの人物の正体を3年か4年ぐらい前からなんとなく見当はついてました。「いやさすがにこんな安い展開ではないだろう」と思っていたのですが、これが見事にビンゴ。
    もっと言うと、とある人物がこのゲームの舞台となるミステリオという世界で好き勝手暴れまくるのですが、こいつも正体不明です。でも、これも私のほぼ見当通りでした。私みたいな低レベルの人間の仮説がほぼ当たってしまう浅くて安い展開のストーリーしか作れないようじゃ、まだまだです。
    そいつがなぜ暴れまくったのかというと、単純に「愉快犯」です。これも当たってました。


    他にも、気に食わない人物がいます。このゲームにおいてはたくさんいますが、その中でも個人的に一番気に食わない奴を紹介します。
    そいつは「くっ!ここでも弱者が食い物にされているのか!」なんていう台詞を吐いて、常日頃から弱者の味方の如く振舞っていますが、そいつ自身の気に食わない相手に対しては、何度も何度も○そうとしてきます。途中で和解しますが、しつこくしつこく何度も何度も○そうとしてきます。そいつの部下も同じです。その○そうとする相手の部下にも被害を加えてきます。
    「弱者の味方だなんて言っておきながら、気に入らない相手に対してはそういう行動を取るのって短絡的で直列的で感情的過ぎない?」と冷めてました。「そいつが気に食わないならそいつだけに当たれよ。そいつの部下には当たる理由はないだろ?」ともね。
    ちなみにそいつとは、主人公のことです。


    一国の主という立場である人間が「プロの戦争屋の巣窟である傭兵企業に直接喧嘩売りに行く」という、正気の沙汰ではない行動を起こしたりと、個人的に突っ込み所満載でしたね。「こいつ新手の自殺志願者かよ?」と思ってしまいましたw
    いくら自分の大事な人がその傭兵企業に属しているからといって、そんな安直な方法を取っていいのかな?一国の主なんだから、そこは慎重にやろうよ。


    ↑で書いた「ミステリオで好き勝手やらかす奴」をとっちめた後に、その騒乱の委細をとある人物に報告するという展開があるのですが、その報告しに来た人物がでたらめなことを報告してしまい、ますます事態がややこしいことになってしまいます。その報告をしに来た人物は「今回の騒乱はとある裏世界の秘密組織が起こしたもの」とホラ吹きます。
    私に言わせれば「いやw表の世界に滅多に出ることが無い地下組織の連中がこんな考えなしの大それた騒乱を起こすわけがないでしょw」「そもそもなぜそいつらはこんな騒乱を起こしたんだよw」と突っ込みたくなります。


    なんというか、シナリオ担当の方の底の浅さが随所から見て取れる事が出来てしまい、本当に冷めてしまいます。ゲームだから少しぐらいはいいだろうけど、正直もっとこだわってほしかったです。
    こんなんだから、私みたいなアホにでも簡単に予想が出来るシナリオしか作れないのですよ。
    まぁ、こんなことをぐだぐだほざく私もあれですけどね。

  • イニシエダンジョンのイメージ イニシエダンジョン
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月12日 17時35分]
    • 3
    • 2
    • 3
    • 3
    • 2
    • 5

    プレイ開始して1週間ぐらいだけど、目的の不老不死の水というアイテムをゲットできる気がしないのでここで断念。何より途中から不自然なまでに一気に難易度が跳ね上がるのが非常に気に食わない。その場所までは初見ソロプレイでも楽勝。不老不死の水があるダンジョンの難易度がもはや頭おかしいレベル。あれはひどい。特にボス。「そこまでしてクリアさせたくないのかよw」っと思ってしまうほど。
    そして、このゲームの最大の特徴ともいえるのが「死んだらキャラ&装備品全てパーになる」というもの。これはマジで心折れる。初見殺しもアホみたいに多いので、正直理不尽。もちろん初めからキャラを育成しなおすことになる。こういうの好きな人はいいだろうが、自分には全く以って不愉快だった。特に「キャラに愛着が湧く」という方にとっては尚更苦痛だろう。


    だらだらと不評をしてしまったが、このゲームは「クソゲー」という訳ではない。寧ろ「良ゲー」である。ただ、自分がこのゲームに向いていなかっただけである。
    ・ハクスラ
    ・初見殺し
    ・死んだら全ておしまいという緊張感

