妖精メイドC

user-pic

コメント数は19回です

  • follow icon0フォロー
  • follower icon1フォロワー

メッセージ

レトロゲーム、女主人公系のゲームがすきです。
感じたことをそのままに、素直な言葉を出してしまいがちですので、気をつけてやっていきたいと思います。
基本的には既にレビューが沢山付いているゲームは付けない方向であります。
レビュー数表示が増加していて、運営に感謝であります!
100近くになりましたら、オリジナルベスト10を作り、そこで総評をしていこうとも思います。

【好きな作品】
・シルフェイド幻想譚
・洞窟物語
・Ruina 廃都の物語
・DEAD LINE 2
・ロンドリア物語
・精霊伝承
・あすなな-アストリア王国騎士団第七小隊-
・Cresteaju
・TWINGATE
・風のアイシア・フェアリアルランドストーリー
・Bomb Crisis ←NEW 2022/08/07
・その後の世界 ←NEW 2022/08/15
・ニナの神隠し -another day- ←NEW 2022/08/25
・魔王の城 宝物庫からの脱出 ←NEW 2022/08/28

  • 風のアイシア2・サンドレーアと邪神教へのコメント(2022年10月30日 11:48)

    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4
    • 5

    前作でフェアリアルランドを旅立ったその後のお話で、再び見知らぬ世界で旅をするアイシアさんの物語です。今作では前作ではいなかった妖精のリムさんも加わっています。
    個精的にまっさらな状態で遊んで欲しいため、念のため、ネタバレありにしておきます。


    シナリオ、ストーリーは基礎を抑えており、DQとFFをベースに組み合わせつつもシリアス過ぎず、かと言ってふざけたりもせず、程よい加減で王道的ストーリーが展開されます。

    グラフィックは古めの2Dドットで、FC前期~中期くらいのDQⅡあたりを狙ったような仕上がりになっています。多少見づらい点はありますが、反面でこのドットはこれ! とわかりやすく迷いづらいのが特徴です。
    戦闘グラフィックも前作から新調されており、キャラの立ち絵などもしっかりと新調されていたりと随所にパワーアップが見られました。

    サウンドなのですが、街の音楽、フィールドの音楽、ボス戦闘などよく聞く全般が不協和音気味に聞こえたりぷつりぷつりと途切れたりする音が多かったです。但し舞台が砂漠ですので、おそらくそこを狙った曲調かもしれません。
    歌の方は素晴らしく、オープニング、歌姫、アイシアの曲等もまた良かったです。特に歌姫との立ち絵付き会話も合わせて、あの街では彼女の曲をしばしば聴き入ってしまいます。

    システムは、ツクール2003準拠でわかりやすく把握もしやすく、戦闘時のウェイトアクティブ切り替えも可能で、その表現も可愛らしくいい感じでありました。移動速度もまた適度で良かったです。
    また、地図があるのがやはり大きかったです。
    システム上の難点として、名前が表記されていないため、会話で今誰が喋っているのか、それが判りづらい点があります。

    オリジナリティは、参考作品としてDQやFFであるわけですが、しっかりと作者さまの世界観が独自展開されており、今後や過去の話も推測できたり想像をふくらませる要素も出てきたりと、見せ方も含めて素晴らしかったです。

    軒並み遊びやすく楽しいのですが、その中で序盤~の戦闘難易度だけは厄介に感じました。特にレンジャーではマトモに進めないのでは? とも感じます。但し、レベル上げの反復をじっくりやっていける方、楽しめる方には問題なく遊べるとは思います。

    総評として個精的には、世界観も戦闘もマップもグラフィックも素晴らしく、遊びやすく難易度も程よく謎解きも難しすぎず緊張感があり、レトロゲーム独特の非常に歯ごたえのあるダンジョンもあり、存分に楽しめましたっ!
    良いゲームをありがとうございましたっ

  • なもなきぼうけんたんへのコメント(2022年9月11日 19:44)

    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5

    さいしょは、ぼんやりしたじょうたいからはじまり、たすけられたりたすけたりとうごいていき、そのながれでひと(?)だすけをつづけていき、さいごにきょあくをうちたおす、おうどうてきなストーリーがてんかいされます。こどももねっちゅうまちがいなし! です!
    なんいどはひじょうにやさしく、どなたでもクリアできるのが、おおきなみりょくです。 

    グラフィックは、こどもにうけそうなデフォルメきゃらけいがおおく、てきもかわいらしいのがおおいです。ゆめがいっぱいでいいかんじでした。

    サウンドは、ぶたいやたいしょうねんれいにしてはややはげしいのですが、こどものころはおとなにあこがれてこういうのをむしろきいていくとおもいますので、これはこれでいいかも? とかんじました。

    ゲームシステムはわかりやすく、シンプルでストレートでセーブのタイミングもいいところでできます。

    オリジナリティはゲームとしてのないようもばつぐんで、そもそもさくしゃさまが、「ないからつくる」、とおっしゃっているとおり、ゆいいつむにのゆうしゅうなさくひんではないでしょうか。

    そうひょうとしまして、ひじょうにすぐれたタイピングゲームでありました。
    きになったところとしては、クリアのさい、こんどはぴくにっくにでもいきましょう、てきなへいわなおさそいがあるのですが、いざいってみるとこれまでどうよう、しゅぎょうモードだけなのはすこしざんねんでした。へいわなタイピングモード、とかあると、よりたのしそうです。

