最近投稿されたレビュー一覧(新着順)

  • ゆうしゃロジックのイメージ ゆうしゃロジック
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月19日 17時43分]
    • 3
    • 4
    • 3
    • 3
    • 2
    • 3

    推理バトルと聞いてプレイしました。

    クリアした感想としては・・・システムがイジワルな感じがします。
    提示する証拠品を当てても間違えても、毎ターン100ダメージを受けるので、最終決戦ではほとんどミスらない事を前提としたゲームになってしまうので、初見でクリア出来ない可能性があります。

    また、肝心の推理要素に関しても、一部アンフェアな所があるように感じました。

    ・人形を理由に被害者を姉殺しだと勘違いしたと作中では説明されていたが、「人形は実は市販のもので、被害者の所有していた人形と姉の人形が偶然同じだった」という可能性について誰も触れていない。

    ・犯人の「動機」を当てるための情報が無いに等しい。証魔を一通りみて、動機になりそうなのは人形しかないよなぁ、みたいな感じで消去法かメタ推理を行わないと解けない。

    ・ラストの選択肢で、お姉さんが人形を通じて沈黙状態にしたという説明があったが、この答えにたどり着くまでの情報が「お姉さんは優秀な人だった」しか無く、作中で沈黙魔法という単語が一切でてきていないので、オチがこじつけに見えてしまった。

    ・両者魔法が使えなかったあの状況なら、現場にあったシャベルで撲殺したり、縄で絞殺するなり出来たんじゃないかという疑問が残る。

    やや詰めの甘い感じになってしまったのが残念ですが、ストーリー自体に支障があるわけではないので、テキストを少し修正する等して、矛盾点を消してほしいなと思います。

  • サマー・ロビン・ガールのイメージ サマー・ロビン・ガール
    user-pic
    Yamaki / 投稿日時 -[2017年08月19日 15時00分]
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 3

    「心を揺さぶる青春ミステリ」という謳い文句に偽りなしの短編ノベル。


    感情的でやや短絡的行動をとりがちな、でもだからこそ純真で真っ直ぐな主人公。
    いつも笑顔、まるで子供のように天真爛漫なヒロイン。
    そして主人公やヒロインとはやや対照的な性格の友人たち。

    本作品の「謎」が解き明かされていくにつれ、
    また登場人物各々の、内に秘めた想いが吐露されていくにつれ、
    何度心を揺さぶられる体験をしたことでしょうか。

    語り過ぎず、語らなさ過ぎずの文章量、
    また文章表現の巧みさに、ただただ脱帽です。


    本作品の読後には様々な想いを抱くことになると思います。
    是非多くの方にお読みいただき、この読後感を味わっていただきたいです。

  • 夏祭りの夜にはのイメージ 夏祭りの夜には
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月19日 13時49分]
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 3
    • 3

    「ちくわ×10です」

    シナリオ
    ワンダーセンチメンタルストーリー。
    構成がしっかりしているのか、日常会話の掛け合いが面白い為か、あまり退屈せずに盛り上がって終われた感じです。
    個人的には、不思議な部分的部分をもっと掘り下げて描写して欲しかったですが、テンポの悪さに繋がるかもなので、資料モードとかで補完出来ても嬉しいかなと。
    主人公ってエンターテイナーとシリアスのバランスが良いと好感持てるなと個人的嗜好を発見しました。
    メインであろうEDも良いですが、もうひとつのEDもなかなか味わいがありました。
    我儘言えば、もう一人のヒロイン?のルートも欲しかったです。(あの寸止め感が豪萌)
    後は、おじいちゃんが気になったです。

    グラフィック
    男は普通ですが、女の子キャラはどれもとても可愛い。
    カットインや動きなど演出が凝っていてなかなか楽しめました。
    背景は写真素材加工と思いますが、世界観を味わえるようなオリジナルの絵が欲しいと思いました。

    サウンド
    どれも聞き惚れる曲ばかりで場面に合っていたと思います。
    OPは音源?により独特な感じで、贅沢言えばOPED共に歌が欲しいと思いました。

    システム
    ホイールバックログあり。
    BGM鑑賞モードも欲しかったです。
    後、女の子ルート追加希望。

    オリジナリティー
    ジャンルや内容としてはよくあるかも。

    トータル
    キャラグラや関連タグにピンときたら、夏の不思議体験は如何でしょうか?可愛い女の子もいるよ。
    オリジナリティーより完成度やお約束が好きな方なら満足出来ると思います。

    あ、あれ? 目からレモン汁が……。

  • 月の刻限 -新月の章- ver1.16Aのイメージ 月の刻限 -新月の章- ver1.16A
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月18日 21時22分]
    • 5
    • 5
    • 3
    • 4
    • 3
    • 4

