エルド

user-pic

コメント数は1回です

  • follow icon0フォロー
  • follower icon0フォロワー
  • ホヤウカムイ3.9へのコメント(2016年6月17日 22:22)

    • 5
    • 3
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5

    作者様のメッセージにもある通り、前作ラプシヌプルクルの続編にあたる今作ですが、単なる物語の延長ではなく、様々な面で大きく改良が加えられた、まさに正当進化と呼んで差し支えない作品でした。

    一つはユーザビリティがあります。
    探索面では、前作で一部指摘があったマップの広さや暗さの問題は完全に克服されており、長すぎず短すぎずストレスフリーな探索が可能になっていました。加えてマップの随所に設置された宝箱については、拠点で設置数に対する取得数が確認できるようになっており、取り残しを心配せずサクサクと次に進むことが出来ます。
    戦闘面では、前作を上回る多彩で個性的な仲間キャラを最初から続々と召喚出来るため、雑魚は勿論殆どのボス敵も撃破が比較的容易になっています(作中の特殊エネミーであるM.L.Cは除く)。基本的にはどのキャラも強力なため、誰を召喚しても序盤から詰まるといったことは起こりにくいですが、各々の個性が強い分戦略の幅も極めて広く、rpg初心者・経験者どちらでも満足の出来る仕組みになっているという感じです。

    もう一つにボリュームがあります。
    作者様の紹介文にもあるように、正規ルートである本編とは別にサブダンジョンなるものが用意されていますが、その全てに固有の雑魚敵やボスが用意されており、中には隠しボスという超強敵が配置されている場合があります。字面にすると大したことはないと感じるかもですが、プレイしてみると極めて膨大な量というのが体感できます。私自身ストーリーよりもやり込み要素を重視する人間で、いわゆる大抵の「やり込みゲー」は物足りなく感じてしまうことが9割以上なのですが、今作に限ってはむしろ逆に、こちらの根気の方が負けてしまうことがありました。勿論攻略は必須ではありませんが、やりたいと求めればその倍の熱量で跳ね返ってくるため、ボリュームに関しては本当に一切心配する必要はないと厚かましくも断言させて頂きます。必ず杞憂に終わります。

    他にも言い足りないことは沢山ありますが、あまり多く語りすぎても仕方がないのでこの辺で。
    最後に私個人の所感を簡潔に述べさせてもらうと、久しぶりに徹底的に没頭できる、何もかも忘れて夢中になれるゲームをプレイさせて頂きました。作者の近所の鳥さまには月並みですが感謝申し上げます。