フリーゲーム大賞2018。602作品の中から見事!大賞に輝いたのは、このゲームだ!!

「フリーゲーム大賞2018」は、フリーゲーム夢現で2018年に投稿された695作品(ゲーム公開年が2018年でなくとも、フリーゲーム夢現に投稿された年を基準)の中から、「コメントならびに評価を受け付ける」に設定されていた602作品です。

これら2018年に投稿された審査対象ゲームに対しての、★付きレビュー投票された数は、379 レビューでした。

フリーゲーム大賞2018の審査基準となった“総合Point”算出方法は、評価項目に「総合評価」「グラフィック」「シナリオ」「サウンド」「システム」「独創性」と項目を分けて投票していただいた結果を元に、いつも通りにポイント加点方式を基本として加点しています。
また、レビューされたコメント内容から、詳細に分析されたレビューが多い作品は大きな加点が入るようにしています。
さらに、ゲーム記事に対するview数とダウンロード数もPoint要因として加点し、ゲーム投稿日により投票可能日数に差が生じるため、投票期間によってPoint補正をしています。

■総合Point集計基準■
【レビュー数】+【各投票項目の平均点】+【コメント内容による加点】+【view数、DL数による加点】+-【投票期間補正】

受賞は、大賞金賞銀賞銅賞入賞6つで、計10作品です。

受賞作品発表:期間中(2018.01.01~2018.12.31)に695ものゲーム作品が投稿され、うち審査対象となったのは602作品です。たくさんのご投稿ありがとうございました

【大賞】Overnight Mare(独特な世界観と作り込まれたグラフィックが見どころのサバイバルホラーアクション!!)総合473Point

  • レビュー数31
  • 平均評価4.28
  • Overnight Mareのゲーム画面
  • Overnight Mareのゲーム画面
  • Overnight Mareのゲーム画面
  • Overnight Mareのゲーム画面

レビューコメント抜粋

ほしいもさん
バイオハザードを最初プレイした時の様な楽しさがありました。 フリーにも関わらずとても手の込んだ物で驚きました。
匿名
操作性にややクセがありますがとても面白いゲームです。 キャラクターの動きも個人的になめらかな感じがしました。 装備によって立ち絵が違うというのも良いと思います。 こういう細かいところまでこだわっているというのは大好きです!
匿名
道中の数々の罠に、苦しめられたり、マップの悪魔を全滅させて、ちょっとずつ探索範囲を広げたり、ボスの悪魔に何度も挑んで、負けて、どうすれば倒せるんだー!と悩みながら、試行錯誤するのが、とても楽しかったです。
匿名
フリゲ好きで様々なフリゲをやってきましたが、ここまでのクオリティは本当に敬服します。 個人の感想ですがサバイバルアクションのジャンルとしてはこの作品を超えるものはフリゲには存在しないと思います。
匿名
立ち絵やアイテムなどにも力をいれており。全体的に高水準のゲームだと思います。 久しぶりにフリーゲームにハマりました。面白いゲームをありがとうございます!
匿名
Overnight Mare、ひたすらアイテムコンプを目指して楽しくプレイさせていただいてます。換金アイテムや武器をあつめてミュージアムや図鑑を賑やかにしていくのは楽しいです。
匿名
細かな作り込みから全体的に、こだわりという名の完成度の高さが窺える作品。それ故に高めの敷居。個人的には面白さは普通な印象。 作品の内容とは直接関係ないが、作者様のコメントやアップデートのレスポンスには敬服。 フリーでここまで律儀に対応するのも、作品やプレイヤーへの真摯さが伝わる。 アクションや謎解きの難易度が高い程燃える方にオススメ。難易度変更や作者様のレスで、ある程度の救済措置もあります。
匿名
サバイバルアクションとしての完成度が高く、何度もやり直しているうちに自分の腕も上達するのがはっきりと感じられたので、長時間のプレイも飽きることなくクリアまで辿り着くことが出来ました。
匿名
作者様の熱意やこだわりが随所に感じられ、それがしっかり面白さに繋がっている大作です。 現在はアップデートで難易度もある程度和らいでいるので特にオススメです。
ささみさん
非常にハイレベルでまとまった作品です。間違いなくフリーゲーム史に残る名作。特にアクションゲームが好きで、難易度の低いゲームに飽きてしまった方にはお勧めです。