    対応ありがとうございます。
    本作の今後に期待しております。

  • 黄昏境界線のイメージ 黄昏境界線
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月18日 19時06分]
    • 5
    • 5
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    4章クリアした所ですがメチャクチャ面白いです。負ける度に「ハイクソー!二度とやらんわこんなクソゲー」ってコントローラー投げてその2コマ次にはコントローラー拾ってまたやるっていうネットで有名な4コマの通りの行動しててフフッってなりました。ただ1章は本当にキツいです(他の章も高難度なのですが1章は良くないタイプの高難度になってしまっているという気がします)。2人パーティで技も少ないのでプレイの幅が狭く、それでいて敵が硬く殴りが痛く数が多いというのはプレイヤーに(これは高難度を勘違いした理不尽ゲーなのでは)という懸念を抱かせてしまう恐れがあります。あとケルベロスは負ける要素が無い代わりに作業感が…それらに関連しての要望なのですが、強者感醸し出してるナハトさんがクリスとレベル一緒でちょっと攻撃集中すると結構あっさり戦闘不能になっちゃうので初期レベルが15にしてみたら良い感じになるんじゃないかと思いまして。ケルベロス戦では敏捷調整で睡眠→クリス殴りが決まる爽快感が生まれ他の戦闘でも体力等の多さで頼れる姉御としてより活躍できるのではと。
    作者さんの意にそぐわないのであれば当然却下して頂いて構いませんが、ご一考していただけたらありがたく思います。長々と失礼しました。ここまでお目通し頂きありがとうございました。

  • Virtual League Baseballのイメージ Virtual League Baseball
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月18日 10時24分]
    • 5
    • 2
    • 2
    • 1
    • 5
    • 3

    ありそうであんまりない遊びやすいシミュレーションゲーム
    ゲームバランスも悪くない

  • 僕の隣の天使のイメージ 僕の隣の天使
    user-pic
    正義 / 投稿日時 -[2017年08月18日 8時23分]
    • 1
    • 1
    • 1
    • 2
    • 2
    • 1

    主人公とヒロインの会話に見せかけて実は主人公は会話を盗聴して独り言をいってるだけ・・・というオチなんだけど見せ方が余りにも下手すぎて最初からバレバレ。もっと分からないように書いて最後にビックリ。今までのを見返すと確かに!もっとビックリ!という感じで書いてほしかった。

    先輩がブサイクなデブなのに笑ったが それ含めて好きになったヒロインが天使ってのがいわゆるネットオタク的(?)天使像で笑ってしまった。普通なら可愛い子の彼氏はイケメンだからね


    絵は素材らしいけどヒロインは100円とかwでもかなり綺麗だから作者のゲーム含め100円以下の絵なんていくらでもあるから、全ての作者は素材を有効利用して欲しい

  • サーヤ3 -四季を探して-のイメージ サーヤ3 -四季を探して-
    user-pic
    フリゲおじさん / 投稿日時 -[2017年08月17日 23時17分]
    • 4
    • 5
    • 3
    • 3
    • 3
    • 5

    難易度はノーマルで、クリア時間は20時間程度

    ・ストーリー
    お話の続きが気になり、最後まで熱中できました。
    またキャラクターの成長が非常に上手に表現されていました。

    ・戦闘面
    自分好みにステータスを上げることができたり、スキルを習得できる点が良かったです。
    また戦闘バランスも丁度よいと感じました。
    ただ個人的にエンカウント率が少し高いと感じました。もう少しエンカウント率抑制の
    アイテムの効果時間が長いか、値段が安ければ...と思いました。

    ・まとめ
    RPGにシステム面だけでなく、ストーリーも求める人には特におすすめできる作品です。
    素敵な作品をありがとうございました。

  • buryのイメージ bury
    user-pic
    あやめ / 投稿日時 -[2017年08月17日 22時36分]
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

    ソフトホラーなので、過激な表現はほとんどありませんでした。
    謎解きが難しい所もありましたが、作者様のページでヒントが見れるので自力で解けました。
    音楽も世界観もよかったです。他の皆さんも言ってますが上品な雰囲気のゲームですね。
    エンディングはぜひ全回収してみてください。あのエンディング回収後は救われた気持ちになります。
    この作品の題名の意味も分かりますよ。
    いままでホラーゲームをプレイしたことのある方でも、ない方でもぜひプレイしてみてください。

