キリンの国のイメージ

キリンの国

少年という時代、果てしない夏の冒険。

user-pic
総合得点
76.2
comment 10 (平均:4.2点)
view loading

「ここから抜け出そう。綺麗なものを見にいこう。わくわくすることをしようぜ」

果てしなかった夏。
群青の空のした。
少年は皆、旅人だった――

やがて季節はめぐり、少年たちは大人になる。
誰しもにあった、少年という時代。
その終わりがいつだったのか。
貴方は今も、覚えていますか――

かつては少年だった大人におくる物語。

京都丹波の山奥にある、鞍馬特別行政区。通称、天狗の国。
そこでは天狗とよばれる民族が、独自の文化をもって暮らしていた――。

そんな世界観でおくる、大人のための冒険ストーリー。

夏休み、冒険、旅人、こんなワードにわくわくしてしまう方は、ぜひともプレイしてください。

天狗の国という異文化にこだわって作っていますので、衣食住、旅の合間に見えてくるものを楽しんでいただけると思います。

前作、「みすずの国」をさきにプレイしていただくと、よりいっそう楽しめる内容となっておりますが、必ずしも前作のプレイは必要ではありません。

誤字脱字の指摘、ご要望がありましたら、studio・おま~じゅ ホームページ 掲示板にお願いします↓
http://hommage.main.jp/

ニコニコ動画でキリンの国を見る

ゲームポイント

システム 選択肢なしの一本道ノベル
プレイ時間 6~8時間
立ち絵枚数 1000枚以上
立ち絵用意キャラクター数 25人

[キリンの国]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャーゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 95 98 Me 2000 XP Vista 7 8
制作者
STUDIO・おま~じゅ
本体サイズ
469MB
Version
1.11
最終更新日
2014年10月14日

キリンの国の他にオススメの無料ゲーム

キリンの国のレビュー一覧 (コメント数15)

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 3
    • 4

    清濁含め美しく、素晴らしいノベルでした。

    冒険をするという少年時代のワクワク感を思い出す出だしから、
    やがてたどり着く天狗の国。その世界観に、気がつけばもう
    『主人公達と共にもっとこの国が見たい!』という想いに囚われていました。
    この表現力はお見事です。

    そして、ただ美しいものを並べるだけでなく、自身の弱さと戦う姿やどろどろとした背景、
    ひと夏の出逢いの末に語られる暗い本音など、濁った部分も非常に秀逸なテンポ、タイミングで
    魅力的に描ききられており、心が揺さぶられました。

    この作品には、前時代的な情緒と、冒険心と、切ない恋と、友情と、権力という現実と、
    立ちはだかる壁と、命のやり取りと、別れと…あらゆるものが詰まっています。
    その躍動感から、読み進めている間、ずっと『生』を感じ続けていました。
    これがこの作品の魅力の正体ではないかと、個人的には考えています。

    読み終えるころには、このゲームそのものを終えなければいけないという寂しさが残りました。
    この作品にはそれだけのパワーがあります。人に勧めたい一作です。

    夏の思い出をありがとうございました。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 3
    • 4

    物語の出だしから一気に引き込まれる作品に出会ったのは久方ぶりでした。
    丁寧かつ繊細に作りこまれた世界観とそれらを存分に感じさせてくれる表現力、登場人物のテンポのよい会話が素晴らしかった。
    シナリオも、男の友情やボーイミーツガール、熱いバトル展開など自分にとってドストライクばかりでした。特に圭介と杏のあのシーン。”ぞくり”とした感覚が全身を駆け抜けました。
    サウンド、グラフィックも世界観にとてもマッチしていました。
    名作をありがとうございました。
    次回作もとても楽しみにしております。

  • user-pic

    『おお ベクターに!』

    おおう ベクターでレビュー入りましたね。 いつ入るかなあと 待っていました^^
    (ベクターさん 私の好みのフリーノベル作品よくレビュー上げるのでうれしい)

    * 私のコメント(感想)より ちゃんとした的確なレビューで おお と思いながらいつも読んでます。(気になったかたは ベクター参照^^)(流れたように見えても ベクターのTOP PAGE > Softライブラリ > 新着ソフトレビュー > 公開記事一覧 > アミューズメント(Windows) たどれば見れます ゲーム範疇でなかったのは意外。以前の他のノベル作品もそうでした あれとか あれとか あれ^^)

    時期的に 良かったですね。(現時点で 夏 すこし前。 さあ夏の旅に!)