Overnight Mareの詳細ページへ

【金賞】グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底で(海底洞窟からの脱出を試みるRPG)総合402Point

  • レビュー数12
  • 平均評価4.63
  • グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底でのゲーム画面
  • グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底でのゲーム画面
  • グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底でのゲーム画面

レビューコメント抜粋

匿名
言葉で語るには足りないほど素晴らしい作品でした。一枚絵やアニメーションも豊富にあり、無料で遊べていいのかという代物です。
一つの施設の中で活動する関係で、同じ場所を何度も行き来しながらイベントをこなすことが多いですが、どのマップも隅々まで見渡したくなる魅力を秘めています。
ストーリーや世界観に引き込ませる演出が素晴らしい一方で、ゲームとしての操作性や快適さを失っていない、極限まで洗練された一品だと思います。
匿名
フリーゲームとしてはドット絵やイラストがハイグレードですき。脇役のキャラ達も個性があって好き。
名無しさん
戦闘のシステムもバランスも良く出来ていました。 バランス崩壊させるぐらいの装備があるか!?というわけでもなく、装備に自由度がありよかったと思います。 何よりストーリーが良くて、それぞれの価値観のぶつかり合い、葛藤があり、引き込まれていきました。
匿名
面白かったです。いつでも目的と謎があり先が気になるストーリー構成や、煩雑になり過ぎず、装備次第で戦い方の幅が変わるバトルシステム、美麗なグラフィックに盛りだくさんのスチル。良かった所を挙げればきりがないです。 キャラクターの立ち位置や考え方の違いを細かく描写することで、単純な悪人を作らせていないところも好きです。
匿名
世界観の作りこみ方もよく、幻想的なグラフィックも相まって冒険者の気分でワクワクしながら進めてました。テーマとしては「変化を受け入れるか、拒絶するか」、「死後の世界はあるか、そこに救いを求めるべきか」みたいな感じで、冒険するぜ!みたいなノリかと思いきや案外重かったのが印象的。
たむさん
キャラ達の色々な立場や感情の描写あり、一枚絵多数で楽しめます。 昇降機や魚での移動時、上着の有無で絵が変わってたり 細かい所を見るのも楽しい。
遺跡の探索が楽しくて、崩れてる所も昔はこうだったのかな。 ここでお茶したのかなと想像して椅子に座った感じにしてみたり満喫してます。 牢獄も色々想像力を掻き立てられます。

グリム・ディエムの冒険録 あるいは忘れられた海の底での詳細ページへ

【銀賞】ジャンクリラに光あれ!(可愛いししを育てるゲーム)総合406Point

  • レビュー数14
  • 平均評価4.3
  • ジャンクリラに光あれ!のゲーム画面
  • ジャンクリラに光あれ!のゲーム画面
  • ジャンクリラに光あれ!のゲーム画面

レビューコメント抜粋

鬼灯さん
かなり作り込んだ世界観は作中のTIPSにて用語説明があり、この手の「オリジナル設定」が好きな人はのめり込んでしまう事でしょう。 アイテム図鑑やモンスター図鑑などにつけられた主人公たちのコメントも、キャラクターの愛着ややり込み要素に一役買ってくれています。 システム面や記述など細かい部分で若干足りていないところはあれど、シナリオ、戦闘システムともに高い水準である、かなりの良作であることは間違いないです。ぜひ一度手に取って遊んでみてほしい作品です。
ainnさん
シナリオの内容自体は、ファンタジー世界の遺跡探索もの。ギャグテイスト等ではないものの、特に世界を救ったりはせず、シリアスといえばシリアスだが、緩めといえば緩めぐらいの肩肘張らない感じのストーリーである。
匿名
細部まで設定が作りこまれていて、スキルやアイテム一つ一つにも説明あり。 前作の設定も活かされていて、前作主人公の凄さが今更になって分かる気がする。
匿名
まず、可愛い。この一言に尽きる。 アイテム図鑑の各種フレーバーテキストや、物を調べた時のセリフなど、作品に対する愛情が凄い。 ゲームとしてのシステムとしても、やりごたえがかなりあるので、人にお勧めできる作品に仕上がっている。
foooさん
プレイヤーがストレスなくプレイできるようの配慮、戦闘のテンポ、何より魅力的な世界観とキャラクターに引き込まれました。 特にアイテム関連での小イベントが楽しみでそのためにダンジョンをくまなく探すのも苦ではありませんでした。図鑑等のテキスト量も圧巻で読んでるだけで時間が過ぎていきます。 もし可能ならまた主人公三人の冒険を見てみたいです。そう思える作品でした
ここのつさん
全体的に高いレベルで纏められた良作中編~長編RPGでした。 RPGは、純粋に世界観とストーリー、キャラクターを好きになれることが 最も重要だという方には特にお勧めします。
匿名
なにこれドット絵の動きいちいち可愛すぎる。顔グラなしでも愛着が湧くなの。アイテム入手から家での会話はいつも賑やかで楽しい。どのキャラでも個性的、一家に一台欲しいですねびょんびょんユーディア><

