王都ヴァルムの魔導戦記のイメージ

王都ヴァルムの魔導戦記

「遊撃支援ギルド」を設立した少年たちによる、長編王道ファンタジーRPG

user-pic
  • レビュー評価をする
  • 攻略・質問をする
  • loading クリックで応援しよう!
    1日に11回までクリック可能
総合得点 投票受付中
comment 2 (平均:3.7点)
view loading

■ゲーム概要

【あらすじ】
 5年前、『魔導戦争』と呼ばれる、王国軍と魔術師との間で大規模な戦闘があった。
 この戦争は王国側が勝利し、魔術師たちは処刑された。
 
 そして現在、王都では復興が進み戦争の痕跡は殆ど分からなくなっていた。
 そんな折、王都郊外で『遊撃支援ギルド』なる王国非公認のギルドが新設された。
 
 「記念すべき一発目の依頼、始めるとするかっ!」
 元気よく声を上げたのは、ギルドのリーダーである少年、グラム。
 彼には、戦争が始まる前までの記憶が無く―――


<ゲームの構成>
 第一部「魔導戦争」、第二部「王都の闇」の2部構成となっております。
 本ソフトで全て遊ぶことが出来ます。

 ※第二部公開前のゲーム(Version1.00~1.03)をプレイし、第一部終了時のクリアデータをお持ちの方は、アップデートにより第二部から遊ぶことが出来ます。
  アップデート方法の詳細はブロマガあるいは下記を確認してください。

【こんな人にオススメ】
 ・王道の長編RPG(いわゆるJRPG)が好き!
 ・自由度の高いゲームより、一本道の方が良い!
 ・世界観やストーリーを楽しみたい!
 ・複雑な、凝ったシステムよりも分かりやすいシステムの方が良い!


■ゲーム詳細
 ブロマガにて順次公開します:https://ch.nicovideo.jp/hiro_RPG

■開発期間 約1年

■想定プレイ時間 40時間前後

ゲームポイント

 ・王都ヴァルムを舞台とした、ファンタジー系のRPG。
 ・ひと昔前(RPGツクール2000系)の、いわゆる「王道」に近い作品。
 ・複雑なシステムは無く、世界観・キャラクター・ストーリーを楽しむゲーム。
 ・戦闘はフロントビュー形式。単純なようで、多少の戦略が問われる。『オート戦闘』あり(ver2.03より)
 ・章構成(全10章+@)となっており、区切りを付けながら進行可能。

プレイヤーの皆様へのメッセージ

■ゲームを遊ぶ前に(操作方法・クレジット・規約等)
・ゲームフォルダ内の「Readme」をご確認ください。
・個人の趣味活動のため、動作や内容の保証はありません。ご自身の責任にてご利用ください。
・バグ報告・質問等はコメント欄あるいはツイッターまでお願いします。
 ※回答やサポートを保証するものではありません。

更新履歴

 ver1.01 戦闘バランスや技の性能を一部修正、不具合や誤字・脱字の修正
 ver1.02 最終ダンジョンで発生するバグを修正、敵の強さを一部修正
 ver1.03 一部バグ・戦闘バランスを修正、遊撃支援ギルドで章タイトルの閲覧機能を追加
 ver2.00 第二部公開、戦闘バランスの調整、イベントの演出調整・強化、各種不具合の修正
 ver2.01 技説明の速度表記方法を変更、各種不具合の修正、エンディングが上手く進行しないバグを修正
※Freem!にて先行公開しているものと同じです。
 ver2.03 『オート戦闘』追加。第一部から第二部へのレベル引き継ぐよう修正、など。

【ファイルの更新方法】
 最新のファイルをダウンロードし、今遊んでいるファイルにある「www」内の「save」フォルダを、同じ場所に丸々移してください。
※バックアップを取ってから行うことをお勧めします。
公式Twitter

[王都ヴァルムの魔導戦記]をダウンロード

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 8 10
DL回数
制作者
ヒロ
制作サイト
王都ヴァルムのとある日記
本体サイズ
492MB
Version
2.03
最終更新日
2020年6月26日
お気に入り
0

王都ヴァルムの魔導戦記の他にオススメの無料ゲーム

王都ヴァルムの魔導戦記のコメント一覧 (コメント数5)

  • user-pic
    • 3
    • 5
    • 3
    • 5
    • 2
    • 3

    第一部(10章)クリア19時間レベル37 第二部(10章)クリア38時間レベル73

    雰囲気、二つ名の設定、表現手法など零・碧の軌跡を強く意識した作品で
    メイン4人の顔グラを零の4人と入れ替わっても違和感なし
    第二部最後加入するアネットのポジションも碧のリーシャと似てる
    ただ良いストーリーながらもだらだらな戦闘のせいで台無しにしちまった
    ストーリーでプレイヤーを楽しませたいならせめてイージーモードをオナシャス