    そーいえば 登録前に 評価入れたけど いま 入れたら また入るんだろうか・・・ 
    試してみるか まあ 賞済みの作品だから支障ないか^^;

    あっ アンドロイドフリーアプリ化もしたようです。 私はガラケーだから見れないけど^^;
    あんないっぱいあるアンドロイドアプリから どう さがすんでしょうねえ 謎だ・・・

    とても 気に入った作品だったので 色々書いたけど 興味ない人はスルー してください・・・

  • user-pic

    リンク間違えましたこっちです
    https://play.google.com/store/search?q=%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%9B%BD&c=apps

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4

    キーワードはワクワク!

    単に先が気になる!というだけでは済まされないワクワク感がプレイヤーを襲います。

    特に二人が教室を飛び出すシーン、電車に乗りコーラで一杯やるシーン、堪りません。すばらしい表現力でしたね。感服しました。

    あと天狗の国、という設定も素晴らしかったですね。

    設定に関する情報量も文章だけで、多くは語られていない、というのも多いのですが、複線未回収というわけではなく、世界を広げるだけという雑な物ではなくプレイヤーの好奇心を呼び起こす良質な物なスパイスとしてとてもピリリと効いていました。

    天狗の国での生活も単にノスタルジックで田舎サイコー!という部分だけでなく、田舎に生きる苦労やそこで生きる人間模様も絶妙に描写されていて色々考えさせられました。
    特に姐さんの心情描写は素晴らしかったと思います。

    しかし意図的だとは思うんだけどやはり足りない!もの足りない!これではプレイヤーも六割男になってしまう(意味は違うけど)

    というわけで続編も開発中との事で激しく期待しております。

  • user-pic

    5/15更新のVer.1.30において
    出だしが少し変わり、より物語に入り込みやすくなったと思われます
    追加されたイラストと文章は(ネタばれになりますが)圭介のものであり
    過去Ver.を既読の方も必見する価値があると思います
    追加されたシーン見てまた泣いてしまった・・・

  • user-pic

    第10回ふりーむ!ゲームコンテスト 最優秀賞おめでとうございます
    何気にフリーゲーム大賞2014でも入賞してるんですね…すごい!
    続編の雪子の国も楽しみにしてます

  • user-pic

    ありがとうございます!
    雪子の国はキリンの国とはまた違った趣向ですので、楽しんでいただければと思います。

    国シリーズはもうしばらく続くので、気長につきあってくださいね~

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4

    名作。今の自分に響くところが沢山ありました。
    作りこまれ、統一感のある世界観は一気にプレイヤーをキリンの国へ連れていってくれるでしょう。
    味のあるグラフィック、特に背景は抽象的に描かれる部分も多くあり、その抽象性は遠い昔を思い出させる役割を果たしているようでした。
    私は田舎育ちではないのですが、忘れかけた何か、自然に対する郷愁、そんなものが呼び起こされるようで、懐かしくもあり物悲しくもなりました。
    一人一人のキャラクターも素敵。悪役も本当にはまってます笑
    教養小説ということで、わからない単語、設定なども出てきましたが、教養がなくとも大体なんとなく理解できます。
    割と万人向けでないかと思うので皆さんにもオススメしたいですね。特に若い人やっておいたほうがいいと思います。単なるゲームに過ぎないと思うか、現実にも還元できる何かがあると捉えるか。私はその中間に立っています。
    今とても自然に触れたい気持ちです。まっすぐに生きたいものです。信じたいものです。
    そんな気持ちにさせてくれました。作者さんありがとう。他のゲームもやってみたいですね。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 2
    • 5

    素晴らしい。多くの人に、読んでこの感動を体験してほしいと思える作品。

    夏の山が息づいている。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 2
    • 3

    前作よりもほぼ全ての面で作品としての完成度が上がってる
    唯一の欠点はシステム面だけは前作のほうが使いやすかった
    プラットフォームの違いも理由の一つかもしれない