    ともあれ、ほんぺんではスキがありませんし、バグなどもなく、たいへんよいげーむでありました。へいわになった、あのあとのストーリーなどがあればぜひにあそんでみたいところです。
    よいじかんを ありがとうございました。

  • ノストラダムスの秘宝2へのコメント(2022年9月10日 16:06)

    • 4
    • 4
    • 5
    • 3
    • 5
    • 3

    おそらく、ソロモンの鍵というファミコンゲームを参考に作られているパズルアクションゲームです。
    高難易度を誇っているため万人に勧められはしませんが、かなり面白いので熱中できるゲームなのが特徴です。
    シナリオはともあれ遊びに集中できるという点で優秀で、中期ファミコンが持っていたという中毒性、反復性、スコアアタック性が取り入れられています。タイムの導入もこの点ではいい要素だと思いました。

    グラフィックはファミコン風準拠で、シンプルではありますが明確にソレとわかるのが良い点です。

    サウンドですが、個精的にこの要素で、ややファミコン、パズル、アクションから離れていると感じられて、唯一惜しいところでしょうか。

    システムはシンプルで遊びやすく覚えやすく迷わない、という基礎をしっかり押さえた完成度です。それ故に個々の腕前に左右されるのでシステムに脚を引っ張られるという事もなく遊びやすかったです。

    オリジナリティこそ明確な参考ゲームがあり落とさざるを得ませんでしたが、似たようなゲームは大量に存在するので問題になるものでもありません。

    総評としましては、完成度が高めのパズルアクションゲームですので、高難易度のゲームに飢えている方には迷わず勧められる一品であります。
    反面パズルゲーム初心者に遊ばせたら、折れてしまい以後パズルゲームやレトロゲームを避けていくかもしれません。そのくらい難しく、熱中度が高めでいいゲームでありました。
    前作はパッドもキーボードも何をしても反応せずとうとう遊べませんでしたが、今作で遊ぶことが出来、個精的に非常に満足度が高かったので、次作以降も楽しみです。
    良いゲームをありがとうございました。

  • ベスカの昏き迷宮へのコメント(2022年9月 3日 12:15)

    • 3
    • 2
    • 3
    • 4
    • 3
    • 3

    簡易ローグライク系といった作品で、難易度がゆるくとっつきやすいのが特徴であります。その分シナリオ面で演出不足気味ですので、想像力のある方、反復作業を楽しめる方、多少の事を気にしない方向けな作品でもあります。

    ストーリーとしては、突然ダンジョンがうまれたのでその調査をしつつもその実お宝探しがメインな二人が主役。しかし動かせるのは一人のみ。もう一人も選べたりしたら自由度が上がり良かったのかなと感じました。
    また本編シナリオは、ラストに唐突にぞろぞろっと人が増えて事情を明かし、速攻で退場したりなど他に出す余裕があったであろう時に出てこず、急に詰め込みすぎた面が感じられました。徐々にじわじわと、道中や村などで出していけたら、もう少し違った評価だったかもしれません。

    グラフィックはウディタ準拠で見栄えもわかりやすく、入れる場所入れない場所も区切っていてよかったです。敵の画像も種類が豊富で可愛らしいのも多いのがいいところでありました。

    サウンドは階層ごと、戦闘、ボス戦とそこそこ種類がありよく分けられていました。階層探索時の音楽も種類が豊富で、その層の時にしか流れない曲も多いので、音楽聴きたさに留まったりも出来る自由さは良かったと思います。

    システムですが、基本はとっつきやすく、装備品も充実しており色々的を絞ることが出来るのは良かったです。
    ただ魔法に回復がないのでトール以外まず出番がなく、進行と決定のボタンが同じであるため、自動販売機や罠を回避しようとしてもキャンセルではなく決定を連打してしばしばひっかかりがちになるのが痛かったです。
    また顕霊システムは特にイベントに寄与せず、上げたレベルが罠で下るだけの、能力の微調整装置みたいな感じになっているのは残念。霊という割と非現実的なモノですので、何かしらシナリオ方面で活かしようがあったのではと感じました

    オリジナリティとしては、ダンジョン発生装置や顕霊等色々出てはいるのですが、まだ活かしきれてない感じがしました。特に顕霊システムは化けそうな気がします。

    総評としまして、ひたすら潜り続ける作業的なゲームが好きな方は結構楽しめます。しかしその冒険は常時一人で、一緒に来た仲間や村人と仲良くなったり連れ出したりも出来ず、ダンジョン内も一定以上イベント終えたらその後は何も起こらないため、薄味で飽きがきやすいのは否めません。
    ただ、お宝探し、というコンセプトとしてはなかなか優秀ですので、ゆるめのローグ系亜種を遊んでみたい方はやってみるのもいいかもしれません。

  • 孤独勇者の冒険譚へのコメント(2022年9月 1日 00:37)

    • 3
    • 3
    • 4
    • 3
    • 4
    • 4

    タイトルは孤独勇者の冒険譚
    ですがゲームを開始するとデバッガーのな・や・み♪ と出てきますので、恐らくこれもバグというか、元々は孤独勇者の冒険譚、だったファイルを修正していく、という意味合いで付けたと思われます。
    そういう意味で、徹底追尾してバグを探し直していくゲーム、という掴みはバッチリだったと思います。
    以下、ネタバレを含むかもですので留意であります。


