ヒトミサキのイメージ

ヒトミサキ

ノスタルジックミステリー

user-pic
総合得点 投票受付中
comment 4 (平均:4.6点)
view loading

あらすじ:
戸塚タクミは自宅の火事により、両親を失ってしまい、
昔住んでいた一見崎(ヒトミサキ)へ親戚の伯母を頼ってやってきた。
一見崎は一年前にある事件が起きていた。
『犬飼一家殺人事件』と呼ばれる事件で、犯人はまだ捕まっていないとのこと。
しかし、事件も徐々に風化しつつある中、
タクミがやってきた日の夜、突然何者かに伯母が殺されてしまう。
さらには傍らにあるメッセージが残されていた。
「一年前の続きだ。まだ終わらせない」

…事件は再び始まった。

ツクール2003製のため、RTP2003が必要です。
推理要素のあるアドベンチャーゲームです。ホラーではありません。
アクション的な要素はなく、情報収集からの考察が主体です。
難易度は少し高めで、プレイ時間は5~6時間くらいです。

09/18 ver1.01 誤字・バグ修正
09/21 ver1.02 誤字・バグ修正
09/25 ver1.03 誤字・バグ修正
10/24 ver1.04 誤字・動作バグ修正

ゲームポイント

・過去の行動を組み立てる回想構築システム
・プレイ時間5~6時間
・シナリオ主体、文章多め

[ヒトミサキ]をダウンロード

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャー・ノベル
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7 8 10
DL回数
制作者
裏束
制作サイト
暁 -day break-
本体サイズ
69.1MB
Version
1.04
最終更新日
2017年10月24日

ヒトミサキの他にオススメの無料ゲーム

ヒトミサキのコメント一覧 (コメント数4)

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4
    • 5

    本作は正統派の推理ものですが物語の完成度が高くて面白いです。
    プレイ前は概要やSSの雰囲気からとんでも系じゃないかという不安がありましたが、
    実際にプレイしてみたらとても丁寧な作りで驚きました。
    中でも心理描写はとても丁寧で、キャラや雰囲気だけではない文学性を感じました。
    物語の構造も変則的な波があってとても好みな感じでした。

    推理の難易度は高めで物語も二転三転する中で中々犯人の目星もつきませんでした。
    プレイヤーの都会的な黒い心に漬け込んでミスリードを誘うような感覚があります。
    また本作には情報を再確認できるようなシステムはほとんどない割に、
    過去の出来事を思い返すようなメモや暗記の必要な場面が多いように感じました。
    本格的にプレイされる場合は細かいメモが必要かもしれません。

    物語は都会に住む主人公が火事により家族を失ってしまい、
    昔住んでいた一見崎に来るも早々に事件に巻き込まれるところから話は始まります。
    そこから事件や推理が始まりますが、同時に後述のようなそれにも劣らない大きなテーマも扱われています。
    本作では携帯がキーアイテムの一つですが、これも良い感じに時代を感じさせてくれます。
    また犬飼事件と三崎事件の対比が韻を踏んでいて、主人公と犬飼事件の元容疑者が違う選択をしたのも、
    もしそれぞれが逆の選択をしていたらという想像ができてとても面白いです。

    ただ本作の一番の面白さはやはり題名とジャンルでもある、ノスタルジックな一見崎にあると思います。
    一見崎の村人はとても優しく、事件解決にも多くの村人の力を借りることになります。
    特に家族の繋がりを失った主人公にとっては、一見崎という地域の繋がりはとても心強いものです。
    しかしそれとは相反するように、物語の主要人物達はそれぞれの理由で全員一見崎を去ることになります。
    それは一見崎が近い将来無くなってしまうことを暗示しているようにも感じました。
    では家族の繋がりに続いて地域の繋がりも失った主人公は、
    これからどうすればいいかというところで物語は終わりを迎えます。
    最後のネタバレは控えますが物語だからこそできる終わり方だと考えると、
    確かにそれはベストではあるけれどトゥルーではないなと思いました。

    グラフィックや音楽は雰囲気に合っていて、特に捜索時の曲は熱いながらも哀愁が漂っていて良かったです。
    システムは若干至らない部分はあったもののほとんど気になりませんでした。
    物語の中盤は事件が立て続けに起こって、犯人に狙われているような恐怖もあって辛かったですが、
    結果的には脅かしや犯人との戦闘はなく、何より物語が面白かったので印象が悪くなることはなかったです。
    とにかく全体的に完成度が高く、崇高な文学作品といわれても納得してしまいそうな面白さでした。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4

    シナリオの面白さ、良いと思います
    サウンドも非常にあっていてラストは感動しました
    楽しかったです、ありがとうございました♪

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4
    • 5

    この作者さんのは3作目意外プレイ済みで評価します。

    推理要素も程よい感じでしたし推理ゲーム系でお馴染みの「違和感のある台詞」の混ぜ方とかも丁度いい具合だと思いました。
    不満点で言えば起こった各事件の動機の部分が若干弱いというか。もっとそこに説得力をつけられれば更に良かったと思います。
    あとは序盤の主人公の態度というか。辛い状況が多々あって一時的に摩耗していたという表現でしょうけどそれをわかった上でもちょっと気分悪く感じるかも。まあそれは徐々に改善されるのでOKでしたが。

    今回新たに導入された回想構築システムは結構良かったと思います。
    対象がどういった経緯でそこに至ったかもプレイしながら整理もしやすくなりますし。

    あとは村雨のキャラが出てくるのと村雨事件の話もちょっとだけ出てきます。
    なのでそういったとこにも興味ある人は是非プレイした方がいいかと思います。

    全体的にはちゃんと楽しめたので大体こんな感じの評価です。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    最後までプレイさせて頂きました!ありがとうございます!操作もやりやすくて、まさかの!と思う展開にビックリしました…!姉御の思いが嘘だったのがとてもショックだったんですが、その後嘘じゃないかもしれないということが分かってとても嬉しかったです。ストーリーもどんどん辻褄が合っていってスッキリしました!w前キャラのトオルとフユミも登場していてテンション上がりました!この作品、前の作品と作者様のゲームが大好きです!これからも応援しています!本当に素敵な作品をありがとうございました!(*´∀`*)

ヒトミサキにコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

ヒトミサキ
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索