スティルメイトのイメージ

スティルメイト

RPGと大航海時代を組み合わせたボリュームメガたっぷりのツクール2000製フリーシナリオゲーム

総合得点 投票受付中
comment 4 (平均:3.4点)
view loading

ツクール2000製。大航海時代とRPGを足して204で割ったような出来です。
RPGと航海のシステムとイベントをこれでもかというぐらいたっぷりと積み込みました。
決められたストーリーはほんの一部だけ。世界中の遺跡を探すもよし。仲間を求めるもよし。サブストーリーを楽しむもよし。貿易商人になるもよし。神と呼ばれた魔物を倒しに行くのもよし。海賊気分で世界中を荒らしまわるもよし・・・気が向くままに楽しんでください。

作成した他のゲーム・攻略情報・最新verの修正ファイルは制作サイト及び作者のTwitter上にて。

ver1.40から大幅に機能が追加されました。
・交易パート追加
今までのゲームシステム、冒険パートとは分離して交易パートを追加。
艦隊航海、交易ルート作成、他国船・港攻撃、役割設定、投資、自港作成などが可能に。
交易機能が大幅に強化され、前バージョンまでは不可能だった海賊プレイもできます。

航海ゲームが好きな人、じっくりやるのが好きな人にオススメします。

ゲームポイント

・フリーシナリオ式航海風RPG
・クリア必要時間 20h以上
・マルチエンディング
・やりこみ要素満載
・複数のミニゲーム有り
・ボリュームたっぷり
・ゲームオーバー率高し

最も注目してほしい点、力を入れた点

とにかくボリューム

プレイヤーの皆様へのメッセージ

ボリュームだけは他のゲームに負けません。
楽しんでいただければ幸いです。

更新履歴

ver1.43をリリースしました。主な変更点は
・エンディングテーマ挿入
・ver1.42までに発見したバグの修正
・調合画面改良
・入港前に町・ダンジョン簡易情報追加
・隠しサブイベント追加

[スティルメイト]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
ロールプレイングゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP 7
DL回数
制作者
制作サイト
丼の外れサイト
本体サイズ
5MB
Version
1.43
最終更新日
2016年9月 8日

スティルメイトの他にオススメの無料ゲーム

スティルメイトのレビュー一覧 (コメント数12)

  • user-pic
    • 4
    • 3
    • 3
    • 4
    • 4
    • 4

    クリアしました。バージョンは1.43の為、以下、それに基づいたレビューになります。

    本作は現実世界の地理、地形をベースにした、オープンワールドなファンタジー航海モノです。ある目的のために主人公達の航海が始まり、目的地もある程度決まっていて、序盤でも物語の要となる大陸にすぐに向かうことができます。しかしレベル、装備、船の性能、仲間、お金全てが不足しているため、すぐに向かったとしても相当の苦戦を強いられるでしょう。ですので序盤は、普通にプレイするなら、何らかの方法でパーティーの戦力強化に努めることになります。

    その方法は実に様々で、メインストーリー上の目的地以外にも積極的に、そして自由に船を飛ばし、各地の特産品を他に高く売れる土地で転売したり、ギルドで仕事を請け負ったり、酒場で仲間を求めたり、ダンジョンの情報を得て、お宝を求めて潜り込んだり。実に色々なことが出来、飽きが来ません。私は、主にお金を稼ぐ為に航海を続けました。特訓施設でお金を払うことで経験値も得ることが出来、また性能のいい船を買う為にもお金が必要なので、お金が戦力強化に直結するのはありがたかったです。

    個人的に秀逸だと感じたのは、メインストーリーを進める上で、お金、冒険者としての知名度、パーティーの強さのいずれかの要素が必要になるときが来る点です。自分のようにお金儲けに走っていたプレイヤーはお金を払うことで、冒険者として航海していたプレイヤーはその知名度が認められることで、パーティーをひたすら強くしていたプレイヤーはあるボスを倒すことで、それぞれ物語を進めることが出来ます。いずれの場合も、それまで行っていた寄り道の成果がメインストーリー攻略の糧となるのは、優れたシステムだと思いました。

