作葬グレイブキーパーのイメージ

作葬グレイブキーパー

アイテムだけで戦うリソース管理ダンジョンRPG

総合得点
66.0
comment 6 (平均:4点)
view loading

--------------------------------------------------
★2016.10.14
様々な要素を追加したアナザーエピソード『アドバンスver』公開しました。
Entyにて支援者様限定配布中です。
http://kanawo.wixsite.com/teritoma/gravekeeper
--------------------------------------------------

瘴気に沈んだ大地にそびえる積層都市バベル。
その上層に小さな工房を構えるクラフト技師リーザは
常連の闇商人エフセイ・モソロフから
かつてのリーザの故郷『第Ⅳ廃層・旧55番街』に
ある魔物が現れたこと、そして
それを知ったある墓荒らしが血相を変えて55番街に向かったことを聞く。

「ひょっとしたら、同郷の人間なのではないかと思いまして。
 一応キミの耳にも入れておこうと思ったわけです」
「……私が、止めなきゃ……。
 このままでは、兄さんが死んでしまう……」

リーザはアイテムを生成するそのクラフト魔法だけを頼りに
危険な廃棄区画へ、そしてかつての因縁の地へ降り立つ……。

ランダム生成されるダンジョンを奥へ奥へと進んでいくダンジョンRPGです。
ただしリーザは武器をもって魔物と戦う技術を持っていないため
素材を組み合わせてアイテムを作り出す『クラフト魔法』を駆使し
作り出したアイテムの力だけでダンジョンを攻略しなければなりません。
手持ちのアイテムと効率を天秤にかける、リソース管理要素が強いです。

クリアまでの日数などがカウントされますが、とくにエンディングに影響したりはしないため
気にせずじっくり遊ぶもよし、どこまで無駄なく攻略できるか挑戦するもよし。
スタッフロール後にリザルト画面に移行します。

また、このゲームは『積層グレイブローバー』の番外編として作られているため
『積層グレイブローバー』をプレイしているとよりお楽しみいただけますが
未プレイでもストーリー上とくに支障はありません。

ゲームポイント

ジャンル:リソース管理ダンジョンRPG
プレイ時間:約2時間
『積層グレイブローバー』の番外編です。

最も注目してほしい点、力を入れた点

クリアまでの日数などがカウントされますが、とくにエンディングに影響したりはしないため
気にせずじっくり遊ぶもよし、どこまで無駄なく攻略できるか挑戦するもよし。
スタッフロール後にリザルト画面に移行します。
ストーリーイベントはスキップできるため周回もお手軽。

プレイヤーの皆様へのメッセージ

本作品の二次創作、プレイ動画・実況動画等の投稿は基本的にご自由にどうぞ。
下記に該当する場合は、例外的に上記活動を禁止とさせていただきます。
・批判、中傷を目的とする場合
・公序良俗に反する場合

更新履歴

◆2016.05.31
 ver.1.02 公開
 ・一部誤字を修正しました。

◆2016.05.24
 ver.1.01 公開
 ・ボスフロアから階段で次のフロアに行った際にダンジョン内でセーブができてしまう不具合を修正しました。
 (ボスフロア以外のダンジョン内ではセーブができないのが通常です)
 ・エネミーリストの誤表記を修正しました。
 ・スタッフロールを更新しました。
 ・一部システムグラフィックを変更しました。

◆2016.05.23
 ver.1.00 公開

[作葬グレイブキーパー]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7 8 10
DL回数
制作者
カナヲ
制作サイト
てりやきトマト
本体サイズ
80MB
Version
1.02
最終更新日
2016年5月31日

作葬グレイブキーパーの他にオススメの無料ゲーム

作葬グレイブキーパーのレビュー一覧 (コメント数6)

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4

    公式ページには2時間ほどのプレイ時間とありますが、2時間でクリアは難しいのではないかと感じました。
    グラフィック、音楽、ストーリーがとても良く、やって良かったと思えるゲームでした。

    シナリオ・ストーリー:引き込まれました。目的がはっきりしており、分りやすくまとまっていると思います。

    グラフィック:キャラクターや敵の絵が綺麗です。主人公のリーザちゃんがかわいい。マップはオーソドックスでありながら雰囲気がしっかり出ていて楽しめました。

    サウンド:BGMがかっこいい!

