TAIGAのイメージ

TAIGA

動物系王道ストーリー重視RPG 第1弾!

総合得点
73.7
comment 10 (平均:4.3点)
view loading

星の命運と生き残りを賭けた動物達による戦いが、ここに始まる。

 ◆あらすじ◆
 悪魔の谷で謎の狼「エト」に育てられたヤマシマウマの「タイガ」は、最後と言い渡された試験の最中、黒い狼の集団に襲撃される。その危機から逃れたタイガは、世界の統治者である「ハリ家」に迎い入れられ、救出部隊・マイト・N部隊に所属することになる。何にでも変身できる「あおへび」、陽気なオオコウモリ「マンバル」、少し変わったレイヨウ「クリム」らと共に、世界で起こる様々な危機に立ち向かう。

 ◆本作の主な特徴◆
 ・一枚絵MAPや多彩なチップで彩られるSFファンタジーな世界観
 ・王道とオリジナル性の両面を追究したストーリー
 ・シナリオの展開に合わせたサイドビュー・カウントタイムバトル(一部シンボルエンカウント)
 ・多彩な動物達による個性的なキャラクター
 ・装備と使用できる技が連動した「法石」システム

 ◆本作の位置づけ◆
 ・TAIGAは全部で3部構成で、今作は「第1部・前半」という位置づけです。ストーリー自体はまだまだ続きますが、今作はストーリー上は区切りを迎えている「完結した作品」です。しかし、今作で仕掛けたフラグは、次回作「第1部・後半」に引き継がれます。容量の関係上、前後半と分かれて公開することをご理解いただきたいです。
  
 ◆動物が好きな人も、そうでない人も是非、プレイしてみてください!

ゲームポイント

・ストーリーは一本道でクリア時間は10時間前後
・製作ツールは wolf rpg エディター
・続編はただ今製作中

最も注目してほしい点、力を入れた点

・時間をかけて練りこんだストーリーや世界観。また動物達による多彩なキャラクター達にも愛を込めました。是非、楽しんでほしいです。

プレイヤーの皆様へのメッセージ

◆感想 ご意見 などありましたら、コメント欄にどしどしお寄せください。進行中のプロジェクトのため、反映させていただきたいと思います。
◆バグ報告はお手数ですが、製作ブログの方にお寄せください。緊急性のあるものなどはすぐに修正します。
◆実況などはご自由にどうぞ。(報告いただけるとうれしいです。)

更新履歴

ver.1.01
  一部表現を修正
 一部戦闘バランスを修正
 イベント内のセーブポイント追加
 BGMが消える現象を修正
ver1.02
一部表現を修正
 一部戦闘バランスを修正
 一部表記の誤りを修正
 一部選択肢を追加
 一部移動できる範囲を拡大
 図鑑カーソルの簡便化
 その他細かいミスを修正

[TAIGA]をダウンロード

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 7 8 10
DL回数
制作者
コロー&デグー
制作サイト
コローとデグーの製作日記
本体サイズ
488MB
Version
1.02
最終更新日
2017年8月21日

TAIGAの他にオススメの無料ゲーム

TAIGAのコメント一覧 (コメント数18)

  • user-pic
    • 4
    • 3
    • 4
    • 3
    • 2
    • 3

    評価を見てDL。Ver.1.02でプレイ時間は11時間。

    シナリオ ☆3(実際は3.5くらい)
    シナリオは評価の割に微妙だなぁと感じた。まずこのゲームかなり政治色が強く、陰謀が渦巻いてるのだが、その割に解決方法は大分強引で、主人公の意見をアッサリと受け入れてしまう。(そもそも主人公は人間関係?が薄かったのに、まるで人間社会?にアッサリ適応して政治の陰謀をやすやすと解決していく様は少し現実味に欠けると思う…)
    つまり「ご都合主義」な面が強くこれが良いシナリオに大分水を差した。
    後いわゆるギャグパートの部分も女性を大分意識してるネタが多く、男性の筆者にはただ寒いだけだった。
    悪いことばかり先に書いたが、引き込まれる所も多く、様々な勢力の人間模様は大分考えさせる所もあり、先述の水差しが無ければ☆4.5くらいの評価だったと思う。非常に惜しまれる

