けんちゃん

user-pic

コメント数は4回です

  • follow icon5フォロー
  • follower icon0フォロワー

メッセージ

けんちゃんと申します。

ゲームしたり、つくったり
楽しいことは何でも大好き~♪

けんちゃんさんのWebサイトhttps://twitter.com/nigaoe_kenchan

  • 魔法使いモモへのコメント(2016年10月 8日 10:30)

    • 3
    • 4
    • 4
    • 4
    • 4
    • 3

    1時間半ほどでクリアしました。

    一人一人のキャラが立っていてよかったです。
    特に、シロが良かったですw


    シナリオの性質上、回想シーンが多めですが
    キチンとモモを中心にお話が展開していったので
    とても好印象。

    情報量も程よく、物語が進むにつれ
    小出し、小出しに謎が明らかになっていき
    モモの成長が垣間見える楽しいストーリーでした。


    バトルの難易度も程よく
    丁寧に作り込まれているなぁ・・・と思いました。


    毒々しい表現や、エグい敵やストーリーもなく
    ふんわりとしたかわいいお話好きが好きな人にはお勧めです。


    プレイさせていただきありがとうございました。

  • 不死の魔女へのコメント(2016年10月 2日 14:46)

    • 3
    • 4
    • 5
    • 4
    • 3
    • 3

    プレイ、クリアしました~

    2週プレイでやっと内容が分かりました。

    ほのぼのファンタジーってことで全体的に絵本のような
    空気が出ていてよかったです。


    特にモンスターはやっつけるのが忍びないほど可愛くて
    「ごめん、ごめん」といった気分で狩ってました


    注目点の素材に関しては

    ホントにツクール?

    と思うほどふんだんに使われていて驚きました。


    ツボ、本棚、宝箱・・・
    あらゆる物にキャラクターたちのコメントがあり
    探索がより面白く感じられました。

    システム面に関しては

    戦闘後は全回復するのでストレスは少なかったです。
    オートも実装されていて雑魚狩りも楽しかったです。
    ボスもほどほどの強さでしたが
    ラストボスはかなり苦戦しました。
    (ここは好みが分かれるところですが、もうちょいライトな
     難易度でもよかったんじゃないかなぁ・・・と思います。)


    シナリオは「シリアス+ほのぼの」短編で
    それぞれのキャラクターに特徴があってよかったです。
    設定も深く掘り下げていてバックグラウンドは
    もっとすごいんだろうなぁ・・・と想像。

    でも、情報量が多くて1週目だけでは
    僕の頭では理解できず、少しオーバーしてしました。


    面白かったです☆ (゚∇^d)

  • いざ!尋常に~九尾の狐をやっつけろ~へのコメント(2016年9月28日 02:20)

    20分ほどで終わったので
    ☆評価の感想は差し控えさせ頂きます。

    キャラクターが可愛くて、沢山の顔に変わったのが面白かったです。
    ボス戦は命の「隠れる」をどこで使うかに戦略性があって
    短編ながら手に汗握る戦いが出来たのが良かったです。


    Webサイト、同梱の漫画をじっくり読ませて頂いてから
    スタートしました。
    プレイ前にある程度、製作者さんの作品に触れていないと
    キャラクターの立ち位置などわからないこともあり

    ゲーム内でもセリフ以外でいいから説明して欲しかったです。

    (道の端に掲示板グラフィックを置き
     あらすじやキャラの出会いを書くなど)

    せっかく魅力的なキャラクターや
    描き込んだ絵があるのに、もう少し説明して頂ければ
    より感情移入出来たと思いました。


    レベルもガンガン上がり
    サクッとプレイ出来たので
    ちょっとした戦略ゲームを楽しみたい方にはお勧めです。

  • ロード・オブ・ウハウハ~ヲカンの野望~TEへのコメント(2016年9月28日 00:47)

    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 3
    • 5

    とても楽しい時間をありがとうございました。

    約14時間ほどでシナリオクリアしました。
    ダジャレや下ネタ、アニメネタではなくカオスなギャグは
    ツボにハマりました。


    個人的な意見ですが
    ギャグの感じは初期の『魔方陣●ルグル』に
    少し近いなぁと思いました。


    アツいところはアツく!
    悲しいところは悲しく!

    しかし、笑いも忘れない!

    まともなイベントの時、制作者の脚本レベルの高さが分かります。


    RPGとしては『歯ごたえがある』と記述にあるように
    若干難しい難易度でした。
    (敵のHPが少し多い印象を受けました)

    僕はレベル上げをしながら行くタイプなんですが
    敵のEXPの振れ幅が低いので
    今進むべきステージの2つほど前の敵で稼ぐのが
    一番効率がいいなと思いました。

    その際少し思ったのが
    フロントビューのコマンド形式なので
    オート戦闘があればいいなぁと思いました。
    (アイテムで一人だけオートに出来ますが・・・)

    最後にバグを見つけました。
    エピソード5の
    ベルトコンベアーの部屋なんですが
    何か所か、触れても感知されず走り抜けれる個所があり
    それを使用して右下の邪魔者をどかせることなく
    右上の部屋に入ることができます。


    例)最初の操作パネルがある部屋の
      すぐ下のコンベアー

    -----------------
     壁階段壁
     壁階段壁
     ←  ←
     ↑●↑☆
     ↑←↑
      ↑↑
      ↑↑

    ----------------


    ●から右ダッシュで☆の位置へ抜けれます。


    ちなみに、右上の部屋まで行くと操作不能となります。
    (メニューは開けるのでセーブをしてしまうと(涙))

    本当に面白いゲームで
    謎解きもPC前でうんうん唸っていました。

    今後の展開に期待できるところで終わったので
    続きが気になります!!


    アフィリーたちが、どうなるのか楽しみに待たせて頂きます。
    ぜひ、最後まで頑張ってください!