ユートピア・オブ・ドラゴン 第一部 乱世の序幕(二部は体験版のみ)のイメージ

ユートピア・オブ・ドラゴン 第一部 乱世の序幕(二部は体験版のみ)

第一部のみ

user-pic
  • レビュー評価をする
  • 攻略・質問をする
  • loading クリックで応援しよう!
    1日に11回までクリック可能
総合得点
73.9
comment 25 (平均:3.9点)
view loading

誠に申し訳ございません
もうこれ以上フリーゲーム製作し続けられる状態ではないため
約束した製作は中止するとなりまして(つまりエタる)
今までこのゲームのせいで多くの時間を使ってしまった全てプレイヤーの方に対し
本当にすいませんでした

ゲームポイント

皆様の信頼を裏切ってしまって
誠に申し訳ございませんでした

[ユートピア・オブ・ドラゴン 第一部 乱世の序幕(二部は体験版のみ)]をダウンロード

頒布形態
フリーウェア
カテゴリ
シミュレーションゲーム
年齢制限
R-15指定
対応OS
Windows Vista NT 7 8 10
DL回数
制作者
ごく普通にゲームが好きの台湾おじさん
本体サイズ
560MB
Version
1.33.1
最終更新日
2019年5月11日
お気に入り
9

ユートピア・オブ・ドラゴン 第一部 乱世の序幕(二部は体験版のみ)のコメント一覧 (コメント数89)

  • user-pic

    制作中止から公開停止ときて、遅かれ早かれこのサイトが完全に閉鎖されそうなので言っておきたいこと。

    制作者様はこれまで文章量の件でお悩みのようでしたが、問題は長いことではなく出撃前の情報収集に説明を置きすぎたことです。
    このゲーム、幕間が一方的で無機質な説明ではなく語り部と子供たちの対話という体裁をとっていますね。
    ということは、子供たちはある意味でプレイヤーの分身ですから、
    前章の終了時点でプレイヤーが物語にどういった疑問を抱くか予測して、それを選択肢の形で子供たちにしゃべらせればよかったのです。

    王国軍の動向は?
    竜たちの動向は?
    皇国貴族の生き残りの動向は?
    エルフとは?
    なぜ皇家の養育係にエルフがいるのか?
    …etc

    というように。

  • user-pic

    提案してくれて、ありがとうございます
    そして申し訳ございません

    頼むから似たような提案はもう勘弁してください...

  • user-pic

    未完成で結構なので作りかけの2部を可能な限り遊ばせて下さい
    製作放棄するなら膨大に設定されてるであろう世界観の全貌と3部以降の展開.物語の結末含めたネタバレを全て公開して気分をスッキリさせて下さい
    続きを長く楽しみにしてたのに心底ショックですよ

  • user-pic

    続きを楽しみにしてた皆様の気持ちを裏切ってしまって
    本当に申し訳ございませんでした

    ですが以後の展開、物語と多く国と重要キャラ全員の結末はどうなること
    それを書かるだけでも絶対十万字以上の文章になってしまうから
    (ナジャ:「なぜなら詳細を教えず、ただ結末を教えても、
    絶対『なんでA→Zになるのだ』の質問が出て来て、いつまでも切りがないから」)
    まずはいつか約束したVer1.34とVer1.35を完成してアップロードするから
    どうすればいいのかを考えます

    とりあえず下のレビューで
    このゲーム最大のネタバレ
    「第三部ラスボス」の正体を教えます

    知りたくない方は
    絶対クリックしないでください

  • user-pic

    第三部ラスボスの正体、そして関連の話:
    (以下重大ネタバレ)

    誰も知らない、世間に知らされる訳にはいかない
    ユートピア王国の全貌と建国前全て「歴代皇竜と聖竜達による」真の歴史の話と、
    ヴェルカノンの計画と彼等がユートピアを再建する真の目標、
    これ等「ユートピアの怨念」が聖竜エギドナによる「記憶移る儀式」で
    次の指導者アザゼルと聖竜エギドナに継承される前、
    先に「ワザと監禁され、呪殺の印まで掛けられた」ナジャの計画通り、
    エギドナの「心読みとテレパシー能力」が逆にナジャに利用され
    誰にも会話内容を確認することができない心の会話によって
    ナジャの本心と夫のデオドールの話を知ってしまったエギドナが
    彼女に説得された。

