魔法少女さやか☆マギカのイメージ

魔法少女さやか☆マギカ

TVアニメ、「魔法少女まどか☆マギカ」のファンゲームです。

user-pic
総合得点
53.7
comment 6 (平均:3.3点)
view loading

2011年に放送されたTVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のメインキャラクターの
一人、美樹さやかが主人公のRPGです。設定は原作最終回後の世界改編後です。

2012年4月に動画公開を行い、2013年10月、叛逆の物語公開直前に完結しました。
それから二年以上をかけ、今日ひとまず完成とさせて頂きました。
エンディングまでプレイ可能です。

今後のアップデートでデータを引き継いでの二週目プレイや、
バトルに特化したおまけ要素を追加していく予定です。

非常に、お待たせしてすいませんでした。

ゲームポイント

同人ゲーム
ツクールVXにて製作
クリア時間:20時間前後
さやさや
さやさや
さやさや

プレイヤーの皆様へのメッセージ

まどか☆マギカは暁美ほむらが望む結末を求めて幾度も世界を渡り歩く物語です。
あなたも暁美ほむらのように倒されるたびにやり直して(リセット)結末まで駆け抜けましょう。

[魔法少女さやか☆マギカ]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 7
DL回数
制作者
motida
制作サイト
さやか☆マギカ制作記録
本体サイズ
291MB
Version
1.0
最終更新日
2016年3月27日

魔法少女さやか☆マギカの他にオススメの無料ゲーム

魔法少女さやか☆マギカのレビュー一覧 (コメント数8)

  • user-pic

    まどマギ好きなら楽しい

  • user-pic

    長い間完成版を待ち続けていた甲斐がありました。
    とても楽しめました。

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 4
    • 3
    • 3
    • 4

    まどマギ好きには面白い

  • user-pic
    • 2
    • 2
    • 4
    • 3
    • 1
    • 4

    全クリ&全ボス撃破しました。

    ◎ゲーム難易度
     序盤を除き、レベルを上げれば先に進めるというゲームではありません。
     はっきりいって「鬼畜」です。

     このゲームは基礎能力も大切ですが、それ以上に「耐性」が重要です。
     実際にプレイしないとピンとこないかもしれませんが、要所にごり押しストッパーがいます。
     
    ◎ゲームの特徴
     状況にあわせた耐性管理が本ゲーム最重要の要素ですが、ゲーム内説明はありません。
     (ここら辺が挫折者を生む要素になりえる)

     以下、プレイが詰まった方へ序盤~中盤~終盤と分けて簡単ですが私なりの攻略指南を。

    ◎攻略指南

     ●序盤
      とりあえずレベル上げていけば何とかなります。

      ○立ち回り
       こまめにセーブしましょう。ザコ敵ランクがあがるときに全滅の危険ありです。
       回復を怠らなければ良いでしょう。

     ●中盤
      回復を怠るとかそういうレベルではない全滅の仕方をします。
      数回トライするも全滅して頭に?マークがつきます。

      ステータス画面を開いて「属性耐性」をみてみましょう。
      「ステート耐性」もみてみます。

      どちらも、数値が低いほど耐性があります。
      つまり耐性100%の場合は直撃するってことです。
      
      ○属性
       敵の攻撃が強いのは、その攻撃に対する属性耐性が無い(少ない)からです。

       ・属性種類
        斬・打・突・熱・冷・雷・爆

      ○状態異常
       状態異常になるのはステート耐性が無い(少ない)からです。

       ・神経系
        気絶・拘束・怯み

       ・魔力系
        猛毒・暗闇・封魔

       ・精神系
        混乱・睡眠・魅了

       ・その他
        各種能力半減・低下系

      ○耐性の上げ方
       スキルまたは装飾品装備が基本です。
       マップ内取得を除くと、きゅうべえかアクセサリーショップで手に入ります。

       特定の消費アイテムで一時的に耐性をあげることもできます。
       両方駆使しないと、このゲームは詰みます。

      ○立ち回り
       耐性を上げられる装飾品を一通り揃えておきたいです。
       今後、敵の攻撃属性に合わせて着脱しながら進むことになります。

       ボスも状態異常になります。
       例えば攻撃力高いのに拘束耐性がなく、完封できてしまうケースがありました。
       敵に状態異常を与えられるスキルを把握しておきましょう。
      
