夜明けの口笛吹きのイメージ

夜明けの口笛吹き

世界の果てと答えを目指して旅をするRPG

user-pic
  • レビュー評価をする
  • 報告・質問をする
  • loading クリックで応援しよう!
    1日に11回までクリック可能
総合得点
75.3
comment 36 (平均:3.9点)
view loading

ゲームポイント

[夜明けの口笛吹き]の詳細

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 98 Me 2000 XP
制作者
kiichi
本体サイズ
4.1MB
Version
1.5
最終更新日
2003年10月25日
お気に入り
11

夜明けの口笛吹きのコメント一覧 (コメント数43)

  • user-pic

    ダウンロードできない

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 3
    • 5

    癖になる。引き込まれるゲーム

  • user-pic

    娼婦ちゃん可愛い

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    ストーリーはよく書けていると感じました。
    戦闘が中盤あたりからだれて面倒くさいのが難点か・・・。
    初めにストーリーに引き込まれるか、世界観が合うかで評価が割れそうなゲームだなと思います。

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 5
    • 5
    • 3
    • 5

    楽しめるかどうかは、プレイヤーの純粋さ、または言い方が悪いが無知さにかかってくると思う。
    自分は博識な部類ではないが、どちらも欠けている所があるので、中途半端な印象を受けた。
    他の方も書いている様に独特の世界観で作者様独自の哲学や神話を表現されているので、そういった意味では「お祭りゲー」とも呼べるのかもしれない。人の心が覗いてみたい方はゆるりと楽しんでみてはいかがだろうか。
    前半はワクワク感のあるなつかしいRPG、後半は怒涛の展開のノベルゲー。この表現はどうかとも思うが、四十八(仮)を髣髴とさせる支離滅裂さなのだ。(むしろシナリオに一貫性があるため、理解できなかった時のモヤモヤ感はあれに勝る)
    それでも楽しめた、と言えるのは、二週でエンディングを全て回収したから。
    なんだかんだ最後まで以上に楽しむ魅力の有る作品だった。

  • user-pic
    • 3
    • 4
    • 3
    • 3
    • 2
    • 4

    他のレビューで言われているほど哲学的なものは感じなかった。
    ただ、展開は読めなかったので次はどんな世界が待っているのかというわくわく感はあった。
    個人的には普通に感じたので3。

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 3
    • 4
    • 3
    • 4

    哲学的というと表現がアバウト過ぎるので、実際は自己模索、モラトリアム、自己啓発、的な表現が多いです。主人公はエ●ァの様な心が脆い人物ではなく、人が羨む無の心を持ってる人物です。主人公に自己投影は出来ないかもしれませんが、あなた自身の考えが廻るような物語になっています。兎に角、街の一人ひとりテキストが工夫されています。当時、高校生が創ったとは思えない引き出しの多さが羨ましい限りです。キ●の旅というライトノベルがありますが同様に色んな街を旅をする話だと思っていいと思います

夜明けの口笛吹きにコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時などレビューでない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。
感想やレビューに関する注意事項に該当する投稿があった場合は削除対象となる場合があります。

夜明けの口笛吹き
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索