みさと

user-pic

コメント数は3回です

  • follow icon2フォロー
  • follower icon0フォロワー

メッセージ

レトロスペクティブFEな腐男子司書兼審神者もどき。
基本ファンタジー系RPGと、現代日本が舞台のホラー好き。

みさとさんのWebサイトhttp://mixi.jp/show_friend.pl?id=712795

  • Ruina 廃都の物語へのコメント(2016年11月18日 21:27)

    • 5
    • 5
    • 5
    • 4
    • 5
    • 5

    古いシステムでも面白い作品があるという良い例の代表作。
    カーソルを合わせて探索型を進めるという、昔のADVゲームっぽい雰囲気かつ、
    人によっては懐かしいゲームブックのレトロ感が合わさった作品。
    最初はとっつきにくいかも知れない。でも実はこのゲームの「クセ」がわかれば、一気に楽しく、そしてゲーム進行自体が楽になる(小ネタ的なテクニックもあわせると非常にラク)。
    文体の表現力が半端なく、しかも恐怖シーンではその演出とともに背筋が凍らせてくる。
    そしてギャグとシリアスのバランスも非常に上手い。
    BGMはMIDI音源の古めの曲が多めだけど、それでも十分。もしリファインされたバージョンがでるなら、それも楽しみ。
    周回プレイの時も遊び易い引継ぎをさせてくれるし、男女×4種の生まれ全種コンプもそれ程苦にならない。
    パーティキャラも凄く個性的。幼馴染二人は本当に温かみがあって、会話もすごく一緒に居るんだって感じられるのもありがたい。
    途中で増える冒険者達も訳有りの人も居れば、本当に好奇心で動いてる人も居て、その人達の背景を知ったときにも色々垣間見れるものが結構エグかったり。
    ゲームバランスとして残念なのは、攻撃耐性、状態異常を防ぐ為に、極めてくるとほぼ同じ装備で固定になり易いこと。遊び易いとはいえ、どうしてもベストパターン以外に挑戦しようとすると、穴がどうしても出来易く、そして幾つかの状態異常が一人にかかっただけで、一気に戦線崩壊もなりやすいのが痛い。それ位かな?
    本当に奥が深い。何度でも楽しめる、やりこんだ作品でした。

    まあ、ぬとぬとした関係が好きな自分は、某全裸マンと神殿の少年の(ry

  • ロード・オブ・ウハウハ~ヲカンの野望~TEへのコメント(2016年9月26日 17:16)

    • 4
    • 4
    • 3
    • 4
    • 5
    • 5

    RPGの中にギャグがあるではなく、ギャクの中にRPGがある作品。
    ギャグのウケは人によると思うけど、モブたちの害のないネタは問題なかったかな?
    ただ、アフィリーをほぼ全員が叩いたり、王様が足を引っ張ったり、博士の空気読めない系+メイドの対応はちょっとキツかった。(誰かを出汁に笑いを取るのが個人的には苦手なので)
    主人公のアフィリーも別に全く気持ち悪くないと思う。風呂入らないのはどうかと思うが。
    個人的にはCV●方恵美で脳内補完される。というか、能力的に凄く優秀だし。誰か適度に優しく接してあげて下さいwww

    各システムはしっかりしていて、キャラの個性も装備品で(限度は有るけど)方向性変えられるのが良かった。個人的には一人以外は魔法よりにした方が楽しいかなと思った。
    ただ、レアな装備を手に入れたとしても、各ダンジョン対策にステータス異常兼、属性対策装備をするのが基本になるので、フィールドマップ移動の時位しか使わないのがもったいない。アフィリーの場合は特殊装備する事もあるので、場合によっては戦闘の度に装備の入れ替えをしないといけない。魔法スロットは装備で拡張できるけどステータス補正はいるので、自由度広そうで、選択肢を物理的に狭めてるのが勿体無いかな。個人的には装飾品の装備欄こそ2,3個装備できても良いかなと感じた。装備は色々試したいクチなので。
    雑魚も含め敵はちょっと強めのままで良いので。その分、経験値と金は多めがいいかな?サクサク進める方が楽しいゲーム。あとレア敵は出現頻度もうちょっと高くして欲しい。

    ミニゲームは楽しい部分と、ちょっと面倒な部分が半々くらい。TEのビルでのクイズゲームは失敗したほうがいいのか、成功したほうが良いのかわからないのが不安。成功の方が良いなら、敵キャラ図鑑ちゃんと埋まるのか。某村の(による特産品購入忘れ)も含め、取り返しのつかない要素があるのか、図鑑コンプで特典がなかったとしても、コンプ自体に進行にデメリットがない方がいいとは思うので、PEの評価も変わってくるかもしれないです。
    TSUYOSHIは多分加入するとは思うのですが、どんなピーキーな性能になるのか凄く楽しみです。

  • ルイと街の時計塔へのコメント(2016年7月20日 01:59)

    • 4
    • 2
    • 4
    • 4
    • 3
    • 2

    キャラの可愛さとボイス等は丁寧で良。ただ、ストーリーもサブストーリーも有って無きの様なライトさなので、ワクワク感は全くない。ゲームで詰まるって事もないけど、敵の必殺技を回避するために、主人公のSP溜めを考えないといけないとか、どちらかといえば足枷になるイベントや仕組みが多くて、凄くもったいない。爽快感がある方がこういった作品には似合う気がします。
    突発的に出てくる下ネタは耐性がない人はそこでアウトかもしれない。
    EXダンジョンもヒロインポジの彼女が使えるのがココだけでとか、追加キャラの武器の改造が無い代わりにLV3の武器止まりとかちょっとなあって思う。あと武器改造に素材が必要とかも。
    正直某ナイフが武器の彼はLV3.5の方だけで十分な気がする。
    色々と惜しい。不満はあるけど楽しめたのは事実なので、星4で。あと温泉イベントで男子の部もあればよかったwww