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5

    他の方の レビュー 感想 聞けてよかった。こっちでも あっちでも^^

    こっちでは ちゃんとチェックしていきましょう。もちろん私の主観としてですが。

    シナリオ・ストーリー

    これはもう 満点だ。一部これはどうなんだろう?と首かしげるとこもあったけど そおいうものかとも思った。
    長い作品なのにそれを感じさせないものがあった。 分厚い本だって熱中してれば一気に読んでしまうのと同じ。

    グラフィック
    サウンド

    絵はオリジナルでしょ。これも作風にあっていたと思う。
    サウンドはどこから持ってきたのでしょう これも良い。
    PV見るとセンスの良さがわかる。

    システム

    別に何の不都合も感じなかった。

    オリジナリティ

    いままで このような作風の ビジュアルノベル見たこと無いので・・・
    オリジナリティあるってことですよね。

    スタジオ名の おまーじゅ  なんのオマージュなんでしょう^^

    あと 声が無いのが良かった。CVなんてあったひには もろイメージ壊れますから。文章読みの人なら 自然と最適な声イメージがマウントされます^^

    総評(おもしろさ)

    私が読んだ中では トップグループに入ります。 

    これで私の主観としてのチェック終わらせていただきます。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 3
    • 3

    長編和風ファンタジーノベル
    前作に比べるとエンタメ要素が多く含まれ
    泣いて、熱くなって、切なくなって
    長編ノベルが苦で無い人にオススメです

  • user-pic
    • 3
    • 2
    • 2
    • 2
    • 3
    • 3

    和風青春ファンタジーが好きで、長編好きな方は是非。
    代わらず丁寧な作りですが気軽に読める量じゃないので注意です。

    前作のほうが情報量も過度にならずまとまっていて良かった…かな。
    良作です。良作=好きな作品でないけれど。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 3
    • 3

    前作「みすずの国」の続編ですが時系列は前作の一年前の夏頃
    ヒマワリ姫がまだ鞍馬にいる頃の話
    公式HPでは今作のジャンルは「ビルドゥングスロマン(教養小説)。」との事
    しかしながら中身はアドベンチャー・ジュブナイル・ボーイミーツガール・サイキックバトルとバラエティ豊か
    前作から続く完成度の高い世界観にエンタメ要素をふんだん盛り込んだ物語は見てて飽きが来ません。

    前作では天狗というよりも天狗の国でがんばるみすずがメインの物語だったのに対し
    今作は主人公の一人であるキリンが国を追い出された元天狗なので
    前作よりも凄く天狗についてフォーカスされてます
    前作ではあまり詳細を語られなかった狗賓(天狗の国での生産階級、天狗が武士や貴族なら狗賓や農民や平民といった感じ)
    今作では主人公達に密接に関わってきます
    特に杏という少女はもう一人の主人公である圭介にとってのヒロインのような存在で・・・詳しくはプレイをしてみてください、胸が締め付けられます

    前作ではみすずは留学生のような立ち位置であったので
    前作は天狗の学園生活物みたいな感じで天狗や狗賓達がどのように生活してるかというのは一部しかわからなかったのですが
    今作ではある事情からキリンと圭介の二人は狗賓の郷に滞在し狗賓と共に生活する事になるので
    どっぷりと天狗の国の文化や生活に触れる事になります
    またそれがリアリティあって本当にそういう場所があるかのような錯覚を起こします

    色々と語りましたが今作のキモは主人公である二人の少年の純粋で美しい友情だと思います
    勿論キリンにはヒマワリ、圭介には杏といったヒロインがいてそれぞれ胸が締め付けられるような恋愛模様を見せてくれるのですが
    それ以上に二人の少年の友情が素晴らしくて
    その描写は名作漫画のダイの大冒険のダイとポップにすら勝るとも劣らないと断言できます
    恥ずかしながらキリンと圭介の絡みで自分は良い年こいてしょっちゅうぽろぽろ涙を流してしまいました

    ボリューム的に前作の6倍以上で
    アニメ1クールをぶっ通しで見るくらいの長さはありますが
    プレイし終えた後に自分が夏の間本当に鞍馬の国に一カ月滞在してたかのような気分を味わえます

キリンの国のレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

キリンの国
と同じタグのフリーゲーム

サイト内検索