  • 黄昏境界線のイメージ 黄昏境界線
    user-pic
    へなちょこ / 投稿日時 -[2017年08月17日 21時34分]
    • 5
    • 4
    • 3
    • 5
    • 3
    • 4

    アドバンスモードで雑魚敵を倒さず、店で黄金林檎の果実は購入しない、最高レベルは70までしか上げないという縛りでどうにかクリア致しました。作者様のヒントもエスメラルダ戦以外は見ませんでした。エスメラルダ戦やキルケ戦やヴィクトリア戦など挫折しかけた難戦が何度かありましたが、どんなに勝てそうに無い相手でも、ひたすら考え続ければ、何かしら答えが見つかり、勝つことができる、そんな優れたゲームバランスのゲームであると実感しております。
    それにしても、思い返すと、ボス戦がとても多かったです。私は攻略までセーブ画面表示で40時間以上掛かりましたが、その大部分をボスとの戦いに費やしていたことになります。本当に疲れました。同じ事をもう一度やれと言われても二度とできないと思います。私の人生でこれほどの難易度のRPGゲームをやり遂げたことは今までありませんでしたし、これからも無いのではないかと思わせるような難行でした。
    夢ヴィクトリアは連撃をしてきた後に強力な全体攻撃を放ってきて、獅子吼でも防げない。しかも、決まったターンにその攻撃を放たず、前兆らしき物も無いように思われます。大炎上や猛毒でようやくHPを半分近く削っても、全体攻撃で全滅してしまう。作者様によると、夢ヴィクトリアにはカウンターが設定されているとのことですが、私はそうしたことに全く思い当りませんでした。
    夢ヴィクトリアとの長期戦は不可能と判断し、防御弱体の夢ヴィクトリア相手に、攻撃強化、TP100のニャルさんに狙い討つを使わせ、そのターン中にニャルさんのTPを100まで回復。次のターンでナハトに焔陣を使わせた後に、ニャルさんにオールクリティカルの真討を放たせる。これで一気に夢ヴィクトリアのHPを一万数千まで減らすことが出来ました。しかし、カウンターにヴィクトリアの全体攻撃を喰らい、パーティーは壊滅状態。あわやと思いましたが、なんとここでバグらしき事態が発生。こちらが回復蘇生に徹していても、ヴィクトリアが1ターンか2ターンか曖昧ですが、何もしてきません。徐々にHPを削った場合、半分位を削ったところでヴィクトリアが本気になったというイベントが起きるのですが、それも起きませんでした。そのおかげでヴィクトリアを無事倒すことができました。
    サツキ戦でもソレイユとベルセルクの牙飾りを装備したティグレで速攻を掛けたら、サツキが本気になるというイベントを起こさずに倒せてしまったように記憶しています。
    ナハトは中盤までは魔眼でサポートするだけのキャラだったので、レベルもろくに上げませんでしたが、六花の閃剣を覚えてからは、ニャルさんからパーティーで唯一無二のアタッカーの座を奪ってしまいました。これは本当に予想外でした。終盤は闘将の戦兜を被ったナハトがバーサカーの如く、只管、斬りまくるという展開に。鬼のような強さです。完全にガランはそのお株を奪われていました。しかし、正直、キャラ的にそうした役回りはガランの方が似合っていると思います。作者様としては、連撃はスピードが速いというイメージで、重装甲のガランには似合わないとお考えになったのかもしれませんが、ガランにも連撃技があったらよかったと思いました。
    不可解に感じたのは、マルガレーテを倒した後、竜退治の物語の世界に着いたとき、パーティー全員のレベルが自動的に10ずつ上がっていたという事です。ゲームバランスの調整の一環なのでしょうか。
    ストーリー面に関しては、キャラが非常に魅力的で、生き生きとしています。また、世界設定が作中劇という斬新な物になっていて、主人公補正というメタ的な概念まで存在しているのは面白いと思いました。
    音楽の選曲はとても素晴らしいと思いました。このゲームの音楽を聴き直したいと感じたのは久々です。
    作者様、素晴らしいゲームを作って頂き、誠にありがとうございます。

  • 奈落の魔女とロッカの果実のイメージ 奈落の魔女とロッカの果実
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月17日 18時02分]
    • 5
    • 3
    • 3
    • 2
    • 4
    • 4

    はじめまして。

    魔物図鑑のガーディアンフェアリーとミミックの間が分かりません。
    よろしくお願い致します。

    ラスボス強いですね。2連戦目に瞬殺されました。
    けど、頑張ります。

  • Billion Blaze 第1章 ~After the disaster~ ver1.32のイメージ Billion Blaze 第1章 ~After the disaster~ ver1.32
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月17日 11時45分]
    • 4
    • 3
    • 3
    • 5
    • 4
    • 3

