屑鉄まとうデモナのイメージ

屑鉄まとうデモナ

屑鉄に埋もれた世界を往く、魔王と従者のお話

user-pic
  • レビュー評価をする
  • 攻略・質問をする
  • loading クリックで応援しよう!
    1日に11回までクリック可能
総合得点
75.6
comment 7 (平均:4.5点)
view loading

魔導文明の果てに、黄昏の時代を迎えた世界。

「あなた」は人類の行末を担う、次期魔王候補に抜擢され
従者の少女「ロダネ」と共に
戴冠の儀を執り行う、北の果ての都を目指します。

栄光の時代を終えた世界では
何もかもを救うことはできないし
思うような結果に辿りつかないこともあるでしょう。

それでも、屑鉄にまみれた世界の中で
綺麗な灯を、見つけられることもあるでしょう。

終わってしまった世界は、どうしようもないけれど
あなたとロダネには、できることがある
そんな旅路を往く、探索型RPGです。

退廃的な世界観がお好きな方、懐かしいドットアニメがお好きな方
装備を集めて、主人公を強くするのがお好きな方は
是非、お手に取ってみてください。


【アンケートと攻略について】クリックで展開

ゲームポイント

プレイ時間は本編10時間強+クリア後おまけシナリオ(やりこみ向け)

戦闘難易度の調整や、戦闘リトライの設定が可能。お話だけを読みたい方も大丈夫!
戦闘設定による、本編シナリオへの影響は一切ありません。

いつでも二回行動なことに加えて
クリティカル狙いや、状態異常・バフ・デバフの駆使など
ひと捻り加えた戦術が強い戦闘バランス。

武器防具やスキルの図鑑に、すべて主人公たちのコメント付き
道ばたのちょっとしたオブジェを調べた時も、ひとこと喋ります。

50の宿屋イベントが、合間合間に本編を彩ります。

本編解説のTIPSあり、文章多めのゲームが好きな人におすすめです。

RPGツクールVX Ace RTP(ランタイムパッケージ)を同梱
RTPがインストールされていなくても、遊ぶ事ができます。

プレイヤーの皆様へのメッセージ

皆様からのご意見ご感想、お待ちしております
コメントを頂けると、励みになります
ゲーム内容に関する質問も、お気軽にどうぞ。


実況・生放送について、作者への連絡は不要です
マナーを守って、ご自由にやってあげてください
動画のタイトルに「ゲーム名」を、説明文に「ゲームページURL」を
入れていただきますよう、お願いします。

更新履歴

2022/01/23 (ver 1.03a)
・ロダネの歩行ドット、バトルドットを修正
 前髪周りをふわっとさせてみました。

・新規アイテム入手時のアイテム入手ポップの演出を強化
 新規アイテム入手時には、文字色が青色になるのに加えて
 アイテムアイコンに「NEW」の表記が付くようになりました。

・武器や呪機の「取得経験値増加」効果が正しく動作していない不具合を修正
 合わせて、取得経験値増加効果の効果を受ける対象を
 「装備者」から「パーティ全体」に変更しました。

・「残された手記」の回収クエストにおいて
 最終目標数を超過した分の手記が回収される不具合を修正しました。
 ※余った「残された手記」を持ってても、別に何かが起きるわけではありません。

・魔導砲スキル「ハーシュトルピード」の本体威力を上方修正
 合わせて、後続攻撃による誘爆が発動した時に
 「反撃発動!」のバトルメッセージが出ないよう修正しました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/20 (ver 1.02b)
・魔導砲スキル「ラインバラージ」をはじめとする
 攻撃後、自身にステートを付与するタイプのスキルの使用直後に
 付与したステートが解除されることがある不具合を修正しました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/19 (ver 1.02a)
・クリア後の貨物駅に、どのエンディングを通ったか確認できる
 ぬいぐるみを追加しました。