    ストーリーとしては、バグだらけになったゲームソフトを、内部のキャラになって探し出しマスターに報告して直していくお話…と思いきや、中盤からは早くも路線がズレていき、後半はまさに世界崩壊を食い止めるよくあるRPGに。
    これも修正行動の1つ、と考えれば納得はできますが、そういう場合こそバグリストにしっかり記載させていくとプレイヤー側はデバッグ(このゲームを遊んでいる)している達成感が得られ、ゲーム的にもこの戦闘でバグを修正しているよ! と表現出来たかと思います。

    グラフィックは基本簡易でありながら、主に主人公サイドのキャラは表情変化も備わっており優秀。世界別にマップチップを分けたりもしており、細かい所に工夫が見られました。

    サウンドはノリがよくリズムよくテンポもよかったです。ファースト村、邪神の洞窟、魔王の城が特に印象に残りました。こうなると砂漠にも入りたかったですね。ただ、場面はあっていても長さや規模にあっていたかと言われるとうーん、ではあります。

    システムとしてはウディタ準拠ですので迷わずに済みます。更にスキップ機能、ダンジョン毎に回復ポイントや商人を配置、回復は一瞬で間を置かない等々親切設計が光ります。ただ、戦闘難易度上そうする必要があるという事を意味しますので、戦闘バランスがやはり少し悪目ではありました。

    オリジナリティとしてはやはりバグ修正を行うという、作る側あるあるを持ってきたところでしょうか。まだ一作目ということで、主目的ながら控えめな質と量のバグと、途中から王道のRPGになっていったのは少し残念。もっとバグが多くても、またバグ取りリストは最後までできればとも感じました。

    総評として、デバッガーのな・や・み♪途中から目的が変わってしまったゲームという印象です。それこそアゲハとスイが最初に目指した、孤独勇者の冒険譚、側に寄せたのかもしれません。
    いちプレイヤーとしては、DLしたファイルを見ればなんとなく察することが出来、ゲーム内容もその通りではあるので狙い通りかもしれません。但し双方短すぎたのが、デバッグを期待した人達からすると物足りず、もったいなかったかなという印象でありました。
    デバッグ期間がもう少し長ければ、その上での移行ならばまた違った評価になったかもしれません。

    未だ一作目ということもありますし、何より完成させたので、これから先に期待が持てる作者さまであります。

  • アオノアーティファクト / Blue-Artifactへのコメント(2022年8月31日 23:37)

    • 3
    • 4
    • 5
    • 4
    • 2
    • 4

    ストーリーは、外界から切り離された研究所で読書に勤しむフランさんを、脱出させるお話です。
    先に述べておきますが、おそらく平素からキーボードとマウス主体でゲームをプレイする人向けの作品かと思われます。
    移動操作方法自体は簡単ですが、スキル使用となるとマウスを併用しつつ多岐にわたるため、そこがネックとなっている印象があります。そして多くの基礎的場面で魔法を使うのが前提のため、ギリギリのタイミングで発動しないと間に合わないものも多く、後述する操作性も相まってそこで躓く人は多かったかもしれません。

    グラフィックはオリジナルのドットが秀逸で、特に主人公のフランさんには力が入っています。ちょっと潰れちゃった時やしゃがんだ時、踊ってる時ややられた時等など、あちこちでかわいいフランさんを見ることが出来るでしょう。

    サウンドは、場面場面にあった選曲ぶりがいい感じに寂しさを表現しています。研究所っぽさがその分ほんのり少なくも感じましたが概ねいい感じでありました。

    システムはオリジナルなのですが、魔法使用方法のキー割り当て、マウス使用の変更が不能。これが致命的だったかと感じました。
    攻撃だけではない魔法の打ち方、方向、その種類と効果等など、魔法に関しては非常に魔女っぽく夢がある優秀な出来栄えなのですが、魔法を絡める場面がかなり多く、通常行動1つとっても魔法を使うシーンは多く、その操作方法が使いづらくとっつきづらい点が、難しく感じたと思われます。

    但し独特の面白さがありますので、ハマると凄く遊べるゲームです。キャラも可愛く魔法も攻撃というより跳ね飛ばしたりワープしたりと、攻撃一辺倒な魔法とは異なり、夢がある【魔法】なのが個精的に素晴らしかったです。
    キーボードとマウスでゲームを遊ぶのに慣れている人はきっと楽しめると思いますので、まだの方はぜひ遊んでみて下さい。

  • 魔王の城 宝物庫からの脱出へのコメント(2022年8月28日 13:29)

    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5

    お宝探しの盗賊さんの、1エピソードをプレイしていくゲームです。シンプルながら奥が深く、色々と出来たり出来なかったりするのが楽しく、ついつい長々と遊んでしまいます。

    ストーリーはお宝探しに出かけた盗賊さんがなんやかやあって脱出するのがメインとなっております。ただ既に書かれております通り、様々な事象が発生しますので、それらを楽しんでいく事をおすすめします。

    グラフィックはウディタ準拠でありながらも表情変化を使用しておりわかりやすく、オリジナルの絵もあるなど充実しています。かわいいですよね盗賊さん。

    サウンドは少ないながらも場面にあった選曲が光ります。一部わざと ん? という選曲があるのもいい感じでありました。

    システムもウディタ準拠でうごかしやすく、シンプルでスルスル動かせるので問題はありません。またゲーム紹介画面で表示されている通り、セリフが大きく表示されるので見やすく見落としもしにくい仕様なのも親切設計です。

    オリジナリティとしては、ストーリー全般が流石の出来栄えで、システムの見やすさ演出、エンディングの数々などなど、文句なしなゲームです。

    総評として、これ以上無いくらいの名作です。コンパクトに纏まっていながら、難易度は程よく規模もほどほど。スキマ時間を奪い切るほど熱中も出来るくらい優秀でエンディングの数も沢山あって、押し並べて後味良し、とスキがない作品の1つであります。