    うさぎ狩りイベントでゲーム強制終了しました
    たぶんイベント中に敵と接触して戦闘になったせいだと思うのですが

  • 悠遠物語 ~空の大陸とアイテム屋さん~のイメージ 悠遠物語 ~空の大陸とアイテム屋さん~
    user-pic
    ネロ / 投稿日時 -[2017年08月17日 9時09分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    とてもやりこみ要素の多い作品でストーリーの進行もスムーズなのでよかったです。
    まだ、話が完結してないところが少し残念でしたが十分に楽しめました。
    アップデートに期待ですね

  • ラハと百年魔法石 -the endstory-のイメージ ラハと百年魔法石 -the endstory-
    user-pic
    ふりげ好き / 投稿日時 -[2017年08月17日 0時16分]
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5

    物語の結末を見届けたいと思い、プレイしました。戦闘がちょっと面倒と思いましたが、なんとかエンディングを見届けることができました。良い作品をありがとうございました

  • SUKIのイメージ SUKI
    user-pic
    ふりげ好き / 投稿日時 -[2017年08月16日 23時35分]
    • 4
    • 4
    • 5
    • 4
    • 3
    • 4

    先が気になる展開で面白かったですね。イラストも良かったです。楽しめました

  • 黄昏境界線のイメージ 黄昏境界線
    user-pic
    ゴマ / 投稿日時 -[2017年08月16日 22時33分]
    • 5
    • 5
    • 3
    • 4
    • 3
    • 4

    Ver.1.05アドバンスモードクリアの感想です。

    良い点
    ・戦闘 「RPG玄人向け」という一文は伊達ではなく、一戦一戦が死闘でありかつ知恵を絞れば突破できるという絶妙な難易度です。各キャラごとにチュートリアル的な戦闘が用意されており、実践を通して各スキルの特徴が把握できるのも好印象です。
        
    ・ストーリー 専門用語が多く物語が展開するスピードも早いので一見すると難解ですが、その実王道なストーリーです。仲間の一人一人にしっかりとスポットライトを当てているので、自然に感情移入することが出来ました。設定も相当深く練られており、かつそれがしっかり活用されているので作者さんの力量を感じさせられました。

    ・システム アイテムを使用することでレベルアップするシステム。イベントで得られるメインの物以外に店でも購入できるので、ゴリ押そうと思えばいくらでもゴリ押すことができ、逆に低レベルでどこまでいけるか挑戦することもできるので、作品のコンセプトとマッチしているシステムです。また殆どのスキルがシナリオでの仲間の成長に応じて増えていくというのも、個人的には好みです。

    悪い点
    ・戦闘 難易度についてですが、知恵だけでは限界があり、最善を尽くしてなお運が絡むバランスです。後半になるとそれがより顕著になります。仲間の中に現HPの割合に応じて攻撃力が変化するキャラがいますが、自分でHPを減らす手段が一切ありません。一応他の仲間が極低HPで全員を復活させるスキルを持っていますが、それも敵に一度倒してもらわなければ使えません。このあたりはどうかと思いました。
     
    ・ストーリー とにかく思わせぶりな言い回しや諧謔が多いです。まだキャラに愛着の湧いていない序盤から敵味方ほぼ全員がこの調子なので、人によってはそれだけで敬遠しかねない程です。またキャラの思考を必要以上に文章で表す傾向があり、全体的にゲームの文というより小説文のような印象を受けました。

    ・システム まず会話の早送りやスキップが出来ません。何度も戦って攻略法を見つけていくのが前提のゲームでこれはあんまりだと思います。またフィールドでのダッシュもないので、敵をかわしづらく無駄にエンカウントしては逃げるのを繰りかえして進むという、せっかくのシンボルエンカウントなのに本末転倒な印象をうけました。※最新のVerでは会話スキップが実装されているそうです。

    正直、問題点も少なくないので客観的に見れば☆3~4が妥当だと思います。ですがシナリオや戦闘が本当に魅力に溢れており、欠点を補って余りある楽しさです。ここ一年で最も楽しませて頂いたゲームとなりました。よって☆5とさせていただきます。

  • もう一回!決戦!防衛?魔王城!など!のイメージ もう一回!決戦!防衛?魔王城!など!
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月16日 22時18分]
    • 5
    • 5
    • 3
    • 3
    • 5
    • 5

    ポジティブな意味で「怪作」と感じた。着眼点からプレイ感までじっくりしっかり作られていると思った。好みが分かれそうだが、実に面白い。サオー可愛いぞ。

  • あの灯りの向こうにのイメージ あの灯りの向こうに
    user-pic
    正義 / 投稿日時 -[2017年08月16日 22時04分]
    • 2
    • 2
    • 2
    • 2
    • 2
    • 2