・「副角」シリーズの呪角装装備時に、この呪角装の効果で反撃する場合
 専用の強反撃が出るようになりました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/17 (ver 1.01d)
・1.01cでアッパー調整を行った一部の呪機について
 ヘルプテキストと実性能の乖離があった設定ミスを修正しました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/15 (ver 1.01c)
・各装備レベルにおける使用率の低い呪機について
 性能の上方修正を行いました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/14 (ver 1.01b)
・呪装銃スキル「ターボアームズ」と、動力鎚スキル「マナアトラクト」が
 正しく、次のターン終了時まで持続するよう修正しました
 また「ターボアームズ」の対象表記が術者になっていた件(正しくは味方全体)と
 「増弾」ステートが戦闘終了時に解除されない不具合を修正しました。

・機工剣スキル「エングロウブ」と「アイスレヴナント」を強化
 エングロウブはRTが3から2に減少
 アイスレヴナントは異常痛撃成立時の倍率を上方修正しました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/12 (ver 1.01a)
・機工剣スキル「シャークバイト」を始めとする
 状態異常や能力弱化&強化ステートに反応して威力が上がるスキルの判定に
 「絶対スタン」などのスキル固有のステートが含まれていない不具合を修正しました。

・上記に合わせて、機工剣スキル「フレイムタン」「アイスレヴナント」「エングロウブ」
 および、動力鎚スキル「リフジレイター」は
 スキル固有のステートを解除するようになりました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/10 (ver 1.00d)
・魔導砲スキル「アンチマテリアル」の性能を上方修正しました。

・各MP使用スキルの命中時蓄積SPの基本値を見直し
 全体的に調整を入れた上で、RTのあるスキルについては
 SP蓄積値を高めに修正しました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/08 (ver 1.00c)
・ひとつのスキルの装備はひとりまで(二人同時運用不可)である旨が
 劇中説明書から抜けていた点を修正、追記しました
 あわせてプロローグの簡易チュートリアルを一部改訂しました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/07 (ver 1.00b)
・魔導砲スキル「アビスバレット」のランダム効果が確定発動する不具合を修正
 あわせて、ランダム発動する効果を変更しました。

・細かい調整とバグの修正、及び誤字脱字の修正を行いました。

2022/01/07 (ver 1.00a)
初版公開。
公式Twitter

[屑鉄まとうデモナ]をダウンロード

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7 8 10
DL回数
制作者
くろあめ
制作サイト
くろあめ工房
本体サイズ
553MB
Version
1.03a
最終更新日
2022年1月23日
お気に入り
7

屑鉄まとうデモナの他にオススメの無料ゲーム

屑鉄まとうデモナのコメント一覧 (コメント数23)

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

    1周目ノーマルLv115で裏ボス撃破まで26時間
    2周目ハードLv99裏ボス撃破まで総プレイ43時間

    ロダネちゃんかわいい!
    なんかもう駄目っぽい雰囲気の世界ですが、彼女のおかげで暗い旅にはなりませんでした。
    後日談での世界観の広がりも過去作プレイヤーにはニヤリとできます。

    力押しも反撃狙いも毒殺も良しな戦闘が楽しい!
    1周目は手数を稼いでグランドスラム決め撃ち、2周目は各種毒とスリップ反撃メインでしたが
    問題なくクリアできる戦闘バランスは秀逸。
    ただ今作の敵は殺意が高く、先手で一掃できる全体攻撃もないので、RPG慣れしていない方はザコ敵も辛い難易度かも?
    それと反撃の際に攻撃を無効化する事があったのですが、条件がわからずちょっと気になりました。

    総評としては待った甲斐がある完成度だと思います。
    ドーピング解禁してのインフェルノがまだ残っていますが、楽しい作品をありがとうございました。

  • user-pic

    ノーマル宝箱から出る武器に関しての質問なのですが
    同じエリアで開けまくっても大体似通ったものが出てくるのですが
    レア武器や超絶レア武器なんてのも存在するのでしょうか
    非常に低い確率だけど少し性能のいいものが出るとかならすごくワクワクするのですが

  • user-pic

    プレイして頂き、ありがとうございます
    各エリアの宝箱からは、低確率で
    次のエリアの宝箱に入っているアイテム・武器防具が出ることがあります。

    次エリアアイテムの入手時に特殊な演出はありませんので
    新規アイテムを手に入れたら、図鑑でレアリティを確認してみてください。

  • user-pic

    ご回答ありがとうございます
    これからも武器探しに邁進していきます

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5

    v1.01b
    難度ノーマル、クレジットが流れるところまでプレイ。
    パラメータ成長系アイテム不使用でLV58。

    〇総評
     総合的に完成度の高い、丹念に作られた力作。

    ○これからやる人へ
     詰まったらパラメータを上げてぶん殴れ!
    格闘・砲撃パラメータは火力であると同時に防御力だ!一粒で二度おいしい!