    よい作品をありがとうございましたっ。

  • 冒険者ギルド白馬亭にいらっしゃいませ!へのコメント(2022年8月28日 12:47)

    • 4
    • 3
    • 4
    • 4
    • 2
    • 5

    SRPG95製の作品を、別のツールで再現したゲームであります。そのため、あ~95ってこういうのあったあった~、という懐かしさ等を感じたい方にも向いています。

    シナリオは、お仕事をなかなか貰えない零細ギルドで発注を受けたとあるお仕事をこなしていきます。
    依頼自体この1つだけですのでシンプルに終われるのがいいところでした。
    ただ、スタート時この零細壊滅状態に至った前日譚がわからないので、その辺りの説明があったらとは個精的に感じました。
    またシナリオ全体が95当時の感じでありますので、現代感覚ですと男女の扱いや会話などに少し感じるものが出るかもしれません。

    グラフィックは95の再現を頑張っており、戦闘シーンも背景もマップもツクール95のようになっています。そのため、再現性ではお見事ではありますが、2022年のゲームとしてじゃあ見やすいか、と言えばだいぶ見づらいのは仕方なしです。
    グラフィックに限らず、この辺の再現性はレトロゲーム枠として捉えるとなかなかに優れた質かと個精的には感じました。

    サウンドも95製の懐かしい音楽が沢山揃っています。ツールを触った人ほどあ~これこれ、と感じてくれるでしょう。場面場面の音楽としても、よくあっておりました。

    システムは、元がSRPG95という事で癖がありますが、概ね問題なく進められます。戦闘システムが固定ダメージで時間がかかる、自称最強の魔法使いが攻撃回復魔法を何も使えない、前述の魔法使いの補助術の影響か防御が押し並べて紙等問題が山積みですが、しっかりクリアも出来ますのでバランスが取れているともいえます。
    移動時のバグとして、移動先で攻撃などをしようとして、キャンセルすると移動後の位置からスタートします。このため、結構高速でステージをクリアできてしまえるのはご愛嬌と言ったところでしょうか。

    オリジナリティは、お手製ふんわりやわらかシナリオで、とっつきやすく遊びやすい。反面95時代のシナリオでもありますので、ギャグやツッコミ会話、一部くどい説明(ウニなどが顕著)などに随所に時代を感じさせます。尤も、そういう意味でもオリジナリティは高いと言えるでしょう。

    総評として、読み物としても楽しく、ゲームとしてもちょうどいい塩梅で、全部程よく楽しめました。マリアさんの戦闘が遅すぎる弱すぎる点以外はゲームとしての問題はない感じであります。
    次作以降も楽しみにしております。

  • ニナの神隠し -another day-へのコメント(2022年8月25日 20:52)

    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5

    スローライフ系のゲームで、比較的自由な行動が取れるのがウリです。
    出来栄えが優秀ですので、まだの方は是非とも前情報無しでのんびり過ごしてみて下さい。

    以下少しネタバレ気味になります。

    ストーリーは主人公のニナさんが元の世界に帰るのが目的になりますが、すっとぼけて過ごせるのがポイント高めです。
    舞台がミニサイズですので広大な世界を駆け巡るまでは出来ませんが、帰還条件が簡単な条件ですので、このあたりを考えてあえてミニサイズにしたのかなと感じました。

    グラフィックはMV準拠ながら手が込んでおり、飽きさせない演出も手伝い満足度は高めです。準拠ですので見た目が安定しており世界観へのマッチも良く、バランスがいいのが特徴です。

    システムは把握するまで思った以上に時間も掛からず、飲み込みやすい。爆弾コストがやや高めで作りづらいなどはあるものの、概ね詰まることもなく楽しめる設計でした。

    オリジナリティにも優れており、メインイベントはクリアが確実に目指せるシステムで、サブイベントの方で自由な要素を大量に用意しています。
    そして何よりも、汎用性、拡張性に優れているのがこの作品の最大の特徴でしょうか。
    このシステムは、以後も作者さまが気が向いたら、ふと思い立ち加えようとすれば、いくらでも冒険、お話、ストーリー、アイテムを加えられます。これが本作の最大の特徴で最大の魅力でありました。

    総評としては非常に出来が良く面白く、ハマる人はずっと熱中出来るシステムです。それでいて規模が小さめですので、ストーリー目的の方でも程よいところでサクリと終われるのもいい点でありました。
    これでサブイベントを長く沢山増やしたverなどが出てきたら、それこそひと月ふた月まるまる遊んでるかもしれません。そのくらいの潜在能力をまだまだ持っている、完成品ながら未来を感じさせる作品でございます。
    よい時間をありがとうございました。

  • 群青禍刻ノ魔人(ブルーアワーインカネーション)へのコメント(2022年8月17日 06:26)

    • 3
    • 3
    • 4
    • 3
    • 5
    • 4

    騒動を解決して温泉へ行くために暴れる系のお姉さんを操り、全ての敵をちぎっては投げていくアクションゲームです。この、ちぎって投げるがそのままなのが最大のポイントで最大の難関でもあります。

    シナリオストーリーは、ゲーム中で余り表示はされませんが、レトロアクション、シューティングゲームには付き物ですので気になりませんでした。
    難易度は非常に高く、一筋縄ではいかない敵の動きを如何に素早く見極めるかが勝負となりますので、無双爽快アクションではなく、覚えゲームでありパターンを読み切る系のアクションゲームにあたります。

