最近投稿されたレビュー一覧(新着順)

  • ほたるゆき -SnowSky Edition-のイメージ ほたるゆき -SnowSky Edition-
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月14日 15時02分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4

    人の死と言う重たいテーマを扱っているが、登場キャラクター達とのやり取りが魅力的でエンディング後ももっと見ていたいと思えるほど素晴らしかった
    またキャラクター、音楽、システム、声優どれをとっても高い水準
    欲を言えば幼馴染みとのエンディングが欲しかった

  • 勇者の日のイメージ 勇者の日
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月14日 12時15分]
    • 2
    • 3
    • 1
    • 2
    • 1
    • 4

    エンド7までクリアしました。
    自分には魔王戦が厳しく、最後の最後で断念。

    始めた時点では予想出来ない展開に、驚かされました。
    一人一人キャラクターが立っているので、記憶を見るのが楽しめました。
    せっかくだからもっと細かく見たかった・・・
    新鮮さもあり、そういう意味では面白かったです。

    しかし、とにかく分かり難い。
    アイテムの場所など、ノーヒントの場合もあるので隅々まで調べるしかありません。
    敵もアイテムを落とす場合があるので、一度は全員倒す事になると思います。
    というか最初、調べる理由がないので家具をスルーしていました。
    理由付けか説明が欲しかった・・・

    それと仕様かも知れませんが、203を開けると鍵を失ってしまうようです。

  • スペースフォートレスのイメージ スペースフォートレス
    user-pic
    DD / 投稿日時 -[2017年12月13日 21時35分]
    • 5
    • 2
    • 5
    • 3
    • 5
    • 2

    非常に良い。サバイバルモードが11で止まる

  • 親愛なる〇〇へのイメージ 親愛なる〇〇へ
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月13日 11時18分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5

    非常に面白かったです。

  • BraveWarriorのイメージ BraveWarrior
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月13日 0時21分]
    • 3
    • 2
    • 2
    • 4
    • 3
    • 2

    難易度ノーマルでプレイ。
    昔ながらのハクスラといった感じでノーマルでもなかなかの難易度だと思いました。
    アイテム等は結構ドロップし易いのでハクスラ好きは一度プレイしてみてもいいのではと思いました。

  • いじめっこ虐殺ゲームVRのイメージ いじめっこ虐殺ゲームVR
    user-pic
    メルトン / 投稿日時 -[2017年12月12日 23時41分]
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3
    • 5
    • 5

    待望のいじめっ子虐殺ゲーム新作。
    正直言うと、こうどう感想を書けばいいのかわからないのが本音ですが、斬新なシステムでしたね……。なぜ最後に真っ暗でこういうシステムなのか、わかった時には、あぁそういうことかという面白さがありました。
    1~3まで経て様々なことがわかってきた風ちゃんですが、今作ではさらに理解が深まったというかそこにつながるのかといいますか。
    斬新さで面白かったです。

  • 狐憑き学園 七不思議(リメイク版)のイメージ 狐憑き学園 七不思議(リメイク版)
    user-pic
    メルトン / 投稿日時 -[2017年12月12日 20時56分]
    • 4
    • 5
    • 5
    • 4
    • 3
    • 4

    ベストエンドがとても良かった。
    神様×女主人公 って良いですね。
    素敵な終わり方でした。

  • セブンテットクロスのイメージ セブンテットクロス
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月12日 18時52分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4

    ハッピーエンドに感動しました。

  • セブンテットクロスのイメージ セブンテットクロス
    user-pic
    最高 / 投稿日時 -[2017年12月11日 20時00分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    涙が出てくるほど感動します!

  • 勇者の物語のイメージ 勇者の物語
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月11日 19時40分]
    • 4
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    戦闘はバランスがよく楽しめました。これからの期待をこめて☆4で!

  • 『おそ松さんホラーゲーム-MIRROR-』のイメージ 『おそ松さんホラーゲーム-MIRROR-』
    user-pic
    松壱 / 投稿日時 -[2017年12月11日 15時24分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    めちゃくちゃ面白かったです!
    また2回目やろーとしてます!!
    ただやった後寝られなくなりましたが・・・(’’;)

  • 9th Existenceのイメージ 9th Existence
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月10日 15時32分]
    • 4
    • 5
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    クリアまで40時間超えの超大作。
    内容はいたって普通のファンタジーRPG。

    <シナリオ・ストーリー>
    一言で言うと王道。
    市販のものに匹敵するほど長く、多彩な展開を見せる。
    キャラクターは敵含めも魅力的で、大ボスとの戦闘やキャラごとの最強装備入手イベントはどれも熱く、感動的。特にシナリオにおいて大事な部分にいるラルクくん関連は、ネタバレになるので詳しくかけないがとてもいい(語彙力不足)。
    ただ盗みがあっさりと許されたりキャラ同士の繋がりがやや無理矢理感があるものだったり100点とは言えない内容。トゥルーエンドもノーマルエンドとどんな違いがあって最後ああなったのかわからなかった。

    <グラフィック>
    特になし。普通のツクールゲー。

    <サウンド>
    効果はほぼツクールデフォルトのものだし、BGMごとの統一感もなく微妙。
    そしてシナリオに対してやたらめったら飛行船の曲が明るい。

    <システム>
    操作性は、悪い。(控えがスキル使えないアイテムのカテゴリ分けがショップでガン無視される冒険メモがクッソ見づらい等)。システムに限った話で言えば要素が多く図鑑や合成などやり込むのが好きな人がハマれるものになっている。
    育成要素については振ってもあまり強くなった気がしないパラメーター振り分けや与えられる属性・状態異常差分が多すぎてただ敵に合わせてセットするだけのスキル等せっかくキャラごとの個性が立っているのに勿体無い出来だった。
    戦闘はやや泥仕合になりすぎるきらいはあるが、丁度いい難易度。
    ボスが硬すぎると感じたんでHPがのゲージ表示が欲しかった。

    <オリジナリティ>
    無いけど王道だしこれでいいや

    <総評>
    なんか苦言ばっかになっちゃったけど王道RPGが好きな人には遊んでほしい。
    特にシナリオ・キャラクターを重視する方には是非。
    細かい不満を全部吹っ飛ばすだけの魅力があります。

  • グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底でのイメージ グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底で
    user-pic
    通りすがり / 投稿日時 -[2017年12月10日 13時24分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    大変面白かったです。ストーリーもだれるところがなく、最後まで楽しく美しい物語でした。
    グラフィック・サウンドのレベルも高く、
    道具やギミックを使ってダンジョンも見やすく、
    時間差で開ける道があったり、すごく凝ってるなーと感じました。
    最初だけは暗くてびっくりしますが、舞台設定上、仕方がないかと。

    戦闘システムは、レベルは存在せず、ステータスを配分するタイプ。
    敵に合わせて、再配分し直したり。
    馴れてない人はちょっと難しいと感じるかも。
    が、試行錯誤をするのが楽しく、歯ごたえがあり、自分はすごく楽しめました。
    コマンドも考えて選ばないと油断した隙に負けてしまったり、緊張感があって良かったです。
    一部、苦戦した箇所もありましたが、敵とのバランスもよかったと思います。
    雑魚戦はやや時間がかかる方かもしれませんが、
    ステータスを上げるアイテムは、中ボスが落とす・またはフィールド上でゲットできるので、
    雑魚を全部避けても攻略可能なところがいいなと思いました。
    逆に、戦略が苦手なら雑魚を倒して少しずつステータスを強化できるところも良かったです。
    おまけ部屋で、ステータス強化のヒントもあったのも非常に嬉しかったです。

    キャラクター・ストーリーも非常に魅力的でした。
    全員、ちゃんと役割がありつつ、遊び心(隠し中ボス)があるのも嬉しい。
    全体的に、青の冷たくて綺麗な色が印象的です。

    MV移植の方も大変楽しみにしています。素敵なゲームをありがとうございました!

