The Dungeon Ⅱ ~果てなき地下迷宮~のイメージ

The Dungeon Ⅱ ~果てなき地下迷宮~

自由度の高い2Dダンジョン探索型RPG!

user-pic
総合得点
43.2
comment 12 (平均:2.4点)
view loading

このゲームは、以下のような特徴を持っています。

・戦闘およびアイテム収集中心の2Dダンジョン探索型RPG
・多彩な種族、豊富な顔グラフィックから選べる自由度の高いキャラメイク
・好きな魔法、特技を、好きな順番で習得できる自由度の高いキャラ育成
・ランダムで特殊効果が付属する武器、防具等収集
・滅多に出会わないレアモンスターやなかなか手に入らないレアアイテムの存在
・カジノやクジ引きといったミニゲーム要素

ゲームポイント

・戦闘およびアイテム収集中心の2Dダンジョン探索型RPG
・多彩な種族、豊富な顔グラフィックから選べる自由度の高いキャラメイク
・好きな魔法、特技を、好きな順番で習得できる自由度の高いキャラ育成
・ランダムで特殊効果が付属する武器、防具等収集

プレイヤーの皆様へのメッセージ

2015.1.12 Ver1.01公開
<Ver1.00からの変更点>
・習得できないスキルがあったのを修正(ウィンドストームⅡ、Ⅲ)
・効果を発しないパッシブスキルがあったのを修正(開運、頑健、心身鍛錬、魔力増強)
・スキルの種類を、特技、魔法、パッシブの3種類に分離

2015.1.13 Ver1.02公開
<Ver1.01からの変更点>
・戦闘の高速化を実装(戦闘中にShiftキー押下)
・スキルポイントのリセットを可能に(最初の街の老人が、リセットアイテムを販売)

2015.1.17 Ver1.03公開
<Ver1.02からの変更点>
・保有アイテム表示の細分化
・パッシブスキルの取得制限レベルを撤廃
・魔物封印スキルの成功率UP
・挑発スキルの速度補正を修正(プラス修正)

2015.1.18 Ver1.04公開
<Ver1.03からの変更点>
・オートバトルを改良(優先使用スキルを設定可能に)
 ※パッシブスキルを設定した場合、自動的に他スキルが使用されます
・キャラクター作成可能人数を30人に拡張

※いずれの更新も、旧バージョンのセーブデータは、そのまま使用できます

[The Dungeon Ⅱ ~果てなき地下迷宮~]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7 8
制作者
左近
本体サイズ
98.1MB
Version
1.04
最終更新日
2015年1月10日

The Dungeon Ⅱ ~果てなき地下迷宮~の他にオススメの無料ゲーム

The Dungeon Ⅱ ~果てなき地下迷宮~のレビュー一覧 (コメント数16)

  • user-pic

    パッシブスキルの「強靭」の効果が発動されなかった。
    HP30%以上の状態で戦闘不能になるときHPが1残るとのことだが
    そのまま戦闘不能になってしまう。

  • user-pic
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3
    • 1
    • 3

    まず遊べるか遊べないかで言ったら、遊べる。
    特に説明もなくいきなり拠点の中に放り込まれて、人々の話を聞いて、階段を下って。階段を下れば即ダンジョンだ。シンプル。
    とかくシンプルかつシンプルで、僕は「あっウィザードリィだあ」と思ったので、まあそういうのが好きな人。馴染みが無くても鼻歌交じりに潜りを繰り返したい人にはお勧めできる。
    ストーリーは皆無に等しいが、キャラメイクが充実しているので適当な設定を付けて遊んでもまあ楽しい。
    つまり、総じてこのゲームは遊び道具である。
    そう考えれば粗も無いのでそうそう悪い点は付けられないのだが、ただ一点、戦闘動作が妙に重いのは気になる所。
    戦闘中も、戦闘後に至ってさえも変な間が開くのでゲームテンポは快適とはとても言い難い。
    また装備に付くエンチャントの説明が無いのでそこも不親切と言えば不親切。まあ最強装備で大体事足りるのでそれほど不便は感じないが。
    スキルと階層の続く限りは遊べるので普通に普通にお勧めしたい。

  • user-pic
    • 1
    • 1
    • 3
    • 1
    • 1
    • 1

    ・戦闘と探索はめりはりがなく飽きやすい印象でしたが、動作が軽快であればあるいは楽しかったのかもしれません
    ・育成の自由度は実質あまり高くないと思います(選択肢は膨大だが大半が無意味)
    ・スキル習得は選択肢が縦に60以上も並んでいて非常に見にくかったのでツリー構造にしてほしかったです