       基礎能力の中で重要なのは「HP」と「敏捷性」です。
       耐性を上げてもダメなら、こちらにも気を配ります。

       なお消費アイテムは基本的に惜しみなく使っていきましょう。
       私はステータスアップ系のアイテムは全てさやかに注ぎました。
      
     ●終盤

      体感ですみませんが4人パーティ、かつ戦闘後にコスモエッグを入手するようになってきたら、
      終盤の入り口といったところでしょうか。ここからが本番です。

      消費アイテムを駆使して進むのが困難になってきます。
      HP不足による死亡回数も増えてきます。
      ザコ敵がどんどん強くなってきます。
      やたら広いマップもあります。
      迷路のようなマップは常に左(右)方向だけ壁を伝っていけば大体攻略できます。

      ○立ち回り
       きついと感じる場面はプレイスタイルによってバラつくと思われます。
       つらく感じたマップにて、アイテム稼ぎをしながらレベルアップ&耐性強化を図ります。

       ・耐性強化

        ①「秘伝書(神経無効)」「死海文書(魔力無効)」「機心の書(精神無効)」を習得します。
         きゅうべえに話しかけて「スキル習得アイテム合成」→「ステート耐性系」です。

         あらかじめ必要なアイテム数量をメモにとっておくと、狩りの目安になります。
         
        ②「エーテルガード」「エレメントガード」を習得します。
          ※本ゲームのやりこみ要素と思われます。
           どうしても先に進めないのであれば、あるいは初めからやりこみ目的で。

         きゅうべえに話しかけて「スキル習得アイテム合成」→「属性耐性系」です。

         LV1~5まであり効果が重複しますが、全部装備するにはスキル枠を圧迫します。
         (アクセサリーショップでスキル枠を増やせるアイテムが買えます。)

         「LV1+LV2」→「LV2+LV3」→「LV3+LV4」とスライドするのが現実的でしょうか。

         必要アイテムを揃えるのに結構時間がかかります。

         集め始めたのが既に終盤であれば、さやかに絞って習得するのを強くお勧めします。
         その際、時間効率を取るならLV1は無視していいです。
              
        「エレメントガード」作成前提のアイテムだけでクリアは充分可能です。


        装備レベルを最高に保ち、上記①3種と②10種を全て装備すれば、耐性はほぼ完璧。
        達成感が半端ないです。
       (特定のキャラには①は不要です & ステータス半減・低下抵抗は好みで)

        耐性強化が整うにつれ自然とレベルも上がり、
        ゆっくりと、でも確実に難易度が下がっていきます。

    ◎総評

     今年の正月頃からアップされるのを楽しみにしながら、毎日作者様ブログを覗いていました。

     このゲームの難易度を「鬼畜」と評したのは、「耐性」が最重要にもかかわらず
     敵の攻撃属性を知る手段が「実際に食らってみるまで分からない」からです。

     徐々に慣れてくるものの、必然として初見殺し&わからん殺しのオンパレードです。
     FFでいうライブラのようなシステムがあれば、評価は違ったものになるかもしれません。

     よく言えば攻略要素ですが、悪く言えば同じ事を何度も繰り返さなければならず苦痛です。
     作者様の意図した思惑が、そのままプレイヤーに伝われば評価は高いでしょう。

     作品全体を通してですが、作者様の「さやかへの愛」が随所に見られる丁寧なつくりでした。
     一方で、プレイヤーとしても「さやかへの愛」が無ければクリアは難しいでしょう。

     例えるなら、脱落者の多い「一般参加型のフルマラソン」のようなゲームでした。
     気楽に始めたけど、とんでもないぞと段々実感するような。そんな印象です。

     私自身、初プレイ時はリタイアしました。
     リタイアして数ヵ月後、再挑戦を決意し、本日ついにクリアに至りました。

     「2週目!? とんでもない! 今は考えたくない!!」と思いながらも
     心のどこかでアップデートを望んでいる・・・複雑な心境です。

     最後に「鬼畜」ですが接戦演出は見事の一言に尽きる良ゲーです。
     おすすめはしません!

