非行兄妹と後日談のアリアのイメージ

非行兄妹と後日談のアリア

仲良し兄妹が駆け抜ける、救われた世界の後日談

user-pic
総合得点 投票受付中
comment 2 (平均:2.9点)
view loading

生きとし生けるものを蝕んだ魔王は滅ぼされ、人々は人魔の不毛な争いから解き放たれようとしていた。
そんな世界を舞台に、とある不幸な兄妹が紡ぎ出す後日談。

ストーリーにはシリアスな面もありますが、基本的には仲良しな二人のほのぼのとしたやり取りがメインです。

プレイ時間は1~2時間程の短いゲームですが、ちょっとしたやり込み要素もあり。
尚、ゲームの難易度は、ノーマルモードとハードモードの二つから選択可能となっております。

ゲームポイント

・プレイ時間は1~2時間程度
・基本ほのぼの、時々シリアス
・難易度は二種類から選択可能
・プレイにはRPGツクール2000RTPが必要です

更新履歴

トラップに対する救済アイテムの導入、一部ストーリーの手直しなどを行ったver1.26を公開しました。

[非行兄妹と後日談のアリア]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows Me 2000 XP Vista NT 7 8
制作者
鍵虫
本体サイズ
8.14MB
Version
1.26
最終更新日
2016年1月23日

非行兄妹と後日談のアリアの他にオススメの無料ゲーム

非行兄妹と後日談のアリアのレビュー一覧 (コメント数3)

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 3
    • 4
    • 3
    • 3

     本作のストーリーは「チンピラまがいなノエルと、クールなアルマの二人の兄妹がある目的で大聖堂を目指す」というもの。あるいは「人と魔物が共存する救われた世界で、救われなかった兄妹」と「アリアの後日談」の二つのストーリーから構成されている、とも言える。
    人の醜さや愚かさが描かれ全般的に暗い世界観であるが、兄妹の仲の良さは微笑ましく、遊んでいても暗い気分にはなりにくい。
     ストーリーも良いが、他にもモンスター図鑑(アルマの手帳)は、各モンスターごとに付属されたアルマのコメントがなかなか面白く、全て埋めたくなってしまう。あと、RPG2000で作成されたゲームのほとんどは起動すると全画面表示ものだが、ウインドで表示されることも地味に嬉しい。

     欠点に思えたのはダンジョンで、全体的に面倒なのだが、とくに二つほど気になるところがある。
     まず「瘴気の森」の中盤。ヒントらしきものはあるものの意味がわからず、思わず投げ出しそうになった。正解のルートを選んだ時と、不正解の時では演出が異なるので、私はそれをヒントにして強引に突破したが、もしこれから遊ぶ人は事前に「旅の栞」を最低でも五つは用意しておくと楽になるだろう。
     次に「最後の洞窟」の落とし穴。ヒントはすぐに分かったが目印を見失いやすく何度も落ちた。気が付きにくいものの一応は救済アイテムが存在するので、手に入れられれば他のダンジョンも含めて攻略は楽になるだろう。以上の二点がとくに気になった点である。

     最後に、魔王の「世界を一緒に滅ぼさない?」の問いかけに対する兄妹の返事や、隠しエンドでの船上での会話はグッとくるものがあった。
    暗い話ながらハッピーエンドで終わる話が好きなら、おすすめできる作品である。

  • user-pic

    瘴気の森が抜けられず詰んだ

  • user-pic
    • 2
    • 2
    • 2
    • 3
    • 2
    • 2

    ラストダンジョンの落とし穴ラッシュが辛かった

非行兄妹と後日談のアリアのレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索