    グラフィック ☆4
    グラフィックはかなり美麗な方に入ると思う。最近のフリーゲームは独自でキャラ等を描かれる方も多く、プレイヤーとしては嬉しい限りと思う。よって☆4の評価とした

    サウンド ☆3
    特に悪い点も良い点もなく普通という事で☆3の評価

    システム ☆2(実際は2.5くらい)
    ここは少し酷かった。まず戦闘システムは普通に見えるが、順番が敵味方が入り乱れるスタイルなのに、順番はプレイヤーには分からないというトンデモ仕様。順番が分からない為、常に体力全快でないと集中攻撃された時に死亡してしまう。戦略は全く組めない。
    バランスも大分大雑把で、初盤のイベントで全く鍛えずに突入すると相当シビアな戦闘が待っており、「集中攻撃を食らわない事を祈る」運ゲーになる。しかし中盤鍛えてしまうと一転してヌルくなり、ラスボスも大して苦もなく撃破という、鍛えた方が良いのか悪いのか分からないバランスも疑問に感じた。
    また、他の評価者様と同じくダッシュが出来ないという操作性の悪さもマイナス。
    しかしながら、一応クリアは出来る、初盤さえ抜ければリカバリする点はあることも考慮して☆2.5という評価になった。

    オリジナリティ ☆3
    特にオリジナリティを感じる点はなかった。よって可もなく不可もないの☆3で

    総評 ☆4
    結論から言うと「言いたい事は大きく言いたいが、それ以外はおざなり」と言う印象が強かった。一応シナリオ重視と銘打ってる為、システム関係を大分過小評価した総評にはしているが、おざなりにして良い訳じゃないし、それがシナリオにも強引さと言う部分で表れてると思う。
    ただ、言いたい所の部分はかなり洗練されており、グラフィックの高さもあいまって心動かされる部分はあった。他の評価者様と同じく「RPGでなくても良い」と筆者も思う。
    「高評価なのにRPGである事が残念」という何ともいたたまれない作品として筆者は筆を置こうと思う。


  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 5
    • 4
    • 3
    • 5

    ここまでの作品をたったお二人で仕上げた事が凄い。個性的なキャラクターのキャラチップや立ち絵も全て自前で製作し更にステージに至るまで一枚絵で構成されているの新鮮な発想であり、プレイ中に違和感がないようにBGMやエフェクト周りも選別されている。

    ストーリー重視という事でゲーム部分であるRPG部分はアイテム収集等の要素があまりなく、ストーリーの進行に沿っていくだけでレベルが上がっていくのでレベル上げ等のRPGの定番要素はしなくても良いバランスになっていると感じました。それでも普段アイテム探しをするプレイヤーにも配慮する形でイベントが発生した場所に戻ると特定の仲間が使用出来る強化アイテムが落ちてましたのでそこもGOOD。

    システム面に関してですが他の方が言われているダッシュ機能の追加と、段差の飛び降りはボタンを押さずアイコンに触れれば自動で動作をする形にすれば気持ちよく進めるかなと感じました。
    終盤のネタバレになってしまいますが火災が発生する度に立ち止まる演出がありましたので、移動しながら火災の演出を挟めてくれれば「猛火から逃げている」という緊張感が出たかと。

    長々と書きましたが面白い作品です。
    独特な世界観と人間が一切登場しない徹底ぶり、動物しか居ないのに何故か進歩している科学面、一見ほのぼのしてそうな世界観にぶち込まれているシリアスなハリ家といぬあく教の因縁、まるでウイルスのように広がるいぬあくとそれを阻止するために暴走するカッチューマ。
    キャラクターも一人一人出番が少ないながらも個性的で印象に残り、物語を進めていく主人公一行も全員色物揃い、一人一人まだ謎が残っているというまさに「起承転結」の「起」で終わった第一部(?)のこの作品はまさにフリーゲームであるからこその特徴でしょう。

    続編、お待ちにしております。


  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5

    本当に面白かったです。開始直後に「これは絶対面白い」と確信しました!