    しんみり切ない夏の物語というにはヒロインが実はバケモノに憑かれてて祖父に撃ち殺されるだけの話だったり、しかもそれが誤解だったりとわけがわかりません。結局何を描写、表現したいのだろう?と。田舎の夏ならではのイベントがあるわけでもないしダブルヒロインかと思えば片方は突然登場しなくなるし、作者がプロにしては圧倒的に練りこみ不足でした

  • 黒ノブラン~魔女と使いの懐中神話~のイメージ 黒ノブラン~魔女と使いの懐中神話~
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月16日 20時08分]
    • 3
    • 4
    • 5
    • 3
    • 2
    • 3

    作品の肝である現実時間とのリンク、かつ1日あたりのゲーム進行制限は賛否有ると思いますが、私は邪魔に感じました。
    この仕様がどのように作用しているかを考えた時、「毎日少しずつプレイすることを強制している」ため、遊び方の多様性を奪っているだけな気がしました。
    つまり、自分のペースで進められないため万人受けはしない。

    絵は可愛く、ゲームの雰囲気はかなり好みでした。

  • 滅亡世界のイメージ 滅亡世界
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月16日 17時26分]
    • 5
    • 4
    • 5
    • 3
    • 5
    • 5

    とにかく面白い!の一言です。
    近年のフリーゲームではかなりの当たりでした!

    シナリオ
    盛り上がりはあまりないけど、設定がよく練り込まれています。
    各キャラクターの過去や落ちているメモから
    世界観が少しずつ明らかになる感じは楽しかったです。

    グラフィック
    たくさんのギミックがあるマップをドットのキャラがちびちび動きます。
    武器ごとに用意されたドット絵やフィギュアなど収集要素も多いです。

    音楽
    音楽は可もなく不可もなく?でしょうか。
    特別印象的な曲は少ないですが、よくゲームに合っています。

    操作
    ここはちょっと壁があるかもしれません。
    慣れてしまえば各ショートカットでかなり快適に操作できますが、
    それまでは結構死ぬかもしれません。
    死んでも即復活するので気になりませんが。

    独創性
    結構ゲームはやってきたつもりですが、
    2Dのゲームで類似するゲームはちょっと見たことないですね。
    銃をバンバン撃ちたい人には是非って感じです。

    総合して、本当に素晴らしいゲームでした!
    徹夜でゲームにハマったのは久しぶりです。
    作者さんにはまたこういうゲームを作って欲しいです!

  • ThisTimeOnly -Ash Rain-のイメージ ThisTimeOnly -Ash Rain-
    user-pic
    リノ / 投稿日時 -[2017年08月16日 13時22分]
    • 2
    • 4
    • 2
    • 2
    • 1
    • 2

    前評判がものすごくよかったのでプレイしてみたが正直過大評価感が否めないかった
    一定のクオリティは保証されていると思うしストーリーの面白さもあるが
    それらを評価したとしてもゲームディテール部分で楽しませる部分がかなり微妙・・・

    戦闘バランスが簡単すぎるゲームは近頃多い傾向だがこの作品も同じことが言える
    とにかくストーリー進行以外の部分で躓くことがない=面白味が少ない
    ボス戦の緊張感が無くスキルがどれも大した効果さがない=同じスキルをぶっ放すだけ

    細かい点を挙げるとマップの見辛さや章クエストの扱い辛さやマップ移動を徒歩強要ときりがない
    ゲームプレイ時に徒歩だけでかなりの時間が取られる
    それらを気にしない、または楽しいと思えるなら評価も変わるかもしれない
    とにかくユーザビリティに欠けたゲームという印象を受けた

    ストーリーに関しては良い印象を受けた
    最後までしっかり纏まってエンドロールまでもっていかれているので疑問点が出るような内容にはなっていない
    ありがちな内容ではあるが十分楽しめるものになっている
    不満点は上げるとネタバレになるのでやめておく

    グラフィックサウンドは素材改変が多いので割愛

    プレイして感じたのはアイテム集めやキャラ強化を楽しむタイプの人には向かないという事
    武具等の総数も少ないので基本的にはラスボス退治したらそれで終わりという形のオーソドックスなゲームだ
    逆にRPGが苦手でガイドラインに沿って進めるだけで終わるほうが良いというタイプの人には相性が良いゲームでもある
    その編がこのゲームの評価を大きく左右させる部分だと感じた