  • ゆうしゃロジックのイメージ ゆうしゃロジック
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月09日 14時32分]
    • 1
    • 1
    • 3
    • 2
    • 1
    • 3

    いわゆるファンタジーミステリー。…なのだが、ファンタジーミステリにおいて最も大切なルール設定が一切施されておらず、ファンタジーとリアリティをごちゃまぜにした、歯切れの悪い世界の上で成り立っている。

    また、トリックと言えるほどのトリックもなく、なんだかその場その場で考えているように思えてしまいます。
    難易度は低めというよりか、答えが明白なものばかりで、どうもUIが機械的な作業のように思えてしまいます。

    以下気になった点を箇条書きであげていきます。

    リアクションが不自然←まあこういう趣旨で作られているものだから仕方ないか

    青い血が…←ダリスを殺した後に魔物を殺しに行った可能性も否定できない。これで信じるのは不自然。

    俺たち村人は何の動機も…←ないわけではない。強盗目的で殺した可能性だってある。
    というか何故魔物が犯人であるとは考えないのか。村の周りに魔物除けの結界でも張っているのか

    ダリスが人形を持っていたから…←だからといって殺人犯と決めつけるのはいささか無理があるのでは

    ロージェのイアリング←何の前触れもなし。確かに流れで青の宝石っぽいのはわかるが、説明不足感が拭い去れない

    現場は整然としている…←確かにほかのところはそうだが、肝心のダリスがいた小屋のまんなかあたりをまるで調べていない

    アレック「もしかしてあれと関係があるのでは?」←牽強付会としか思えない。結びつけるための証拠がない。

    ロージェ 冷静なキャラという設定なのに人形を落としたり宝石を落としたり、いろいろ落としすぎでは? どうもご都合主義としか思えない。

    「魔法禁止の呪い」←だったら人形を持っていたダリスにも魔法は使えないのでは?
    というよりか、セナの「しねばいいって思ってた…」という発言と矛盾してしまうのでは(単にダリスが持っていた人形からダリスが姉を殺したと勘違いしてそう言ってしまったとも取れなくもないが、あの状況でそんなことを言えば殺人犯扱いされてしまうのでは。
    どうも作者がその場を盛り上げるためだけにそういわせたようにしか思えない)

    ……

    ミステリは読者と著者とのフェアであるべきの駆け引きであり、ファンタジーミステリであってもそれは同じで、何の前触れもなしにこっちが知っているはずのない概念を出されても困る。
    というか、これを推理ゲームと呼んでいいものだろうか。
    一本筋のストーリーで、しかも後半になって初めて明かされる新事実が多く、とてもではないが推理できない。
    作者はそもそも推理小説を読んだことがあるのか? まずそこから気になってしまう。

    厳しいことを言うようだが、推理ゲームと銘打たれて公開された以上、求められるハードルは高い。それは、百年以上続いてきたミステリ界の矜持があるからだ。

  • きゃらふとのイメージ きゃらふと
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月09日 12時05分]
    • 2
    • 2
    • 5
    • 1
    • 2
    • 2

    かなり重い。

    キャラデザはいい。

  • 宇宙船還ルナドーンのイメージ 宇宙船還ルナドーン
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月09日 4時25分]
    • 2
    • 4
    • 3
    • 3
    • 1
    • 2

    プレイ時間の大半を費やすであろう戦闘の出来がよろしくない。
    戦闘のバランスには目をつぶるとしても
    FC時代のRPGのような地味な殴り合いを行う期間が非常に長く、しかも戦闘が遅い。
    高速化機能が無いのでキーを連打し続けながら鈍臭い戦闘シーンを延々と見続けるハメになる。
    ストーリーを追う以外の部分だと、図鑑を埋める楽しみが最大の売りのはずなのに
    図鑑を埋めようと思うと、この苦行じみた戦闘を繰り返す事になる。
    せっかく細かいドロップ設定がしてあるのに非常に勿体無い。

    台詞回しやストーリー等は中長編として十分及第点に達しているので
    戦闘中、キー押しっぱなしでコマンド決定されるようにする事と戦闘スピードを上げる事という
    この2点だけでも実装されると大多数のプレイヤーからもかなり評価が上がるはず。

  • 宇宙船還ルナドーンのイメージ 宇宙船還ルナドーン
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月08日 18時42分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 3
    • 5
    • 4

    ハマれました。
    普段はキャラメイクができるゲーム以外まず触らないんですが、
    テキストの良さに惹かれてクリアまで飽きること無くプレイできました。
    「天使のうつわ」や「おばけと魔法と」以来です。

    シナリオ・テキスト・物語の良さは今後も続々と様々な場所で語られていくと思いますので
    他の方にお任せしつつ、ゲームシステムについて。

    このゲームは序盤と終盤ではゲーム性が全く異なります。
    クリアした方とそうで無い方のゲームシステム評価が大きく違うのはそのためだと思われます。
    個人的には「終盤における派手な狩り」が実に好みだったので最高評価をさせて頂きました。
    今後の追加要素はその点においても非常に楽しみです……が、
    戦闘・戦場からの離脱が容易でアイテムリソースもほぼ無限なので緊張感には欠けるかなと。
    シナリオで閉鎖空間常在戦場のハードボイルドを描く一方、ゲームではややヌルさを感じるのはそのあたりでしょうか。
    追加要素ではそういったミスマッチを解消するようなキツい戦場を渇望しております!

  • 宇宙船還ルナドーンのイメージ 宇宙船還ルナドーン
    user-pic
    ryota / 投稿日時 -[2017年12月08日 16時43分]
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 1
    • 3

    非常に迷いましたが良い面を取って総合評価は4

    シナリオ・ストーリー
    予想していなかった展開や、逆に予想していたのに何もなかったなど、良い面で期待を裏切られる。
    それでいて物語やキャラクターの性格付けが破綻することなく進んでいく秀逸なストーリー。
    それが適度に区切られており、飽きずに楽しめました。
    ただ、序盤の軽いノリとは裏腹に中盤以降シリアス、人によっては陰鬱と感じる展開かもしれません。
    可愛い女の子たちがキャッキャウフフする事を期待している人はプレイしない方が良いでしょう。

    グラフィック
    可愛いキャラクターと豊富な表情差分がとても良い。
    惜しむらくは敵として出てくる敵以外の全身画像が見られない事。
    主人公サユカ曰く、艦内のアイドルと言う女性。パンチラを最も多く拝んだ相手だそうですが、プレイヤーが見られない事に対して断固として抗議する所存。