    短所は、ところどころ、分かりにくいシステムがある、ということでしょうか。Ver1.40より実装されたという、『交易パート』が、何をすればいいのか私にはよく分かりませんでした(『交易パート』をプレイしなくてもクリアは可能です)。また、各港と同盟を結ぶことができるコマンドがあるのですが、そのコマンドが意味を持ち始めるのは最終盤のため、『このコマンドなんなんだろう…全然利用せずにプレイしているが、実は自分は、無駄なプレイをしてるのではないか?』と不安になることもありました。

    とはいえ、ゲーム攻略に必要な手順は決してひとつではないため、よく分からないことはすっ飛ばしても、その他のイベント量が膨大なため、気にせずプレイすることができます。それがこのゲームの強みでしょう。プレイヤーの数だけ、航海の軌跡がある!『自分は今、冒険がしたいんだ!』という方にオススメの一作です。

    私もプレイし始めたあたりは、しばらくこちらのゲームばかりしていました。一応メインストーリーはクリアしましたが、まだまだやりこみ要素があるようなので、卒業旅行のような感覚で高難易度ダンジョン等に寄ってみたいと思います。作者様、素敵な航海の記憶をありがとうございました。

  • user-pic

    この度はスティルメイトをプレイして頂き、誠にありがとうございました。
    拙作の売りであるボリュームとフリーシナリオを楽しんだだけではなく、
    レビューで魅力をこれ程までに書いて頂いたこと、言葉に尽くせないほど感謝しております。

    ご指摘の交易パートについては交易部分を強化したいという想い、勢いのみで作った箇所で色々と考慮不足でした。
    お恥ずかしながら自分でも難しいと感じるレベルです。修正でヘルプやチュートリアルなどを作成して対応したいと思います。
    同盟コマンドについては使えるのは終盤であるというヒントを乗せることで対応いたします。

    稚拙な出来で不安にさせてしまうなどご迷惑をおかけしたにも関わらず、
    クリアまでプレイして頂き、本当にありがとうございました。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 3
    • 3
    • 3
    • 3

    通常エンディングクリアまでプレイしました。
    やりこみ度は50%。作者様の攻略サイトをみながらプレイした感想です。

    ・シナリオ・ストーリー
    ネタバレになるため、詳しい内容は伏せますが、ストーリーは王道です。
    異なる地で仲間と出会い、共に旅をし、絆を深め合い、目標に突き進んでいく冒険劇。

    大航海時代という世界観がシナリオにうまく交わっていたと思います。

    キャラクターが魅力的でした。
    元騎士、強盗、モンスター、異国の民族など
    価値観は違うけれど、互いに認め合い一緒に旅をしていく。アットホームな雰囲気が好みでした。


    ・グラフィック
    ゲームエンジンがRPGツクール2000の為、一世代前のイメージが見て取れてしまいます。
    地域によって気候の違い、民族の違いがあるのですが、その点はとても良く表現できていると思います。


    ・サウンド
    全体的にゆったりとしたペースでゲームが進むため、BGMもゆったりとしたものが多いイメージを受けました。
    世界観には合っていたと思いますが、印象に残るBGMはありませんでした。


    ・システム
    本作は「大航海時代」をベースにしてつくられており、踏襲している要素が多々あります。

    良いと思ったシステムは……
    ・世界が狭く、簡単に港間を往復できる
    ・食料、水に費用がかからない
    ・寄港しなくても補給が終わる

    独自の要素で良いと思ったシステムは……
    ・戦闘が全てコマンド式のバトルになっている
    ・普通のRPGと同じようにキャラクターのレベルが上がる

    微妙だと思ったシステムは……
    ・船上では船が強制的にパーティに加入するので最大パーティが3人
     ダンジョンでは4人まで入れるが、毎回編成をやり直さなければならない
    ・洋上で暴風雨、氷山に出会うと即ゲームオーバーになるケースがあるが、洋上ではセーブができない 
    ・売ってるアイテム・武器などが港毎に違うが、その違いがわかりにくい

    その他、魔法の調合システム、闘技場、カジノなどの独自の要素があり自由度が高いですが
    どれかに絞ってプレイに集中できると、もっと良かったのではないかと思いました。