  • 黄昏境界線のイメージ 黄昏境界線
    user-pic
    ベーサン / 投稿日時 -[2017年08月16日 3時51分]
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 3

    何もかもが楽しかったです。(v1.04)

    【シナリオ】
    長編ならではの膨大なテキスト(主に会話のキャッチボール)で血沸き肉躍る英雄譚にどっぷり浸りました。作中の芝居掛かった口調でさえ控えめと言えるほどの熱意がじわじわと伝わってきます。語彙や表現が豊かで、すっかり虜になりました。

    【グラフィック】
    主要キャラがユニーク過ぎます。お気に入りの一人や二人すぐに見つかると思います。各方面に突き抜けた魅力的な面子で、目移りすること請け合いです。

    戦闘中に何らかのイベントが発生し、状況が動くという演出がドラマ性を高めています。この様な非通常エンカウントが多用されています。サービス精神旺盛だと思います。

    【サウンド】
    愉楽と悲哀、安寧と混沌、希望と絶望。場面毎にメリハリがあり見事だと思います。音と場面の共時性は高いと感じました。時には味方、時には相手方の真情の発露が如しです。筆談の効果音はうまいと思いました。

    【システム】
    お互いの信条や生存を掛けた「生か死か」のどつき合いに熱中しました。戦闘終了時に全ステータスが回復するので、余力を残さず全身全霊・全員参加で。レベル上げアイテムは適宜支給されるので、なるべく作者様の匙加減を味わう方向で一歩一歩進めました。

    無策では当然の様に敗北なので、スキルや装備の吟味が悩ましかったです。1ターン毎に面子を入れ替えたり、特定の攻撃を受けるターンだけ総入れ替えしたり。初見で勝利できることもあれば、40ターン以上粘って全滅する事も。踊りまくり、のたうち回りました。

    直前の戦闘で得た物を確認できる「入手履歴」コマンドには、イベントシーンを堪能した後で随分とお世話になりました。お心遣いがニクイです。

    【オリジナリティー】
    一手差でどちらが全滅してもおかしく無い、シビアな戦闘を求める戦闘狂による戦闘狂の為のRPGだと感じました。私は序盤の敵に3連敗。リトライ地獄にはまりそうだったので「カジュアルモード」を即座に解禁しました。マイルドにしたら概ねとんとん拍子でした。

    【総評】
    臨場感あふれる戦闘の連続で常にクライマックスです。緻密で味わい深い一話毎の展開も見所だと思います。主要キャラが出揃い色々と理解が進んだ中盤以降は、より一層趣が増し完全に魅入られていました。クリアしてもチャームが解けない恐ろしいゲームです。

  • Virtual League Baseballのイメージ Virtual League Baseball
    user-pic
    scocott / 投稿日時 -[2017年08月16日 0時34分]
    • 5
    • 5
    • 3
    • 1
    • 5
    • 5

    無料ゲームとは思えないほど戦略、戦術的に楽しめるゲームです。
    1期1週間、月曜開幕、金曜決着、以降日曜までチーム編成のサイクルです。

    要素1、ドラフト
    ドラフトは1位から7位まで獲得できます。
    獲得時の能力が低いほど伸びしろが多く、最初は素材型の選手を獲得するのがおすすめです。
    上位リーグに昇格するためにはドラフトで指名した選手が成長、本格化する15期目頃を目指します。
    つまり、初期に在籍しているメンバーは初メジャー昇格時にはいなくなります。
    目先の戦力に惑わされず、ひたすらドラフトで素材を獲得する15週間のマゾい期間を耐えましょう。

    要素2、国内市場、海外市場
    獲得するために資金が必要ですが、他球団で解雇された選手を獲得できる国内市場、即戦力獲得向けの海外市場があります。
    登録直後、選手枠が余っている時期は国内市場で将来性の高い選手を獲得するのがおすすめです。
    1期ごとに行われるキャンプでは、才能の低い選手でもランダムに爆発的に能力成長が起こる「覚醒」システムがあります。
    「覚醒」が数期にわたって重なって起こった選手は一気に主力選手、怪物選手になれる可能性があります。
    選手枠が余っている時期は才能、評価額が低くても将来性の高い選手を確保しましょう。

    海外市場の選手は、評価の高い選手を獲得できます。
    メジャー昇格時に弱点となっているポジションの補強におすすめです。

    要素3、試合
    試合は任意のタイミングで行うことが出来ます。
    対戦相手は全てプレイヤーが相手のため、試合を行うタイミングも非常に重要です。
    対戦相手がローテの谷間、怪我人が出ていてスタメンが万全ではない、等の状況を確認できる情報から読み解き、最善のタイミングで試合を挑むことが勝利への最も重要な要因です。
    逆に言えば、自軍の弱点を相手に悟られないようにする事が非常に肝要です。
    このようにメジャーリーグでは非常に高度な情報戦が各チームごとに繰り広げられます。

