蜉蝣 - 第一章 牡丹 -のイメージ

蜉蝣 - 第一章 牡丹 -

明治浪漫ノベルゲーム「蜉蝣」

user-pic
総合得点 投票受付中
comment 0
view loading

【前書き】

―――時は明治三十余年―――

二百五十年余り続いた江戸の世が終わってから更に三十余年。

太刀を持ち、斬った張ったも今は昔。
欧米列強に追いつけ追い越せと日本全体が躍起になっていた時代。明治。

「版籍奉還」「廃藩置県」「四民平等」「富国強兵」「殖産興業」...

維新から連なる怒涛の改革。
そして尊皇思想と大日本帝国憲法に基づき、近代化を推進する明治政府に人民は広く取りまとめられていた。

しかし反面、この動乱とも言える時代の中で...
傷つき、失われ、消え去っていくものも数多く生み出されていた。

「―――この世は薄氷の上に立っている」

まげも刀も捨て、ロウソクは電球へとその場所を譲り、文明の灯火は広く日本国中の夜闇を振り払っている...

――――はずだった。

禁足地。
忘れ去られた村。
神の棲む山。

これは、変わりゆく時代の中に落ちた一つの出逢いの物語。


【序章概要】

日清戦争での従軍経験を持つ主人公「吉野征治」(よしのせいじ)はある日、自身の師「七条巌」(ななじょういわお)から帝國ホテルに誘われる。

そこで待っていたのは、さる地方官吏を名乗る男「織部玖郎」(おりべくろう)であった。
東京より遠く離れた郡で、長を勤める織部玖郎から吉野征治は依頼を持ちかけられる。

「―――郡にある長らく禁足地とされてきた山。その山中に秘され続けてきた村がある」

「村を知るものは少ない。そして他の者は、あの山には鬼や山姥(やまんば)が出るなどと怖れて行きたがらない」

「この村に赴き、可及的速やかにかつ穏便に明治政府の一員となり制度を受け入れるよう説き伏せて欲しい」

苦渋をにじませる織部郡長は、自身を代行する橋渡し、交渉役を吉野征治に求めた。

一度は難色を示した吉野征治であったが、師の言葉を受け、依頼を引き受ける。
そうして吉野征治は依頼の地、村がある「簸野郡」(ひのぐん)へと向かう汽車に乗ることになった―――

******

【明治浪漫ノベルゲーム「蜉蝣」(かげろう)】

伝奇、ミステリー、歴史・時代要素を多く含んだ
因習に囚われる村と、それに関わる人々を描いた物語です。


******

YouTubeで蜉蝣 - 第一章 牡丹 -を見る

ニコニコ動画で蜉蝣 - 第一章 牡丹 -を見る

ゲームポイント

全5章の本作のうち、第1章をまるごとプレイすることが可能です。

平均プレイ時間:1時間半
主題歌     :あり

[蜉蝣 - 第一章 牡丹 -]をダウンロード

配布形式
同人体験版
カテゴリ
アドベンチャーゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7
制作者
鴨mile
本体サイズ
205.0MB
Version
1.60
最終更新日
2014年9月 9日

蜉蝣 - 第一章 牡丹 -の他にオススメの無料ゲーム

蜉蝣 - 第一章 牡丹 -のレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索