イシュタル戦記 ~黄昏のヴィーナス~のイメージ

イシュタル戦記 ~黄昏のヴィーナス~

タイプの違う二人の主人公が織り成す、長編異世界ファンタジーSRPG

総合得点 投票受付中
comment 2 (平均:3.8点)
view loading

■ジャンル
 シミュレーションRPG

■プレイ時間
 15時間~

■ゲームの特徴
 RPGツクールVXで制作された、王道ファンタジーSRPGです。
 どちらかといえばストーリー重視で制作しましたが、
 戦闘の方も、殲滅・防衛・脱出などさまざまな勝利/敗北条件を
 持った全39におよぶバトルステージが用意されています。
 また、再行動スキルや一時的な変身によるパワーアップなど、
 SRPGではおなじみのシステムを実装しています。

ニコニコ動画でイシュタル戦記 ~黄昏のヴィーナス~を見る

ゲームポイント

・このゲームを遊ぶには、RPGツクールVX RTPが必要です。
・ユニットロストはありません。
・エンディングは二種類あります。

更新履歴

◆更新履歴
Ver.1.06 (2018/04/06)
 スキル説明文の脱字等修正
 キャラのセリフを一部修正・変更
 テュアハのスキル習得順変更
 ステージ30の難易度調整
 説明書の文言修正
 ワールドマップでダッシュ移動できるように変更

Ver.1.05 (2018/03/24)
 誤字訂正

Ver.1.04 (2018/01/28)
 ステージ24のギミックの不具合を修正

Ver.1.03 (2018/01/16)
 マップを一部修正
 キャラのセリフを一部修正

Ver.1.02 (2017/12/30)
 プロフィールの表示不具合を修正

Ver.1.01 (2017/12/26)
 一部のアイテムのアイコンを変更

Ver.1.00 (2017/12/01)
 公開開始

[イシュタル戦記 ~黄昏のヴィーナス~]をダウンロード

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
シミュレーションゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 7 8 10
制作者
のあき
本体サイズ
378MB
Version
1.06
最終更新日
2018年4月 7日

イシュタル戦記 ~黄昏のヴィーナス~の他にオススメの無料ゲーム

イシュタル戦記 ~黄昏のヴィーナス~のコメント一覧 (コメント数2)

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    ver.1.04で両エンドクリア。

    「“シアワセ"
    ──って、刻まれてない?」

    ●シナリオ
    センチメンタルハートウォーミングストーリー。
    個人的には本作最大の魅力だと思います。
    飽きさせない展開で引っ張りつつ盛り上げ、世界観や論理的説明を飾りでなく物語に結び付ける手腕、伏線の振り方。台詞から表現される個性的なキャラクター象など至るところでライターの造詣の深さが窺えました。
    若干展開が早い印象ですが、テンポの良さでもあるかもしれません。
    テーマについては、2つあるエンドをぜひとも見て欲しいと思います。
    このストーリージャンルモノの結末としてよく2つの道が示されるのですが、それをプレイヤー(片方の主人公)の選択で体験させるのがとてもゲーム的なシナリオになっていると思います。さらにもう片方の主人公はそれに対応して変化しますが在るがままを生きており、二人のスタンスが対称的で印象深いです(作者様見当違いでしたらすみません)。二人の性格も対称的で、どちらも好感が持てます。
    でもいちばん言いたいのは、

    未亡人がヒロインなら星無限個。

    ●グラフィック
    全体的に綺麗目で、女の子かわい。どれす姿の火属性らんさー豪萌え。
    が、なんとなく画一的な素材感(ツクールっぽい顏グラ)が個人的に引っ掛かりました。