    総括
    ドラフトは運ですが、チーム編成は運だけでは成り立ちません。
    課金要素なく、同条件で他プレイヤーと野球チームを編成するという醍醐味を味わえるのは、このゲームだけです。
    野球ゲームに興味のある方は試しに登録してみてください。

  • Billion Blaze 第1章 ~After the disaster~ ver1.32のイメージ Billion Blaze 第1章 ~After the disaster~ ver1.32
    user-pic
    NeeCHE / 投稿日時 -[2017年08月15日 21時23分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    舞台設定、シナリオがしっかり作られていて飽きずに最初から最後まで楽しむことができました。
    キャラクターの個性もブレずに作られており、どのキャラクターにも愛着がわきました。
    BGMや細かなサウンドもそれぞれの場面に合っていて違和感を感じることは無く、戦闘の難易度が易しいのでサクサクとストーリーを進められて個人的には嬉しかったです。

  • 黄昏境界線のイメージ 黄昏境界線
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月15日 19時04分]
    • 4
    • 5
    • 3
    • 3
    • 3
    • 4

    とても面白かったです。
    ストーリー・キャラクター・ボスラッシュに特化した戦闘など、どれも魅力的で引き込まれました。
    最終メンバーはセフィーロでHPTPを補助しつつ、クリス・ティグレ・ソレイユ・キルケで殴り倒すという脳筋パーティーでした。反面ナハト・ガランドゥ・ニャルはほぼ初期レベルのままだったので2週目で活躍させたいです。

    良かった点
    ・ストーリーはシリアスがメインながらもコミカルな描写も多く、よいスパイスになっており読み物としてとても面白かった。
    ・キャラクターは敵味方問わず魅力的で物語を盛り上げてくれた。特に主人公が芯の据わった小悪党というのは斬新で、そのキャラ付けや性格には好感が持てた。
    ・戦闘は戦力性が高く一筋縄ではいかないボスばかりでどのボス戦も面白かった。

    気になった点
    ・簡単なカジュアルモードでプレイしたがそれでも難易度は高く感じた。ボスの攻撃力や防御力はたいした問題ではないのだが、なにより状態異常攻撃を連打されるのが辛かった。防具である程度対策できるとはいえ、そういった耐性持ち防具を主要メンバー全員が装備できるとは限らず、複数の状態異常攻撃を使ってくる敵もいるため、結局のところ変な状態異常にならないように祈るしかなかった。アイテムなどで治療できない状態異常があるのも辛かった。
    ・王都が襲撃された際の市民たちの唐突な感情の変化。ナハトの身の上や愛国心を知り、命がけで戦う夜渡りたちを見たとはいえ直前まで強烈な夜渡り排他を訴えていたわりに手のひら返しが過ぎるのではないか、都合がよすぎるのではないかと思った。その後ナハトたちが王宮に受け入れられた際も、彼女たちを英雄として祭り上げ、不必要になったら切り捨てる算段があるのではと邪推してしまうほどだった。ハッピーエンドで本当に良かった。

    個人的な要望や疑問
    ・多くの人物や専門用語が出てくるため人物図鑑や用語集があるとよりストーリーや世界観がわかりやすくなると思いました。
    ・文章のスキップないし早送り機能がほしいと思いました。ボス戦はある程度死に覚えになるためボス戦前の会話を何度も聞くのは少々面倒でした。
    ・クリスの最強武器ってガンブレイドですか?他のメンバーが熱い回想やボス戦を経て最強武器を入手しているのに対し、イケメンの夜警を殴り倒してぶんどった物が最強というのはちょっとしょぼいような・・・単に私が最強武器を取り損ねてるだけならそれでいいのですが。
    ・EDに登場してなかったように思いますが、最終決戦で主人公たちを遺跡に突入させるため殿を勤めた夜警の2人は死んでしまったのでしょうか?悲しいけどそれはそれで熱い最期のような・・・

    いろいろ書かせていただきましたがとても楽しかったです。良い作品をありがとうございました。

  • 黄昏境界線のイメージ 黄昏境界線
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月15日 18時03分]
    • 5
    • 5
    • 3
    • 3
    • 5
    • 3

    難易度アドバンスで小悪党の足掻きを見届けさせてもらいました。
    平均レベルが75だったのが少々悔しかったです、できれば初期の上限でクリアしたかった。
    最終的に姫様と魔女の援護を受けた相棒で滅多切りにするゲームになってたのは自分が下手な証拠なのかも…
    疑問なんですが、AGIのバフが掛かっている時って、各スキルの速度補正は適用されてるんですかね?
    ティグレが敵より先にAEDして全滅したことがあったんですよね。
    ただ単純にAGIのバフがそれだけ強力ってことだったんでしょうか。

    魅力的なキャラとストーリーに引き込まれ、楽しくプレイできました。
    折角なので、ルナティックでプレイしてみます、素晴らしい作品、ありがとうございました!


