Psychological Divingのイメージ

Psychological Diving

心の中に潜り、病んでしまった心を癒す、優しい物語

user-pic
総合得点 投票受付中
comment 3 (平均:4.3点)
view loading

舞台は魔王を倒した後の世界。

晴れ晴れとした世の中でも、人の心には"心病み"という病が残っていた。

主人公はヒトの心を癒す"心癒師"という職業をしていた。

ある日その男の元に自分の技術を使って欲しいという女性が現れる。

その女性はなんでも心の中に潜って心病みの治療を行えるというのだが…

ゲームポイント

プレイ時間は2時間ほど
探索型ADV

最も注目してほしい点、力を入れた点

綺麗なマップになるように心がけました
また、演出等にも力を入れました

プレイヤーの皆様へのメッセージ

・実況・生放送について
歓迎します!
動画のタイトルには「ゲーム名」を入れて、説明文にはこのゲームページURLか作者サイトURLを入れておいてください。
※ 誹謗中傷や作品の世界観を壊すものはお控えください。マナーを守ってお願いします。

・レビュー
お手柔らかにお願いします

[Psychological Diving]をダウンロード

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャー・ノベル
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7 8 10
DL回数
制作者
RPG製作所
制作サイト
RPG作る人のブログ
本体サイズ
153MB
Version
1.0
最終更新日
2016年11月20日

Psychological Divingの他にオススメの無料ゲーム

Psychological Divingのコメント一覧 (コメント数7)

  • user-pic

    素敵な世界観で、大変楽しくプレイさせていただいてます。
    申し訳ありませんが、本のスイッチを押すところで詰まってしまったので、教えてください。
    色の紙、入手済み。夕陽の窓など、他も考えられるところはチェック済みです。

    赤(5)緑(3)紫(8)黄(1)桃(9)
    青(4)水(10)橙(7)灰(6)黒(2)

    この順番だと思ってボタンを押しましたが、間違いで、全部戻ってしまいます。
    順番を逆にしたり、
    PCの画面の色調補正がおかしいのかな?と、
    紫と桃、青と水色を入れ替えて押してみましたが、だめでした。
    考え違いかもしれませんが、
    もしかするとバグの可能性もあるかもしれないので、覚えてるだけの状況も書きます。

    ・何度もあちこちでセーブして、各部屋を行ったり戻ったりしている。
    ・セリオの分身の動きを無視して通路を選んだ。
    ・消しゴムを手に入れる前に、二度、あの部屋に入った。
    ・この部屋に入る前に、光をともす本の部屋に入った。
    ・色の紙を手に入れる前に、この部屋に入った。
    ・紙を手に入れた後、夕陽の窓を見逃して先にこの本の部屋にきた。

    ○ゲームはこのサイトでDLした。
     念のため、ふりーむの方もDLしてセーブデータをコピーしてみたが、同じ状況。

    PCはウィンドウズ8のバージョン6.3(ビルド9600)です。

  • user-pic

    遅くなって申し訳ありません。
    気付くのが遅れてしまいました。

    拙作をプレイしていただきありがとうございます。
    本のスイッチについてですが、そこの謎解きには”引っ掛け”があります。
    恐らくショーケースにある本の色の順番で押していると思われますが、別にもう一つ、色が書かれている場所がございます。
    色以外に本から読み取れるものを見つけてみて下さい。

    何度か間違うとヒントが出るようにすればよかったかもしれませんね…

    引き続きプレイしていただければ幸いです。

  • user-pic

    質問しておきながら、こちらも気づくのが遅くなり、申し訳ありませんでした。

    ご回答ありがとうございます!
    とても素敵なゲームで、途中で断念するのがすごく勿体なく思っていたので、とても嬉しいです。
    頑張って探してみます!