    サウンド
    これだけの力作。ここが低評価になる事は無いでしょう。

    システム
    スキルを入れ替えた時に空欄を自動で詰められない、装備強化が分かりにくいなど操作の不満はごく一部。
    しかし、「ストレスなく遊べるか」と言う点については厳しい評価をせざるを得ない。
    これだけの力作なのに、戦闘面が思い切り足を引っ張ってしまっている。

    まず、難易度は高めとなっているが、そんなことは無くむしろ低い。
    店売り武具と適度な回復アイテム、あとは拾ったアクセサリーでクリア可能。

    ---ここから酷評タイム---
    こちらが強くなるにつれて戦闘バランスはやや改善されていくが、序盤に関しては、
    「僧侶から武道家に転職した4人でプレイするドラクエ3」
    殴る。回復する。ただこれだけである。

    ・全体的な戦闘面
    -敵が硬い。大した敵ではないのに妙に硬い。
    -スキル、チップ構成によっては1度戦うたびに回復を挟まなければならない。
    -通常攻撃の命中率がやや低く、ミスの連続でかなりイラッと来ることも。
    -一部の敵は物理、魔法をカウンターしてくる可能性があり、こちらのPT次第では延々防御する羽目に。
    -HPやTPの自動回復で少し画面が止まる為、他のマイナス要素と併せて結構なストレス。

    ・属性の無意味さ
    -装備は一人一つ。対応するスキルも原則として同じ属性。つまり剣使用者は斬属性しか使えない。
    -一応、魔法的な物もあるが、参照するステータスがほぼ武器依存の為、威力は雀の涙。そんな事より殴れ。

    ・スキルの使い勝手の悪さ
    -最大EPに対して消費EPが多く、下位スキルは色々と消費に見合わない。
    -スキルスロットが少ない。パッシブとメイン火力スキルでもうパンパン。
    -後半、ロボはチップごとの専用パッシブを取れるようになるが、コスト、取得SPの高さから、宝の持ち腐れに。
    -そもそも得られるSPが少ない。よし、たくさん付けられないなら絞れば良い。しかしSPが足りない!
    -スキルの優劣の激しさ。特にバフ系は消費が大きく序盤は使い物にならない。終盤使えるのかは使っていないので知らない。半面、全体攻撃が非常に優秀。
    -キュアーが毒だけ治療?ハイキュアーとか万能薬とか序盤はコスト高すぎる。治療スキルのランク付けの為に無理やり押し込んだ感。
    -(細かい事だが)「五月雨斬」が思っていたのと違う。ランダム3回攻撃だが、例えばあと一撃で倒せるAと、体力が残っているBが居て、Aに3回攻撃と判定されると残り2回が無駄になってしまう。

    ・状態異常を食らいすぎ
    -毒、転倒(スタン)など割と軽微な物から麻痺、ジャマー(沈黙)など深刻なものまで必中かと思うくらい。稀に即死も。
    -運を上げたりアクセサリーで対処可能だが、スキルスロットはパンパン、アクセサリーはほぼ一種しか防げず、しかもドロップ頼み。

    ・アイテムドロップ
    -とにかく武器防具のレアドロップが少ない。
    敵図鑑を見ると1/20程度とそこまで低確率ではないのだが、アクセサリーに比べて武器、防具のドロップが極端に低い。
    かと思えば一度の戦闘で同じ物が2つ落ちたり、ドロップ判定に何か不具合があるのではないかと思ってしまう。
    店売り品でも充分攻略可能な為、強化素材が大量に余る羽目に。
    -後半のレア品(アクセサリー)のがっかり感。今更この程度の物をもらっても。
    -この戦闘バランス、ドロップ率で図鑑を埋めようとすると禁欲修行僧になれるかも。

    原作、脚本共にしっかりとしており、キャラクター育成にも幅があるシステム。
    しかし、戦闘関連のシステムが非常に粗削り。
    ここがもっと練り込まれていれば名作と成り得るポテンシャルはあったと思うが、そのコンセプトを自ら潰してしまっているのは残念でならない。

  • けものラビリンスのイメージ けものラビリンス
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月08日 15時16分]
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4

    けものフレンズワールドをしっかり再現できていて凄い。
    ゲーム性もあり、ついついやりすぎてしまうほどの傑作。
    楽しい作品をありがとうございます!

  • 宇宙船還ルナドーンのイメージ 宇宙船還ルナドーン
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月08日 13時05分]
    • 5
    • 4
    • 4
    • 3
    • 5
    • 4

    旧Verですが1.03でクリアしました。

    場面が限られてるからこそのキャラクターの個性が出ていて、電子内とリアルでの戦闘差のシステムとシナリオの調和が特徴的な作品です。
    ただ、人が結構な数死んだりしたり、現実的な点で鬱気味な描写が少しあったりします。

    戦闘もレベリングがある程度必須なのと、スキル習得が固定されているメカと、スキル習得の柔軟性で対応できる人間とでうまく役割分担をくみ上げる必要があるので、ボタン連打でどうにもならないクソゲー、とかいう人には間違いなく向いていない。
    (というかそんな人はこの作品に限らず9割以上のRPGに向いてないだろうが)

    硬派なバランスと死んでもめげない試行錯誤、レベリング、レアハントが楽しめる、一つの作品にじっくり入り浸ってプレイするプレイヤー向けの作品です。
    入り浸れば入り浸るだけ、キャラクターの魅力にも浸りやすいので、使い捨てるのではなくじっくり楽しむためのゲーム。
    とにかく、じっくり腰を据えて入り浸ることのできる人ほど楽しめるゲームであると思います。

    レアを漁る、レベリングも苦ではない、といった人なら間違いなく2017年のベストゲームとして当てはまるだろう。

    とりあえずやってみたい、という人は、まず腰を据えて臨み、「メインのアタッカー」「メインのヒーラー」「囮役を引き受ける壁役」「囮役を補佐したり、異常等を用いるサポーター」を誰に何を担当させるか、を決めて、その方針に沿った育成方針を固めるといい。
    参考程度に筆者は主人公を「負Eで敵の有利解除と補助攻撃とヒール」、赤毛の子を「斬撃とステータスアップ、必殺技を中心にしたアタッカー」、メカ1を「狙われ率と防御力を高めた盾役と魔法アタッカー」、メカ2を「回復・ステータスアップを最重視」としたキャラクターの方針を立てて育成した。
    人間二人はスキル習得の属性やジャンルのパターンが比較的豊富なので、メカでできない事をよく見て選ぶと無駄がない。

  • 音楽ゲーム CIRRING TRINITY!のイメージ 音楽ゲーム CIRRING TRINITY!
    user-pic
    ああああ / 投稿日時 -[2017年12月08日 11時30分]
    • 4
    • 2
    • 4
    • 5
    • 3
    • 5

    新しい幹事で意外とあり

  • Ruina 廃都の物語のイメージ Ruina 廃都の物語
    user-pic
    樂太 / 投稿日時 -[2017年12月07日 22時34分]
    • 4
    • 3
    • 3
    • 4
    • 4
    • 3

