春へと続く丘のイメージ

春へと続く丘

終末ほのぼの群像ミステリー風ノベルゲーム

総合得点 投票受付中
comment 4 (平均:4.2点)
view loading

過去作『死舞草』『Colors/Forest』と世界観を共有。


純粋なサウンドノベルです。
選択肢もなければ、キャラクターの立絵もありません(挿絵はあります)。
『春へと続く丘』とは一体何なのか。
『春へと続く丘』は作中にいくつ出てくるのか。

■ストーリー

"教えられた店は、坂を登った先にあった。"

2026年、冬。
やっとのことで教員免許を取得した私の初の勤務地は、田舎町のほんとに小さな学校でした。
生徒数わずか4名の複合学級。
子どもたちと過ごす、廃校までの4ヶ月間。
そんな短期間で、歳もそれほど違わない私に何が出来るというのでしょう。
私と、子供たちと、校長と、残った町の人たち。
それぞれが、それぞれの未来と精一杯向き合い、そして、

やがて季節は春を迎える――

ゲームポイント

・サウンドノベル
・クリア時間8時間
・作品間リンク<死舞草><Colors/Forest>
・オリジナルBGM
・オリジナルイラスト

更新履歴

2016/4/01 ver 1.02 誤字、脱字修正。
2015/4/16 ver 1.01 誤字、脱字、演出修正、OP追加。

[春へと続く丘]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャーゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7
DL回数
制作者
Home Security Company
制作サイト
Home Security Company
本体サイズ
283MB
Version
1.02
最終更新日
2016年4月 1日

春へと続く丘の他にオススメの無料ゲーム

春へと続く丘のレビュー一覧 (コメント数4)

  • user-pic
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5
    • 3
    • 5

    文章や音楽、ストーリーから生みだされる幻想的で透明感のある雰囲気ににぐいぐい引き込まれていき、プレイ終了後もしばらく物語の余韻に浸っていました。
    文明が衰退していく中でも力強く生きる人々、穏やかな日々、そして事件。日常パートの会話でほっこりすることもあればホラーな描写にゾクッとすることも…。純なサウンドノベルで立ち絵等はありませんが、この作品は読むだけで不思議とその情景が頭に浮かんできそうでした。それほどまでに世界観や雰囲気に浸れる作品だと思います。

  • user-pic
    • 3
    • 4
    • 5
    • 5
    • 3
    • 3

    音楽がすごく良い。

    『Colors/Forest』のときも たしか右下に同じように今流れてる曲の名前が出てたと思う。

    私はこの配慮がうれしかった。曲 歌の ただの音とは違う所。それは名前があるというところ。固有名がね。

    曲 歌を 聞くと いつも 其れが気になるので あなたはだれ?と(メロディを擬人化^^;

    歌はきれいだし とても良かった。

    シナリオも構成もよかった。 日常の描写が好きなのです私。 構成は エピローグまで行くと よーくわかる。

    絵もすごく 綺麗だし 背景のセンスも良い。立ち絵が無いのも 文 ストーリーに重きを置いてるというのが分かって良い。だからこそ ここぞというときに観える 一枚絵がとても心に残る。

    年表とかも考えられており 全体的な構成とか 考えのしっかりした  作品群。


    不思議と・・・

    ああ ここから先は ほんと個人的な印象 感想なので 読後に 読まれることを!

    不思議と 自分の記憶に残らない作品たち。もともと記憶力の無い自分ですが。これだけの作品で深く記憶にきざみこまれないとは

    ・・・ 記憶は 良い作品たちということだけで・・・ 内容あまり覚えてない・・・  『死舞草』『Colors/Forest』そしてたぶん『春へと続く丘』も・・・ いや逆に『春へと続く丘』はずっと覚えてるかな わすれんぼの私でも。ここに書くくらいだから。

    『春へと続く丘』DLしてから ちょこちょこと読み続け 先ほど 読み終わりました・・・

    そう 一気には読みませんでした。 一気に読みたいという衝動がなかった・・・

    読んでるとき 平静でした・・・ その場に自分は居ませんでした。 イメージとして・・・記録を 読むような感じ・・・

    ああ そおいうタイプの作品なのかもしれません。『Colors/Forest』は特に設定からそお言う物語でしたから・・・


    気になったのは ”あれ” と超能力の話 そして きわめつけ ロボ・・・  話を作るための ただの・・・

    わたしがSF好きだから逆に醒めてしまったのかもしれない(ハードSF好き)
    いや ファンタジーも不可思議系も好きですが・・・    
    なんか話や文体とマッチしてないというか・・・ 

    ”あれ” とか 超能力は 話の根幹になるもののはずですが 3作品読んできて どうも マッチしてない・・・説明不足?

    うーん なんだろう・・・

    確かにいえることは 私にとって自分を投影できる人が居なかったということかなあ。(だから記録を読むだけという感じ?)


    ほんと わたし個人の印象です。10000人の読者いたとしたら たった10000分の一の感想です。

    役に立つか分からない感想。 ひと 不愉快にさせるかもしれない 感想。 でも 書かずにいられなかった感想。 書かせる作品でした。

    そのうち いつか 最初から 3作品再読しなければなあ・・・


    あっ システム システム!  頭固いもんで あそこクリックしてメニュー出すこと しばらく気づけませんでした・・・^^;

  • user-pic
    • 3
    • 3
    • 4
    • 5
    • 3
    • 5

    個人的には死舞草の方が好きでしたが、好みが分かれると思います。
    いわゆるセカイ系が好きな人ならイケるんじゃないかな。どうやら文明が崩壊気味の世界らしいですからね。
    長所としては絵と曲。立ち絵はありませんが、キャラクターや背景だけでも素晴らしいです。
    曲についてはやってみればわかります。これが一番の見どころ(聴きどころ?)かと
    短所としては、文章が若干くどいところでしょうか。あと、前作と前々作であった立ち絵がなくなったことぐらいですね。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 3
    • 5

    安定のフリーゲームとは思えない程の高クオリティ。このシリーズで一番好きかもしれません。
    前作2作と世界観を共有していますが、未プレイ既プレイ問わず楽しめると思います。
    フリーゲームでは「面白いゲーム」や「泣けるゲーム」はたくさんあるものの、
    このような「世界観に浸れる余韻のあるゲーム」は少ないと思います。

    不具合がありますがプレイに支障が出るレベルでないので大丈夫です。

春へと続く丘のレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索