    ざっと言うと本作の戦闘はこんな感じ
    火+混乱、風+睡眠、地+石化、氷+凍結、雷+封技、闇+即死
    強攻撃+気絶、ブレス+何か異常、通常攻撃+複数異常
    最初はまだしも第一部の中盤雑魚から妖艶魔女まで(ダンジョンあと2つ)
    装備とスキルまだ充実じゃないから相当しんどい、それ以降はちょっとマシになったけど
    第二部のラスボス戦は相変わらずだらだら長引いて
    (特殊空間発動で魔法と戦技のどちらか強制封印、縛りプレイと変わらない)
    やっと倒したらただ解放されたと思って全然感動しなかった
    そしておまけボスの毎ターン1レベル下がる空間が出した時
    又もやだらだらな戦闘と悟ったのでそっと閉じた

    水増し(操作の低評価はこれ)
    ・Xキーを押して「メニュー画面を開く」「仲間会話」「魔物図鑑」「目標確認」
     RPGに多用するのは「アイテム」「装備」「スキル」「セーブ」
     もう一度「メニュー画面を開く」を押さなければならない
     なぜこういう手間を増やす方法を採用したか解せぬ
    ・街道移動スキップ追加は第二部5章、拠点へテレポートは第二部9章
     そのプレイ時間の中で、無駄な移動時間はどんだけかかっただろう

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 3

    以前、レベルの件で質問した者です。
    無事クリア(クリア後のダンジョンも含めて)しました!
    レベル92で、総プレイ時間は61時間でした(かなりグルグルしてました)

    以下、感想です。

    製作者さまの書かれている通り、
    目新しいシステムのない王道のストーリーですが、飽きはないと思います。
    あっと驚く展開、というのはあまりありませんが
    (ただし、第一部の敵側の切り札はやられたと思いました)
    主要の8人以外のキャラクターもしっかりしていたし、
    なにより終盤にしっかり伏線を回収できていたのが良かったですね。

    操作している上では、一番にストレスが少なかった!
    私は空き時間にちまちまと進めるタイプなので、
    どうしてもセーブや戦闘に手間がかかるのは、ストレスになってしまうんです。
    その点、どこでもセーブで、街の中はダッシュ可、目的はいつでも確認できる、戦闘後は回復あり、死んでも経験値が入るのはありがたかったです。

    レベルは上がりやすい方だと思いますが、雑魚戦はキツめです。
    シンボルエンカウントなので、逃げまくっていたらボスで積むかも?
    私はぶつかっていくスタイルなので、逆にレベルが上がり過ぎた感があって、ボス戦は楽でした。

    戦闘中は、メンバーの入れ替えはどんどんできるし、全員なにかしらの回復スキルを持っているので、
    使わないキャラがいない、というのがすばらしい。
    ごりごりの物理タイプが、ボス戦の回復で活躍するってすごい。

    お話の都合上、街はひとつしかありませんし、お店も少ないですが、
    時間を追うごとに、モブの会話が少しずつ変わっているのが面白かったですね。
    特に、ニートの彼は、ストーリーにはほんの少ししか関わらないのに、
    ついつい章が変わるごとに話しかけたりしてました。

    マイナス点としては、私の覚えが悪いせいか、
    街道や各ダンジョンを言われても、すぐにわかりにくかったことですね。
    特に、ワープやテレポートのなかった第一章は苦戦しました。
    全然つながっていない街道でぐるぐるしてたりしました。

    全体的に、とても楽しめました。
    どうやら次の作品もあるようなので、次はそちらをプレイしたいと思います。

  • user-pic

    初めまして。
    二週間前から、ちまちまと楽しんでプレイさせていただいております。

    質問なのですが、
    第二部になるとレベルが35に下がってしまったのですが、仕様でしょうか?

    個人的には、第一部終了時に47まで上がっていたので、地味にショックでした。
    勿論、続きは楽しむ気ではいますが。

  • user-pic

    こんにちは、プレイ・コメントありがとうございます。


    第二部になると、種々の仕様上、一律35レベルになります。
    申し訳ありませんがご了承ください。

  • user-pic

    早々のお返答ありがとうございます。

    やはり仕様なのですね…
    第二部一章でなんとか50まであげました。
    雑魚敵が強敵になっていたので、当初は四苦八苦しましたが。

    クリア楽しみに、ぼちぼちやっていきます!

王都ヴァルムの魔導戦記にコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時などレビューでない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。
感想やレビューに関する注意事項に該当する投稿があった場合は削除対象となる場合があります。

王都ヴァルムの魔導戦記
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索