Violent Witchesのイメージ

Violent Witches

憎き魔女を狩る青年の冒険を描いた、シリアスなファンタジーRPG.

user-pic
総合得点
65.9
comment 5 (平均:3.8点)
view loading

暗く孤独な雰囲気が終始流れるRPG。
敵となるのは六人の個性的な魔女たち。
宝玉という他にない仲間のシステム。
断片的なストーリーが徐々に集約する。

YouTubeでViolent Witchesを見る

ニコニコ動画でViolent Witchesを見る

ゲームポイント

クリアまで約5~6時間。
ダンジョンの攻略は自由に行える。
エンディング後には隠し要素有り。

最も注目してほしい点、力を入れた点

宝玉の色を変えるシステム。

プレイヤーの皆様へのメッセージ

実況プレイ可。
二次創作可。
ゲーム内の自作素材の使用希望の際はご相談ください。

更新履歴

2016/1/31 ver 1.64 隠しダンジョンで花のイベントが発生しないバグ修正。隠しダンジョンクリア後地図が開けないバグ修正。一部ダンジョンでエラーオチするバグの修正。
2016/2/24 ver 1.65 レインボーオーブを2つ渡すと他を渡さなくてもコレクターがいなくなってしまうのを修正。
2016/3/28 ver 1.66 誤字を修正。
2016/4/18 ver 1.67 隠し部屋の文字が切れていたのを修正。他微調整。
2016/7/17 ver 1.68 デバッグ用のワープ消し忘れを修正。マップの方向不統一を修正。

[Violent Witches]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 95 98 Me 2000 XP Vista NT 7 8
DL回数
制作者
saizwong
制作サイト
ごちゃ積み輸送機
本体サイズ
28MB
Version
1.68
最終更新日
2017年7月17日

Violent Witchesの他にオススメの無料ゲーム

Violent Witchesのコメント一覧 (コメント数8)

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 3
    • 3
    • 2
    • 4

    雰囲気やキャラ、脚本などシナリオ面は陰鬱だが渋い絶妙な雰囲気を醸し出し、大変魅力的だった
    ただメインキャラ以外の背景に関する情報が少なすぎて想像でも補い切れないのは残念
    そしてテーマ性が弱い ある意味で開始時点で結末を迎えていた物語だ 隠しEDは雑な印象を受けた
    グラフィックサウンドは特に印象に残っておらず、システム面はすでに指摘されている通り戦闘が不満
    テンポが悪く、特に工夫の余地や独創性がない 比較的レベルが上がりやすいので育成作業があまりいらないのが幸いだった ただ一度訪れてブクマしてしまえば移動が楽なのはよかった

    世界観や台詞が渋く、作品世界に引き込まれてしまうような魔力があった。シナリオがよければ多少のユーザービリティ不足感は我慢できる方にオススメの作品

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4
    • 5

    通常エンディングまでのプレイです。

    魔女狩りがテーマで
    主人公と敵役の魔女たちの孤独感が特に印象的でした。
    ストーリーは良く練られており、終始暗めですがその構成力に感動いたしました。

    色を使った属性耐性や特技取得のシステムは面白かったですが、
    最初以外ほとんどの色が白を経由しなければならないのがやや面倒でした。
    アイテムなどで一旦透明に戻すことができれば良かったかも知れません。

    ダンジョンの仕掛けも難しくなく、
    ダンジョン途中でも場所移動できる、いつでもセーブ可能、レベル上げ容易など
    ユーザにやさしい仕様が目立ちました。隠し要素もあるので最後まで楽しめます。
    戦闘は2003特有のテンポの悪さが最初は目立ちますが成長すればそれほど気になりません。

    ストーリーの秀逸さがとにかく目立ちました。
    魔女狩りという理不尽な習慣を良く表現できたゲームだと思います。

  • user-pic
    • 2
    • 3
    • 2
    • 2
    • 2
    • 3

    ストーリーと舞台設定は魅力的だがシステム部分は微妙。
    戦闘テンポとゲームバランスの悪さにイライラが募る。
    宝玉システムに関しても何をさせたいのかよく分からなかった。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 3
    • 5
    • 5

    隠しエンディングも含め、クリアまでプレイしました。

    ・シナリオ・ストーリー
    魔女狩り、復讐、血と、命の駆け引き
    とても重厚で哀愁溢れる世界観に、まず、惹きこまれました。

    ただの人間でしかない主人公・フランクは魔女を切ることを生業としています。
    そして、6人の魔女を切ることが主目的になります。

    世間を厭う魔女達と、主人公は命を賭けて戦います。
    看取る時にはじめてわかる、罪もない魔女たちの生き方や孤独。
    それに応える、主人公の優しさがとても切なく、とても胸をうたれました。

    ・グラフィック
    現在では少し古めのゲームエンジンであるRPGでツクール2003の為
    古き良きツクールのイメージが全面に出ています。
    好みが別れるかと思いますが、丁寧にマップチップが並べられ、
    無機質ですが真面目なテイストが溢れていて、とてもゲームの世界観に合っていると思いました。

    ・サウンド
    MIDI再生のため、環境によって鳴り方が変わるかと思います。
    やはり古めのゲームエンジンであることもあり、MIDI音源なので、音楽で印象に残る部分は特にありませんでした。

    ・システム
    特徴的なシステムの一つとして、魔宝玉システムがあります。
    3つの魔宝玉にそれぞれ好きな色を付け、魔法属性を魔宝玉に付加していきます。
    赤を塗れば、炎の魔法を覚える魔宝玉になります。
    別の色を足し、組み合わせによって、新たに属性を開拓することができます。

    また、魔宝玉は塗り直すとレベルが1に戻りながらも、ステータスはそのまま残るので、育成が無駄になりません。

    魔宝玉が取得した魔法に応じて、主人公も特殊なスキルを覚えていきます。

    マップについて、周辺地図という便利なシステムがあります。
    行ったことのある場所には、基本的に、いつでも移動可能です。
    無駄なマップの移動時間を省けてとても良いです。

    戦闘について
    ATBシステムなのですが動作が非常に遅く、かなりダレやすい。テンポが非常に悪いです。

    ・オリジナリティ
    とてもシリアスで真面目な世界観でありつつ、人間味あふれる物語に圧倒されました。
    研ぎ澄まされた針とやわらかな針刺しといったイメージです。
    エンディングは、通常と、隠しとありますが、どちらも泣けました。

    宝玉のシステムが非常に良いです。
    その他、周辺地図などの要素があり、無駄になる部分が省けるのもとても好みでした。


    ・総評
    物語は主人公と魔女との死闘です。
    必死に生きる彼らの、切ない価値観、生々しい人間味に心うたれてしまいました。
    ネタバレになってしまうので詳しく書けませんが、
    エンディングは、何度見ても泣いてしまいます。

    独特で重厚な世界観に惹かれる方に、オススメしたいRPGです。

  • user-pic

    所々の演出が凝ってて良かったです。
    クリア後セーブされないんか…

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 3
    • 5

    亜空間の館で{ファイル(惑星1)が開けません}というメッセージが出て強制終了されちゃいます…
    まだ途中までしかやれていませんが楽しいです!

  • user-pic

    すみません、修正版あげておきました。こちらでは時間がかかるかもしれないので、その場合はHPの掲示板にファイルをあげてますので、こちらをお使いください。

  • user-pic

    ありがとうございますお疲れさまでした

Violent Witchesにコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索