    ★良い点----------------------------------------------------------------------
     挙げたらキリがないほどである。
     消えかけのローソクみたいなうら寂しい世界観、対照的に情緒豊かなキャラクター、
    細部まで作りこまれた設定、また対照的に明瞭な旅の目標。
    膨大なTIPSに溺れて浸るもよし、雰囲気だけ味わうもよし、バトルと成長に
    明け暮れるもよし。
    楽しみ方を選べるので、多くの人にとって良作足りえるはず。

     バトルは各2回行動のペアPTということで、スキルと装備の多さも相まって
    考えるのが実に楽しい。
     用途不明レベルの死にスキルがあんまりないのも好印象。

     個人的には音楽がとてもよく、ゲームの雰囲気にも
    自分の好みにも合っていたので大変印象が良い。
    作者様の表現力や演出力の高さが感じられる。

    ついでに、日常系4コマ漫画のようなゆるふわ拠点休憩は大きな魅力。

    ☆良くない点------------------------------------------------------------------
     バトル的にも設定的にもやや尖った作品であるにも関わらず、長所の多さゆえに
    短所が目立たない稀有な作品。

     バトルなどは結構歪んでいて、簡単に全滅する。
    会心率・異常付与率・回避率・反撃率・追撃率・標的率・更には敵の行動、と
    リアルラックが絡む要素があまりにも多いので格上相手の戦闘はそこそこに地獄。
     が、全滅しても一切デメリットはないし、成長アイテムはてんこ盛り出て
    パラメータ上げ放題なので、最悪力技で解決出来てしまう。
    育てるのが嫌いなプレイヤーは少ないのでモチベーションは下がりづらいはず。
    上手いやり方である。

     他にもまあ、プレイ中はごく細かい不満が無かった訳ではないのだが
    「面白いし別にいいか~」と思ってしまえている。


     ただ一点、申し上げるなら、フレイムタンの命中率には出来れば少しばかり
    色を付けていただきたい。
    回避・敏捷上昇を解除しようとして回避されると、RT抱えて一枠死にスキル。
    こうなるとさすがに目も当てられないので・・・。

  • user-pic

    本編クリアまでプレイしていただき、ありがとうございます
    お楽しみいただけたようで何よりです。

    フレイムタンの件、一応設定上は命中率は限界まで上げてありますが
    本作は敏捷値などによる命中率の変動が大きいため
    肝心な時に当たりづらい状況になるというのは、把握しております
    こちらは設定限界以上の命中補正を組み込めないか
    検討させていただきます。

  • user-pic

    【1/20 更新】
    ご報告のあった「ラインバラージ」の防御付与が
    使用直後に打ち消される件
    本日の更新版にて修正いたしました。

    ご確認いただければ幸いです。

  • user-pic

    1.01aだかbだかで遊んでおります。
    魔導砲スキル「ラインバラージ」の防御が付与された瞬間に解除されることがちょくちょくありますが、これはどういう・・・?

    防御に関してチュートリアルもヘルプもないので判断しかねております。

  • user-pic

    プレイしていただきありがとうございます。

    「ラインバラージ」による防御の付与は、使用ターンの終了時に解除されるのが正常な挙動であり
    行動の直後に解除されるのは本来想定していない挙動ですが
    作者環境下では一度も発生したことがありません。

    事象が発生する際の「ラインバラージ」の前、もしくは後に取った行動と
    装備中の武器防具を教えて頂けると、調査できるかと思いますので
    お手数ですが、展開していただけると幸いです。

  • user-pic

    回答ありがとうございます。
    こちらで確認してみたところ、再現できた状況は

    装備
    魔王:コアハンマー、飛魚
    ロダネ:トレイルガン、ポケットリボルバー
    他一切なし

    以下は特に発生しやすい行動例になります。
    ①1ターン目魔王:ヒールシールド→何らかの攻撃
     ロダネ:テールウィンド→フミゲートボム
    ②2ターン目魔王:デコイシールド→何らかの攻撃
     ロダネ:ラインバラージ→何らかの攻撃