    グラフィックはレトロゲーム系よろしくシンプルでわかりやすく見やすいのですが、全キャラ、全オブジェクトがほぼほぼ小さいため、お姉さんやザコ敵が背景の色合いの組み合わせによってはやや見づらくなったりもします。但し、個精的にはコレも狙ってやっているとすれば、難易度向上に寄与していると言えなくもないので、問題というものでもないかなぁと感じます。

    サウンドは爽やか疾走系で、盛り上がる曲もしっかり選ばれておりバランスが良いのが特徴でしょうか。

    システムはシンプルながら、そこに投げるという行為が加わって操作は難しいという、二律背反を持つものに仕上がっています。最初のゆるい時点でコレに十分慣れる必要があります。つかんで投げようとするとつかめずふっとばされたりも日常茶飯事です。
    そしてこの頻繁にふっとばされるのが非常に厄介で、どれが投げられるか、これはジャンプで避けられるか、避けずに捕まえるほうがいいのか等を見極めるまではややストレスに感じると思われます。その分掴めた時の嬉しさは大変良いので、個精的にはお気に入りなオリジナルシステムであります。

    オリジナリティは上述の通りかなり優秀で、武器や岩を投げて戦うゲームは数ありますが、敵を積極的に投げ込むゲームというのは世界全てのゲームを見渡しても殆どないのではないでしょうか。

    総評としては音楽バランスもよくステージは最初から歯ごたえもあり、キャラも可愛くおまけもあるなど充実ぶりが伺えます。
    しかし最初に書いた通り、難易度がとんでもなく高いので、アクションやシューティングの腕に自身のある方々向けな調整となっているかと感じました。

    パターンを覚えてきっちり勝ちたい方は遊んでみてはいかがでしょうか?

  • かえりみち~続・その後の世界へのコメント(2022年8月16日 04:00)

    • 3
    • 3
    • 5
    • 5
    • 2
    • 5

    前作、【その後の世界】に引き続き、退廃した世界でのお話となります。めでたしめでたしの後日談、という平穏を期待した流れで遊ぶ方は多いと思われます。
    しかし今作はそれを、悪い方向で裏切って来てしまいますので、すんなり終わりたい方は前作で完結させておくのが良いと思われます。
    但し前作同様大変魅力の高いゲームであるのは間違いありませんので、少し風変わりなRPGが遊びたい方は是非とも遊んでみて下さい。
    レビューは前作が好評だっただけに書くか大分悩みましたが、DLして遊んでクリアまでしておいて書かないのも不義理ですので、書かせて頂きます。

    ストーリーですが、前作主人公がラストの後でたどり着いたであろうスギナミ付近から始まります。最初こそラーメンを追いかけるほのぼのストーリーっぽさを思わせる、のんびりした風で始まりますが、次第に不穏な空気になり、徐々に前作よりも厄介な問題になってまいります。
    前作で解決に導いた平和な場所を潰したり誰かが死んでいたり狂っていたりいなくなったりと、どうも今作を作るがために前作の世界を尊重していない箇所がいくつも見受けられました。
    象徴的だったのが、前作エンディングの、二人きりで将来を誓うシーン、という最大最高の見せ場での感動的な場面に、余計なストーカーを混ぜ込んだため、前作のエンディングを経験した方は気持ち悪いストーカーの存在をいきなりねじ込まれ、前作のエンディングの記憶を改竄させられます。
    前作二人が平和に導いた村も家も壊されたり殺されたりと、今作を始めるにあたって必要悪だった面もあるかもですが、その手法がちょっとどころではない引っかかる事が多かったのはいただけない点でした。
    最後の依頼についても、その後合流とか事情を明かした等のお話が出ていませんので、今作がこうだったのでしこりが残ってしまう意味合いでも、白黒ハッキリとはさせたかった点でありました。

    グラフィックは前作同様手書き風の処理が施されており退廃的な空気を魅せてくれます。また画面下部などはパワーアップも図られており、エンディング、真エンディング後の演出も優れていて可愛くて良かったです。

    サウンドは前作同様すべてオリジナルで、退廃的でわびしい音楽が薄い色合いの世界によく合います。戦闘曲は今回も秀逸でありました。

    システムは前作よりもより改善され、回復ポイントの焚き火の数も増えており、武器も最強の武器を選んで作れたりと優秀で素晴らしかったです。画面下部で呟くシステムも良いポイントでありました。

    オリジナリティは引き続いて優秀で、優秀であるがゆえに他の見せ方をしてほしかったものの、これは一妖精の感想ですので、作者さまが作りたかった世界であるならばそれが一番かと思います。