    ↑この三つが好きな方には非常に合うと思われる。それ以外の方は正直やらないほうがいいかと。

  • アブノーマルのイメージ アブノーマル
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月11日 20時24分]
    • 4
    • 5
    • 5
    • 3
    • 3
    • 5

    正気と狂気が交差するアブノーマルな世界へようこそ。(ver.1.09)

    【シナリオ】
    倒錯をテーマとした、女の子の苦悩を描いた物語です。
    ヒロインの一挙手一投足に共感する必要はありません。ありのままの彼女を楽しみましょう。

    【グラフィック】
    魔物や変質者が跋扈するファンタジックでエキサイティングな世界でセクシーなお姉さん達が大活躍します。綺麗な描写もありますが、衝撃的な描写もあります。

    【システム】
    オーソドックスなシステムという事ですが、具体的な特徴は以下の通りです。
    高速移動未実装・セーブポイント少ない⇒後悔先に立たず、急がば回れ
    ランダムエンカウントで遭遇率は高い⇒回復アイテムの管理や引き際が重要
    シナリオが進むと仲間が入れ替わる⇒贔屓を作らず適宜全力対応
    装備の換装の恩恵を実感しづらい⇒特殊効果を重視した方がよい

    【オリジナリティー】
    新たな展開の度に軽い眩暈に見舞われます。善悪やモラルを持ち出すのは無粋というものです。生態観察のような視点で触れると丁度良いのかもしれません。喜劇的かつ殺伐とした世界観のせいか命の重さは天日干し後の乾いた布団よりも軽いです。

    【総評】
    目を引くタイトルに釣られてよかった。物語の中では仲間になるメインキャラが社会秩序にとっての脅威とみなされておらず、何だかんだ上手く過ごしているのが面白いです。最後に苦悩から解き放たれたヒロインが幸せに過ごす姿を見てみたかったですが、想像がつきません。

  • かってにバトル勇者のイメージ かってにバトル勇者
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月11日 18時51分]
    • 4
    • 3
    • 3
    • 4
    • 5
    • 5

    非常に面白かった。完全クリアまでの難度もなかなか手ごたえがある。
    ゲームシステムや遊び方については、最初の部屋であからさまに調べてほしそうな本棚があるので誰でもすぐに分かると思います。

  • シアのあしあとのイメージ シアのあしあと
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月10日 23時25分]
    • 5
    • 3
    • 3
    • 5
    • 3
    • 4

    ゲーム自体は普通のシステムですが、色んなところに闇っぽさが見えて、独特な感じの雰囲気が気に入りました。違うエンドを見ようとすると調べられる所が変わっていくのも良いです。

  • ザナスタキアのイメージ ザナスタキア
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月10日 21時24分]
    • 2
    • 2
    • 3
    • 2
    • 2
    • 2

    良くも悪くも王道RPG
    ファミコン時代のFFのような絵面のゲーム。
    キャラが小さく見にくいかも。
    配下キャラに見た目も能力も個性がないのは残念でした。
    無料で遊ばせてもらっておいてなんなんだけど、色々もうちょっと頑張って欲しい。
    今後に期待。

  • UnsaintStoriesのイメージ UnsaintStories
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月09日 23時26分]
    • 4
    • 3
    • 3
    • 2
    • 4
    • 5

    面白いのですが、エンカウント率が高い上に一回の戦闘が長いので辛くて起動しづらいです。

  • シロディウスのイメージ シロディウス
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月09日 21時17分]
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

    メイキング見つけてここに来た
    ファンゲーでここまでやるかというキャラと演出の多さ
    俺は下手だからeasyでも手古摺るけど最後までやりたいなぁこれは

  • ファイナル・プレイヤーのイメージ ファイナル・プレイヤー
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月09日 15時09分]
    • 3
    • 3
    • 4
    • 4
    • 2
    • 3

    BLゲームを探していたところここに辿り着きプレイ。RPG・ホラー・BLということですが、ホラー成分は控え目と記述されていたので納得の上でプレイ。個人的にはRPG成分が強めかなと思いました。ですのでRPGが好きでかつBL要素があるといいなと思っている方におすすめです。逆にBL目当てでRPGはそんなにしないという方にはストーリー面で物足りなさを感じるかも。突然、武器を装備、と説明が出てきて慌てて頭をRPG脳に切り替えた次第です‥。

