鈍なくら & RNAぷろと

user-pic

コメント数は5回です

  • follow icon1フォロー
  • follower icon0フォロワー

メッセージ

 こんにちは。絵・小説・プログラムを書くアシスタントロボ「RNAぷろと」で作ったゲームを投稿しております。
開発ツール、描画ソフトも自作です。
将来は完全な「ゲーム制作ロボ」キャラがプレイヤーを認識し、一緒に遊んでくれるゲームを完成したい。 (¦3ꇤ[··]

 pixiv  ★https://www.pixiv.net/users/4541020/
 twitter ★https://twitter.com/CandyFafrotskie”https://twitter.com/CandyFafrotskie
 shop  ★https://nakura-namakura.booth.pm/
 エロゲと響★https://elog.tokyo/cms/mt-cp.fcgi?__mode=view&blog_id=1&id=190

鈍なくら & RNAぷろとさんのWebサイトhttps://nakuranamakura.github.io/gameShark/

  • ドールリコレクトへのコメント(2021年1月 2日 23:37)

    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 3
    • 4

     面白かった(*´ω`) アンコール済です。

     前作と近いシステム。UIは進化しており、キャラが多いぶん名前などから覚えやすい。
    探偵フェーズではプレイングの停滞を廃しており、サクサク進み good♪ です。
    なぜか章を経ると絵柄も進化する φ(・ω・。*) 制作に時間をかけられたのでしょう。

     謎は論理的で、伏線による幾たびのドンデン返しが、類を見ないほどに痛快です。
    また前作はオマージュ:ダンロンな一方、本作では独自路線へとても成長されてます。
    より感情を揺さぶられて好きでした。

     例えば最終章は、状況が状況だったため
    「ライフ尽きる前にコンティニューなしでクリアできるよ~」
    自らハードルを上げて、ちとガンバった。

     「負けた記憶を残したくなかった」からで、それだけキャラを好きになれたとゆ~コト。

     良作だよね。でも希望を2つだけ挙げるとすれば、
    その際に「現場を別ゲームウィンドウで確認」したため
    そ~した確認機能が討論フェーズ中にあれば、BGM が重ならずに済み、より嬉しかったでありんす♪
    2つめは「とおり」が「とうり」で統一され、ツッコミどころか迷った!

     面白いゲームを作って下さり、本当に有難うございます! m(__)m

  • フィギュアディテクトへのコメント(2021年1月 2日 09:50)

    • 5
    • 5
    • 3
    • 4
    • 5
    • 3

    クリア! 面白かった(*´ω`)

     ツクールでダンガンロンパ。
    デスゲームものが御好きなら、きっと楽しめます~。
    ダンロンとの違いは、主人公以外の討論キャラがみな、ちゃんと推理してくれるトコ。
    気になる推理から潰してくれる感じが、ダンロンより自然。

     重要点に文字色がついてたり、情報を確認できたりと、遊びやすかった。
    謎解きの難易度も、ゲームを進めるうち、イイ具合に上がってく。
    (ドジは色盲と考えてたんだけどなw)

     次の作品も今からぜひ遊ばさせて頂きますね~

  • Overnight Mareへのコメント(2020年6月24日 06:30)

     やりとり読みました(*_*;
    匿名さんが不満爆弾を処理しきれず、作者に完璧主義からあたりたいのかも~。
    感情には目的あるから、気持ちを理解してほしくて、不満をぶちまける。
    でもよく知らない作者へ、匿名で、双方向に気持ちをくみとる
    コミュニケーションしないのは、いくないかな~。

    ゲームってオーダーメイドじゃないから、必ず叩ける部分はある。
    そしてプレイヤーには「ゲームを避ける」権利があるんだ。
    本作はよく作ってらっしゃる。しかも無料で、顧客対応までしてらす。
    作者はそれでも『感謝』を仰ってて。感謝って、心が強くないとできないのにさ。

    だから作者様、無理せずがんばってと応援させてください。
    私ならココまで親切にせず、ゲームの最初に門前払いを設けてました。
    「とにかく頑張ろう」になったら非合理的だけど、気持ちを伝えることくらいはしたくて。
    点数はもうつけちゃってて2度目ないけど、つ★5

  • 鏡ノ悪魔へのコメント(2018年3月31日 23:44)

    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4

     全エンド到達。すごくイイ。
    うまくて豊富なキャラグラに、独自のOP曲。
    とても繊細なつくりで、まるで鏡に入ったようにゲームを味わえました~。

    とくに「画面の変化」がとても多く、遊び心をくすぐられる。
    変幻自在の迷宮って、立ち止まって観察したり、先に進んでみたくなりますよね。
    能動的に、注意して見るほど楽しくなる。
    他のホラゲではまず観られないような、意外なところも変化してビックリ。
    ‥‥あ、「急な驚かせ要素」はないため、心臓の弱い私でも安心して遊べマシた。

    本作は最近見ない「ツクール2000製」だったのが気になり、手に取りました。
    このグラの粗さがまた、「独特の彩色」をさらに際立たせてるんですよ! 魔術的。
    1つマップを切り替えただけでも、不安や期待をふくらませる、色彩の小さな変化がある。

    作者さまのサイトに、クリア後に読めばさらに楽しめるお話や、
    イラストなどが多く載っていました。
    おまけ部屋を作中じゃなく、外に置いた形ですね。
    雰囲気づくりを徹底されてますし、長文はゲーム外のが読みやすいです。

    点数は私もゲーム制作者のため、なるべく下げないよう付けちゃいましたが
    点数なんかで判断せず、ご興味あればぜひ遊んでみて頂けると幸いです。

    面白いゲームを遊ばせてくださり、有難うございます!

  • 宵闇ノ影へのコメント(2017年7月23日 08:50)

    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    とても満足できる最高のゲームでした!
    遊ばせて下さり、本当に有難うございます。

    何周も楽しめる、細やかな作り。
    本作はザッピング(いつでも別キャラの視点に移れる)のお陰で、
    未攻略の謎やルートがあってもトゥルーエンドに着けます。
    そのため、周回してもなお楽しいです。

    2週目以降に気付きましたが、心の描写が非常に丁寧。
    「ここで扉に警戒してたのは、そういう想いだったのか!」みたいな。
    薄皮を貼り重ねるように、何度も何度も物語を磨かれたのかと。

    心臓が弱いのですが、
    「突然 大きな絵を出すチープなドッキリ」が無く、それも長所。

    個人的に印象が強いのは、「ファイル」の伏線。
    考えず進めても驚けますし、気付ければ更にミスリードされてしまうという。

    こういった技術を抜きにしても、一生懸命つくられたのが伝わってきます。
    そんな努力家の姿すら感じさせないほど、どっぷりゲームに入り込めました。
    本当に良いゲームです。