    評価点にはありませんが、戦闘については今回はかなりひどかったので書かざるを得ず、システム面でも☆を下げています。相棒のソルトさんは三段攻撃を持つなど高い物理攻撃能力を持つのですが、約3~4割の確率で1ターン戦ってくれません。これが2~4ターンも続くこともままあります。また装備品の種類に限らずどんな装備でも魔法と攻撃を必ず併用し、更に1ターン目はマロンさんが選んだ敵をほぼ確実に攻撃しない、という謎仕様を持っているため二人で攻撃すればすぐ倒せる敵すら長引き余計なダメージをマロンさんが受ける羽目になります。
    加えてボス級の敵になると何故か苦手な魔法を連発し役立たずになるなど、基本的にこちらは1.5人戦力で戦わざるを得ません。しかし敵はマロンさんを確実に狙ってきます。序盤で敵が3体+サボりソルトさん発動! なんて日には当然フルボッコにされまくりで目も当てられません。
    前作でもリトさんが自動でしたが、彼女は武器を変えればその武器の特性に従い打撃か魔法かで的を絞って戦ってくれました。が、ソルトさんはそんな事をしてくれない上にサボることも多いため、此方が上手くコントロールしなくてはなりません。
    特に、序盤のシンジュクに辿り着いた直後が顕著で、この時のレベルは6~8と思われますが、この状態では上述の1.5人システムのせいで一回ザコ戦闘に勝てればいい方で、即座に焚き火に戻るを繰り返すしかありません。
    後半でも、最強の爪や銃を装備させても魔法を使いまくるので、両方強い剣や杖を装備させざるを得ず、必然的にマロンさんが装備する品も限られてしまいます。
    ソルトさんらしく猫の自由度を採用したと言えばそれまでですが、代償としてマロンさんとソルトさん両者の装備、プレイヤーの自由度、戦闘快適度はかなり下がってしまったと言わざるを得ませんでした。
    その対策としてか、前作同様お助けキャラが最初期地点付近にいますので、今作ではコレを使っていくのもいいと思います。

    総評としては、シナリオでも戦闘でも前作が良かっただけに今作は…という点が非常に多く、その落差が大きすぎたのは否めません。
    ただストーリーとしては、今作でほぼほぼ大団円を迎えられたのは大変良かったので、大きすぎた犠牲は払いましたがハッピーな方向に進んだのは救いでありました。

    色々書きましたが、相当の時間熱中してプレイ出来たのは確実ですので、大変魅力の高いゲームであるのは間違いありません。重ねてになりますが、少し風変わりなRPGが遊びたい方は是非とも遊んでみて下さい。

  • その後の世界へのコメント(2022年8月15日 17:21)

    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    グラフィックとストーリー双方が、ぼんやりしたイメージから開始されますが、その内容は見事の一言でありました。
    長々解説するのがもったいないので、是非とも前情報無しで遊んで欲しいですが、開いた方はほんのりネタバレがある事前提でお願い致します。

    ストーリーは王道のその後日談? のようなカタチで主に進んでいきます。このお話が始まる前の、王道に至った経緯が不鮮明ながらも、徐々に判明していく内容と合わせると、ソコに至ったのは十分に理解が出来、異常さも常識さも兼ね備えた人間関係や心情表現がお見事でありました。
    フィールドが広くも狭く、ダンジョンが概ね深くなく狭い辺り、崩壊後の技術レベルなどの世界観がよく現れており、ここも良かったです。

    グラフィックは、MVの基礎ツールの延長線上に+αでの工夫を凝らした手書き風な描写がお見事。質感も不穏さも統一されており、手描きっぽいブレ気味表現が、上手くこの世界感を表現できていて素晴らしかったです。

    サウンドはオリジナルで、曲があって作品が生まれたと作者さまが表現なさった通りで、退廃しつつも自由な風潮をどこかに感じさせるメロディが素晴らしかったです。通常戦闘曲が見事すぎてたまりませんでした。

    システム面はシンプルイズベストを貫いており、世界観に合わせてお金の入手手段が限られたり地図がなかったりなど不便にしつつも、一度踏破した分地図が出来上がる(全部明かしていく楽しさがある)、武器の性能がきっちり分かれておりプレイヤー個々の好みで選びやすい等、便利なとこは便利にしておりバランスが良かったです。
    唯一引っかかるのは敵との遭遇が多い事ですが、リトさんが頼れるので戦闘自体には困りませんでした。一応軽減する装備品はあるのですが、出てくる時期を考えると人によっては少し気にかかるかもしれません。

    オリジナリティも十分で、その後の世界という、そもそもが余り描かれない作られないゲーム世界で、更にその世界は独特の価値観+こういう世界観見たかったというモノで構成されているので、受け入れやすさも十分でございました。

    総評としては、ほぼ完璧です。ザコ敵との遭遇が多い以外は気にならず、それを含めてもストーリーを追い求め続けたい欲求に素直に従い続けられ、規模もそこそこで長々引っ張らずに終りを迎えられる、個精的にゲームとして完全なものだと感じました。
    大変良いゲームをありがとうございました。

  • かえらずのもりへのコメント(2022年8月12日 17:55)

    • 5
    • 4
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4

    危険な森で迷ってしまった魔女が、脱出するお話です。
    ストーリーとしては、危険極まるこんなとこになんでいるのかとかは置いといて、かなり遊べる難易度を誇っています。アクションかつパズルゲームでありますが、パズル寄りの性質なため、アクション好きな方よりもパズルゲーム、詰将棋が好きな方に向いている感じでありました。

    グラフィックはドット2Dで、さっぱり背景を取り払っており、実際にプレイヤーに影響のあるものだけを配置しているためゲームとして見やすいのが特徴です。深い森という舞台も相まって、背景が真っ黒でも気にならず、むしろ森の深さの演出にもなっているのが上手かったです。

    BGMですが、既出の通り素晴らしく、この曲だけでも遊ぶ価値があるほどです。難易度が高めですので、必然的に長く聞くことになるため、飽きが来にくく盛り上がりつつも集中力を乱さないシンプルな選曲が光りました。

    システム面でもシンプルでわかりやすく、ゲームを初めてすぐにでも熱中状態に入れるほど。気になったのは魔女という割に魔法が余り使えないという点でしょうか。このあたりは使えまくるとゲームバランスが悪くなるので致し方ない面もあります。