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4

    「Psychological Diving」楽しく遊ばせて頂きました。
    ストーリーも深く、謎解きも簡単すぎず難しすぎない、ほど良い難易度で遊びやすかったです。

    多少の誤字・脱字があること、読みにくい改行、句読点が無いなど、読みにくい台詞が多かったことが気になりました。
    セリフを朗読しながらプレイすることが好きなので、読みにくいと読み間違えたり、
    つっかかったりで少し「うーん」となってしまいました。

    光などの演出も凝っててすごいと思いましたが、
    場所や主人公たちの状態を、いちいちサウンドノベルの様に説明するシーンに、もやもやしました。
    マップグラフィックやキャラですでに表現されているのに、説明が必要なんだろうか、と。
    患者の回想では問題ないですが、探索中にそういう説明をされても、別にいらないと私は感じました。

    これは個人的な感想で、そうしてるゲームもあるかもしれないし、
    他の人が「そういうのがいい」と思えば、特に気にしなくてもいいです。

    ヒドいバグもなく、最後まで遊べたので、続編も楽しみにしています。
    文章の読みやすさに気を付けてほしい、とだけ望みます。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

    全体的にとても良くできでいて、本当に面白いゲームだと思いました。真っ直ぐな主人公、妖しくも美しいヒロイン、巧みに表現された心の世界、プレイヤーに深く考えさせるストーリー、気持ちの良い晴れやかな終わり方、どれを取っても最高でした。ブログを拝見させて頂きましたが、続編も制作中とのことで…心より楽しみにして待っております。

  • user-pic

    冒頭から気になる情報が色々ある中でヒロインが何時正体を現すのかdkwkgkbrしてたらあのエンディング……続編はまだですか?予定してないなんて言いませんよね?お願いですから続編制作中と言ってくださいお願いします(土下座)

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 4
    • 3
    • 2
    • 4

    ゲーム性だけを取り出せば、RPGツクールで行う脱出ゲームといったところ。
    ただそういったゲームと大きく違う点は、グラフィックとシナリオにある。

    広いマップのその殆どは患者の心の反映であり、主人公たちはその追体験をすることになる。
    本で散らばり整理されていない廊下や、患者に冷たい言葉を浴びせる同僚やその上司。
    それらは皆彼女の心に根付いた闇であり、その混沌さはまさしく彼女の混乱と等しい。
    シナリオ面から見たマップの作りは丁寧で、こうした一つ一つの要素が彼女の心を描いている。
    個人的には背を向けると怖い顔になる同僚の姿が素晴らしいと感じた。

    こうしたマップを歩きながら、患者の心の闇を解く鍵を探していくことになる。
    なぜ患者が闇を抱くにいたったか。そしてそこから抜け出すための光となる記憶。
    演出面に力を入れたとある通り、一つ一つの鍵を取るたびに美しくも恐ろしいイベントが待っている。
    グラフィック面に力が入っているため、優しいシナリオについつい没入してしまう。
    素敵な2時間を味あわせてもらった。

    プレイ後の感触は非常にスッキリ。もしかしたら僕らが主人公を通して患者を癒やしていたように見えて、実際は僕ら自身が自分たちを癒やしていたのかもしれない。良いゲームです。


    強いて言うことがあるとすれば、謎解き要素などのゲーム面と細かい要素の作り込みか。

    謎解きは至ってシンプルで、ストーリーも基本的に一直線。
    慣れていない人に配慮した結果だろうが、短編にしてはやや広いMapもあって若干単調であった。
    難しい謎であればその分ヒントを各所に散りばめればよく、Map全体を使う謎解きであれば、クリアしたフロアに幾つか数を絞ってワープ装置を設置するなどの工夫があればよい。体力ケージも若干死んだ要素と化しており、体力減衰に直接関わるイベントが発生するタイミングではほとんど体力は減っておらず、リスクを取るか取らないかという緊迫感を出すにはさほど役立っていないように感じた。

    メインの登場人物以外のいわゆるモブキャラや、演出だけのアイテムなどにももっとセリフが欲しかった。序盤町中の老夫婦の会話が挨拶だけなのは、主人公の性格を描きこむチャンスでもあるだけに少し寂しい。一方、患者の記憶の中で本の山に触れたときの主人公たちの会話(謎解き無関係)は非常に嬉しかった。ああいうのがあるといろんなものに触りたくなるし、後半の主人公たちのセリフが説明臭くならなくて済む。

    総じて、とても素敵なゲームなので皆さんぜひやってください。

Psychological Divingにコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

Psychological Diving
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索