たかし

user-pic

コメント数は2回です

  • follow icon0フォロー
  • follower icon0フォロワー
  • ホヤウカムイ3.8へのコメント(2016年6月17日 23:55)

    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5
    • 4

    テスト版からこっそりゆっくりプレイ中です
    多少のネタバレ有なので注意

    ・ストーリー
    空から落っこちてきた主人公がおうちに帰るおはなし
    本編中ではあまり語られませんが、資料や会話の内に作りこまれた世界観の断片が垣間見えます
    広いフィールドをお散歩がてら、世界の全容を解き明かしていくのが楽しいです
    逆に本編を重視する方には物足りないかもしれません
    前作プレイ済みの方ならニヤリとできる場面も多いでしょう

    ・グラフィック
    味方、敵キャラ(ザコ含む)すべて手書きで力の入りようが伺えます
    サムネはドン○ーコングみたいなパーティですが普通の(?)女の子もいます
    歩行グラもキャラごとに用意されており、色々なキャラを先頭にして動きを見てみるのも楽しいです
    味方になるキャラは100体ほどいるので、きっとお気に入りのキャラを見つけられるはず

    ・サウンド
    音楽はあまり詳しくないのですが特に違和感を感じる場所は今のところ特にありません(まだ中盤ほどですが)
    ス○ウグ7のBGMがジャズっぽくオシャレな感じで相変わらず好きです

    ・システム
    前作に続き良好な戦闘バランス
    手強いボスが多く、相手のパターンを把握し、耐性を固め、PTメンバーを考えて挑むのが重要です

    仲間のランダム召喚制も引き続いており、誰が出てくるかわからなくなっています
    ほかにも移動速度調整機能や高速戦闘、ボス戦のヒントなど細かい点までプレイヤーに配慮されていて遊びやすいです

    紹介にもある通りマップの構成が少々特殊で、サブダンジョンの多くは密接に繋がっており、適当に進むと迷子になること請け合いです
    オートマッピング機能が無いので、苦手な人には合わないかもしれません
    一度訪れたエリアはワープ地点に登録できるので、のんびりと探索するのがおすすめです

    ・オリジナリティ
    RPGにしては珍しく自由度が高いです
    本編は一本道ですが、前述したサブダンジョンの数が膨大でいきなり高レベル地帯に乗り込むことも可能です
    堅実に進めていくか、茨の道を選ぶかはプレイヤー次第
    私は後者を選んだためか40時間ほどプレイして未だに中盤あたりをヒーヒー言いながらさまよっています

    ・総評
    スルメゲー
    強いボスを倒したかと思えばもっと強いボスがいて、豊富な手駒を基にどうやって倒そうかと考える時間がとても楽しく、段々と深みにはまっていきます
    プレイの中で作者のゲームへのこだわりや思い(時には意地悪さ)を節々に感じられるのも良い点だと感じます
    万人受けはしないゲームかもしれませんが、私はこのゲームが大好きです
    これからも長く遊ばさせていただきます

  • 木精リトの魔王討伐記+へのコメント(2016年1月18日 04:09)

    • 5
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 4

    友人にすすめられプレイしました。フリーゲームで遊ぶのは初めてだったので正直に言うとはじめはあまり期待していなかったのですが、進めていくうちにシナリオにどんどんと引き込まれていき、気づけば寝る間も惜しむほどハマりこんでいました。
    逆境にめげず仲間とともに立ち向かう勇者…いいですね!!イヤな事があれば即逃げスタイルの自分とは大違いで、キャラクターの前向きに頑張る姿勢から大事なことをこのゲームに思い出させてもらいました。
    SRPGはあまりプレイしたことがなかったのですが、某ロボット大戦のように味方がわちゃわちゃといないのでひとつの行動に気を使うことになりモブ戦でも作業にならず楽しめました。
    その分普通のRPGより一回の戦闘に時間がかかるので、もう少しさくさくレベルアップできればいいなと思ったのが時間を取りにくい社畜として感じた点でした(難易度に影響してしまうので、難しいのでしょうが…)。
    合成については素材がある程度揃ってから作成しようと思っていたのですが、完全に失念したままラスボスまで行ってしまいました。完全に個人の問題なのですが、説明だけでなく一度触って覚えるようなチュートリアルがあるとより印象に残ったと思います(忘れてた分際ですみません)。
    非常に楽しめるゲームでした。まだまだやり残しがあるのでこれからも長く遊ばせていただきます。