    オリジナリティとしてもなかなか優れており、説明文が柔らかくも鋭かったり、多くの魔女が住処としている森で迷子になる魔女、というシチュもたのしかったです。

    総評としては、難易度が高く熱中でき、操作も簡単でキャラは可愛らしくハマりやすいパズルアクションゲーム、といったところです。FC時代の理不尽的な高難易度のゲームが遊びたい方は是非とも遊んでみて下さい。
    良いゲームをありがとうございました。

  • フェアリーフロンティアへのコメント(2022年8月11日 16:58)

    • 4
    • 3
    • 5
    • 4
    • 4
    • 3

    ドラゴンクエストⅢを元に作られたRPGで、とっつきやすさ、オリジナルグラフィックの数々が売りでもあります。

    シナリオ・ストーリーは、本家よろしく船の入手後は特に自由度が高めなのが良い点でありました。早い段階であちこちに到達できてしまえるのでそれがたのしかったです。
    その一方で、シナリオ本体は薄めで仲間も自身も喋らず、主役仲間キャラとしての、ひいては人としてのイベントがかなり少ないのは惜しい所でした。
    難易度としては程よくバランスも取れており、クリアだけならば簡単な部類に入りますので、詰まることは先ず無いでしょう。一人クリアも出来るほどですので、いろんな条件でクリアを目指してみるのもいいかもしれません。

    グラフィックはオリジナルで出来もよく、モンスターにも女の子キャラが多く採用されているのが特徴でしょうか。

    サウンドに関しては、戦闘曲が地域のボスでコロコロ変わったりするのが特徴です。

    システムはルーラやリレミトがあり逃げるシステムがかなり有効など概ね良好ながら、地下世界の地図がない、戦闘中装備変更が先頭キャラのみ、既出の福引きの間の悪さや鍵システム等々でほんのり引っかかりました。
    図鑑システムは膨大な数が埋まっておらず、これを埋めきるのは不可能なのでは? と思ってしまいますが、埋める作業を楽しめる方ならばかなり有効なシステムかと感じました。

    オリジナリティについては参考ゲームがあり、それをほぼ踏襲しているため下げざるを得ませんでしたが、モンスターや独自のイベントもあるので、なかなかたのしかったです。オマージュ系もあり歩き回る楽しさが随所にあるのも良い点でした。

    総評としてはかなり楽しめました。仲間を選べ、グラフィックが豊富で、早い段階であちこちに行ける自由度が素晴らしく、魔法も強めで便利などなど、魅力にあふれています。仲間絡み主人公絡みのイベントがあれば更に評価は高くなったと、いう印象でありました。
    今後に期待が持てる一作であります。ドラクエⅢが好きな方は遊んでみると良いでしょう。

    2022/08/24修正、追記しました。

  • Halloween Castleへのコメント(2022年8月 9日 21:12)

    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 2
    • 3

    所謂、悪魔城ドラキュラシリーズ、あるいは魔界村シリーズの初期作品を元に作られたと思われるアクションゲームでございます。その為凄まじく難しいのが特徴であります。

    シナリオ、ストーリーですが、ハロウィンを取り戻せ! というどこかお祭りめいた空気に加え、READMEにあるくだけた説明やダメージを食らうと下着姿になっちゃうなどのコミカル要素が満載でなんとなく明るめです。
    しかしやられるとあっさり骨にされて殺されてしまう演出もあり、敵もおどろおどろしいものも多く罠も凶悪と、実際はやや過激です。
    この辺りはホラー強めな悪魔城ではなく、魔界村リスペクトで、舞台や敵がホラーながらもコミカルに仕上げており、受け幅を広くしていて、それがいい感じで表れていると思いました。

    グラフィックは背景もキャラも見やすく可愛げがあり、魔界村を更に可愛くした感じでありましょうか。その分凶悪さが際立つことになりましたが、その辺りも個精的にお気に入りです。

    サウンドは軒並み優れており雰囲気をよく際立たせてくれます。ラスボスの曲は盛り上がるものでしたが、それでも最初のステージで流れていた曲が一際印象深く残りました。いっぱい死んで聴き慣れたからかもですが。どの曲も場にあっており秀逸でございました。

    システムはわかりやすく、難しい操作がないので、誰でもすぐに遊べるのが良好です。ただ斜め攻撃不可やジャンプの融通がききにくい辺りは惜しい要素です。
    これは元ネタの魔界村やドラキュラもこういうシステムだったのかもしれないので、リスペクトの結果かなり不便になっているとも言えます。不便すぎたので斜め真上真下攻撃は、射程の短さもあるのであっても良かったかなと感じました

    オリジナリティは元ネタがあり、内容もそれをほぼ踏襲しているので下げざるを得ませんでしたが、コミカルさで受けがしやすく内容もかなりの良作でしたので評価は高めです。

    総評としては、難しいゲームが好きな人、レトロゲームが好きな人、高得点を出したい人、タイムアタックをやりたい人、主人公の下着姿を見たい人(?)等々いろんな層に刺さるゲームといったところです。
    その半面、最初に述べた通りでこの高難易度では万人受けするモノではありません。ですので気軽にプレイするとステージ3あたりで詰まってしまうのではないでしょうか。

    個精的には見た目も音楽も難易度も、ストーリーも存分に楽しめたので、いろんな方におすすめしたいゲームでもあります。良い作品をありがとうございました。

  • Bomb Crisisへのコメント(2022年8月 7日 04:23)