    とりあえず一周クリアしました。
    結構、時間がかかってしまいました。ストーリーも思ってたよりも長かったですがね。
    丁寧に作りこまれたゲームでした。ただ攻略が結構、大変だったので人によっては途中で投げ出す可能性も全然あると思います。
    とりあえず一周で満腹です(笑)

  • 宇宙船還ルナドーンのイメージ 宇宙船還ルナドーン
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月07日 6時22分]
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 3

    ストーリーをサクサク追いたい人には辛めの戦闘は苦痛なのかもしれません
    また、緊迫感のある展開なのにのんびりとドロップ狩りをするのはどうなんだ、という部分に
    違和感を覚えないでもないですが、面白かったです。

  • 金のなる木のイメージ 金のなる木
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月06日 21時51分]
    • 4
    • 3
    • 3
    • 3
    • 5
    • 5

    作業ゲーみたいだし面白いのかなと疑問に思いながら気付いたら全実績解除してました。(笑)
    個人的にはパルプンテの所持金2倍を軸にソロ・30分以内・10回以下を同時にして、その9回戦闘直後のデータをロードしてから同じように金を増やしてスキル購入無し・武器防具購入無し・レベル1を同時が効率がいいかなと思いました。(さすがに宝箱未回収はむりでしたが)
    ところで、せっかく全実績解除したのでメダルを買いたいのですが、1000億を超えた場合、現在の所持金を銀行に預けてから金を獲得するをいう処理になっているようで、獲得額が1兆いこうが10兆いこうが1000億しか獲得できないので100兆ためるのがつらいです。なんとかなりませんか?

  • 太鼓風東方音楽ゲーム 紅玉の鎮魂歌のイメージ 太鼓風東方音楽ゲーム 紅玉の鎮魂歌
    user-pic
    最悪の時間 / 投稿日時 -[2017年12月06日 21時34分]
    • 3
    • 3
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4

    東方の曲で遊べるのが良い

  • セブンテットクロスのイメージ セブンテットクロス
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月06日 20時29分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 3
    • 4
    • 5

    やってみて楽しかった!!

  • 剣と太陽のツインテールのイメージ 剣と太陽のツインテール
    user-pic
    ツインテール好き / 投稿日時 -[2017年12月06日 5時12分]
    • 4
    • 2
    • 3
    • 3
    • 4
    • 4

    タイトルで気に入りました。即プレイ。
    最初の装備がランダムなので、厳選可能。
    ただ、最初は弱くても合成で強くしていけるのでそこまで気にしなくても十分遊べます。
    装備の傾向によってキャラ絵が変わるのは良かった。いろんな絵を探してみてもいいかも・・・
    無理に合成すると武器がなくなったりするので注意が必要かも。

  • 奈落の魔女とロッカの果実のイメージ 奈落の魔女とロッカの果実
    user-pic
    はまだ / 投稿日時 -[2017年12月06日 2時06分]
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 3
    • 4

    現在プレイ中ですが、現時点で大変楽しませていただいているので感想書きます。
    王道RPGと銘打っているだけあって、ストーリーが進むたび展開が熱いので、
    その度ゲームに対する意欲がぐっと上がり、話に飽きることなく進められています。
    話の展開を予想しながらプレイしてますが、ルシオラくんが魔女の器だった時はいい意味で予想を裏切られて、こうなってほしいという展開のある部分と予想外の展開の部分があるのが楽しくプレイできる要因なのかなと思います。
    キャラクターもツボを押さえたキャラクターが多くて、感情移入してしまい、パーティーが4人しかいれることができないのが勿体無いくらいです。
    欲を言えばルシオラくんとアスベルのエピソードをもっと見たいし、セドリックさんなど年長組の過去の話も想像が広がってしまいます!あとはもっと残酷だったり虐げられるような闇が深いエピソードがあっても嬉しいです。

    なのであと少しでクリアしてしまうと思うと進めるのがもったいないというのが本当のところです。
    システムは雑魚戦がたくさんあるんですが、それを回避できる魔法の持続時間が短いので結局全部戦ってしまってボス戦あまり苦戦しなかったので、辛くなかったですが人によっては物足りない時あるかもです。
    音楽は戦闘やボス戦も熱い戦いらしい燃える曲が揃っている印象でした。
    グラフィックは男か女か絵だけだとわからないキャラクターが多く、逆に深読みできて楽しかったです。
    オリジナリティについては王道なのでそこまで独自の路線というわけではないですが、
    一つの物語として唯一無二の世界が繰り広げられており、続編があるならやりたいと思える内容でした。
    今後の新作が楽しみです。
    素敵な作品をありがとうございます。

  • 人界と魔界AS(アフターストーリー)のイメージ 人界と魔界AS(アフターストーリー)
    user-pic
    フリゲ大好きマン / 投稿日時 -[2017年12月05日 12時55分]
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5

    まず、こんなフリーゲーム初めてやりました。
    驚きを隠せません。
    作品の公式サイトの掲示板があまりに賑わってるようなので、私はあえてこちらに感想を残します。

    最初に悪かった点から。
    データが重すぎました。
    フルボイスだから仕方がないかと思いますが、もう少しどうにかならなかったかな?と思います。
    環境によっては、ダウンロードできない方もいそう。
    また、秘奥義は凄まじくカッコよかったけど私の環境ではカクツキが酷く重たかったです。
    それと、エメリィーム。
    これは多分やり込んだ方の中には多くいたかもしれませんが、なんで彼女だけ報われないのかな?と、悲しかった。
    みんな幸せなのにあまりに酷い扱いだと感じました。
    それに加え、ややエメリィームの過去話などが唐突に舞い込んできた感じが否めなかった。
    エメリィームの過去を知りたいと思わせる策士かな?
    とにかく腑に落ちない。
    また、ミッションは全データ共通の意味。
    ただの嫌がらせか?と感じてしまうくらいアイテムロストが酷くイラつきました。

    良かった点は、悪かった点を差し引いて、
    あり過ぎてなんて言ったらいいか。
    まず、フリゲをやってきた中で、唯一初めて目にした自動レベル上げはある意味卑怯でした。
    これをやると他のゲームのレベル上げがダレて仕方がありません。
    次いで曜日ダンジョン。
    何ですか?これまた初めて過ぎてやりこみ過ぎました。
    しかも、決まった曜日にしか入れないドMが喜びそうなシステム。
    とはいえ、入る手段がちゃんとあったから良かった。
    クリアさせといてもなお、ミッションコンプや挑戦ダンジョンとか、クリアしてもやり足りないくらいボリュームあって、私はいつの間にか200時間以上も遊んでしまいました。
    こんなに没入感を弄られた作品は初めてでした。
    前にキャラアンケートをやっていたようですが、私はエメリィーム推しです。
    とにかくキャラの会話、ゲーム性、歯ごたえ、全てが楽しくてやり過ぎました。
    後、自動戦闘がなんちゃって自動戦闘じゃなく賢く戦ってくれるのは誰でも作品楽しめる最高のアイデア。