    ・オリジナリティ
    上記にもありますが、本作は「大航海時代」をベースにしています。
    それに加えて、RPGの要素が入っています。

    様々なダンジョンがあり、宝箱があり、キャラクターは成長し
    また新たなダンジョンが待ち受けています。

    「大航海時代」にRPGが加えられていると考えればオリジナリティがあるように思えますが
    肝心のRPG要素がとてもオーソドックスなので、目新しいと思うところは少なかったです。


    ・総評
    とてつもなく広い世界に船を繰り出し、未開の地でまだ見ぬ仲間達と出会い
    時にはシビアな現実と向かい合い、また新たな地へ旅をする、素敵な冒険劇でした。

    通常エンディングはちょっと肩透かしを喰らいましたが
    恐らく最後の隠しエンディングにはもっと素敵な終わり方があるのだと思います。

    スケールの大きさに圧倒されました。
    イベントの数、港の数、住人の数、名所の数、アイテムの数など……底知れないゲームです。

    少し残念に思ったのは、攻略サイトを見ないと詰みやすいこと。
    特にダンジョンの謎解きはヒントがわかりにくく、地力でクリアするのは困難でした。
    比較的、自由度の高い本作ですが、
    オープニング後、チュートリアルもなく突き放した感じになってしまうのでとっつきにくい。
    攻略サイトは情報が充実しているので、その部分をゲームの中に落とし込んで欲しい。

    完成度は抜群に高いです。
    「大航海時代2」のプレイ経験がある方はすんなり世界に入れると思います。
    愛着の持ちやすいキャラクターがたくさん登場するのでRPGとしてもオススメです。

  • user-pic

    この度はスティルメイトをプレイして頂きありがとうございました。
    ボリュームを重点に作りましたので底が見えない等の評価は嬉しく思います。

    RPGのシステムについて、ご指摘ありがとうございます。目から鱗でした。
    オリジナルシステムを入れた航海に比べるとツクール標準ですね。
    調合以外にもオリジナルシステムが入れられるかどうか検討します。

    ダンジョンやシステムは確かにユーザーに厳しく、他の方からもご指摘を受けております。
    サイト別記で逃げてはいけませんね、説明追加や難易度低下等で出来るだけ対応したいと思います。

    ストレスが溜まったと思いますが、それでも評価していただいたこと、本当に感謝しております。
    ありがとうございました。

    user-pic

    (すみませんサインインし忘れたので再送します)
    この度はスティルメイトをプレイして頂きありがとうございました。
    ボリュームを重点に作りましたので底が見えない等の評価は嬉しく思います。

    RPGのシステムについて、ご指摘ありがとうございます。目から鱗でした。
    オリジナルシステムを入れた航海に比べるとツクール標準ですね。
    調合以外にもオリジナルシステムが入れられるかどうか検討します。

    ダンジョンやシステムは確かに一部ユーザーに厳しく、他の方からもご指摘を受けております。
    サイト別記で逃げてはいけませんね、説明追加や難易度低下等で出来るだけ対応したいと思います。

    ストレスが溜まったと思いますが、それでも評価していただいたこと、本当に感謝しております。
    ありがとうございました。

  • user-pic
    • 4
    • 3
    • 3
    • 4
    • 2
    • 4

    紹介分に書かれているとおり様々な冒険が楽しめるのが魅力です。
    戦闘、探索、お金儲けのどれをメインに進めるかというのが大きな方向性だと思いますが、
    僕は探索メインで、各地の名所を探したり、サブイベントクリアに精を出しました。

    最初は広い世界と高い自由度を前に何をしたら良いか戸惑いましたが、
    各地の名所を探しつつ、ギルドや酒場でイベントを受けていけば良いとわかってからは
    怒涛の冒険を楽しむことが出来ました。
    最終的には七堕天使のうちの一体も倒せて、
    ある宝を手に入れてクリアに至り、満足です。

    実際の地球をベースにしつつ、
    魔王・堕天使・勇者などファンタジーのエッセンスで味付けされた世界観は魅力的で、
    ドラマチックなBGMも手伝い旅情を楽しむことが出来ました。

    旅情といえば、このゲームでは海上で暴風雨や氷山とエンカウントすることがあり、
    単なるゲーム進行上の障害として以上に、その恐怖を感じることが出来ます。

    サブイベントでは仲間キャラの白狼先生の正体や、
    魔王の眷属でありながら臆病な青年アルバートのイベントが楽しかったです。
    また、奴隷制や差別などに関わる少々ブラックなイベントは、
    リアルをベースにした世界観と合わさって印象に残りました。