  • user-pic
    • 3
    • 1
    • 5
    • 3
    • 3
    • 1

    シナリオ、ストーリィ 1:ストーリィが実質なしなので。シナリオより戦闘を楽しむウィズ型RPGらしい。戦闘好きには向いている。

    グラフィック 5:キャラの顔グラが豊富に用意されているのが良い。
    キャラメイキングはRPGの楽しみの一つなので、こういう所に力を入れるのもアリ。

    サウンド 3:まあまあ。もう少し音楽を追加しても良いかも。

    システム 3:不満点は幾つかあるが、スキル振り直し等が追加されたようなので、今後の改善に期待したい。

    オリジナリティ 1:前作である5竜に他RPGの要素を色々足した感じ。目新しさがイマイチ。

    総評:そこそこ遊べるゲームだと思うが、ふりーむサイトには「ソーンストラーナの劣化版」というレビューが多かった。

    だが、スキルやスクロール等は前作からの引き継ぎだし、独自のシステムも多い。ソンストの劣化版というのは的外れだと思う。

    そもそも、多作品と比較しないと評価できないというのが情けない。特に、ちょっと似てるからといって一括りにして比較するのは頭が悪すぎる。

    例えば、「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」「ワンピース」といった(何か目的の物を得る為に旅をする)という型の漫画が西遊記ルーツだという事は、分かっていてもわざわざ口に出して言う人はいない。
    それをわざわざ言葉にするとどうなるか。
    極論なんてものは低脳な極右新聞の十八番だが、それでもあえて極論するならば、「日本漫画の多くは西遊記のパクリ」って事になる。

    今ある多くのRPGも、極論するならば「全てウィズのパクリ」。それでも全く同じゲームなんて存在しない。
    他ゲームと似ていても良いと思う。

  • user-pic
    • 1
    • 1
    • 2
    • 2
    • 1
    • 1

    マップの広さが苦痛になってギブアップ。

    探索中にランダムエンカウントし、その戦闘が重い。
    重い戦闘を繰り返しているうちに、探索自体がめんどくさくなってきてしまう。
    また、宝箱が多すぎてありがたみがなさすぎる。

    こちらも探索が面倒になる要素だと思われる。
    最終的には宝箱を無視するようになった。

    バランス調整をすれば面白くなると思うが、調整すべき場所が多くて大変だと思う…。

  • user-pic
    • 2
    • 1
    • 2
    • 4
    • 3
    • 2

    ○シナリオ 1
    シナリオは全くといっていいほど存在しない。
    戦闘がメインなので、しっかりとしたシナリオを用意しろとは言わないが、ゲームプレイのインセンティブとして少しはメインストーリーをおくとよいと思う。

    ○グラフィック 2
    メニュー画面や戦闘画面はツクールのデフォルト。ダンジョンも四角く区切られただけな上に変わるのは床と壁の色くらい。
    1階1階で形は変わるものの、逆にその階層の形状は毎回変わらないので飽きの来るのがはやい。
    豊富なグラフィックからキャラクターを作成できる点は踏まえてこの評価。

    ○サウンド 4
    あまり主張しすぎないBGMは、この手の作業ゲームには合っていたと思う。
    シナリオが存在しないので演出に合っているかどうかは評価できない。
    新鮮味はないが選曲はよかったと思ったのでこの評価。

    ○システム 3
    6人戦闘ができるようになっている以上、6人で戦闘しても重たくならないようにするべきだと思う。
    シナリオ重視ではなく戦闘重視のゲームで戦闘テンポが良くないのは致命的だと思う。
    6人戦闘のツクール製ゲームはこれがはじめてなので、人数のせいなのかは分からないが、別のツクール製ゲームでは5人戦闘でも普通にプレイできたので、オート戦闘の影響が大きいのではないだろうか。
    戦闘バランスは、通常攻撃の命中率の低さも相まって、事故死することが多々あった(酷い時は6人全員通常攻撃ミスということも)。後半は全体即死を放ってくる敵が複数でてきて瀕死、ということも。
    現時点最後のボス戦闘はヌルくなってしまった。というのも、強力なスキルにレベル制限があり、そのスキルを修得するためにレベル上げをしたからだ。「レベル制限があるということは、これがクリア目安なんだろうな」と思っていたので拍子抜けしてしまった。
    戦闘外では、メニュー画面を開いたときに4人分しかステータスを確認できないのが個人的に億劫だった。一目で6人分確認できるようにメニュー画面の構成をデフォルトから作り直してほしかった。
    豊富な装備や職業を用意してくれた点や、意見を踏まえて改善しようとしてくれる意欲を踏まえてこの評価。

    ○オリジナリティ 2
    グラフィックやサウンドはどこかで見た・聞いたものが多い。
    システム自体は悪くないが、ゲームの重さに繋がってしまっていたりレベル制限が戦闘バランスに影響してしまっていたりと、オリジナリティが悪い方向に働いてしまっている印象。よってこの評価。

    ○総評 2
    アイデア自体は面白いが、それを無理矢理入れようとして快適性やプレイヤーへの配慮という最も大切な部分を捨ててしまっている印象。
    しかし他の方の意見を取り入れて改善していこうとする努力はとてもよいと思う。
    現時点では厳しい評価になってしまうが、今後も改善を重ねれば良作になれる要素を持っている作品だと私は思った。