    と、悪い点も良かった点も長々と書きましたが、良し悪しを足し割りしてもとにかく遊び尽くすには時間がかかるほどのフリゲとは思えないフリーゲームでした。
    ゆえに、グラフィックがしっかりオリジナルであれば、かなり名作としてなを轟かしたのでは?
    こんなにフリーゲームやっていてワクワクしたり笑ったら切なくなったのも久しぶりだし、6周ほどやったのもフリゲでは初。
    戦闘は一部重いのを差し引いても楽しかった。
    潜在秘奥義の派手さはやばすぎます。感動の一言。
    フリーゲームだからと、見た目がデフォルトに近いからとバカにしたのは否めなかったが、
    とりあえずやり始めて良かった作品。
    フルボイスだからキャラ立ちが凄く良く出来てました。
    私がまだ知らないだけであるかもしれませんが、この作品は私の中でどのフリゲRPGより楽しめる秀逸作品でした。
    次回作に期待する作者に初めて出会いました。
    と、他にも良作あるのかもしれませんが、この作品は真面目に推したい一品です。

  • Recovery Painのイメージ Recovery Pain
    user-pic
    ほさか / 投稿日時 -[2017年12月05日 12時14分]
    • 2
    • 2
    • 1
    • 5
    • 1
    • 5

    プレイした感想を素直な気持ちで書きます。
    まず良かった点から。
    シナリオはよくある王道ですが、主人公と仲間のポプリが織り成す、ある意味、王道な中でのドタバタ奮闘記で、徐々に聡明な展開になりワクワクもありました。
    敵視点で思想も豊かで堪らずやりこみました。
    戦闘もテンポが良い。また、育成が自由なのもあり、育成する楽しみがあり、非常に楽しめる秀逸な逸品だと思えます。

    悪い点。こちらは少し目立ってしまうかも?
    まず、序盤で少年を助けた直後、その辺りからレベル概念がなく強くするための補足がない。
    また、初心者寄りではなく、ツクールの概念をある程度熟知していないとわかりにくい操作。
    戦闘のテンポを良いと書いたが実際は毎回育成不十分だと防御しなくてはならないバランスが戦闘の楽しさを半減していました。
    時折現れる強敵?に対して知識がなく、その補足すらストーリーにはないので、逃げれば早いですがあまりに理不尽な出現だと思います。
    ダッシュの切り替えも使い勝手が悪く、メニューを開けないバグがあり、戸惑います。
    また、自作メニューとありますが時折、通常メニューが展開されてしまったりと訳が分からない時もありました。

    総評。
    まず、初心者向けな作品ではなく、ツクール熟知者向けの、言い方があまりよろしくないですが、エゴ作品です。
    しかし、作り込まれた細部はとても拘りがあり、ツクールの性質を知ってる方にとってはこの上もない非常にやりごたえがある逸品。
    犠牲となるのは、その予備知識がないツクールを知らないプレイヤーです。
    なんとなしに始めるも、初期の少年を助ける最序盤で詰む可能性があります。
    私がオススメ出来るプレイヤーとしては、
    ツクールを多少知っている方に強くオススメします。
    この作品は、並みな努力では生み出せないかと思われるアイデアやオリジナリティが溢れています。
    しかし一方、ツクール2000を知らない方には全く楽しめない作品になってる気が否めません。

    ツクールを知らない方が遊ぶならば、
    まず、序盤は残り1回の行動になったら防御するようにし、雑魚には特技を多用して進めれば必ずクリアまで行けるはずです。
    この戦術を知らずにただ通常攻撃するだけだと、詰みます。
    ちゃんと特技と防御を挟めばたのしくなってくるはずです。

  • 『おそ松さんホラーゲーム-MIRROR-』のイメージ 『おそ松さんホラーゲーム-MIRROR-』
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月05日 2時25分]
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5

    表現が上手くもう皆かっこよくてとても良き作品であった!!

  • 宇宙船還ルナドーンのイメージ 宇宙船還ルナドーン
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月03日 22時53分]
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4

    2017年最後に出てきた傑作。ストーリーは秀逸です。RPGでは珍しい狭い空間内での、襲撃、政治問題、裏切り、徐々に明かされる過去、一癖も二癖もあるキャラクター達、これらの事が閉鎖空間で進んでいくので、常に危機感や緊迫感が感じられて新鮮でした。皆さんが言っている戦闘についてですが、確かに難しいとはおもいますが、けして理不尽とは思いません、回復ポイントは近くにありますし、拠点に戻ればノーコストで全回復です。レベルを上げて通常攻撃ゴリ押しでOKという人は、、序盤の武器の種類、弱点についての話をしっかりと聞いていたのでしょうか?私自身全滅は何回か体験しましたが、開幕即死のような理不尽な事は一度もありませんでした。話を聞いていれば、1武器を分ける、2弱点の属性を付く、3適度に回復という簡単なことを考えれるはずです。そもそもドロップなどはあくまで出たらラッキーレベルの事で、店売りの武器でも全然戦えます。状態異常対策アクセサリーの出現率は高いですし、私的には、戦闘によって低評価をつけている方は、素晴らしいストーリーなのにもったいないなと思うし、厳しすぎるとも思います。歯ごたえのある戦闘、閉鎖空間での少女たちの思惑が入り混じった戦いに興味のある方は大変おススメです!!

  • 宇宙船還ルナドーンのイメージ 宇宙船還ルナドーン
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月03日 20時46分]
    • 4
    • 2
    • 3
    • 4
    • 3
    • 3

    最後までプレイしました。キャラクターたちの顔グラもまあまあ好みで何だかんだ熱中できてとても楽しかったです。

    レアドロップの問題は自分はキャラが強くなるのは歓迎なので、レベルを上げて高威力のスキルで戦うのは楽しかったのでそこら辺は他の人たちとは真逆の少数の意見になります。

    自分の言いたいことは、シナリオでキャラの掛け合いのノリは軽いのに、顔グラのあるキャラもモブも結構死んでいくのは軽く鬱ゲーでした。

    なにより主人公が可哀想でならない。最後まで一緒にいてくれる仲間は救いですが、家族も親友も上司もなんやかんや裏切りで殺したり、戦いで亡くなっていくのは見ていて辛かったです。

    一番つらかったのは強キャラだった主人公の先輩があっさり殺されたのが一番つらかったです。ルナドーンで一番好きなキャラでした。なぜ殺たし。
    そんなのでベアトリス先輩のBMCメモリチップ手に入れる方法おしえてください。

    EXダンジョン待ってます。

  • 宇宙船還ルナドーンのイメージ 宇宙船還ルナドーン
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月03日 17時26分]
    • 2
    • 2
    • 2
    • 2
    • 3
    • 3

    装備の強化が出来ます!
    しかし敵からのドロしたやつだけね⇒クッソ低いドロ率

    AP貯めてスキルを自由に育てることが出来ます!
    しかしスキルセット枠はレベルが上がることによって増えるけどね⇒パッシブもアクティブも一緒な

    んじゃドロ拾うために狩りしようっと⇒落ちない⇒レベルだけ上がる⇒通常攻撃ゴリ押しでボスクリア

    作者は通しでプレーしたんか?

  • サクラぶれいどのイメージ サクラぶれいど
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月03日 15時00分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    これはめっちゃくっちゃ面白い!