    そしてそのままエリュシオンが襲撃を受け
    エギドナが「内通者」と「協力者達」の手によって救出された頃
    奪還が無理だと判断し、口封じるために
    「ユートピアの怨念」を継ぐしたエギドナを殺さなくてはならない理由で
    老衰にも構わず、無理矢理に「エリュシオン襲撃戦」に参加したせいで
    ナジャ達との戦いで重傷を食らって瀕死状態となったヴェルカノンは
    全てをアザゼルに託し、「感情無き奴隷」(ゴーレム化)となった。

    そして「異端暗殺団」の手によって竜神教の地下聖堂に運ばれた
    「初代竜神皇の遺体」は第三部後半でそんなヴェルカノンの肉体と融合し
    そのまま「使徒化の皇竜」という「兵器」になってしまった

    ラスボスは最後でその兵器を支配下にした
    「新生ユートピア王国」の新たな女王-「黒竜・サマエル」

  • user-pic

    エギドナ→×
    エキドナ→〇
    間違った

  • user-pic

    大丈夫?

  • user-pic

    すいません
    ゲームに関する質問ですか?

  • user-pic

    製作が終了してしまうのは大変残念ですが、作者様にも生活がありますし致し方ないかもです。
    無給の制作物はとかく完結することが難しいものだと察せられるだけに、自分もある程度未完を覚悟していたところがあります。
    ですので、私個人としては新たな門出を応援しています。
    これまで、大変楽しませていただきましてありがとうございました。
    最後にお願いですが、プロットやあらすじだけでも最後まで公開していただけると結末が知れてスッキリとするので、どこかでそういった場を用意していただけるとありがたいです。

  • user-pic

    応援してくれてありがとう
    そしてこのような物語の結末を期待してくれて恐縮です

    実はゲームは全てを完成する余裕はないけど
    最低でも約束した通り、Ver1.34(今まで未完成の情報収集会話の実装)と
    Ver1.35(11章までプレイ可能)まで完成する予定です

    いつ完成してアップロードするのはまだはっきり言えませんけど
    その後で全ての話は公開するかどうかを考えます

  • user-pic

    このような皆様の信頼を裏切った作者を応援してくれて
    本当にありがとうございまして、そしてすみませんでした

    その後の物語について
    実はゲーム自体は完成出来なくても、既に約束した通り
    Ver1.34(未実装の情報収集会話の追加)とVer1.35(11章までプレイ可能)まで完成するつもりです

    いつに完成するのはまだはっきり言えませんけど
    これ等のバージョンが公開してから、その後全ての結末の公開について検討します
    だから今の時点はネタバレすることはまだ出来ません
    申し訳ございませんでした

  • user-pic

    こちらの一方的なお願いにお答えいただきありがとうございました。
    負担にならない範囲でご検討してくださると有難いです。
    繰り返しになりますが、製作者様もプレイヤーもお互いに楽しめる環境であることが一番だと思いますので、製作者様が制作を放棄するのもまた一つの選択でしょう。
    残りの更新のんびりと待っていますので、どうぞごゆるりとしてください。

  • user-pic

    貴方のゲームを第一部だけとはいえ遊ばせてもらい、大変感謝しています。
    完成しなかったとはいえ、ここまででも、かなり大変だったはずです。
    フリーで作っているので、ご自身で無理と思われたら途中で辞める権利もあると思います。
    少々、お疲れのようにも見えるので、一度休むなり、気分転換してリフレッシュされて
    また新しい事をやっていただければと思います

    後、外野の声を取り入れる事は素晴らしいと思いますが、同時に気にしすぎると、精神が擦り減ってしまうので、ほどほどが良いかと

  • user-pic

    今までこのゲームを期待してくれて
    本当にありがとうございまして
    そしてその期待を応じることが出来なくって
    申し訳ございませんでした

  • user-pic

    DL数5000オーバーの人気作品なんだし、作者はもっと堂々としてれば良かったんじゃないですか?