    エンディングは残念ながらパートナーなしになってしまいましたが、
    主人公セリアとアルバートの会話は好きでした。

    以上のように見どころの多い本作ですが、
    残念に感じたのはユーザーインターフェースです。
    出来ることが多いのですが、何をどのようにすれば良いのかわかりづらい。
    そして、わかっても実際にそれをするのに手間がかかります。
    一度乗り越えればテンポ良く楽しめる部分も多いのですが……

    例えば、多くの町が登場しますが、
    町を歩いて情報を集め、交易品を買って、セーブをするのが手間でした。
    酒場やギルドなどイベントに関係のある施設のある主要都市以外は、
    マップを省略してコマンド式にしたら楽になるのではないかと思いました。

    また、ゲームオーバーもタイトルに戻るのではなく、
    ノーペナルティで最後に立ち寄った町に戻るだけとかなら、
    だいぶストレスが軽減されると思いました。

    大航海時代は未プレイですが、
    本作は世界観や自由度の高さに新鮮味のあるゲームだと感じました。
    RPGの探索、戦闘などがお好きな方にオススメです。

  • user-pic

    この度はスティルメイトをプレイして頂き、ありがとうございました。
    大航海時代やフリーシナリオの雰囲気を少しでも体感していただけたのなら幸いです。

    ご指摘のUIについては正直アイデア優先で軽視していた節がありました。
    企画段階でしっかり煮詰めていれば防げる指摘事項であり、ストレスを溜めてしまう結果となり
    申し訳ない気持ちでいっぱいです。

    大ボリュームとなってしまったので基幹に関わるシステムの修正は厳しいですが、
    頂いた指摘事項をなるべく対応することでプレイして頂いたお礼として答えたいと思います。
    改めてプレイして頂きありがとうございました。

  • user-pic

     先ほど書かせていただいた者です。書き忘れていたことがありました。
     このゲーム、作者さんにとって初めて作られたゲームのようです。
     初めて作ってこのしっかりとしたクオリティ・ボリュームはなかなかすごいと思います。たぶん私が初めて作ってもここまでのボリュームは用意できないと思います。
     またその後に他のゲームを作られていても、こちらのスティルメイトの修正ファイルなどを次々ご用意されるサポート体制も整っています。

     プレイする人は多少選ぶかもしれませんが、プレイしたこと自体を後悔するようなことはないと思います。
     少しでもこのゲームをしてみたいと思った方は、迷いなくダウンロードされても問題ないでしょう。

  • user-pic
    • 4
    • 3
    • 2
    • 4
    • 2
    • 2

    (以下私のレビューはスティルメイトVer1.42でのプレイによるものです。新しいバージョンでは修正や変更、改良などがなされていることもあります)


     大航海時代っぽいフリーゲームってなんかあんのかなー? と思ってなんとなく検索をかけたらこちらのゲームが出てきたので、すぐにダウンロード。1週間くらいは毎日何時間もプレイさせていただきました。ちなみに大航海時代Ⅱをプレイしたことはあります。
     まだクリアはしていないものの、ある程度進んで今はゆっくり資金集めにかかっておりクリアがいつになるかわからないので、ここでレビューを書いておきたいと思います。
     なお私はパソコン版RPGツクールで作った経験はまったくありませんが、家庭用ゲーム機版RPGツクールはいくつも完成させてきました。なのでRPGツクール2000としてできる機能を知らないうえでのレビューとなります。


     まず言っておきますが、私がプレイした限りでは、このゲームの難易度はなかなか高いものとなります。ゲームをあまりしない人や難しいゲームが苦手な人などはご注意ください。
     この手の難易度の高いゲームにありがちな序盤の難しさが特に厳しく、私はゲームオーバーが頻発しました。(海賊の投げた石が船に当たっただけで半壊以上してしまう船って……)
     いろいろな点があって難しいので一言にはまとめられませんが、それでも資金を稼ぐ方法があるので、粘り強くプレイしてみてください。

