夏ゆめ彼方のイメージ

夏ゆめ彼方

『夢』をテーマにしたノスタルジックな青春ノベルゲーム

総合得点 投票受付中
comment 3 (平均:4.2点)
view loading

父親との死別で塞ぎ込んでいた『天才小学生』朝川桂一は、ある日『神様』を自称する巫女服姿の少女と出会う。
少女との交流の中で、桂一は将棋のプロ棋士になりたいという自らの夢を思い出していく。

夏×伝奇×将棋!
『夢』をテーマにしたノスタルジックな青春ノベルゲームです。

ゲームポイント

プレイ時間:3時間程度
選択肢分岐、イベントCGアリ

プレイヤーの皆様へのメッセージ

当サークル約1年半ぶりの完全新作です。
少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。
公式Twitter

[夏ゆめ彼方]をダウンロード

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャー・ノベル
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7 8 10
制作者
ペットボトルココア
本体サイズ
293MB
Version
1.0
最終更新日
2017年9月 6日

夏ゆめ彼方の他にオススメの無料ゲーム

夏ゆめ彼方のコメント一覧 (コメント数4)

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 3
    • 5

    将棋のプロ棋士を父親に持つ天才将棋少年の主人公桂一は、父親の死後ふさぎこみ将棋からも離れてしまったが、神様を名乗る少女杏と対局したのをきっかけに将棋への情熱を取り戻し将棋に邁進していく……
    と、本作のストーリーをまとめるとこういった内容です。これだけ聞くとよくあるパターンに見えてしまいますが、私がオリジナリティを5点にした理由は、これほどまでに天才の努力と葛藤をまっすぐに表現したノベルを初めて見たからです。天才とはいえ常に順調なわけではない。夢と現実の間でたくさん悩むわけです。そこの描写がリアルでとても説得力があります。主人公が天才であるタイプのゲームは人間味が感じられないことが多いように思いますが、本作の主人公桂一はいい意味でとても人間っぽく好感が持てます。
    脇役たちもとても魅力的ですね。大悟もこの年頃の男の子っぽさにあふれています。彼を含んだコメディシーンにはいっぱい笑わせてもらいました。また選択肢によって歌音のルートに分岐しますが、こちらは夢と現実の程よい妥協案になっています。夢を持つ人は多くともそれが叶う人はごく一部なわけで、それでも幸せであるような道を提示してくれてホッとしました。
    また本作では将棋のシーンが多く入っていますが、これがとても熱が入っています。私は将棋はルールを知っている程度なのですが、桂一と杏の対局シーンから伝わってくる真剣さと熱意が私をさらに物語に引き込んできました。将棋の戦術などを知らなくても、作中で戦況の解説が入るので心配はありません。もちろん知っているとまた違う楽しみ方があるのではないかと思います。

    グラフィックも可愛らしくて良いです。私は晴香が好きです。
    BGMもちょっと種類が少な目かなという気がしましたが場面場面にあった音楽がチョイスされていると思います。

    総じてレベルの高い作品だと思うので、ぜひ多くの方にプレイしてほしいなと思います。
    感動、そして温かい気持ちになること間違いなしです。

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 3
    • 3
    • 3
    • 4

    「あいつ、僕と結婚するんじゃなかったのか」(17年後)

    ●シナリオ
    センチメンタルハートウォーミングストーリー。
    サクセスストーリーの作品は数あれど、これは趣が異なり、まさかの展開。
    将棋の知識や生々しい描写から作者さんは同じ経験をしたのかと勘ぐるほど。将棋のこと分からなくても雰囲気にリアリティーが感じられ惹き込まれる。
    コメディーも面白く、何度も笑わせてもらいました。センス感じます。天才か。
    それの影響もありキャラ萌えもある。
    伝奇要素は雰囲気、演出で、ガッツリではないので、注意。
    どちらのルートも道であり、観て欲しいと思います。

    ●グラフィック
    技術というより好感が持てる絵柄。これもセンスか。花音、晴香萌えるまじやべえ。
    背景も田舎の自然が綺麗です。

    ●サウンド
    BGMとして違和感なく。
    神秘的な曲と対局時の曲が印象的。

    ●システム
    ホイールバックログ、既読スキップで快適。
    欲を言えばBGM鑑賞と禁断のルート実装あればパーフェクト。

    ●オリジナリティー
    夢(挫折)をテーマにした作品はあれど、将棋ということ、その世界の掘り下げ、挫折のリアルさなど新鮮でした。
    少し異なるが、エントランスソフトさんのビューティフルパフォーマーと並ぶ稀少さを感じました。

    ●トータル
    将棋、挫折、コメディーの描写が魅力的(かわいいおにゃのこもいるよ)。
    対象は大人の方がオススメかも。
    オッサンのハートを揺さぶって切ない余韻にさせてくれた。笑えて、泣ける作品。
    実際のDL数は分かりませんが、ぜひ多くの方にプレイして欲しいと思います。

  • user-pic

    杏編がとてもよかった。主人公が父親の死で塞ぎこんじゃってそれで、杏と会った事で、再び将棋魂を燃やす事になって。でも、また挫折して塞ぎこんじゃって、最後にまた杏と会った事で、救われたんだね。それがよかった。
    歌音編も杏編ほどではなかったがまあよかった。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5

    【シナリオ】
    夢と現実の狭間で悶える少年少女の葛藤。
    根っこに流れるものは非常に重々しい感情ですが、巫女服少女の放つ郷愁的で幻想的な雰囲気を清涼剤として、爽やかな後味が広がります。
    要所で挟まるコメディーも軽妙で、よいアクセントになっています。
    ルート分岐がありますが、是非、余すことなく味わってほしいと思います。

    【グラフィック】
    幻想的な巫女服少女に惹かれてプレイしました。
    個人的には本作の魅力のうち9割といって過言でないですが、もちろん、もう一人のヒロインも可愛らしいです。
    背景は田舎の綺麗な自然が再現されており、演出も心憎いです。

    【サウンド】
    郷愁を誘う自然音や、将棋戦のBGMなど、非常に世界観にマッチしており、作品世界に没頭できます。

    【システム】
    一般的なノベルゲームのシステムだと感じました。
    シナリオのテンポもよいですし、操作性も悪くありません。
    ストレスなく遊べました。

    【オリジナリティー】
    本作は将棋をモチーフとしていますが、使用されている知識はかなりガチ目です。作中人物すら引くほどのガチさですが、そこまで将棋に詳しくなくともハートで理解できるような作りになっていると思いました。

    ここがガチであればあるほど、作品の説得力も増すわけで、単なるフレーバーにとどまらない魅力を感じました。
    神と少年との交流物は一つの類型ですが、それにこの将棋というモチーフを合わせたという一点のみでも、強烈な異彩を放つ作品だと感じました。

    【総評】
    まごうことなき「神ゲー」だと思います。
    素晴らしい作品をありがとうございました。

夏ゆめ彼方にコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。
感想やレビューに関する注意事項に該当する投稿があった場合は削除対象となる場合があります。

夏ゆめ彼方
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索