残懐のイメージ

残懐

殺人犯から動機を聞き出す鬱ファンタジー

user-pic
総合得点
60.4
comment 7 (平均:3.6点)
view loading

■ゲーム紹介文

 深夜、人通りの多い場所で
 四人もの人間が殺される殺人事件が発生する。

 犯人の少女は抵抗せず、その場で逮捕。

 刑事の向井志郎は、
 少女から動機を聞き出そうとするが―――。
 
※注意点
 この作品は、ミステリーではなくファンタジーです。
 鬱っぽいストーリーで、ハッピーエンドはありません。

ゲームポイント

■制作
  8Piece

■制作ツール
  吉里吉里/KAG

■ジャンル
  殺人犯から動機を聞き出す鬱ファンタジー

■本体サイズ
  152MB

■プレイ時間
  AUTOで2時間ちょっと。

■エンディング数
  三種類

プレイヤーの皆様へのメッセージ

※実況等について
実況について、質問のメールをいただきましたので、
書いておきます。
実況、二次創作等、歓迎です。
その際、8Pieceに許可を取る必要はありません。
ご自由にどうぞ。

[残懐]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャーゲーム
年齢制限
R-15指定
対応OS
Windows Me 2000 XP
制作者
8Piece
本体サイズ
141MB
Version
1.00
最終更新日
2014年12月26日

残懐の他にオススメの無料ゲーム

残懐のレビュー一覧 (コメント数7)

  • user-pic
    • 3
    • 2
    • 3
    • 3
    • 3
    • 2

    殺人モノや刑事モノとあって、前半までは割と楽しめるが、現代的リアルな事件内容のノベルゲームかと思ったが、中盤から急に能力者バトル的な表現がでてきたり、SF物だの超能力者の設定が入りストーリーに独創性を齎そうとした結果か、不必要設定が多くて拍子抜けした。
    超能力設定は要らずもっと別の設定でも旨く物語を構成できたように思う。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 3
    • 2
    • 3
    • 5

    今回は、ゲーム実況のほうをさせていただきました。
    初のフリーゲームプレイでしたが、いろんな展開がありとてもおもしろかったです!
    どのENDもかんがえさせられるものでたいへんすばらしかったです!

  • user-pic
    • 2
    • 3
    • 3
    • 3
    • 2
    • 3

    プレイ時間は2時間強。
    好きな部分と苦手な部分が混同していて評価に困る。

    システムが2点なのは、「文末まで表示」にチェックを入れるとメインウインドウの文章が文末で止まらないから(ふきだしウインドウになるまで止まらない)

    以下軽いネタバレあり。

    「悪い奴なら殺していいのか」という普遍的な問いは興味深いが、異能バトル物には興味が無いので後半はあまり楽しめなかった。

    ミステリーと見せかけたファンタジーが流行るのは、やはりひぐらし・うみねこがあったからなのかなぁ…

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 3
    • 4
    • 3
    • 4

    『タイトルに ピンときたなら まず当たり』(五・七・五風に)

    個人的にはファンタジーというよりSFに近いものに感じました。
    ファンタジーと言ってもラノベの現代ファンタジーの様な異次元物とは違い、世界観が崩壊しない程度のファンタジーだったので一安心。
    ミステリとしては穴が多いですが本格推理ノベルという訳ではないのでそこはご愛嬌という事で。

    主人公と少女にどちらに、そしてどれだけ感情移入できるかで面白さが違ってくると思います。
    全EDコンプした後にプロローグをやり直した時の切なさといったら…(泣)

    爽やかな読後感はありませんが、淡々と暗く静かに進んでいく物語が好きな方に向いてるのではないかと。

  • user-pic
    • 4
    • 4
    • 4
    • 3
    • 3
    • 4

    犯人に供述を取る事から始まるおもしろい構成のシナリオ。
    わずかなヒントから徐々に事情が明らかになってくる。
    犯人を含めた特殊性については好みがあるかもしれないが
    ちゃんと本筋に絡んでくるので個人的には問題なかった。

    ただ、視聴者目線で事態が飲み込みやすい分
    警察の無能ぶりに目を覆いたくなるのが辛いところ。
    だいぶ前の段階で予測がついてその通りだったので
    飲み込みがワンテンポ遅い主人公に若干イライラ。
    過去に写真(厳密には違うが)まで見たのに可能性を
    追いもしなかった警察にはもっとイライラした。
    被害者が加害者はこの人ですって言ってるのにねえ・・・
    実際の警察だったら信憑性が薄くても調べるんだろうけど。
    ミステリーではないと言い切ってるのはここら辺にあるのかも。

    ファンタジーとして見るなら普通・・・かな?
    ありがちと言えばありがちだけどやはり導入が斬新。
    アプローチを評価したい。

    グラフィックはフリーなら十分。
    厚みのある絵が描けるようになるともっと良くなると思う。

    サウンド・システムについては特に問題なかった。

    サウンドノベルが好きならジャンルは気にせずやってみる価値あり
    ただ作者の言うとおり救いは無いので苦手な人はご注意を。

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4

    ミステリーの皮をかぶったバトル物
    鬱要素のあるシナリオに、唐突に入るギャグがアクセントになり、
    読み進めやすかった

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4

    深く考えさせられる、とてもやりごたえのある鬱ゲーでした。

残懐のレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索