    『ボリュームだけは他のゲームに負けません』とありますが、これの多くは本筋のストーリーには直接関わらないイベントのことを指していると思います。
     私はこれがあること自体には問題ないのですが、しかしかえってこれがストーリーを進める際のテンポの悪さになるとも考えられます。
     アイテム収集などを徹底的になさりたい方には充分おすすめできるゲームです。
     また、ストーリー進行の関係あるなしにかかわらず、他のゲームのネタ(特にドラゴンクエストシリーズ)がふんだんに盛り込まれています。そういった要素が苦手な方はご注意ください。

     バグ情報を載せておきます。
     交易パート時、役割を決める画面にて、カーソルが上のほうにあるときにキャンセルを行うと、カーソルが画面外に出てしまい操作をまったく受け付けてくれなくなります。キャンセルを連打しない・セーブはこまめになどをされるといいと思います。
     またこの役割を決める画面に移ってもカーソルが出てこないときがあります。表示がないだけなので、焦ってキャンセルを連打してしまうと上記の現象に陥ってやっぱり動かなくなるので、落ち着いて見えないカーソルを終了コマンドまで持っていきましょう。私はこれで次に画面を開いたらカーソルが表示されていました。
     あと、冒険パート時に港へ入るとBGMが鳴らないときがあります。そのまま出港してもBGMが鳴らないまま。なおも続けて冒険していてセーブを行おうとしたら『メモリストリーム中にメモリが足りなくなりました』という表示とともにゲームが閉じられ、そのプレイ回の起動時からそれまでにセーブしたデータがなかったことになっていました。私はBGMが鳴らなくなったら、すぐにセーブをして起動し直したら問題なく進められています。頻度は少ないほうですが、たまに発生するのでご注意ください。
     あと、これは進行不能ではありませんが、ナイル川の測量を行う仕事を請け負ってそこへ向かったのに、測量がどうしてもうまくいかないといったことがありました。(仕事を請け合う前にナイル川行きまくったから?)

     バグではありませんが、細かい点について。
     まず、誤字が結構あります。こればっかりはいくら見直しても出てきてしまうときは出てきてしまうものなので、新しい作品を作られるときに気をつけられるだけでいいと思います。
     マップチップもところどころおかしい配置がありますが、これも文章のことと一緒に思います。
     ○や×や矢印などの随所の手書きが雑に感じますが、ここまでくると味とも考えられるかも。セリアの地図はもう少しかわいらしくしてほしかったなあ。
     魔法を作るシステムは結構いいと思うのですが、この際の演出はテンポが悪いです。交易所での購入・売却画面やパーティ編成画面などももっさりした感じで、いろんなところでテンポがよくないです。特に陸上4人、海上は3人というパーティ人数制限の違いによりパーティ編成は頻発するのに毎回編成画面がもっさりしていて、これだけはちょっと……と思いました。4人目の枠を自動で切り替えできるようにしていただけるだけでもぐっとテンポがよくなると思います。
     アイテムが非常に多いのはいいことと思いますが、もう少し並び順を整えてもらいたいです。(ひょっとして私が操作をしらないだけでしょうか? ある程度は整っていると思います)
     それと、随所で鳴る『ブブーッ』が、どうにも心臓に悪かったです。
     あとは船に関する部分はもうちょっとこだわっていてもらいたかったです。しかも私は交易パートの行い方に気づいたのは結構冒険してからでした。後から加えられた部分とはいえ、もうちょっとアナウンスがあってもいいかもしれません。


     総じてこのゲームは作者のこだわりが随所に見られるものの、プレイする人の気持ちの側にはもう1つ立てられていないかな、という印象を受けました。


     ……と、いろいろよくないなと感じた部分ばかりを書いてしまいましたが、いいところもたくさんあります。
     まずシステム的な進行不能バグを除き、(難易度はともかくとして)全体を通してのゲームの安定性は確保されているところ。まぁ無理すれば序盤でも新大陸に行けてしまいますが。
     凝っているところは凝っているので、ゲームをプレイする充実感はしっかり感じられます。
     じっくりプレイするのが好きな人にはとても向いていると思います。フリーゲーム未経験の方にも充分勧められるクオリティがあると思います。
     音楽の選曲センスもいいほうだと思います。個人的には音楽は通常戦に関してもう一押しの工夫があればと思いましたが、物足りなさなどはまったくありません。