    ●サウンド
    印象に残る曲は浮かばないのですが、場面の盛り上がりに合わないようなものはなかったと思います。

    ●システム
    敵味方の攻撃力が高めなので、倒しやすい反面、下手に突っ込むと一気に崩れる。
    スキル使用コストも絶妙で回復も攻撃も上手く立ち回らないとさほど余裕もない。
    タンクを囮に少しずつ誘き出したり、間合いや効果範囲、CCで多くの敵を無力化するなどの慎重なプレイが求められる。
    他の方のレビューにもありましたが、固定成長、アイテム価格、限られた入手可能経験値やお金で強化育成が厳しめな反面、お助けキャラや回復アイテム、キャラロストなしで、クリアのみなら初心者でもそこそこ、玄人なら縛りやパーフェクト狙いなど、戦術の幅より難易度の幅で遊べると感じました。レベリングを含めた難易度調整に制限がある分、若干難し目の印象。
    属性の比重に関して同意見。多少自由度を減らしても意識する調整にして世界観とのリンクを強めても良かったかも。

    ●オリジナリティー
    個人的にツクール素材感のある顔グラ。
    世界設定やストーリージャンルの展開としては割と古典的かも。
    後半に明かされる事実はかなりぶっとんでいたかもしれません。
    夕海くんは昨今珍しい主人公象かも。

    ●トータル
    切なさや暖かみ、アツい展開、構成や表現に支えられた世界観やテンポ良い物語。
    少し難に寄ってますが、割とプレイヤースキルの幅がある(と思う)バトル。
    どちらかでも興味を持たれた方にオススメ(もちろん両方でも)。
    ぜひ、両方のエンディングを観て、主人公たちの結末を見届けてみてください。

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4

    総評としてゲームとしては非常に完成度が高いゲームだと思います。
    多少オマージュ系のネタが挟まれていますが知らなくても楽しめるかと思います。
    特に戦闘面への移行前の盛り上げ方は非常に毎回熱い展開が多いですね
    (絶望的な対峙→颯爽と助っ人登場→戦闘へ、的な)

    SRPGですが、どちらかというとSの部分が強く、RPG要素がかなりシビアです。
    具体的に言えば戦闘が限られている=経験値取得機会が限られているため
    SRPGにありがちな、後半の高レベルユニットによる無双ということはほぼなく
    敵の強さとこちらの成長がほぼ拮抗しているため常に全軍全力での戦闘を強いられます
    また同じく金額の取得も限られていますので全員に店売り最強装備を、という安定プレイはできません

    基本的には敵味方とも攻撃力が高いというのが全体的な特徴です。
    敵はほぼ一撃で倒せることが多いですが、こちらも1~3回ぐらいの攻撃で簡単に落ちます。
    敵のAIはファイヤーエムブレムに近く、倒せる敵を狙ってくるため弱いキャラの突出は即死です。
    攻撃可能距離+1~3マス程度に入ると敵が逆に突出してくれるため
    それを利用して少しずつ各個撃破していくことが定石となります

    全員生存のパーフェクトプレイを目指す場合はほぼノーミスを求められますが
    特に戦闘で死亡しても次の戦闘では復活していますし、後半では復活のアイテム・呪文があるため
    よほど悪い動き気をしなければクリアは難しい部類ではありません。

    シナリオは良く練られていますし、矛盾点もなく感情移入しやすいと思います
    個人的には潔白の証明で犯人を捜すときのヒントがなさすぎるのではないかなぁと思ってますが
    行き当たりばったりでも5分で終わる内容なので詰むようなことはないと思います。

    属性相性はゲーム内で授業があるほど重要視されていますが
    戦闘面でそれを戦術に組み込めるほどあまり余裕がないところが少し残念かとは思います
    (ただ逆に言えばその当たりの戦術を無視しても楽しめるという評価とも言えます)

    SLG初心者であれば盾役として紹介されるテュアハの装備を完全にすることで
    安定してプレイできるでしょう
    また残りボスだけの確定勝利状態になったら無駄に回復や補助魔法を使って
    少しでも経験値を獲得するように努めましょう、
    このゲームではMPは経験値に変換できる希少な存在です

イシュタル戦記 ~黄昏のヴィーナス~にコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。
感想やレビューに関する注意事項に該当する投稿があった場合は削除対象となる場合があります。

イシュタル戦記 ~黄昏のヴィーナス~
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索