  • 私のカレは死んでいる。のイメージ 私のカレは死んでいる。
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月03日 14時58分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    今でもコメントされてるのを見てすごく嬉しいです…私もさせて頂きます。
    キャラやストーリー、どれも魅力的で全てが良かったです。学校を休んでまでやってた事もあります(笑)更新されるたび嬉しくてすぐやってボロ泣きしてました。学校でもカレ死の話ばかりしてました。本当に大好きでした。
    皆さんが言っているとおり、私達はいつまでも待っています。どうか、また私のカレは死んでいるをプレイ出来る日が来ますように。皆の幸せを見届ける事が出来る日が来ますように…。

  • 金のなる木のイメージ 金のなる木
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月03日 14時12分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    久々にゲームに熱中することができました。
    ありがとうございました。
    討伐の証十以降も何かしら貰えたら良いなと思いました。

  • 水素水伝説のイメージ 水素水伝説
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月03日 8時23分]
    • 5
    • 5
    • 3
    • 5
    • 5
    • 5

    面白い

  • TurnRightDungeon(Ver1.05)のイメージ TurnRightDungeon(Ver1.05)
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月02日 22時37分]
    • 3
    • 3
    • 4
    • 4
    • 2
    • 3

    自分のPCのせいかもしれませんがちょっと重いですね。
    でも、普通に面白いのでこれからのアプデも期待できます。
    せろがんさん、頑張ってください!

  • 休むな!8分音符ちゃん♪のイメージ 休むな!8分音符ちゃん♪
    user-pic
    / 投稿日時 -[2017年12月02日 16時47分]
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    たのしい

  • Psychological Divingのイメージ Psychological Diving
    user-pic
    通りすがり / 投稿日時 -[2017年12月02日 15時21分]
    • 4
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

    RPGツクールを使ったサウンドノベル。小説的な文章表現がやや多めな印象。
    美しいグラフィックと凝った演出、丁寧なストーリーに惹かれてプレイしました。
    最後まで優しく、丁寧な物語で、
    紹介されている雰囲気通りの空気をしっかり味わえて大変良かったです。
    細かいところまで反応があるのが特にうれしい。
    アイテム画面などもこだわりを感じました。
    手前にヒントアイテムを縮小表示できるのはすごく便利でした。
    唯一、画面の転換演出(特にダイブ時)はもう少しだけあっさりしてもいいかもと思いました。

    途中、謎解きやパズルがありますが、
    ほとんどがそのままヒントを探して照らし合わせれば、
    あるいは時間をかけて動かしていればクリアできるものです。
    と言いつつ、自分はしっかり引っ掛けがあるところで完全に詰まってしまったのですが…。
    しかし、教えてもらった後では、なぜ気づかなかったんだろう!、とすごく納得できました。
    実は自分は脱出ゲーム系は謎解きが苦手なので、
    他の方にはぬるいかもしれませんが、時間制限や回数制限がないのは大変に助かりました。
    最後の戦闘画面はやや驚きましたが、落ち着いてやれば初心者でも大丈夫だと思います。

    続編もすごく楽しみです。

  • 宇宙船還ルナドーンのイメージ 宇宙船還ルナドーン
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月02日 14時47分]
    • 2
    • 2
    • 3
    • 2
    • 1
    • 3

    ver1.02で5時間ほどプレイし、イシェルテン戦でこのバランスが続き、プレイ時間想定はほとんど狩りの時間なのかな、と思い、辞めてしまいました
    ボスは強く、かなり狩りをしなければ進めないにも関わらず、EPが少なくちまちま回復に戻りながら何度も行き来して雑魚を狩り続けなければいけないマゾゲーという感じがしてしまいました。
    また、敵は必ず何かしら抵抗を持っているし強いので雑魚が狩りにくい印象でした。
    ボスは強いほうが面白いとは思うのでそれは良いのですが、この狩りバランスでやるのはストレスが多い気がします。
    難易度が難しめというより、ドロップで武器が入手できるのもあり、かなり狩りに時間を裂く必要があるという印象です。スキル選択がもっと良ければ攻略も楽なのでしょうかね?
    また人間タイプがメカタイプに明らかに劣ってる印象も受けました
    チップの分ステータスがプラスされてるメカのほうが能力が強く、主人公等の人間タイプはスキル取得分のスキルポイントも必要なのに優位になるのがパッシブ部分のスキルポイントが少なくて済むだけ。
    チップは適切にレベルアップでスキルも覚えていくしパッシブも取れるので、チップレベルのステータス上昇分、人間タイプが下位互換に見えてしまいました。(中盤以降は分かりませんが)

  • 金のなる木のイメージ 金のなる木
    user-pic
    sin / 投稿日時 -[2017年12月02日 3時21分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    上級実績「30分以内」に挑戦したい

    まず何よりも重要なのは、
    「30分というのはゲーム内時間である」ということを理解することじゃ。
    つまり実際には不利になったときに
    前回のセーブデータをロードしてしまえば何度でもやり直しができる。
    その点を考えれば重要になるのは指先の速さよりもむしろ
    手際の良さ、計画性であることは分かるじゃろう。
    事前に綿密な計画を立てることができれば、慌てる必要はないのじゃ。
    次に具体的な戦略じゃが、基本的な方向性は
    「ある程度の金額を確保してから、パルプ〇テの所持金2倍を待つ」
    というのが速いじゃろう。
    序盤はスライムやこうもりを倒しながら獲得率を上げ、ボーナス箱を討つ。
    これを手早く行って5000G程集めたら、一度セーブする。
    目安としてはここまでを10分以内でできれば十分じゃろう。
    あとは所持金2倍を引いたらセーブ、引かなければロード…を繰り返すのじゃ。
    十分に所持金を増やしたら、極魔法と魔法上昇のパッシブ、
    ダブルキャスト、自身強化(魔法)などのスキルや魔法力上昇の高い杖、
    魔法の加護、魔防の呪詛、劇薬(呪い)などをフル動員して
    神木様に短期決戦を挑むのじゃ。
    気の長い話に聞こえるかもしれんが、倍々というのは案外数字が進みやすい。
    根気よく頑張るのじゃぞ、○○!


    上級実績「戦闘10回以内」に挑戦したい

    忘れてはならないのは「戦闘を10回以内で終わらせる」というのは、
    「必要な準備は9回目の戦闘で終わらせなければならない」ということじゃ。
    9回目の戦闘後には神木様を倒す全ての準備を整えなければならん。
    よってそこまでにどれだけ稼げるかが重要になってくる。
    さて、その9回の戦闘じゃが、その中で最も重要なのが
    「2回目の戦闘」じゃ。
    なぜなら1回目の戦闘では何も準備ができていないためうまく稼げず、
    3回目以降の戦闘で稼ぎ始めてもそれはすでに遅いからじゃ。
    2回目の戦闘でいくら稼いだかでこの挑戦の結果が決まると言っても過言ではない。
    1回目の戦闘は、2回目の戦闘の準備じゃ。
    なるべく神木様の戦闘力を上げず、スライムやこうもりを倒し獲得率を上げ、
    ボーナス箱を討つのじゃ。可能であればここで仲間一人や盾、
    汎用技:体力回復を得られるだけの所持金を確保できると良いじゃろう。
    そして最も重要な2回目の戦闘。ここでの目標額の目安は10000Gじゃ。
    とにかく全てをここに賭けるのじゃ。敵の攻撃を耐え忍び、
    獲得率を確実に上げ、パルプ〇テで悪い目を引かないことを祈るのじゃ。
    運よく激レアボーナス箱が出てきたら、中身は売却してしまうのもいいじゃろう。
    もし2回目の戦闘までに10000G以上を稼ぐことができたら、
    3回目以降は丁寧に稼ぎながらパルプ〇テの「所持金2倍」を待つことになる。
    これを9回目の戦闘まで繰り返すのじゃ。
    そうすればそのときまでには神木様に短期決戦を挑むのに
    十分なお金を手に入れることができているじゃろう。
    極魔法や魔法上昇のパッシブ、ダブルキャスト、自身強化(魔法)や魔法力上昇の高い杖、
    魔法の加護、魔防の呪詛、劇薬(呪い)などを駆使して
    一撃で倒すつもりで戦いを挑むのじゃ。
    長くなると思うが頑張るのじゃぞ、○○!