  • user-pic

    5000人ほどのプレイヤーの期待を裏切ったからこそです

  • user-pic

    かなしい

  • user-pic

    すいません
    皆様がこのゲームを期待するお気持ちを裏切って
    本当に申し訳ございませんでした。

  • user-pic

    制作中止して別の有料ゲーに移行すると聞いて呆れた
    作者の病気や私生活に深刻な問題が発生したと思っていたけど本作を作ることに投げたんだな
    遅筆で有名なベルセルクも同じパターンだけど別作品に走っても元ファンは離れるよ
    散々指摘されても態度を改めなかった作者には失望の感情しか残らないのが応援してた人達の本音だ

  • user-pic

    本音を教えてくれて
    ありがとうございました、とても助かりました

    自分でもよく分かります、人として作者として
    自分はあまりにも酷過ぎること。

    今まで本当にすいませんでした。

  • user-pic

    本当に申し訳ございませんでした
    これほど貴重な意見をしてくれて
    それなのに一時の感情でツイッターに逃げ込んだ自分は
    あまりにも酷すぎです
    すいません、本当にすいませんでした

  • user-pic

    偉そうに文句言える立場ですか?ヤの付く人さん。

  • user-pic

    長く待ってますが続きの物語が観たいです
    完成に時間が必要なら作者さんが公言していたように1.2章の少量でも配信して欲しいです

  • user-pic

    作者です
    返事が遅れて、製作がここまで遅くなって
    誠に申し訳ございませんでした。
    そしてこのような物語を期待してくれて恐縮です。

    元々章を段々開放するつもりです、
    Ver1.34で今まで未完成の情報収集会話とあらすじ機能を完成した後、
    Ver1.35からその後一部の章と外伝章を公開する予定です。
    (ただ章自体はその章まで全て関連する物を完成してから公開するつもりです)

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 4
    • 3
    • 4
    • 4

    最初に簡潔に。プレイ時間十時間以上はかかるシナリオと戦闘が重厚で骨太なゲームですのでフリーゲームならではのお手軽さを求めている方には合わないかもしれません。しかし、それが好きで好きでたまらないという方には、SRPGのこんなゲームを待っていました!!と喝采を上げるゲームです。ただ、現在製作途中という事で、章としては完結してますが、物語全体としては完結していないので、今後やきもきしながら待つのが嫌な方は完結してからプレイした方がいいかもしれません。

    SRPGのゲームでゲームの合間にストーリが在る訳ではなく、ストーリの間にゲームがあると云えるほど主人公だけでなく、各国の主要な人物たちの描写がされており、好きな人にはたまらない展開だと思います。
    ゲームの難易度もキャラクターの蘇生ができるを踏まえれば、楽しめる調整だと思います。しかも、キャラクターの蘇生をストーリーに取り入れたのは、上手いと思いました。ただ、射程が長い敵が多く、前線向きではないキャラクターが使いにくい展開が多いかなとは思います。
    もう一つ気になるのは、外国の方が作成されて、苦労されて日本語に翻訳してくださったことは大変ありがたいことです。そのおかげでこうして面白いゲームに出会えました。ですが、やはり日本語が不自然で、読んでいて意味は読み取れますが、世界観への没入感を損なっていると思います。ただ、繰り返しますが、日本語としては読めますので、誰か日本人に協力してもらえれば不自然ではなくなる程度のものです。
    好き勝手書かせてもらいましたが、その欠点を補って余るほどの面白さがあります。それは冒頭のとおりです。戦記物のシナリオでヒロイックで単純なシナリオはそれはそれで面白いですが、主人公陣営以外にスポットライトが当てられ、それぞれの策謀、それぞれの信念が描写される戦記ゲームはあまり出逢えるものではありません。その数少ないゲームの一つとなりました。