    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4

    落ちものパズルゲームの元祖、テトリスの派生作品でもあるボンブリスシリーズを深くリスペクトした作品です。
    完成度は全フリーゲームの中でも群を抜いて高く、今まで評価が0なのが不思議なほどです。落ち物パズル、特にテトリスが好きでまだ遊んでいない方は是非ともダウンロードして遊んでみて下さい。

    シナリオ、ストーリーに当たるステージ構成は見事なもので、頭を使わせてくれるいい問題集が揃っています。序盤から詰まる人は詰まりますが、中盤以降が速度も上がり、問題も難しくなり、歯ごたえがあるゲームを楽しめるでしょう。

    グラフィックは簡易化されているものの、ほぼほぼボンブリスそのものでありました。見やすく複雑でもなく、背景にもテトリスらしいグラフィックが使われており、完璧とも言えます。

    サウンドは、軒並み静かな音で構成されており、集中力の邪魔をしないのが素晴らしかったです。若干テトリスっぽくはないものの、ボンブリスっぽくはありました。ただ個精的に少し激しすぎるかも? と感じました。

    システムは、ほぼほぼ市販ボンブリスそのもので、ブロックの回転も左右に出来間を抜けられたり、置いてからも暫く動かせたり忠実に再現。またステージを自作出来たりする機能までついてるなど親切設計。落下速度操作のみオリジナルと若干異なりはしますが、それで問題が発生するでもないので最高評価になりました。

    オリジナリティこそ本家を参考に作られているので落とさざるを得ませんが、元の作品をほぼほぼ再現、強化出来ている手腕は素晴らしいの一言です。

    完成度が本当に素晴らしく、重箱の隅を突っついてしまったような音楽以外完璧に近い作品でございました。作者様の今後の他の作品が楽しみで仕方ありません。
    大変良い時間を、どうもありがとうございました。

  • のじゃロリ狐っ娘が妖怪退治しに行く話へのコメント(2022年8月 6日 15:31)

    • 4
    • 4
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4

    シナリオ、ストーリーはわかりやすく明快で、スカッと小気味よく終了するよい短編。良きゲームをありがとうございます。

    グラフィックは、立ち絵、キャラ絵、戦闘画面、カットイン、マップと全てにおいて綺麗なグラフィックが光ります。ラストだけあえて既存素材画面なのもポイント高かったです。

    サウンドにおいても、マップ画面曲が特に秀逸でした。短編だからと手を抜かない姿勢が見て取れます。

    システム面では、カットイン技やFF基準の見た目戦闘をツクールVXACEで採用している点が良かったです。常時ダッシュオンオフがあれば完璧でしたが、短編ですのでそこは高望みかもです。

    オリジナリティは、恐らく似たようなお話はあるのでしょうけれど、こういうのこそ短編でガンガンあってほしい作品ですので全く問題なしです。

    総じて、一気に最後まで駆け抜けられるシナリオとキャラの勢いと、それに伴うシステムのシンプルさが噛み合って良い作品でありました。まだの方々は、スキマ時間にサクッと遊んでみるのは如何でしょうか。

  • スライム王の討伐へのコメント(2022年8月 6日 04:37)

    • 4
    • 3
    • 4
    • 4
    • 4
    • 5

    この作品のシナリオは、スライム達がはびこる洞窟へ赴き彼らを討伐し王も討ち果たす、という一エピソードでございます。
    既に書かれています通り、探索ではなくアクションゲーム中心ですので、少し手頃なゲームをお探しの方は是非とも手にとってみると良い時間を過ごせるでしょう。

    シナリオは、目的がわかりやすくシンプルでブレませんので、行き詰まるということにならないのが良い点です。反面他にサブな目的も無いので、あくまでシンプルなゲームとして捉えると良いでしょう。
    アクションの腕次第では物理的に行き詰まってしまいますが、回復措置もあり超えるのは比較的容易な難易度ですので、何度か遊んでみると、クリアまでたどり着けることでしょう。ラスボスは流石に苦戦しましたが、なんとか討伐することが出来ました。

    グラフィックはFC初期のドットTASTEで、どのキャラも基本二色で表現されているのも細かなポイントでありました。
    音楽はシンプルで心地よく、過度な演出がない点がまさに洞窟で良かったです。
    操作性は、やや滑りやすいという、これまたどこかで味わった緊張感があります。シンプルで難しい操作が必要ないのも短編モノとして大事ですので、しっかり基本を抑えており良かったです。

    ゲームを通して個精的にお気に入りは、注意をしてくれる看板とその文字。ああいう細かい点一つで、外の世界を感じさせてくれてうれしいものです。
    良いゲームをありがとうございました。

  • DS物語へのコメント(2022年8月 5日 22:26)

    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4

    少し前に遊ばせて頂きました作品で、いろんな王道ストーリーを少しづつズレていくスタイルが特徴で、それが心地よく小気味よいテンポで進むのが魅力でございます。
    ちょっとズレていながら芯がブレない主人公に脳筋戦士さんのコンビが光ります。そこに魔法使いのエッセンスが加わり手がつけられません。それが楽しかったです。
    ストーリーを通して、初期の二人が非常に魅力的に輝き続けたままでいる、というのはなかなかない事でもありますので、ここも良い点でございました。ブレない二人好きです。
    ですので、問題というよりは、もう少しこの物語を味わいたい、という欲求気味な評価になりますね。省略された期間とかも味わってみたいものです。

    エンディングも、ソコに至るブレない決意が好きでたまりませんでした。短いながらも良いお話をありがとうございました。