    上級実績「1人でクリア」に挑みたい

    この挑戦で最も問題になるのが
    「どのように敵の攻撃に対処するか」じゃろう。
    もしも仲間がいる状況であれば役割を分担し、
    騎士などの防御力の高い仲間に攻撃を受けてもらうことで対処することはできる。
    しかし1人しかいない状態では、戦士や魔道士などの職業に付けば
    敵の攻撃を防ぎきれず、かといって
    騎士や僧侶などの職業に付けば攻撃がおろそかになり滞ってしまう。
    そこでおススメなのは
    「最後まで木の戦闘力を上げない」戦い方に徹することじゃ。
    ひたすら守りに徹し、スライムとこうもりとボーナス箱だけを狩る。
    そしてパルプ〇テの所持金2倍効果を待ち、
    十分なお金を手に入れたら短期決戦で終わらせる。
    攻略法として上級実績「30分以内」や「戦闘10回以内」と一致する部分がある。
    自信があればどちらかと同時に挑んでしまうのも一つの手じゃろう。
    どちらにせよ苦難に道には違いないが頑張るのじゃぞ、○○!


    上級実績「スキルなし」に挑みたい

    どの実績に挑戦する場合でも言えることであるが
    「木の戦闘力を上げ過ぎてはいけない」ということを忘れてはならん。
    特にこの挑戦では戦闘中の選択肢が通常攻撃と防御以外はアイテムの使用しかなく、
    そのアイテムも基本的にはお金を出して買うものなので
    ジリ貧に陥りやすく他以上に詰みやすいのじゃ。
    さて、この挑戦でポイントになるのは道具屋で売っている
    火炎爆弾・冷凍爆弾・電撃爆弾じゃ。
    基本的にこの挑戦ではダメージを与える手段は通常攻撃の他はこれらしかない。
    しかしこれらは属性付きの全体攻撃であり、攻撃手段としては間違いなく優秀じゃ。
    問題はそれらの爆弾の価格じゃ。
    大中小どの爆弾も価格は木に与えられるダメージの3.33倍。
    つまりボーナス箱がいない状況の場合
    獲得率が330%以下の状態で使ってしまうと赤字なのじゃ。
    じゃから爆弾で稼ごうと思った場合十分に獲得率を上げるか、
    あるいは複数のボーナス箱を同時に狙う用途で使うのが賢いじゃろう。
    とにかく防御を固めて、爆弾でお金を稼ぎ、戦闘力が上がらないうちに逃げる。
    これを繰り返して十分にお金を稼ぐことができたら、
    最後の戦いは通常攻撃を活かせるように攻撃力を上げた戦士で挑むのがベストじゃろう。
    レベルを上げるだけでは足りん。
    道具屋で売っている攻撃の欠片・攻撃の結晶で攻撃力を上げるのじゃ。
    ついげきの攻撃の加護・防御の呪詛・劇薬(呪い)などでさらにダメージは加速する。
    会心の一撃を狙い短期決戦を挑むのじゃ。
    もしも運よくボーナス箱から☆魔法反射の鏡を手に入れることができていたなら
    最終形態の神木様相手に使ってみても良いじゃろう。
    運が良ければそれだけで勝てることもあるぞ。
    長く苦しい戦いになるが頑張るのじゃぞ、○○!


    上級実績「武器・防具購入なし」に挑みたい

    金実績の中では比較的簡単な挑戦じゃ。
    なにせ武具ならば神木様が呼ぶボーナス箱からも手に入るのじゃからな。
    とは言えどのような武具が手に入るかは運次第じゃ。
    運が悪ければ武器も防具も拾えず苦戦を強いられることになるじゃろう。
    そして注意しなくてはならないのは
    「魔法は杖を装備していなければ使えず、剣技は剣を装備していなければ使えない」
    ということじゃ。
    基本的なことじゃが、これを忘れていると
    杖や剣を手に入れていないにも関わらず木の戦闘力を上げ過ぎてしまい
    スキルを使うことができず何もできなくなる、といった状況に陥ってしまう。
    じゃからまず最低限剣と杖を手に入れるまでは
    戦闘力を上げずに、地道にボーナス箱を狙い続けるのが得策じゃろう。
    また、この挑戦では他以上に激レアボーナス箱の重要度が高い。
    お金に余裕が見えたら汎用技:最速行動など、
    確実に仕留める準備をしておけると良いじゃろう。
    健闘を祈っているぞ、○○!


    上級実績「レベル1」に挑みたい

    この挑戦では何よりも
    「各職業の弱点を把握する」ことが重要じゃ。
    レベル1でも武器、防具によってステータスを補正することはできる。
    しかし職業によってその補正後のステータスもかなり変動するのじゃ。
    特にこの挑戦においてはレベルを上げることができないため
    職業ごとの弱点が大きく表れることになる。
    それ故やはり基本となるが「木の戦闘力を上げ過ぎないこと」と
    「仲間同士の連携」が課題となるじゃろう。
    明確に攻撃役、防御役を分けてダメージを受けずに立ち回り、
    手に入れた武器、防具に見合った戦闘力を維持しつつお金を稼ぐのじゃ。
    防御役は剣技:かばうは必須となるじゃろう。その防御役が
    「敵からのダメージを受けない程度」の戦闘力を維持できるのならそれが理想的じゃ。
    この挑戦も十分お金が貯めてから短期決戦を挑むのが得策じゃろう。
    長い戦いになるだろうが頑張るのじゃぞ、○○!

