大きな樹の中でのイメージ

大きな樹の中で

屍の山を築くダークファンタジー

総合得点 投票受付中
comment 2 (平均:2.8点)
view loading

序盤王道RPGです。
ストーリーパートとダンジョン攻略パートに分かれています。
ダンジョンは全て制覇する必要はありません。
また、制覇したことによりエンディングが変化するわけではありません。

ストーリー難易度は易しめですが、
最終ルートのみ少し難しめです(救済措置はあります)

ゲームポイント

プレイ時間 5~11時間

最も注目してほしい点、力を入れた点

マップチップ自作。
キャラクターチップ自作(一部デフォルト素材使用)

プレイヤーの皆様へのメッセージ

【警告】
このゲームには、暴力シーンや不快な表現、性的な描写が多く含まれています。


【実況について】
自由にしていただいて構いません。


はじめに、同封されているテキストファイルをお読み下さい。
その他稚拙な点、お見苦しい部分がありましたら、申し訳ありません。

更新履歴

2015/11/01 一部テキスト修正。歩行グラフィック一部修正
2015/11/08 一部誤字、テキスト修正。アシストメンバー装備品脱着イベント追加。一部ウエイト減少。クリア後エリアにセーブポイント設置。一部アシストメンバー上方修正。ゲーム紹介文修正
2015/11/15 ゲーム全体、セーブポイントのウエイト削減
2015/11/19 一部ウエイト削減、一部マップチップ設定ミス修正
2015/11/22 一部誤字修正。一部ウエイト削減
2015/11/25 ゲーム全体のウエイト削減。一部誤字、テキスト修正。章立ての誤りを修正。一部グラフィック修正
2015/11/29 最終ボスグラフィック修正、一部ボスイベントスキップ追加、一部イベント修正、一部グラフィック変更、一部テキスト修正。
2015/12/31 一部グラフィック修正。一部誤字、テキスト修正。一部イベント処理編集

[大きな樹の中で]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
R-15指定
対応OS
Windows 7
制作者
Heze factory
本体サイズ
291MB
Version
1.1
最終更新日
2015年12月31日

大きな樹の中での他にオススメの無料ゲーム

大きな樹の中でのレビュー一覧 (コメント数3)

  • user-pic
    • 2
    • 2
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    【長所】
    ・難易度が易しめで終盤は救済措置も設けてあるため、基本的に詰む箇所がないこと。
    ・演出表現(主にグロ描写ですが・・・)に力を入れていること
    ・市販ゲーでは絶対にできない「尖った要素」を作者殿の思うままにブレないでやり遂げていること
    ・世界観を作り上げるためのオリジナルグラフィック

    【短所】
    ・物語全体を通して非常に「不快感」極まりない展開が続くこと
    ・大衆向けの作品ではない
    ・一部登場人物が前作を知っていないと置いてけぼりになること

    【感想的コメント】
    ゲームバランスが理不尽でなく、救済措置もあったのでクリアすることはできました。

    しかし、ゲーム全体を通しては「不快感」が最後まで続く作品でした。
    中盤の急展開はともかくとして、そこからくどいまでに続く「グロ描写」や「汚い展開」等、
    「不快感きわまりない」展開が終盤までずっと続くのはプレイしていて非常に苦痛でした。

    終盤でようやく光が見いだせる(?)のような流れになりますが、時すでに遅し。
    「今更な救い展開」がにじみ出ていました。

    バリアフリー()すぎる展開はプレイする側は退屈感がでてきますが、「欝の押し売り」もプレイする側は「不快感」がでてきます。前者はともかく、後者をやるのであればそれと同じくらい「爽」を出さなければ「ただ不快感を垂れ流している作品」で終わってしまいます。

    何事もバランスが大事です。

    【総評】
    ・作品自体の評価はともかくとして、作者殿がやりたいことをブレないで作り上げた作品。
    ・グロ描写、欝展開等の不快感な描写が「これでもか!」というほど続くので大衆向けではなく、オススメはできない。
    ・ゲームバランス関連は救済措置もあるので難易度は易しめ

    と総評します。

  • user-pic

    【短所】の補足として
    ・ウェイトが非常に長く、会話・移動間のテンポが悪いこと

    を付け加えておきます。

  • user-pic
    • 3
    • 2
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    紹介文には前半と後半とあるが、実際には前中後の三部構成です。

    評価ですが・・・非常にクドい印象を受けました。
    この界隈では非常に有名な、牛がポイントの某作に影響を受けたのかなと全体から感じ取りましたが、内容に反して流れは淡々と進む某作とは対照的に、本作は内容に比例して流れを緩めている事で、非常に重たい味付けになっております。これは中盤の終わり辺りから出てきます。
    重いシナリオ運びは物語の決め手になる要素なのでライターの技量を試される場でありますが、演出的に必要最小限な分、もしくは全体のバランス的に許容されうる領分を超えて繰り広げられると、それ自体に瑕疵が無くともさすがに閉口せざるをえません。本作は作中人物とのシンクロを上げようとしたのでしょうが・・・欝展開とプレイヤー共鳴は相性が悪いのもあり、ただの胃もたれ的展開となってしまっているのが残念な所です。
    最後には救いがある物語なのですが、その頃には「あーはいはい、また欝展開乙」「あれ?欝違うんか、ふーん」とこんな具合で、これでは折角練ったお話も台無しです。狼少年ではありませんが、やりすぎは良くない。
    そんなでシナリオ評価を2に落としてあります。(1まで落とすとシナリオモドキ扱いなので、実際はかなりの低評価です)
    セールスポイントのチップに関してですが、良いと思います。キャラに関しては、けも耳多めも良いです。・・・が、標準的なWolf製ゲームの域に留まっているので残念ながらポイントは高く付けられませんでした。ご了承ください。

大きな樹の中でのレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索