     プレイしている中で思ったことのうちの1つとして、このゲームは大人もそうですが、小学生くらいの子供にプレイさせてあげるのもおもしろいんじゃないかなと思いました。
     計算がたくさん必要で、世界各地の名所や街の名前もたくさん出てくるので、ゲームをしながら学べる・または学ぶきっかけとなるゲームとしての可能性が秘められていると思います。こう考えると作者のこだわりによるボリュームの多さがいい方向に働いていると思います。難易度の高さもいいスパイスに。


     ゲーム自体はしっかり作られており、作者のセンスも光っています。若干プレイする人を選ぶかもしれませんが、好きな人は何十時間でもとことんプレイできる作りとなっているでしょう。正直私はまだクリアまで遠そうなのに20時間以上プレイしていると思います。
     私は楽しむというよりかは作者のこだわりに挑戦してみるといった感じになりましたが、あなたも1つ、この強いこだわりを持つゲームに挑戦してみてはいかがでしょうかっ。

  • user-pic

    この度はスティルメイトをプレイして頂いてありがとうございます。

    初めにバグ報告ありがとうございました。
    原因を突き止め次第修正し修正版を公開いたします。

    システムの不親切さ…イタイところを衝かれました。
    確かにご指摘の通り見た目(ストーリーやキャラ)を重視して
    基本中の基本、操作性を軽視していたところがあります。

    代表的なのがご指摘のありましたアイテム順番です。
    この作品はつどアップデートしており、アイテムも合わせて追加していったのですが、
    アイテムの性能だけ考えてアイテムの順序を全く考えておりませんでした。
    後から気づいて何個かは入れ替えたのですが、もはや手遅れで
    追加したアイテムは回復アイテムであろうと下に…

    全ては自分の実力、配慮不足です。
    何度も落ちたり、操作性が悪かったりで相当ストレスが溜まったと思われます。
    改めてお詫び申し上げます。
    手遅れな個所もありますが、出来る限り修正いたします。

    これだけダメな点がありながらもいい点も評価してくださったその慈悲に感謝いたします。
    それに甘えず次回作(次バージョン)に活かしていきたいと思います。

    ご指摘・ご感想ありがとうございました。

  • user-pic

     ご返信ありがとうございます。最初はレビューを書いて返信があってもさらにこちらからの返信をというのはあまり考えていなかったのですが、丼さんのご返信を読んでお伝えしたかったことがあったので、さらに返信をさせていただくことにしました。

     RPGツクール2000というのを使っている以上はRPGツクール2000でできることとできないこと(手遅れになってしまうことなども)があるのはなんとなくわかります。(作る側として触ったことがないので具体的にはわかりませんが、家庭用ゲーム機での経験から……)
     そういうことも含めたうえで、ストレスや不快な思いなどはプレイしてて感じたことはありません。進行が困難に感じるほどのストレスが続くようだったら、その時点でゲームを終えていると思います。
     銀行への預金が最大になるほどには時間をかけてプレイしていますので、純粋に楽しんでプレイさせていただいています。

     きっといろいろな技術が詰め込まれていると思います。同じようなのを作れと言われても私はここまで技術を詰め込むことはできないでしょう。初めて触って作れるかと言われればなおさらです。

     まとまった時間ができたら、丼さんの他の作品もプレイしてみたいと思っています。

  • user-pic

    返信ありがとうございます。
    自分の理解不足により、返信する手間をおかけしまして申し訳ありません。

    楽しんでプレイして頂けたこと、誠にありがとうございます。
    作成者にとりましてはそれは星5にも勝る評価です。
    その点だけでも、世に出して良かったと思っております。

    それだけにバグが出してしまったことが本当に残念です。
    無ければもっと楽しませることが出来たと思いますので。
    この経験を次作の糧にしたいと思います。

    他の作品に関しまして、作りのレベルは変わりませんが、
    当作品とは雰囲気が異なりまして当作品を気に入って頂けた方が
    また気に入って頂けるかは疑問です。

    今まで各作品で多くの方の感 想を頂きましたが、
    全作品をプレイ・クリア(報告)した方はおりません。
    ゆえに最初の方で判断(続行・中止)して頂ければと思います。

スティルメイトのレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索