    システム面で少々気になるところはありましたが、それをものともしないストーリー、キャラ、グラフィックでした。特にストーリーは、「進撃の巨人」を彷彿とさせるような、ダークファンタジーをベースとして、世界の巨悪・陰謀・謎に勇ましく立ち向かっていくという、非常に好みな内容でした。

    今後の作品でこの世界にもっとどっぷりと浸かれることを楽しみにしております。

  • user-pic

    TAIGAをプレイして頂きありがとうございます!
    レビュアーのみなさんそれぞれの解釈で語られるTAIGAが色々出てきて楽しいですね。
    勉強にもなりますし、参考にもなります。
    「ダークファンタジー」と呼ばれたのは初めてかもしれません。言われればそうかも。
    「進撃の~」に例えられたのも初めてです。作者は読んだことはないのですが、
    共通点か何かがあるのでしょうか?興味深いですね。
    作者の手を離れれば作品はみなプレイヤー皆さんのものです。楽しみ方は人それぞれ
    ぜひ次回作もプレイしてください!

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    久しぶりにゲームをプレイして感動しました。クリア後の、質の高い映画を一本観た後のような読了感が残ったまま書いているので乱文となりますことをご容赦ください。

    ストーリー重視と銘打っているだけあって、世界観の深さ、独創性は他作品より一歩抜きんでていると思います。基本的に一本道な進行ではありますが、それがむしろ物語の中を歩いているような感覚になりました。
    キャラクタなどが全て動物で、人間は全く登場しません。そのくせに異様に科学技術が発展していたり、かと思えば廃墟だらけだったりとなんともちぐはぐ。その違和感が個性としてにじみ出ているように思えます。
    月並みな言葉しか並べられず申し訳ないのですが、骨のあるストーリーを楽しみたいというフリーゲーマーにはぜひおすすめしたいですね。

    単にストーリーだけに力が入っている、というワケではなく、一つ一つが絵画のような美麗な背景グラフィックと、場面にマッチしたBGMの使い方など、メインとなるストーリーを引き立たせるための工夫があちこちになされているように思えました。いくつかの背景はカメラが引き気味になり、退廃的な世界の様子を観ることができます。廃墟好きの私にはゾクッとする演出でした。キャラもメインからほんの少ししか出ないキャラまで濃いものばかり。動物だからそう感じるというのもあるかもしれません。

    戦闘やそれにかかわるアイテム収集などは、いわゆるやりこみ系のRPGにはかないませんが、装備できるスキルもそこそこ多く、戦略なども考えられる程度には揃っています。私としてははやく物語の先が見たいという気持ちの方が強く(笑)戦闘で何度もやり直し、などならなかったのはありがたかったです。とはいえボタン連打などで勝てる程甘い戦闘でもなく、少ない戦闘一つ一つを楽しめたように思えます。近年はサクサク進められる戦闘が流行していますが、こういうのもたまにはアリですね。その他、大きなバグや操作のしにくさなどはそれほどなく、快適にプレイできました。強いて言えば、フィールド上のアイテムの当たり判定が小さく、少し取りにくいことくらいでしょうか。

    最後にもう一度。ストーリーが本当に良かった。このゲーム一番の不満は、続きがまだ完成していない事です(ぉぃ プレイする側としては待つことと応援することくらいしかできず申し訳ありませんが、この作品が完成することを心よりお待ちしております。