    ロダネの何らかの攻撃と同時に自身に防御-が付与されてる?ような感じです。

  • user-pic
    • 3
    • 3
    • 4
    • 3
    • 3
    • 3

    レベルを真剣に上げてるにもかかわらず、最後の難関であるボス戦になぜか勝てない。

    炎の耐性を装飾品で、あとは通常攻撃をするが、敵のライフが半分を切った時、

    吸収する技を放ってきます。 2回吸収されると、回復が追い付かない。

    実はロダネが頻繁にダメージを受けるため、回避も回復も間に合ってません。

    炎系は吸収されるのを攻撃した際に、目視で何度も確認済みです。

    攻撃するとしたら「水系」の特殊武器、或いは技になりますよね。

    レベルは未だに30前後で、他皆様ほど、レベルは上げられてません。

    Easyが「ストーリー並み」ですが、ノーマル「マイルド」で攻撃を行うと、

    こちらが半分以上のダメージを受けるためか、真面な攻撃が出来ません。

    レベルをもっと上げたいのですが、やはり武装に問題があるのか。

    キーで入手できる武器も限られてるのか、パスそのものは別の高原でしか入手できない。

    ヒント通りに、その場所に到達するも、ロダネの提言で行くことが不可能。

    炎系の攻撃で、ライフポイントを吸収するボスに、本気で立ち向かうには、

    それなりの武器や武装が必要です。 あと何で回復が間に合わないのか疑問です。

  • user-pic

    プレイしていただきありがとうございます。

    本作は、よほどのレベル差がない限り
    通常攻撃でボスに勝てるような調整になってはおりませんので
    ブログに掲載中の攻略記事「序盤の戦闘の手引き」を参照していただければと思います。

    http://kuroamekoubou.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    まだはじめたばかりです。
    荒廃した世界と切なさを感じる風景の中で、ロダネちゃんの明るさが映える。ドット絵もぐりぐり動いていちいち可愛いです。ふかふか!

    ★戦闘について
    難易度はノーマルですが、雑魚でも殺意が高いタイプです。出し惜しみしているとあっという間にやられます。状態異常やバフを使って上手く立ち回れた時、クリティカル連発した時の気持ち良さが癖になる。
    ツクールのデフォ戦闘で面白いと思ったのははじめてかもしれない、そのくらい戦闘バランスが秀逸です。

    ★探索、イベント等
    アイテムや魔物、そのへんの障害物にまでロダネちゃんがコメントしてくれるので、探索が楽しい!もぐら退治の時にもぐら倒す度にコメントと決めポーズが変わる等、細かい拘りが多い。こういうの大好き♡

    ★気になる点
    ツクールの仕様上仕方ないとは思うのですが、図鑑のスクロールが手間なのでページ送りできたら良いなと思いました。

    ★最後に
    星5つじゃ足りないので10個くらいつけさせて♡

  • user-pic

    プレイしていただきありがとうございます!

    本作で一番力を入れている部分でもありますので
    ロダネのことを気に入って頂けたのでしたら
    作者としては何よりです。

    図鑑のページ送りについて
    想定しているような動作かどうかは分かりかねますが
    一応、QキーとWキーでそれっぽい動作はしますので
    一度お試しいただければと思います。

  • user-pic

    図鑑のページ送りできました!想定していた通りの動きですありがとうございます!

