みすずの国のイメージ

みすずの国

法律上、私は天狗になってしまった。

user-pic
総合得点
64.2
comment 7 (平均:3.8点)
view loading

ある日突然、人間ではなくなってしまった美鈴。法律上、彼女は"天狗"となってしまった。
美鈴に残された道は二つ。
一生を国の監視下ですごし、自由をうばわれるか。
あるいは天狗の国へむかうか......。

北国の少女・美鈴がたちむかう、挑戦と挫折、別れと出会いの物語。

京都丹波の山奥に、天狗の国とよばれる特別自治領区がある。そこでは天狗とよばれる民族が、独自の文化をもって暮らしている――そんな世界観の面白さを、物語の主人公である美鈴と一緒に味わっていただければと思います。

世界観を気に入っていただければ、同じ世界観での長編ゲーム「キリンの国」も「ふりーむ」の以下のページからダウンロードしていただけます。
http://www.freem.ne.jp/win/game/7484

ゲームポイント

プレイ時間:約一時間半
ゲームシステム:選択肢なしの一本道ノベル

[みすずの国]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャーゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 95 98 Me 2000 XP Vista 7 8
制作者
STUDIO・おま~じゅ
本体サイズ
140MB
Version
1.10
最終更新日
2014年3月13日

みすずの国の他にオススメの無料ゲーム

みすずの国のレビュー一覧 (コメント数7)

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5

    各所で好評価を受けている「キリンの国」のイントロデュース的作品ですね。あちらをプレイする前にこちらをプレイした方がいいでしょう。
    シナリオ
    超能力を扱う事が出来る天狗達の国とそんな天狗たちの国を特別区として国内に擁する日本という世界観。設定だけ見ると突拍子もなく、ファンタジーに慣れない人には入り込めないんじゃないか、という事はなくすんなり入っていける雰囲気作りは流石。登場人物もよく動くし、もう少し知りたい!という気持ちに駆られるが、そこまで入り込める前に終わってしまうのは残念。

    グラフィック
    ジブリ風というのかな?味があり表情豊か。

    サウンド
    作品とマッチしているBGMがしっかり選ばれていたと思う。

    オリジナリティ
    一人の少女を通して除くことが出来る天狗の国という世界観は間違いなく作者様のオリジナルです。

    ノベルゲームをやっていて一番幸せなのはこういう作品と出会える事だと思います。ぜひいろんな方にプレイして欲しいですね。ゲーム単体としては星4をつける所なんですが、キリンの国を経てもう一度プレイすると新たな発見があって面白いので思い切って5をつけてみました。

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 3
    • 4
    • 3
    • 4

    伝奇モノなどとは違った、あるようでなかった(?)純粋な和風ファンタジー。
    ハリーポッターにはときめかないけど、この作品にはときめく(笑)
    実際に天狗の国に行ったような気になれる、世界観の作り込みと優しい雰囲気。

    主人公の成長物語としても、雰囲気に浸る作品としても、楽しむことができる。

    欠点を挙げるなら、主人公の同期(同じ人間から天狗になった子たち)5人のうち2人は空気扱いだったことかな。
    続編に今作がどこまで絡んでくるのかわからないが、続編の「キリンの国」も楽しみ。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 3
    • 3

    とても面白かったしかんがえさせられた
    欲を言うと演出面が少し物足りない

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 3
    • 3

    世界設定がしっかり作り込まれていてその完成度は高い
    また主人公を含めキャラクターが生き生きとして魅力的

  • user-pic
    • 3
    • 3
    • 2
    • 2
    • 3
    • 3

    ・真新しさは感じないけれど丁寧につくられたシナリオ
    ・特殊な立場に置かれた主人公の葛藤・成長を描いた青春もの
    ・現代版和風ファンタジー

    設定上、派手な展開に出来るし、したくなりがちなところを
    素朴で地道な物語にまとめてあるのが好印象でした。
    経験したことのあるような迷いや衝突で感情移入もしやすい。
    残酷な設定や展開は逆に興醒めしてしまうので、こういうお話は嬉しい。

    ヴィジュアルノベルはテキスト量が増えるにつれ、
    読者を最後まで読み進めさせるシナリオの技術や
    好みの文体がどうかというのも地味に関係してくると思うので
    このくらいの長さがさくっと楽しめてちょうどいいです。

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 3
    • 3

    超能力を使える天狗という人種が日本にいるという世界観の物語。
    各地に自治領区があったり、超能力の潜在力が規定値を超えると
    元々人間でも法律上天狗になってしまったりと
    設定だけ聞くとどことなくハリーポッターの世界観を和風で彩ったような印象を受けますが
    ハリーの世界よりも超能力者はガチガチの縛られていて割とキツイ差別や偏見の目があります(今作ではそこまでエグく描写されてませんが
    また人間から天狗になった者達は、純粋な天狗からも「人間上がり」と言われて差別されています(勿論優しく良識のある天狗もいますが
    主人公のみすずはハリーポッターのように選ばれた血筋の持ち主でもないし秘められた凄い力の持ち主でもありません
    人間としても天狗としても中途半端なマイノリティになってしまった運の悪い女の子
    しかしながらあまりウジウジとせずにわりとポジティブな性格をしてるので見ててうんざりはしません
    また次回作のキリンの国でも重要な立ち位置にいるヒマワリや他の人間上がりの仲間達に若葉かわしのエリート達と
    サブキャラクターも個性的且つ親しみが持てます
    読んでるうちに厳しい環境の中で頑張るみすずを応援したくなる作品です。

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 5
    • 4
    • 3
    • 2

    全体的に良作だけど、ちょっと短いかな。
    ただ、続編的作品「キリンの国」というフリゲもあるそうなので、それもプレイしてみようかなという気になった。

みすずの国のレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索