  • user-pic
    • 1
    • 1
    • 4
    • 4
    • 1
    • 2

    最後までプレイしました。道中のおまけボスもすべて倒しました。

    さやかが魔法少女になる瞬間はとっても格好よくてワクワクしました。さやか強い!素敵!
    反面、「うーん…」と思う部分が結構ありました。

    ・ゲーム性
    死にゲー覚えゲーの部分とバトルシステムがイマイチあっていない、と感じました。

    ボスが強いのでアイテム集めるため雑魚に遭遇→アクティブゲージ溜まるの待つ(2秒くらい)→綺麗で長い戦闘エフェクト(2秒~5秒くらい)→以降、倒すまで繰返し
    たくさん雑魚を倒す必要があるのに1回の戦闘がわりと長く、面倒臭い。ボスになると、下手な対策だと1回で20分の戦闘して、あげく死んで始めからやり直し。イイ感じで投げ出したくなります(実際何度か投げ出した)。

    ・戦闘について
    その攻撃は何属性なの? 他の漫画のキャラ?という違和感

    耐性を上げてボスに挑む…ために敵の攻撃属性を「調べなくてはいけない」のは厳しい。ぱっと見で属性が分からないのが多くて挫けます。調査に試行錯誤してるとき、「努力してまでこのゲームをやりたい?」という疑問が何度も湧きました。苦労の末に攻撃をほぼ無力化出来たときは楽しいですが、余暇の少ない人達が同じように努力するか?と思います。
    敵に他の漫画のキャラらしき人物がいますが、まどマギに徹して欲しかったです。私はまどマギだからプレイしました。他の作品の要素なんて要りません。

    ・ストーリー
    要所はとっても素敵だが、普段のやりとりに強烈な違和感を感じました。

    さやかが魔法少女になるところ、マミさんの決意、ラストバトル…気持ちが盛り上がります。熱い展開に息を飲みますね。ドキドキしました。
    一方、「なにこれ?」的な台詞もかなり多い。序盤にほむらが魔法少女の仕組みをベラベラしゃべるのも気になりますが、さやかも割と素直に聞き入れて納得する。ほむらの全身が吹き飛んた姿を見ても、意外と動じない。それこそ某女子みたいに「化け物!」と感じるでしょうし、実際原作では化け物の自覚が絶望のきっかけです。あと、どこを止血しようとしたら○○が取れるのだろう?好きな人を取られたくらいであそこまで絶望するか?どうにも納得いかないシーンが非常に多い。


    私は大好きなさやかが主人公のゲーム!と思いプレイしました。他のさやか好きがどんな事を思ってゲームを作ったんだろう、他の魔法少女とどんなやりとりをするんだろう、と思ってプレイしました。で、一通りクリアして感じたのは「戦闘面倒くさかったなあ」でした。ストーリーを楽しみたかったのに、ちょっと前のストーリーを忘れるほどにボス戦に気持ちが行っていました。そして、肝心のストーリーは「この子こんな事言わない」に感想の半分が占めてしまいました。いくらなんでも魔法少女達の物分かりが良すぎる、ご都合主義が強い。
    まどマギを楽しみたいんです。単調で簡単な戦闘でもいいので、まどマギを楽しみたかったんです。ストーリー自体は人の好みですが、まどマギの「ストーリーを見たい」はプレイヤーの総意です。そういう意味で、歯応えのある高難易度は不要です。「高難易度だから弱いさやかに感情移入できるんだ」と言うならば、耐性・スキルの大切さを教えるギミックを序盤に多く入れるべきだと思います。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 3
    • 4

    最後まで一通りプレイしました
    難易度は高めだと思います。中盤以降はレベルを上げるよりもスキルと装備を工夫するのがメインです。
    お金には余裕が出るはずなので、回復アイテムと装飾品系をひたすら買い漁っておいた方が楽かと。