  • user-pic

    ※コメントが重複してしまったので、こちらのコメントはネタバレ非表示にします、、
     非ログインコメントは勢いで書いてしまったので、こちらに校正した文章を投稿します。

    本編クリア15時間、レベル50(ノーマル)、クリア後要素はこれから。

    前作ジャンクリラがとても面白く、完成までの約3年間、制作日記を見ながら楽しみに待っていましたが、若干言い回しが難しいが筋の通ったストーリ、より洗練された戦闘システム、状態異常を含む戦術をフル活用してギリギリ勝てる戦闘バランスなど、今作も期待を上回るゲーム体験をさせていただけました。

    その他実装されているゲームシステムについても痒い所に手が届く配慮の行き届いたものだと感じられましたが、アイテム周りのユーザビリティについていくつか気になる点があったので、ここで言及させていただきます。

    ■宝箱開封時のの初回入手表示について
    本作では宝箱からアイテムを入手した時、初回取得時は青色、2回目以降は白色でアイテム名が表示されます。
    しかしゲーム内ではその仕様について説明書で特に言及されておらず、私の場合連続で同一アイテムを取得するまで気づきませんでした。
    (当初は青色表記アイテムはレアアイテムなのかと勘違いしてました)
    個人的にはチュートリアルや説明書に仕様を明記するか、アイテム取得時にNewのポップを出すなど直感的に分かる表現の方が適当と考えます。


    ■装備アイテムソート機能について
    本作の武器(兵装)、装飾品(呪角・呪機)は、入手エリアを第一キー、武器種/装飾品種を第二キーとしてソートされていますが、武器種や装飾品種を第一キーとしてソートする機能があると便利だと感じました。
    本作は基本的にエリアが進むたびに過去エリアの上位互換装備がドロップする仕様ですが、状態異常付与やユニーク武器(試作機)は過去エリア品でも十分使用に耐えうる装備が多く、またボス戦ごとに装備の耐性パズルや武種構成を考える機会も多いため、装備変更の機会が頻繁にありました。
    キー情報が入手エリアのみだと、必然最新エリアの装備しか検討する機会が無くなるため、装備の多様性を生かし切るためにもソート機能に改善の余地があると感じました。


    ■装備/スキルの記録機能について
    本作は装備やスキルの数がかなりの数に上り、特にスキルについては膨大な種類をユーザーが自らカスタイマイズする仕様のため、雑魚専用/ボス戦用で装備/スキルを手動で組み替えるのは多大な労力がかかります。
    装備やスキル構成の多様性を生かすためにも、他のゲームでも見られるような装備/スキルセットの保存機能が実装されることを強く望みます。


    ■「最近入手したアイテム」項目について
    本作はアイテムソートの都合上、新規入手したアイテムが装備欄の最下部に表示されるとは限らないため、入手アイテムを装備リストから探し出すのに結構時間がかかります。
    アイテム欄に他ゲームのスクリプトで見られる「最近入手したアイテム」欄があると、入手アイテムの性能概要がすぐわかるので便利だと感じました。


    ■手記の内容表示仕様について
    本作はフィールドで「手記」を取得した場合、TIPSから該当手記を参照しないと内容の確認ができません。
    取得した手記の内容確認のため一々TIPSから探し出すのは手間が掛かり、未読のまま進めるユーザーもいるのではないかと懸念しています。
    本作の手記はストーリー理解の上でかなり重要なファクターだと思うので、ゲームテンポは若干遅くなる可能性がありますが、手記取得時に自動で画面に内容が表示される仕様の方が、より多くの人にストーリーを理解してもらう助けになると感じました。


    ■「ロダネのひとこと」参照方法について
    本作はほぼ全てのアイテム、スキル、モンスターに対し「ロダネのひとこと」というフレーバーテキストが設定されており、世界観やロダネの人柄を理解するのに役立つだけではなく、読み物としてもとても面白いと感じました。
    しかし、「ロダネのひとこと」を参照するには図鑑から該当項目を参照する必要があり、全ての内容を読むにはかなりの労力が掛かります。
    少なくともアイテムやスキルについては、装備/スキル画面で該当項目で任意のキーを押すことにより、図鑑の該当項目へ自動ジャンプする機能を実装してもらえると嬉しいです。
    ストーリー進行の合間に新規入手したアイテム/スキルの「ロダネのひとこと」を気軽に参照できるようになるため、より多くのユーザーに魅力的な「ロダネのひとこと」を楽しむ機会を与えられると感じました。


    指摘事項については以上です。
    私も細かい仕様を完全に把握しているわけでは無いので、勘違い等の可能性もありますがご了承ください。

    以上を踏まえても、くろあめさんのストーリー構成、戦闘バランスデザインはフリーゲームのレベルを遥かに超越しています。
    次作以降の作品公開の方針は現時点で未定とのことでしたが、一ファンとしては有料公開の可能性も含めて、持続的な手段で制作活動を続けていただくことを強く希望します。