  • もよりの駅子さんのイメージ もよりの駅子さん
    user-pic
    正義 / 投稿日時 -[2017年08月15日 14時10分]
    • 1
    • 1
    • 2
    • 2
    • 2
    • 1

    ストーリーがいくらなんでもありがちすぎます。ゲームの世界のオチが実際に遊んでたゲームだったなんて・・・ヒネリがなさすぎて

    駅子の正体がストーカーだったというのもありがちすぎるし、最低限何かオリジナリティが欲しかった


    駅子というネーミングや電車になってる理由も意味不明だった。ただのノリ?

    現実世界じゃオバサンなのにゲームじゃ10近くも若いJK1・・・これもムリがありすぎる


    絵だけは下手だけど結構可愛い

    そういえばカノンがハヤシライスが好きって設定は意味不明。犬はハヤシライス食べられないでしょ、タマネギだから

  • TAIGAのイメージ TAIGA
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月15日 12時06分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

    以前に体験版をやった時よりも、不便なところが改善されてプレイを快適にする事ができました。
    戦闘面ではメカニカの種類が増えたことで戦略の幅が広がって面白くなっていました。
    ストーリーも一気に奥深さを増していて没入出来る。
    戦闘のテンポはもう少し早くてもいいかも知れないが演出が見てて飽きないのでさほど問題にはならない感じがしました。
    すごく面白かったので、次回作も頑張ってください。

  • TAIGAのイメージ TAIGA
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年08月15日 9時32分]
    • 4
    • 5
    • 5
    • 3
    • 2
    • 5

    強烈な個性
    特にキャラクターとシナリオは凄い


  • 愛しい姫よ~新撰組伊東一派幻想録~のイメージ 愛しい姫よ~新撰組伊東一派幻想録~
    user-pic
    ユメィノゥ・マッツユゥ / 投稿日時 -[2017年08月15日 5時14分]
    • 2
    • 2
    • 3
    • 2
    • 2
    • 5

    服部武雄ファンなのでプレイしました。
    いや~服部さんが強く設定されていて安心しました
    服部さん最高~

  • 大学生にもなってあった怖い話(無料公開版)のイメージ 大学生にもなってあった怖い話(無料公開版)
    user-pic
    正義 / 投稿日時 -[2017年08月14日 19時02分]
    • 2
    • 2
    • 2
    • 2
    • 2
    • 2

    非常に惜しいゲーム。大学生のノリと勢いで学怖をパロディしたって感じだが
    肝心の実写枚数が少なくシナリオがつまらない、怖くない
    ホラーコメディとはいえシナリオがホラーだったのにゲームオーバー画面がギャグだったりで、チグハグな感じ
    ゲームバランスもかなり悪い


    勢いだけで作ったようなOPもよく出来てるし(女役?が美人っぽい)ほぼフル実写の同人ゲーは珍しいしリメイクすれば化けそう

  • 飢えた少女/惨苦の少女のイメージ 飢えた少女/惨苦の少女
    user-pic
    正義 / 投稿日時 -[2017年08月14日 18時59分]
    • 1
    • 1
    • 1
    • 1
    • 1
    • 2

    中学生が勢いだけで書いた様な感じです
    レイプ!レイプ!などの一見刺激的なワードが飛び交うが具体的にレイプを描いて
    それがどうシナリオに結び付くか、などの描写ができてないのでどうにも稚拙な印象

    絵のあるノベルを批判してるけど手抜きの言い訳としか思えません
    この作者も絵つきノベルを出してるしこのゲームも半分は絵つきノベルなわけだし

  • SUKIのイメージ SUKI
    user-pic
    正義 / 投稿日時 -[2017年08月14日 18時56分]
    • 4
    • 2
    • 2
    • 4
    • 1
    • 2

    ライアーゲームを意識したのかな?という音楽やテイスト
    腐女子(?)厨2病的センスが爆発してるので人を選ぶが結構面白い

    ただムダに広いマップでのお使いイベントが異常に多くムダに時間を浪費してしまう
    最終セーブが3時間18分だったが移動だけで半分は使ってる