  • user-pic

    TAIGAをプレイして頂き誠にありがとうございます。そしてクリアお疲れ様です。
    世界観などを細かく見て頂けたようでうれしく思います。
    戦闘は人によっては合う合わないはあるようですが、作者としましては
    「TAIGAの世界観に合う戦闘とはなにか」をテーマに作った結果が今作の
    戦闘なので、ご理解いただけるとうれしいです。
    不満な点に関しては、まだまだ時間がかかりますが、皆さんの応援に応えて
    少しでも早く続編を公開できるように頑張ります。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

    以前に体験版をやった時よりも、不便なところが改善されてプレイを快適にする事ができました。
    戦闘面ではメカニカの種類が増えたことで戦略の幅が広がって面白くなっていました。
    ストーリーも一気に奥深さを増していて没入出来る。
    戦闘のテンポはもう少し早くてもいいかも知れないが演出が見てて飽きないのでさほど問題にはならない感じがしました。
    すごく面白かったので、次回作も頑張ってください。

  • user-pic

    体験版からプレイして頂けたのですね!ありがとうございます!体験版とはいえ、中途なものをお見せしてしまい申し訳ありませんでした……。不得意なシステム面ですが、作者なりに頑張ってようやく少し形になってきた感じです。まだまだ快適とまではとても言えませんが、今後も改善できるよう努力します。
    コメントありがとうございました。

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 5
    • 3
    • 2
    • 5

    強烈な個性
    特にキャラクターとシナリオは凄い


  • user-pic

    他にたいして取り柄も無いもので……。褒めて頂けて大変うれしいです。コメントありがとうございました。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 3
    • 5

    続編楽しみに待ってます

  • user-pic

    コメントありがとうございます。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 3
    • 4

     ストーリーの全貌が全く見えず、まず単純にワクワクした。謎が謎を呼び肝心の核心はいくつも推測こそ建てられるがどれも正解とは思えない。世界観の膨大さを感じ天上の見えない塔、それこそ作中のハリ家を地上から眺めている気分だ。ここに未熟さと魅力を兼ね備えたキャラクターがその中で、真実を、またこの世界感を解き明かそうという旅路に出るというのだからたまらない。彼らの明かす真実に一喜一憂してまるでその世界に入ったようだった。
     その世界に入ったようだ、というのは何もキャラクターに共感してだけのことではない。世界観の確かさ、説得力のある言葉、そして策謀と思惑の交錯する様がまるで本当のことを見ているように感じられたためだ。キャラクターが世界の設定に振り回されているのではない、その世界でしっかりとそれぞれに考え、地に足ついているのが確かにわかる。謎は多いが、地盤の確かさはプレイしていて常に感じていた。
     個々の独立した人格、遠大だが確かな世界観、これから明かされていくだろう謎、そして何よりそれらを活かす展開は次回作を期待するのに十分以上である。
     久しぶりに、非常に楽しんでプレイできるゲームでした、応援しています。

  • user-pic

    TAIGAをプレイして頂きありがとうございます。TAIGAの世界を楽しんで頂けたようで何よりです。
    次回作で提示した謎が少しずつほどけていくと思います。何とか完成させてこのシーンを見せねば……というシーンがまだ構想中ですが目白押しです。少しでも早くプレイ頂きたいので私共も頑張ります。
    コメントありがとうございました!

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

    昨今のどっかで見たような人型キャラの山にうんざりしていましたので、見つけてすぐにダウンロードしました。
    ドット絵、特に背景の絵がものすごく綺麗で独特の世界観があり、見ているだけで癒されました。
    主人公達も製作者様の動物愛が溢れていて、ああ、動物好きなんだなぁと思える素晴らしい画力です。
    人の手が入っていそうな建築物と四足歩行キャラに初めは違和感を覚えたものの、進むうちにこれも独特の味だな、と感じるように。
    野生的な動物達の中に紀州犬(北海道犬?)が混ざっていますが、もしや愛犬?