  • user-pic

    がんばってください!のんびり待ちます

  • user-pic

    1部を遊んだ当初から2部の物語を楽しみにしてましたが作者さんが素材作りに夢中なことを知ってショックでした

  • user-pic

    作者です
    このようなゲームでも楽しみにしてくれて、恐縮です
    そして誠に申し訳ございませんでした
    今までツイッターでの発言を自重します
    ゲーム作りに頑張ります

  • user-pic

    大変恐縮ですが、レリーズ様制作のゲーム『シルバーティアラの行方』と同様にストーリーモードを用意するのはどうでしょう?
    本作と同様現時点ではシナリオが未完で、相当の長編となることが予想される作品です。ただ本作の場合、第一部終了時の記録を第二部以降に持ち越す仕様であることからデータを

    ・本編:夢現にて公開するゲーム。会話は語り部による幕間と主人公が率いる部隊の視点に限定して収録。
    ・ストーリーモード:制作者様のTwitterにて公開。全ての会話を収録。ゲーム部分は物語が破綻しない範囲で敵兵の省略あるいは弱体化(倒せないことが前提のボスはそのままの強さにしておく等)。

    の二つを用意して容量の分散を図るのが望ましいかと。

    会話のテキストが膨大であることに悩んでおられることを知って提案した次第です。

  • user-pic

    ご提案してくれて、誠にありがとうございます
    たださすがに今の時点で二つのモードを作り
    全ての会話に大規模の改造を始めると
    間違いなくもっと多くの時間を掛かる上に
    会話に多くのバグを作り出してしまうため
    やはり現時点では出来なかった

    今のところはとりあえず他の方の意見通り
    まずは一部会話が多すぎる章を完成して
    皆様の意見を確認してから削除作業を続けるつもりです

    もう一度、ありがとうございました

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4

    ツイッターで制作進歩率を調べても芳しくないのが非常に残念です。商売とは無関係なのだから本編テキスト量が異常に多くても全く構わないのに修正に苦戦して時間を掛けるのは辞めて欲しいです。作品の出来に拘りすぎると完成しないのが同人作品の欠点なので無理に手を広げ過ぎて制作ペースが落ちるのは控えて欲しいです

  • user-pic

    ワロs・・・ワロタ閣下・・・

  • user-pic

    9章外伝をクリアしました。
    砦内部、特に閣下周辺が拠点だらけで、敵の能力が上昇することよりも通行が制限されることが「規定ターン以内に非戦闘員全員と主人公が砦を通過して離脱する」というクリア条件と相まってストレスがたまりました。
    そこで、拠点の一部を通常のマスに変更して、上昇補正は閣下に3マス型支援スキル(例えば護衛Ⅱ)を持たせて代替すればよいと思うのですがいかがでしょうか。

  • user-pic

    プレイしてくれて
    そしてご意見は本当にありがとうございました
    たしかにおっしゃっていた通り
    こんな地形を設計する意味
    そして章自体の難易度をここまで高く設定する必要はない
    マップを調整したバージョンをアップロードしました
    調整の結果は大体以下の通り:

    壁砦砦砦壁    壁   壁
    壁 砦 壁    壁 砦 壁
    砦 砦 砦    砦 砦 砦
     砦砦砦       砦
    砦 砦 砦  → 砦 砦 砦
    壁砦砦砦壁    壁   壁
    壁壁門壁壁    壁壁門壁壁
     砦砦砦      砦 砦
    壁砦 砦壁    壁   壁
    砦 砦 砦    砦 砦 砦
    壁 砦 壁    壁 砦 壁

    もう一度、まことにありがとうございました

ユートピア・オブ・ドラゴン 第一部 乱世の序幕(二部は体験版のみ)にコメントを投稿する

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。
感想やレビューに関する注意事項に該当する投稿があった場合は削除対象となる場合があります。

ユートピア・オブ・ドラゴン 第一部 乱世の序幕(二部は体験版のみ)
に雰囲気の近いゲーム

サイト内検索