    ちょっと長すぎると思うから適当に削るといいと思うよ。
    他に実績コンプした人いたら変なところ直してね。

  • RCカーグランプリのイメージ RCカーグランプリ
    user-pic
    しょしんしゃ / 投稿日時 -[2017年12月01日 15時23分]
    • 4
    • 3
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4

    結構おもしろかったです

  • 金のなる木のイメージ 金のなる木
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年12月01日 12時06分]
    • 3
    • 3
    • 3
    • 2
    • 3
    • 4

    運ゲー要素が強過ぎる。もっと相手のコマンドを誘導できたりする工夫があったら良かった。
    とにかく運ゲー。時間が掛かる。

  • 黒猫のK-リメイク版-のイメージ 黒猫のK-リメイク版-
    user-pic
    はなみず実況 / 投稿日時 -[2017年11月30日 12時16分]
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    黒猫のグラがかわいいので必見です。
    魔女さまともっときゃっきゃっうふふが見たいです。

  • うはうはだいありー ~ Lovely November ~のイメージ うはうはだいありー ~ Lovely November ~
    user-pic
    パンセ / 投稿日時 -[2017年11月30日 8時42分]
    • 4
    • 4
    • 4
    • 3
    • 2
    • 5

    【概要】
    普通のゲーム制作サークル『Zou Group』。
    彼らは『ウハウハPE』というゲームを、2019年3月公開を目指して 作っています。
    制作の途中経過を毎月ブログにて公表していますが、今月は特別編。
    制作報告を[ゲーム形式にして]発表されました。
    それが今作のゲームです。

    【内容】
    ゲームバランス担当者(女子高生のサボリ魔)が、グラフィック担当者と手を組んで、2人で作られています。
    他のスタッフから普段受けている暴言やセクハラを暴露したり
    グラフィッカーの特権を活かして、自分達だけ美しく描かれていたり
    サークルのリーダーを戦闘でボコボコにしたり
    と、やりたい放題です。
    この[身内の宣戦布告]とも取れる行為が、痛快でたまらなく小気味よい……かも知れません。

    ちなみに私は、この『ウハウハPE』のテストプレイを請け負っていますが、
    彼女の担当する箇所だけ 仕様が古くバグが多いです。
    外部から見ても、彼女がサボリ魔である事を付け加えておきます。

    【業務連絡】
    TAKUMA様、早く連絡寄こしやがれ寄こして下さい。
    バグのせいでテストプレイが進められないじゃねぇか進められないです。

  • けものラビリンスのイメージ けものラビリンス
    user-pic
    ラムネス / 投稿日時 -[2017年11月29日 18時05分]
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5

    色々な要素が追加され続け、楽しみ、やりこみがどんどん増えるゲーム。
    ん?と思った点を挙げるとすれば、ダンジョン初回クリア時のムービーが特定の場所以外ない事。
    ゆうえんちではあったのに以降(としょかんとかざん除く)は無く、あれ?全滅したからか?とか焦ったりしました。
    後は(グラフィック素材の関係上仕方ないのかもしれないが)マップに出てこれるフレンズが少ないこと。
    しかし、とてもいい作品なので、アップデートでの新規ムービーや新キャラ実装はせずに続編や新作、創作でやってみてください。

  • トラ!トラ!トラ!のイメージ トラ!トラ!トラ!
    user-pic
    樂太 / 投稿日時 -[2017年11月29日 16時32分]
    • 4
    • 3
    • 3
    • 4
    • 3
    • 3

    懐かしい雰囲気にプレイしましたが、なかなかに抗難易度のゲームでした。
    何がキツイって敵の弾速ですね。狙われると自機のスピードでは回避が難しくゲームオーバーを重ねました。こういうゲームに付き物の旋回なんかも回避行動としてあれば良かったなと思いました。
    とりあえず3ステージ目で指が痛くなって止めました(笑)

  • 洞窟物語のイメージ 洞窟物語
    user-pic
    かぴぱん / 投稿日時 -[2017年11月28日 14時33分]
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 2

    シナリオ・ストーリの☆5理由 やりこめる 例1 複数のエンドがあるからそれをやる 例2 武器をすべて揃える等 ストーリがいい
    グラフィック ☆4理由 ドットなので人による うまくドットを作れてると思う
    サウンド ☆4理由 武器orその状況に合った効果音がある
    システム ☆5 操作性 抜群 
    オリジナリティ これだけそうでもない

  • 箱庭諸島 海戦のイメージ 箱庭諸島 海戦
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年11月28日 12時37分]
    • 2
    • 2
    • 2
    • 1
    • 1
    • 4

    このゲームの魅力は他の方のレビュー通りです。
    しかし、現状としてはとてもオススメできるゲームではありません。

    まず、主目的として戦争をするゲームなのですが、現バージョンでは戦争で自身の島のユニットが破壊されると多くの経験値を失うにも関わらず敵のユニットを破壊しても大した経験値は得られません。
    この仕様のためほとんど戦争が勃発しない、戦争を仕掛けられないのが現状です。

    また、現在50島ほど登録されていますが、その中には放置(既にゲームをプレイしていない)プレイヤー、半放置のプレイヤーが多く、実際にアクティブなプレイヤーは半数程度となってしまっています。

    さらには、管理人が不在でメンテナンス等を全く行っていない状況なのでかなり多くのバグが放置されています。(戦争に直接的関係するバグもある)
    管理人不在のためユーザーからの要望やフィードバックは無意味となっているのが現状です。

    上記の通り、かなり昔は魅力的で面白かったゲームなのですが、現在では未来のない、廃れたゲームとなってしまっています。とても人にオススメできるゲームではありません。

    他の方のレビューも現バージョンのものでなく過去のバージョンを含めたレビューとなっているため、今からこのゲームを始めるくらいなら他のゲームをやったほうがよっぽど楽しめるでしょう。

  • REQUIEM FINALのイメージ REQUIEM FINAL
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年11月28日 11時13分]
    • 5
    • 3
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5

    シナリオ→ゲームをプレイしただけではあまり内容が理解出来ないので
         そういう意味を込めてで3点にしました。

    グラフィック→1枚あたりのドット絵の質はおせじにも良いとは言えないですが
           キャラ数とモーションの多さを考えると十分手間がかかってると思うので5点です。

    サウンド→BGMに関しては可もなく不可もなしという感じです。
    キャラクタのボイスの質は全く気にならないのでその点は高評価ですね。

    システム→操作性は全く悪くないです。
         格闘ゲームで操作性が悪くないというのはそれだけで評価出来ます。

    オリジナリティ→49キャラ居てキャラ毎に固有のアクションがそれぞれ搭載されてるので
            オリジナリティは十二分にあると思います。

    面白さ→やる事はシンプルで簡単ですが目押しやコンボなどやりこみに求められるテクニックは高いので
        簡単に触る程度でもやりこんでも面白いという点では総合的に面白いと評価します。
        

  • HECTGON(R-15版)のイメージ HECTGON(R-15版)
    user-pic
    匿名 / 投稿日時 -[2017年11月28日 8時09分]
    • 2
    • 4
    • 4
    • 1
    • 4

    ストーリー自体はわくわくしました。ただ特に力を入れたとされる戦闘システムがあまりにも酷い印象でした。部屋を空けたらいきなり猛スピードで襲い掛かってくる等。また攻撃してもダメージ0だったり正直かなり苦痛な戦闘でした。普通に今の攻撃システムで敵のHPを調整して当てればダメージが入るようにするだけでやりやすくなると思います。
    それから自分でちゃんと操作できるようになるまでは基本読み物のような感じで、ちゃんと文章に目を通していった場合大体1時間~1時間半ほどかかりました。また、一つ一つのことに関する細かすぎる説明が多いので余計に時間がかかるイメージでした。(銃の説明なんかは特にこんなに詳しく伝える必要があったのかな?等)
    というわけでストーリーや絵柄等が素敵なだけに戦闘・必要かどうかわからない説明の量のせいでさくさく進まないのが残念でなりませんでした