  • user-pic
    • 3
    • 2
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    改善されれば戦闘バランスも悪くないし面白いと思う

    改善して欲しい点
    ・装備品やアイテムがとにかく多い
     重さの原因の一つだと思う
     装備品やアイテムが豊富なのは良い事ですが
     先手必勝のこのゲームでは速度補正マイナスの装備は使い辛いのでほとんど使う機会が無い
     おまけにボスが落としたり行商人から購入できる赤文字装備品が高性能なので
     行商人に出会うまでに金を貯めとくのがメインになります

    ノーマル装備品の種類を半分以下に抑えて性能を改善すれば今よりバランスも向上するし重さも多少は減ると思います

  • user-pic
    • 4
    • 1
    • 1
    • 3
    • 4
    • 2

    いろいろ実装すればロマンは膨らむ とりあえず振り直しキャラ実装GJ

  • user-pic

    振り直し実装により遊べるゲームにはなった 次に実装すべきは能力このままで大金投下してレベルを下げるNPCかな 最終フロアのドロップにやる気を感じられない

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5
    • 2
    • 5

    とりあえず重いのと、レベル制限見直しやスキル振り直しなどの機能がほしかった。
    それ以外は自分好みだっただけに、そこだけ残念。

    全く糞とは思わない。敵は強くとも頭を使えばふつうに戦える。
    一本道じゃないんだから、それくらい自分で考えよう。
    更新に期待したい。

  • user-pic
    • 1
    • 1
    • 3
    • 3
    • 1
    • 2

    ・シナリオ・ストーリー
     何もありません。EDありません。ボスすらいません。
     地下○階まで行くとやる事がなくなります。
     最深階のシンボル敵がちょっと上の層にいたのと同じって・・・

    ・グラフィック・サウンド
     良くも悪くもツクールほぼデフォです。
     顔グラ数は多いですが、種族に対応したものが殆どありません。

    ・システム
     skyrimより重いです。
     なんでこの程度の描写でこんな重いんだよってレベルです。

    ・オリジナリティ
     本来この類のゲームに独創性は不要だと思います。
     ただ寄せ集めたシステムを作中で昇華できていない感じは否めません。
     
    ・総評
     正直微妙です。面白そうだっただけに残念です。

  • user-pic

    動作が激重
    評価はひとまず保留で

  • user-pic
    • 1
    • 1
    • 1
    • 1
    • 1
    • 1

    とにかく重い。
    スキルが沢山あるのはいいが実際に使ってみるとゴミで作り直しだったり、好きに振れるのを期待したらレベル制限があったり自由度の高いキャラ作りを装いながら、不便すぎる。

    ちょっと合わなかった。

  • user-pic

    やれば分かるけど、+15くらいの武器を2個ほど店で買う。その後、迷宮入ってすぐの宝箱とって戻るの繰り返しを数回すれば普通に戦えるレベルになりますよ。

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 5

    面白いです
    久々にゲームに熱中して夜遅くまでプレイして寝不足になりました
    戦闘難易度のバランスとマップの広さと装備品のランダム要素が好きです

    自分の環境では戦闘速度を速くしてもあまり速くならず
    ストレスが溜まったのでシステムは-1点付けました

  • user-pic
    • 2

    30分ほどかけて種族表とにらめっこしたり装備やスキルの吟味をして、いざ冒険へ!
    最初の1階で投げました

    ローグという敵が出てくるんですけど、一番安い武器だと物理向けキャラでも2ダメしか通らないわけですよ。恐らく敵のHPは30前後ですかね
    これは一撃を上げる必要があると思い600Gする武器を購入して殴ってみたらところ8ダメ前後通りました
    ちなみに所持金は9割以上を武器と防具に使い、PTは4人中3人が物理キャラという編成です

    うん、いけるいけると思って次にエンカウントしたらローグが5体とお供が2匹でてきまして余裕で全滅しました

    いや何ていうかゲームバランスむちゃくちゃすぎて、これデバッグしたの?って思いましたね
    何度かエンカウントしてみたんですけど、5回中2回が今の状態でも何とかなる弱い編成で
    他3回はレベルいくつか上げるか装備を新調しないと突破できないほど強い編成でした

    いや別にそういう強い編成が2階以降に出てくるなら別に構わないわけですよ
    なんで一番最初の1階にそういう編成を配置するのか?というのが疑問でした
    まぁ弱い編成引くまでロードして、勝利したら拠点まで戻ってまたロードみたいなこと繰り返せばいけるんじゃないすかね

    個人的にはそこまでする魅力は感じませんでしたが、自由度の高さだけ評価して☆2にしました
    あ、これが自由度の高さもなければ☆1でしたね。はっきりいって現状で糞ゲーです

The Dungeon Ⅱ ~果てなき地下迷宮~のレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索