Margikarman ItoA(マージカルマン イトア)のイメージ

Margikarman ItoA(マージカルマン イトア)

幽霊と死後の黄昏時を過ごすRPG

user-pic
  • レビュー評価をする
  • 報告・質問をする
  • loading クリックで応援しよう!
    1日に11回までクリック可能
総合得点
92.5
comment 126 (平均:4.5点)
view loading

YouTubeでMargikarman ItoA(マージカルマン イトア)を見る

ニコニコ動画でMargikarman ItoA(マージカルマン イトア)を見る

ゲームポイント

[Margikarman ItoA(マージカルマン イトア)]の詳細

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7 8
制作者
ゆうやけ
本体サイズ
230MB
Version
2.3
最終更新日
2014年7月26日
お気に入り
18

Margikarman ItoA(マージカルマン イトア)の他にオススメのゲーム

Margikarman ItoA(マージカルマン イトア)のコメント一覧 (コメント数133)

  • user-pic

    SEファイルの一部が何度ダウンロードしても見つからないと表示されタイトル画面から進みません。
    いろいろ調べてみましたがやはりプレイは不可能みたいなのでこのような評価にしようと思います。
    もう何年も前の作品のため自分でプレイすることはこれからも無理そうで残念です。

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 3
    • 4
    • 5
    • 5

    HPの扱い方が独創的で面白いなと感じました。終盤は普通に回復できるのでちょっとそこは微妙に感じました。(詰む人も出るかと思うのでこっちのほうが良かったのかもしれませんが・・・)
    シナリオはちょこちょこ変に感じる部分もありましたが、おおむねよくできているなと思います。良かったです。

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 2
    • 3

    戦闘面がやや残念に感じました。
    ストーリーが興味深く、先の読める展開であるにもかかわらず惹かれる強さを持っているのに、戦闘システムが面倒であるがためにその二つが喧嘩してるな、という印象。ストーリーを楽しむタイプのゲームなので、爽快感を楽しみたい人には向かないかな。
    裏ボスルートまで回収すると「なるほど」と思える作品でした。

    ストーリーの方はいくつかご都合主義と取れるような場面はありますが、矛盾した点はないかと。
    細かいことに気を取られて「全てにおいて筋が通ってるわけじゃない!ご都合主義だ!」と感じることがある人にはオススメできないですかね。その辺を気にせずにプレイできる方には是非勧めたい作品です。

  • user-pic
    • 1
    • 1
    • 4
    • 3
    • 4
    • 3

    つらつらと感想をば。

    ◇シナリオ・ストーリー
    残念ながら首を傾げざるを得ません。最初から最後まで疑問符が浮かぶもので、楽しめませんでした。
    何かしらのイベントが起こる度に「何故そうなったのか」理由に理解を示せないままキャラクター達が場を進めてしまいます。
    理由が見えないというのは、発言の真意や意味がその場では判らず後で判る、といった伏線としての意味ではありません。描写不足や矛盾、ご都合主義と呼ばれる不自然さに依るものです。

    ◇グラフィック
    挿絵なども含め、美麗なグラフィックでゲームの雰囲気を盛り立てます。
    本作が評価されている最大の要点と言ってもいいかもしれません。

    ◇サウンド
    戦闘音楽やフィールド音楽、要所要所で挟まれるイベントBGM等がどれもゴチャゴチャした音の集合体で、耳障り一歩手前まで来ているように感じられました。切り替わり過ぎなのかもしれません。

    ◇システム
    不足ありません。環境周りは整備されていて、ストレスフリーです。

    ◇オリジナリティ
    戦闘における各ステータスを、魂が完全に消え去るまでの猶予という扱いは独創的です。

    ◇総評
    生死観という難しい題材を扱いきれていないというのが正直なところです。
    この手のRPGは如何に読ませて、いかに感動させるかが肝であって、戦闘等はオマケくらいでも良いかなと思うのですが、そのシナリオが壊滅的な上に音楽も乱雑でシーン単位でのクオリティがお世辞にも高いと言えません。
    辛辣な物言いになりますが、グラフィックの多さと時折挟まれる死者というワードの雰囲気で誤魔化されているだけでは無いでしょうか。

  • user-pic
    • 3
    • 3
    • 4
    • 4
    • 2
    • 3

    生と死のはざまにあるゆったりとした日常。モラトリアムの延長。
    いっぽうで、死んでいる以上、いつかは本当に消えなければならないときがくる。
    ストーリーは、そんなものを表現されたかったのかなと思いました。

    グラフィック、サウンドは世界観に合っていてよかったと思いました。
    不気味さとスタイリッシュさを強く感じました。

    システムはHPを完全に消えるまでの猶予に見立てた戦闘や、
    町の移動、キャラ同士の会話など工夫されていましたが、
    プレイしやすさや面白さに直結していたらもっとよかったです。

    全体として共感、感動というところまでは至らなかったというのが正直なところで、
    クライマックスの盛り上がり不足を感じました。
    主人公、ヒロイン、敵、それぞれのキャラに関するエピソードが
    もうちょっと多かったら……
    特に主人公とヒロインの恋愛模様はもうちょっと見たかったです!個人的に。
    (ヒロイン関連のサブイベントがその位置付けだったのかもしれませんが、やはり本編で)

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4

    最後の最後にエンディングがないことに気付き、古いバージョンをダウンロードしていたことが発覚・・・。自分が悪いのは分かっているのですか、古いバージョンのほうはダウンロードできないよう消しておいて欲しかったかなぁと(TдT)

    ストーリーの他に寄り道で楽しめたサブストーリーがGood。最初は猶予の高さにハードなのになんだこのヌルゲーは、戦闘は演出用かな?と思ったが回復が乏しいので意外ときつかったw

Margikarman ItoA(マージカルマン イトア)にコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時などレビューでない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。
感想やレビューに関する注意事項に該当する投稿があった場合は削除対象となる場合があります。

Margikarman ItoA(マージカルマン イトア)
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索