紫苑もみじ

user-pic

今まで2ゲーム 投稿しました

コメント数は1回です

  • follow icon0フォロー
  • follower icon0フォロワー

紫苑もみじさんのWebサイトhttps://twitter.com/shion06241016?lang=ja

  • 剣閃神姫誅伐伝へのコメント(2021年11月29日 21:06)

    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5

    バージョン2.0で遊びました。
    クリア時間は4時間程度で、想定プレイ時間や他のレビューよりはだいぶ早く終わったみたいです。私のプレイスタイル的な問題なのか、難易度が緩和されたVer2.0だからなのかはわかりません。


    神玉システムのおかげで装備の組み合わせにかなり幅があるので、自分なりの組み合わせを模索するのがすごく楽しかったです。

    関連作の『破天鬼姫永羅伝』もそのうち遊びたいと思います。

    --以下ネタバレ込み感想--

    ■シナリオ・世界観

    主人公の1人である影時くんがめっちゃ好きです。
    前世では元々は奴隷で、それでも零亞ちゃんと並び立つために剣の腕前を上げたみたいなところがすごく好きです。

    男女2人で逃避行(厳密には荒れた世界で2人旅って感じだから逃避行じゃないけど)みたいな展開も個人的にはめちゃくちゃ好きなんですよね。

    個人的に一番驚いたのは刹国の人の寿命と生殖能力ですね……。寿命が二十数年ってすごく刹那的だし、1か月で出産するってこう……。
    ステータスに天命ってありますけど、全員20以下しかないので「変えようにも変えられない運命」的な意味合いの方だと最初は思っていたんですよね。0になったら命運が尽きるというか、運のパラメータかなって。その通り寿命なんですね。
    この作品紹介ページの力を入れたこと欄に『神話や種族格差、「生きること・死ぬこと」をテーマにした物語』と書かれている通りなんだなーって切々と感じます。
    天国から刹国に行くことになった零亞ちゃんのために結ちゃんがいろいろやってたのもそりゃなーって感じです。

    あと、天剣伝説で4柱の神々が語られているのに本当に神なのは2柱だけなのも、神話を解き明かしてる感を強く感じられて好きです。影時くんの前世が元は人間の奴隷で、それでも天剣姫神と共に戦った神として名を連ねてるのがすごく好き。(好きすぎて話題がループする)


    ■システム

    神玉システムがすごく良いですね。
    序盤は付けられる数が少なくて、後半になるにつれて付けられる数が増えていくのがプレイヤーのシステムへの理解度に沿っていて特に良かったです。
    序盤から多いと管理しきれませんし、後半でも少ないとせっかく種類や数が多いのに活用の幅や選択肢(組み合わせ)が物足りなくなりそうなのでいい塩梅だったと思います。

    技もそれぞれが多彩に持っており、気魄がある限り連技が連続で放てる仕様も良かったと思います。連技の使用でもバフやデバフのターン数がカウントされていくので、例えば暗闇状態を付与されているときはバフや回復など命中率に左右されない行動、攻撃バフがついているなら先に攻撃、などといったことを考えながら戦うのが楽しかったです。

    ただ、序盤は難易度が非常に高く感じました。中盤以降は多彩な神玉や技に加え気魄の量も増えるので、取れる対策も多くなって改善されますけども。
    一番安い神玉でも中盤くらいまでの収入だと何気に高いんですよね……。せっかくいろいろあるのに、お金が無くて気軽に試せなくて困りました。新規加入する人々も基本的に神玉を持ってないし……。

    あとは零亞ちゃんの死を斬るシステムもすごく好きなんですが、敵の即死と消費する天命が同じなので、死を斬るより再戦⇒即死の方が確実に敵を倒せる分コスパが良くて、活用できなかったです。
    活用したかった……。
    いや、零亞ちゃんを長生きさせるためにはどっちも活用しちゃダメなんですけど。幸せに生きてほしい。


    テキスト周りの話になりますが、バックログよかったです。
    ノベル専門のゲームエンジンならだいたいありますけど、RPGのフリーゲームにはまだまだ多くないと思うので。
    やっぱりバックログがあると快適ですね。


    ■イラスト
    立ち絵もスチルも豊富でとても良かったです。
    最後に変わるタイトル画面のイラストが一番好きですね。

    これだけたくさん良いイラストがあるなら、スチルを見返せる場所があると嬉しいなーと思いました。