    戦闘はゆっくり目ですが、アニメーションが派手でカットインなどもあり、見ていて飽きません。
    敵を避けすぎると後で詰む可能性もあるかなと思いましたが、難易度自体はやり直しも無く丁度良かったです。RPG慣れしていれば特に苦労は無いと思います。

    せっかくの珍しい四足歩行の主人公ですので、てくてくゆっくり歩くだけでは少し勿体無いなと思いました。
    軽快にダッシュ出来たり、ジャンプも決定キーを押してではなく目印に触れるだけで跳んでくれたら、景色を眺めるだけでなく移動の爽快感でも楽しめたと思います。
    フィールドの移動ももう少し早い方が個人的には好みです。
    図鑑閲覧のカーソルスクロール速度が遅めなので、閲覧出来る要素が増えてくると下の方までカーソルを送るのが少し大変です。
    小まめに見て楽しみたいので、何らかのキーでまとめてスクロール出来ると助かります。
    先の方も書いてらっしゃいますが、やはり行く先が少し固定され過ぎていて若干窮屈さがありました。
    行き先の選択肢が一つで道中何も起きないなら、自動で移動してくれた方が良いかもしれません。
    これはパソコンのスペック次第かもしれませんが、雨が降るシーンでは大分処理が重くなりました。

    たくさんのゲームをやってきましたが、久しぶりに新鮮で、素直な気持ちで楽しめたゲームでした。流行なんかに迎合せず、やりたいように突っ走ってほしいです。
    これだけのクオリティで完成まで持っていくのは大変だと思いますが、次回作を心から楽しみにしています。

  • user-pic

    TAIGAをプレイして頂きありがとうございます。そして丁寧なコメントありがとうございます。
    ただいま、新たなヴァージョン更新で図鑑や移動の自由度についてもう少し快適になるように改変中です。皆様のご指摘、大変参考になります。移動速度については検討中ですが、ダッシュ機能は現時点では難しそうなので次回作の宿題にします。
    次回作はもう少し快適なゲームを提供したいです。あと、例の犬はお察しの通りです(笑)

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 5
    • 4
    • 2
    • 4

    グラフィックがヤバいです。
    全てのマップが一枚絵で描かれているし、メニュー画面や戦闘のアニメーションなど
    見事な完成度の作品でした。
    シナリオも面白くて、長いイベントでも物語に引き込まれて夢中になってプレイすることができました。
    ゲームをしているというよりかはアニメを見ているという感じ。
    気になったのは戦闘のテンポがちょっと悪い。
    あとストーリーを見るという点ではすごい面白かったんですけど、ゲームとして遊ぶという点ではあまり楽しめなかった感じです。
    もっと自由度が欲しかったですね。一回シナリオが進むとほぼそのシナリオ通りにキャラを操作しなければならず、ちょっと寄り道しようとすれば「いまそんな事してる暇はない」的な事を言われ、自由に行動できません。
    例えばシナリオを進めてる途中でちょっと敵を倒してレベル上げをしたりとか、お店に行ってアイテムを買うだとか、そういう事のできるチャンスが非常に少なかったです。
    ストーリー重視のRPGなんでしょうがないのかもしれないですが…

  • user-pic

    TAIGAをプレイして頂きありがとうございました。
    力を入れた部分である画像やストーリーを楽しんで頂けたようで何よりです。

    戦闘のテンポに関してですが、確かに全体的に少しゆっくりですが、TAIGAは基本ストーリー・散策・戦闘と通常のRPGよりも少し絞って作っているので、戦闘も重要な演出の一部になります。間や尺の関係も考えて結果このスピードになりました。ですがやはり気になる方もいるようなので、今後修正していきたいと思います。次回作の課題です。

     自由度はあまり考えませんでした。すいません。ストーリーを優先しているため、行動が制限されます。もう少しうまくやる方法があるとは思うので、考えていきたいです。

    コメントありがとうございました。

TAIGAにコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

TAIGA
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索