    いくつか指摘をするなら、バグっぽいものを。(ゲーム自体が止まることは一度もなかったですが)
    キャラ離脱時にアクセ5枠目が外されないのは多分以前は4枠だった名残…?
    オブジェクトに埋まる(出られるけど)場所がいくつか。QBが画面右下隅にいたことも。
    後は誤字だけ修正していただけると…特にマミの最初のほうのセリフ…。

    あと、終盤以降は4人でバトルすることが最後までないので、ラストバトル以降に
    もう1度4人で戦わせてほしかったなーというのが願望です。エンディングはこのままでいいですが。

    はっきりといえるのは、さやか好きに取っては楽しすぎるゲームなのは間違いありません。
    さやか参戦直後のバトルとかはかっこよすぎるさやかちゃんが見られます。
    まどかが神になったと表現するなら、さやかは戦乙女になったという感じでしょうか。

    まどマギ本編12話後~叛逆前のもう1つのIFストーリーとして楽しめます。
    原作好きなら引き込まれるのは間違いないかと。

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 3
    • 3

    特にボス戦の理不尽難易度な面もあるが、戦略の幅は広く様々な作戦で敵に取り組める。
    シナリオもまどマギの世界観へのリスペクトを感じられたし、個人的には面白い作品だった。
    あえて難癖をつけるとするなら戦闘時、敵がいくつかのライン上にランダムに配置されるのが
    あまり活かされてないように思えた。何の変哲も無いよりは見た目が面白いのは間違いないが。

    ちなみに先のレビューの方について一言…もとい、誤解を解くためアドバイスを送りたい。
    確かにこのゲームは死に覚えゲーな部分が多いがクリアできないほどではない。
    懸命にロールプレイを続けることで大概の詰みポイントは消化できることは確か。
    またクリティカルへの対策は常に必須であり、既にアイテムとしてクリティカル防止は手に入っている筈なのでそちらをおススメしたい。
    四苦八苦しようとも立ち向かうプレイヤー向けであるのは、間違いないが。

  • user-pic
    • 2
    • 1
    • 4
    • 3
    • 2
    • 3

    教会跡までプレイ。

    ・グラフィック……キャラの顔グラフィックはきれい。

    ・ストーリー……ストーリーは教会跡の時点だと、さやかが魔法少女になるのならないのって話だけで、メリハリがない。これから面白くなってくるのかもしれないけど。

    ・ゲーム性……メッセージを読むだけのストーリーパート→ダンジョン探索→ストーリーパートの繰り返しで、ゲームの流れが単調に思える。
    ダンジョン探索は、マップが常に霧がかってるせいで床に落ちてるアイテムがわかりづらいし、気分も滅入ってくる。
    工場跡の5x5のオブジェクトを全部赤にしろってパズル。あんなのをストーリー進行上必須にしないほうがいいかな。なんの面白みもないパズルを延々やらされるのは苦痛でしかない。
    倉庫街では敵が落とす魔力のかけらを集めなければならないが、あとどれだけ集めればいいのかも全くわからないまま、一定回数の雑魚狩りを強要される羽目に。

    ・ゲームバランス……教会跡でつまりました。ボス戦の難易度が妙に高い。
    どの耐性を高めても敵の攻撃を軽減できず、通常時の回避率50%から回避倍化ステートを付与して回避率100%にしても、なぜか敵の攻撃がバンバン当たりまくる。
    敵が使ってくる「聖堂結界」とか、「塵は塵に」とかのスキル名を見ても、なんの属性なのかさっぱりわからないし。
    防御力を高めても、クリティカルがバンバン入って結局死にまくるw
    LVは28。結構、積極的に敵シンボルとエンカウントしていて、雑魚敵は本当に楽勝なのに、ボスには手も足も出ない。
    なんか、「このボスにはあのスキル使って、その装備をつけて……」みたいな決まりごとで縛りすぎなんじゃないかなァ……説明書を読む限り、そういうつもりでバランスを取ってるのなら仕方ないけども。
    ガッチガチの耐性パズルがしたいんじゃなくて、まどマギの2次作品を気楽に楽しみたいという人には向かないと思います。

    ゲームとしてはちょぉっと微妙かなぁ。私には合わなかった。
    まどマギ愛はあるのだろうけど、ね。

魔法少女さやか☆マギカのレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索