    ・良かったと思った点
    イベントが頻繁に挿入されるため飽きずに進められます。キャラが多いですが一体一体、丁寧に作画されている点もイイ感じ。探索の難易度は低め、回復ポイントも多くセーブはどこででも出来るので、全体的な難易度は低い方かと思います。長い道はショートカットしてくれるなどのマップ配慮も行き届いていると思います。

    ・気になった点
    戦闘時、どのキャラから行動を開始するのか分からないので(必ず左→右と戦闘メニューが出るが、その順番通りにキャラが行動を開始するわけではない)戦略が立てにくいです。私はRPG特有のレベルを上げてボスを倒そう!といういわゆる作業ゲーが苦手ですので、なんとか今のレベルで敵を…と足掻いていましたが、主役に回復が偏っているのとその主役がモヤシなのと、補助技使う前にすぐ死んでしまうので挫折してしまいました…。(尺的にたぶん終盤だと思いますが)

    気になるキャラが東館っぽかったのでまた初めからやり直したいと思います。

  • Twelve~世界から13番目の君と~のイメージ Twelve~世界から13番目の君と~
    user-pic
    カレーまんはキーマ / 投稿日時 -[2019年01月08日 23時49分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    フリーノベルが好きで今まで多くの作品をプレイしてきましたが、これは名作と呼ぶにふさわしいくらいの完成度でした。クリア後の感想ですが、ひぐらしのなく頃にとリトルバスターズ!の2作品と似た雰囲気を感じました。特に後半のどんでん返しが面白かったです。気になった点としては、初めからBL要素を多く出してくるところです。それらが苦手な人はそこで続きを見るのをやめてしまうのではないかと思いました。しかしそこでやめてしまうのはもったいないくらいの出来なので、最後まで見ることをおすすめします。あとは、スリルのCGを見てみたかったです。このような素晴らしい作品をプレイさせていただき、ありがとうございました。

    以下にミスと思われる箇所を書いておきます。既に修正していたら無視してください。
    第二ルート 司:「司だったら......いいのにな」→美也子のセリフだと思います。
    第三ルート 廊下に足裏を響かせながら→足音だと思います。
    確立→確率
    終盤 泣いて誤摩化したりしなかった。→誤魔化したりが正しいと思います。

  • イニシエダンジョンのイメージ イニシエダンジョン
    user-pic
    うん / 投稿日時 -[2019年01月08日 22時38分]
    • 5
    • 3
    • 1
    • 5
    • 5
    • 5

    ただでさえ中毒性のあるこのゲーム。
    こんなゲームが今のリアルな3Dゲームで作られたら何日もやってしまいそうだ。
    敵を一方的にはめ殺したりしてレアアイテム漁っていく中毒性は半端じゃない。

  • Eleleth/01のイメージ Eleleth/01
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月08日 20時02分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5

    要点を得ない会話がひたすら続き、謎が謎を呼ぶ急展開の連続。
    脳が話についていけないまま、突如繰り広げられるギャグパート。
    いったいどこまでがギャグで、どこまでが伏線なのか。
    「いやまったくわかんないですすみません」とプレイヤー置き去りでドンドン混沌と化していくシナリオ。
    「厨二病」と「バナナ」の部分は理解できましたが、それ以外は本当に困惑の連続でした。

    合わない人にはとことん合わない作品だと思います。
    かくいう私は3回ぐらい、途中リタイアしています(汗

    が、それはあくまでこの1作品のみでの評価です。
    シリーズとして見ると凄く面白いシナリオで、幾重にも及ぶ重みのあるストーリは圧巻です。
    続編も併せてプレイすると作品の評価がかなり変わると思います。名作です。
    特に最新作の「Eleleth/抄」を見たうえで、01を見ると「あーー!」っとなること間違いなし。
    とても面白かったです!素敵なゲームを作ってくれている作者様に感謝です。