  • user-pic

    三年間お待たせしてしまいましたが
    お待たせした分、楽しんでいただけたのでしたら
    作者としてはなによりです。

    また、たくさんのご意見をお寄せいただき
    本当にありがとうございます
    初回入手表示の件は後日、どこかに追記させていただきます。

    手記の自動表示については
    お話方面をあまり気にしない人向けに
    今回、あえてこのような方式を取っていますので
    もうしばらくはこれで様子を見るつもりです。

    そのほかのご意見、特にソート機能や装備のセット登録などは
    他のプレイヤーさんからも同様のご意見を頂いており
    初動のバグや誤字脱字の対処が終わり次第
    順次、導入検討させていただく予定ですが
    本作のプログラムが、灰色日記からの継ぎ足し続けた8年物になっていて
    新しい機能の導入は、敷居が高くなっているというのが現状です。

    勿論、実装の目途が立てば、導入を進めるつもりではいますが
    どちらかというと、見送らせていただく可能性が高いという事については
    ご理解いただけると幸いです。

    最後になりますが
    私自身への応援、本当に励みになります
    創作活動自体は今後も続けるつもりでいますので
    方針が決まりましたら、改めてブログがツイッターでお知らせいたします。

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5

    本編クリア15時間、レベル50(ノーマル)、クリア後要素はこれから。

    前作ジャンクリラがとても面白く、完成までの約3年間、制作日記を見ながら楽しみに待っていましたが、
    若干言い回しが難しいが筋の通ったストーリ、より洗練された戦闘システム、状態異常を含む戦術をフル活用してギリギリ勝てる戦闘バランスなど、
    今作も期待を上回るゲーム体験をさせていただけました。

    その他実装されているゲームシステムについても痒い所に手が届く配慮の行き届いたものだと感じられましたが、
    アイテム周りのユーザビリティについていくつか気になる点があったので、ここで言及させていただきます。

    ■宝箱開封時のの初回入手表示について
    本作では宝箱からアイテムを入手した時、初回取得時は青色、2回目以降は白色でアイテム名が表示されます。
    しかしゲーム内ではその仕様について説明書で特に言及されておらず、私の場合連続で同一アイテムを取得するまで気づきませんでした。
    (当初は青色表記アイテムはレアアイテムなのかと勘違いしてました)
    個人的にはチュートリアルや説明書に仕様を明記するか、アイテム取得時にNewのポップを出すなど直感的に分かる表現の方が適当と考えます。

    ■装備アイテムソート機能について
    本作の武器(兵装)、装飾品(呪角・呪機)は、入手エリアを第一キー、武器種/装飾品種を第二キーとしてソートされていますが、
    武器種や装飾品種を第一キーとしてソートする機能があると便利だと感じました。
    本作は基本的にエリアが進むたびに過去エリアの上位互換装備がドロップする仕様ですが、
    状態異常付与やユニーク武器(試作機)は過去エリア品でも十分使用に耐えうる装備が多く、
    またボス戦ごとに装備の耐性パズルや武種構成を考える機会も多いため、装備変更の機会が頻繁にありました。
    キー情報が入手エリアのみだと、必然最新エリアの装備しか検討する機会が無くなるため、
    装備の多様性を生かし切るためにもソート機能に改善の余地があると感じました。

    ■装備/スキルの記録機能について
    本作は装備やスキルの数がかなりの数に上り、特にスキルについては膨大な種類をユーザーが自らカスタイマイズする仕様のため、
    雑魚専用/ボス戦用で装備/スキルを手動で組み替えるのは多大な労力がかかります。
    装備やスキル構成の多様性を生かすためにも、他のゲームでも見られるような装備/スキルセットの保存機能が実装されることを強く望みます。

    ■「最近入手したアイテム」項目について
    本作はアイテムソートの都合上、新規入手したアイテムが装備欄の最下部に表示されるとは限らないため、
    入手アイテムを装備リストから探し出すのに結構時間がかかります。
    アイテム欄に他ゲームのスクリプトで見られる「最近入手したアイテム」欄があると、入手アイテムの性能概要がすぐわかるので便利だと感じました。