ジャンクリラに光あれ!の詳細ページへ

【銅賞】紅く追憶の水葬(「ラハと魔法の園」「ラハと理の魔法生」に続くラハ三部作完結編。万能魔法士サリィの最後の物語。)総合381Point

  • レビュー数12
  • 平均評価4.2
  • 紅く追憶の水葬のゲーム画面
  • 紅く追憶の水葬のゲーム画面
  • 紅く追憶の水葬のゲーム画面

レビューコメント抜粋

達吉さん
人を魅きつける文章力の高さもさることながら、今回は特にビジュアルに力が入っていましたね。有料作品でもおかしくないクオリティーの高さだと感じました。
xiaoさん
ストーリーは面白いし、絵も綺麗。最後まで楽しめたので内容について文句なし。
えまのんさん
話としてよく練られています。いわゆる「犯人当て」は提示された情報だけで正解出来たので、推理ものとしても完成しているのでは。事件の動機などもいわゆる「あとづけで取ってつけたような簡素もの」ではなく、ちゃんと関係者を象るフレーバーになっていて満足。
匿名
スチルや立ち絵もオリジナルで、とても見応えありました。ストーリーと絵柄が合ってると思います。 立ち絵の表情の細かさが印象的でした。女性陣の美しい目元がとても素敵です。キャラの個性もそれぞれ素晴らしいです。個人的に、個性が強いキャラって好きなので……。
匿名
自分は脚本の仕事をしているが、飽きさせずに最後まで読ませる文章力と、表現の工夫はハイレベルだと思った。日本語がしっかりと書けている作者の作品は面白く遊べる事が多いので、暇あらば他の作品もプレイしてみたいと思う。
メルトンさん
記憶喪失の主人公と刹那の探偵とが繰り広げるミステリー、推理ノベル 短時間でありながら豊富な叙述トリックが見事で面白かった 犯人のトリックも良かったが、それよりも作者の手のひらに踊らされるかのような叙述トリックの「なるほどね」っていう気持ちよさがありました ほどよい短いプレイ時間でありながら、丁寧に作られた作品で面白かったです。
Kyuaさん
ラハシリーズの方の作品ですが物語の完成度でいえば断然こちらの方が上だと感じました。 実際今まではRPGが足かせだった部分もあったのでノベルにしたのは正解だったと思います。

紅く追憶の水葬の詳細ページへ

入賞

入賞までもう少しだったゲーム

  • バス停の先輩(夏の終わりのしんみり系ノベルゲーム)総合172Point
  • Project Zero(巨大企業に所属する傭兵の孤独な戦いを描いたSFRPG)総合162Point
  • Flying For the Future the GAME(少女たちが激しく火花を散らす女子プロレスゲーム)総合159Point
  • アブノーマル(SM嬢が主人公の異常性癖RPG)総合146Point
  • 名もなき塔(巨大な塔を登る横スクロールアクション)総合145Point
  • 栄冠にゃいん(栄冠ナインのような高校野球シミュレーションゲーム)総合144Point
  • ソウルケージ(六色の龍を倒して謎を解くダンジョン攻略RPG)総合143Point

発行日:2019年6月27日(木)

フリーゲーム大賞(毎年)

  • フリーゲーム大賞2017
  • フリーゲーム大賞2016
  • フリーゲーム大賞2015
  • フリーゲーム大賞2014
  • フリーゲーム大賞2013
  • フリーゲーム大賞2012
  • フリーゲーム大賞2011
  • フリーゲーム大賞2010

旧フリーゲーム大賞