  • 最近のフリーゲームに一つ言いたいのイメージ 最近のフリーゲームに一つ言いたい
    user-pic
    ぶらっく / 投稿日時 -[2019年01月08日 19時52分]
    • 4
    • 2
    • 2
    • 2
    • 1
    • 3

    ゲームタイトルと投稿されていたコメントに共感してダウンロードしました。
    制作お疲れ様です。面白かったですよー。

    私の評価は辛口です。ご了承願います。
    取り敢えず言い訳が多すぎます、それを文章ではなく演出で見せるのがゲームだと思います。
    ゲームとは舞台と一緒、裏方はなるべく見せないんです。
    このゲームの問題点は3つ。
    1、メニュー画面でセーブできるのに、本でもセーブする意味が解らない。
    2、どれが正解の選択肢か解りにくい。
    3、選択肢やエンド分岐に意味が感じられない。

    良いと思った点は作者の主張がストレートに伝わってきた事。基本無料でゲームが出来る時代に作者がフリゲ作者やプレイヤーに言いたいことでしょうか。

    私も最近はフリゲの良さが消えかけてると思います。
    フリゲの良さは採算度外視で作者が“作りたいものを作れる”事にあります。
    はっきり言えば劣化コピーでもいいんですよ。商業的には不可能な別の会社のシステムやキャラを組み合わせたり、独創的すぎるシステムや過激な主張をしたり出落ちのネタだったりフリゲは自由だと思います。
    絵が描ける、作曲ができる、役者が演じる、プログラミングが出来て当たり前。
    クォリティが高くなるにつれて当たり前の謎のハードルが上がってる気がするんですよね……
    そんなもの存在しないのに。

  • ラハと百年魔法石 -the endstory-のイメージ ラハと百年魔法石 -the endstory-
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月08日 4時34分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    フリーゲームのRPGは、実況でたまに見るくらいで、今回このラハシリーズが初めて自分でやったゲームでした。結果から申しますと、めっちゃくちゃ面白かったです。

    フリーゲームのクオリティってこんなに高いんですか!??
    製作者様の熱意というか、技術力というか、尊敬するしかないです。

    全てイージーモードでクリアしましたが、レベル上げが苦手な私にはぴったしの難易度でした。
    難易度が選べるってすごすぎます。
    終わってしまうのが惜しくて、他のキャラクターの主観ストーリーとかももっと見てみたかったです。

    最後は涙ぽろぽろでした。
    ミーシェがサリイと生きる道を選んだこと、グレン先生の心境を思うと切なくなってしまいます。
    まさかバッドエンド…?と身構えたところでミーシェのピンクの髪の毛が飛び込んできたので、思わず喜びの歓声を上げてしまいました。
    鈍感なのもあり、ストーリー展開を全くと言っていいほど予想できてなかったので、ずっとわくわくしっぱなしでした。いやー、もうほんとすごい。もう一回記憶なくしてプレイしたい。

    ほんとにこのゲームと出会えてとても幸せです。素敵な時間をありがとうございました。

  • 憑屋奇譚南雲のイメージ 憑屋奇譚南雲
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2019年01月07日 23時27分]
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5
    • 4
    • 3

    面白かった…!
    ストーリーも王道で楽しめたし、パーティーメンバーのレベルが殺生石システムのおかげで一律なのが楽
    追っかけてこないシンボルエンカウント方式だからストレスフリーだし
    まあその殺生石は99個が持っていられる上限だからそれ以降垂れ流しになっちゃうのが難点
    あと霊装集めが難しい 私は作者様がサイトで公開してくれてる情報で集められたけど完全初見じゃ厳しい
    shiftキーを押せば現在集められた霊装の数と最終的に手に入れられる霊装の数を見られるけど、章ごとに獲得できる数がわからないものだから
    この章ではもう霊装は手に入らないのか、まだ見つけられてないのかわからないのがつらい
    記憶のかけらもそう 霊装より難易度低いけれど
    あと気になったところは蛟さんの全体技表記がされてる技が単体技だったところと
    サブイベントのアヤカシは仲間になって以降触れられないのが仕方ないとはいえさみしいところです
    個人的にあのヒトとかちゃんと大丈夫だろうか?と気になってたりします ヨマちゃん約束違う子じゃないから大丈夫だろうけど!

    まとまっていて面白い一作でした
    ありがとうございました