    ■手記の内容表示仕様について
    本作はフィールドで「手記」を取得した場合、TIPSから該当手記を参照しないと内容の確認ができません。
    取得した手記の内容確認のため一々TIPSから探し出すのは手間が掛かり、未読のまま進めるユーザーもいるのではないかと懸念しています。
    本作の手記はストーリー理解の上でかなり重要なファクターだと思うので、ゲームテンポは若干遅くなる可能性がありますが、
    手記取得時に自動で画面に内容が表示される仕様の方が、より多くの人にストーリーを理解してもらう助けになると感じました。

    ■「ロダネのひとこと」参照方法について
    本作はほぼ全てのアイテム、スキル、モンスターに対し「ロダネのひとこと」というフレーバーテキストが設定されており、
    世界観やロダネの人柄を理解するのに役立つだけではなく、読み物としてもとても面白いと感じました。
    しかし、「ロダネのひとこと」を参照するには図鑑から該当項目を参照する必要があり、全ての内容を読むにはかなりの労力が掛かります。
    少なくともアイテムやスキルについては、装備/スキル画面で該当項目で任意のキーを押すことにより、図鑑の該当項目へ自動ジャンプする機能を実装してもらえると、
    ストーリー進行の合間に新規入手したアイテム/スキルの「ロダネのひとこと」を気軽に参照できるようになるため、
    より多くのユーザーが魅力的な「ロダネのひとこと」を楽しむ機会を与えられると感じました。


    指摘事項については以上です。
    私も細かい仕様を完全に把握しているわけでは無いので、勘違い等の可能性もありますがご了承ください。

    以上を踏まえても、くろあめさんのストーリー構成、戦闘バランスデザインはフリーゲームのレベルを遥かに超越しています。
    次作以降の作品公開の方針は現時点で未定とのことでしたが、
    一ファンとしては有料公開の可能性も含めて、持続的な手段で制作活動を続けていただくことを強く希望します。

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    本編15時間弱ノーマルクリアレベル67(三つ目エリア以降の雑魚戦はマイルドに)
    やり込み35時間レベル999・インフェルノでEXクリア 図鑑コンプ

    メインはロダネのかわいいドットをご堪能あれ!の一言
    バトルシステムはちょっと変更したけど相変わらずの楽しさ
    対ボス戦法の一つとしてフィロウが戦闘不能になっても放置(鬼畜)、反撃特化ロダネ無双の始まり
    2X回ぐらい反撃したこともあって楽しかった(絶対死なないとは言ってない)

    やや気になった点は装備セットの機能が欲しいな

  • user-pic

    過去作も含めて、やり込んでいただいてありがとうございます!

    装備セットの件については複数のプレイヤーさんから同様の意見を頂いているので
    初動のバグや誤字脱字の修正が落ち着き次第
    導入できるかどうか検討してみます。

    ただ、本作のプログラムがスパゲッティ状態なため
    見送る可能性の方が高いという事は
    ご理解いただけると幸いです。

  • user-pic

    攻略Wikiという項目があるようですが、何も情報は載っておりませんでした。

    屑鉄まとうデモナの攻略が、メインもサブも何も記載ありません。

    マップの情報を載せてるなら、詳細があるはずですが、何もありません。

    全て目視で確認しております。

  • user-pic

    申し訳ございません
    こちら、前作の紹介文をベースに編集した際に残ってしまっていたもので
    本作の攻略情報は、まだwikiには記載されておりません。

    お手数ですが、攻略のご質問がある場合は
    こちらのコメント欄か、作者ブログにご質問をお寄せいただければと思います。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 4

    好みの世界観で、めちゃくちゃ面白かったです。
    クリアまで13時間かかりました。
    バトルメインっぽくて最初は大丈夫かなと思いましたが、苦手な自分でも難易度はちょうどよかったです。
    続編を期待します。

屑鉄まとうデモナにコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時などレビューでない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。
感想やレビューに関する注意事項に該当する投稿があった場合は削除対象となる場合があります。

屑鉄まとうデモナ
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索