    システム:説明が豊富で親切設計だと感じます。アイテムを使い捨てて戦うがゆえに、他の方もおっしゃっているように、アイテムの数をそろえてゆくのが大変で、作業と感じる部分も多かったです。
    特に序盤のアイテム収支が厳しめと感じたのでこれがネックと感じるかもしれません。
    ただし、そこを超えて慣れてくればリスクリターンの計算がしやすく、進め方を工夫することができました。
    この手のゲームは下手だと思っている私ですが時間さえかければなんとかなりました。

    オリジナリティ:ほかのゲームをあまり知らないので独創的かどうかは分かりません。

    総評:好きなゲームになりました。時間があれば本編的な作品もやってみたいと思えました。

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 4
    • 3
    • 4
    • 3

    短編ながらゲームシステムといいシナリオといい高レベルでまとまっている印象でした
    ボス戦に何を準備していくかを考えつつ集めていくとさくっといけそうです
    囲まれるという方は通路で敵が後ろにいて決定ボタンを2回ぐらい押すと逆側に歩いていくのでただ動くだけでなく工夫すると基本ほぼスルーできる気がします
    とてもいい感じな作品でした

  • user-pic
    • 4
    • 3
    • 4
    • 4
    • 5
    • 3

    前作の積層グレイブローバーは進行する上で退屈な作業が多いと個人的に感じていたが、本作はダンジョン探索にパズル的要素が組み込まれ、先を予測しつつ純粋な取捨選択を楽しみながら進行できた。
    探索に理不尽な仕掛けなどストレスが無いのも好印象。失礼ながら、前作よりずっと墓荒らしの雰囲気を出せていると感じた。
    ストーリーは短くうまくまとまっているが、前作をプレー済みの方が理解しやすいと感じた。

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4

    アイテムを使ってのバトルなのでアイテムの収集と作成が面白かったけど面倒なところもありました。短編ながらうまくまとめて良い作品でした。

  • user-pic
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3
    • 4

    これは…人を選ぶ作品かもしれませんね。
    昨今流行りのリソース管理ゲームですが、本作はちょっとアソビ(余裕)が少ないような気がします。
    基本が手持ちアイテム数=手数になりますが、開始直後はそれも心許なく、狭い遺跡を会敵しないように進むのですが、手持ちが無い場合に囲まれたりすると帰還アイテムも消耗式だったりするのでリカバリ不能になるケースが多いです。じゃあやり直し、となっても出立時の貧相な条件は同じなのでミスると同じ展開が待っている。そして慣れない人はこれを何度か繰り返すとカタルシスも何も無いのでゲンナリしてしまう…。
    ここでストーリーやキャラクタに魅力があれば引っ張れるかもしれませんが、一般的な探索ゲームのお約束で最初はそれらが殆ど与えられていないという具合なので引っ張ることもできません。
    この様な感じなので前作(と言うべきかは怪しいですが)「積層」の美味しい肉を削り取って骨だけ残したような感覚を覚えて、個人的にはイマイチな印象を受けました。完成度は高いので☆は3ですが、自信を持ってオススメできるかと問われると否でしょう。

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4
    • 5
    • 4

    短編ですがお話は手堅くまとまっていたと思います
    この作品の肝は遊びやすさと奥深さが両立されたシステムにあると感じました
    敵情報を事前に開示することで手持ちのアイテムを鑑みて戦闘するか否か選ぶことができ、
    リソースの消費と獲得のバランスが求められます
    個人的には装備などで戦術の幅がもう少し拡がると嬉しいです

作葬グレイブキーパーのレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索