すずりん

user-pic

今まで4ゲーム 投稿しました

コメント数は41回です

  • follow icon11フォロー
  • follower icon8フォロワー

すずりんさんのWebサイトhttps://twitter.com/suzurin_bell

  • 救世のパラロドレルへのコメント(2022年10月15日 15:06)

    • 4
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5
    • 4

    ver1.6.3 約7時間でメインシナリオをクリアしました。
    僭越ながらレビューさせて頂きます。

    【シナリオ】
    王道を往く脚本で非常に好感が持てる内容でした。
    各イベントが丁寧に作り込まれている印象を受けました。
    基本的に異世界を冒険する内容になりますが、
    旅を続けていくうちに仲間になるキャラたちも魅力的です。
    基本に忠実なシナリオといった感じで、一貫して安定感がありました。

    【グラフィック】
    敵の技や味方の技のエフェクトが一部を除きほぼすべて統一されています。
    おそらくは操作感を重視した結果なのでしょうか。
    一方で戦闘におけるシーンはやや単調ではあります。
    作者様の真意は分かりませんが、快適性に繋がっていたとは思います。

    【サウンド】
    シーンに沿ったBGMを選定されており、違和感はありません。
    場面にもマッチしていたと思います。

    【システム】
    このゲームの各要素において明確な強みとなるのはおそらくシステム面でしょう。
    戦闘バランスはほどよく調整されており、テンポよく進む一方で少し手こずる場面もありました。
    やや強い魔物やボスを倒すためにレベリングを必要とする過程で、
    様々なシステム面でのサポートが用意されています。
    ・各魔物がそれぞれ特徴を持った装備を落とす
    ・ショップの各装備が充実しており、適正な価格で装備が手に入る
    ・様々な職業及び豊富な使用技からプレイヤーが独自のスタイルを模索できる
    コンパクトな世界観およびテンポの良い操作感も手伝い、
    プレイヤーは自らの力で少しずつ強くなっていく過程を楽しむことができます。

    【オリジナリティ】
    基本的に王道ですが、システム面の深化によりこのゲームに独自性が生まれていると思います。
    中弛みすることなくゲームクリアまで駆け抜けることができました。

    【総評】
    システム面に強みありのクオリティの高い王道RPGだと感じました。
    一方で課題としては、現バージョンでは未実装部分が未だ多く残っていること、
    一部の必殺技やスキルの威力にばらつきが見られるので調整は必要かと感じました。
    それらの点以外については、総じて高い水準にまとまったゲームだと思います。
    楽しんでプレイすることができました。ありがとうございました。

  • まどか☆マギカ -Try Another Story-へのコメント(2022年10月 4日 01:11)

    • 5
    • 4
    • 5
    • 5
    • 5
    • 4

    魔法少女まどかマギカの二次創作ゲームです。

    割と最初の方で敵のレベルが高くてそのまま積んでいたのですが、
    立ち回り方をレベル上げに重視したら進め方が分かるようになりました。

    細部は異なりますがシナリオのベースは基本的にまどマギの再現です。
    各時間帯で町中を探索するようになるのですが、
    随所に挟まれるミニゲームなどもあり
    飽きさせない作りになっているとを感じました。

    個人的には二次創作ならではの面白さが
    ふんだんに盛り込まれたゲームだと思います。
    自分はアニメしか知らないので、
    色んなキャラがいることを知れてとても楽しかったです。

    かなり戦闘の行動に時間がかかりますが、
    よく動くドットが目に楽しいので気になりませんでした。

    気になった点としては、
    通常エンカウントする敵が一部タフ過ぎるので
    全部相手にはしないようにして臨機応変に対応しました。

    全体として非常にハイクオリティなゲームですので、
    是非プレイしてみて、その凄さを感じ取ってみてください。

  • Abyss Roadへのコメント(2022年8月21日 16:42)

    Abyss Roadをプレイ頂きありがとうございます。
    氷の洞窟は、雪の町スノウベルの南にある
    平原の中にありますので、探してみてください。

  • 極黒の覇王【開発版】へのコメント(2022年7月 6日 01:00)

    • 5
    • 3
    • 5
    • 4
    • 5
    • 4

    極黒の覇王 1.5章攻略済みでのレビューとなります。
    プレイ時間は3時間弱です。僭越ながらレビューさせて頂きます。

    【シナリオ】
    シナリオにはあまり比重が置かれていないように感じました。
    構成は極めてシンプルで無駄がないです。
    これはプレイヤーが極力ストレスを感じないよう設計されているためかと思います。
    シナリオの内容は主人公の過去のとある出来事の描写により一定の説得力は持つものの、
    プレイヤーによっては明確に好みが分かれることになるかと思います。
    これは紹介文にある「やや過激な表現、教育衛生上よろしくない表現等を含む」との通りです。
    よってシナリオは標準の3点としました。

    【グラフィック】
    立ち絵表示されるキャラクターはどれも素敵なものばかりで、
    戦闘中にも思わずのめり込むような視覚的な工夫がなされています。
    参加された絵師様が多数いらっしゃるとのことで、
    グラフィックはその独自性を踏まえて5点です。

    【サウンド】
    シーンに即した雰囲気のBGMを選定されており違和感はありません。
    臨場感もあるため、サウンドについての評価は4点としました。

    【システム】
    SRPGであり個人的にはあまりプレイしたことのないジャンルになりますが、
    拠点内からのイベントで完結するシステムや戦闘の加速化およびコマンド記録などは
    プレイヤーに対するストレスフリーの配慮が最大限になされていると感じました。
    課題としましては宝箱や扉などのイベントがターン処理に割り込まれることが挙げられますが、
    プレイアブルに影響ない範囲であるとして5点としました。

    【オリジナリティ】
    キャラによる特徴もコンパクトに纏まっており、各シーンにもシンプルながら丁寧な作りで拘りを感じます。
    不具合も見当たらず、各戦闘の直前に説明が挟まれるなど、一貫して親切な作り込みです。

    【総評】
    色々と語りましたが、各要素の狙いが作品として有機的に結びついており、
    あまり触れたことのないジャンルながら楽しんでプレイすることが出来ました。
    本作品は無料版であるため、有料版のポテンシャルという期待を含めて
    総評は5点とさせて頂きます。それでは引き続きゲームの方を楽しませて頂きます。

  • Abyss Crossingへのコメント(2022年6月 4日 22:16)

    プレイ&操作性に関するご提案ありがとうございます。
    上記の移動法の変更は、技術的には可能であると思います。
    しかし、移動法に関する問い合わせは現状それほど多くなく、
    かつ改修するとなると影響範囲がかなり広範に及ぶことを鑑みまして、
    プレイヤーに対して初回操作時に「操作に慣れて頂く」リスクを負う方が
    結果として問題なく落ち着くことを考慮し、対応は見送りとさせて頂きます。

    このたびはコメントどうもありがとうございました。
    引き続きAbyss Crossingをよろしくお願いいたします。

  • 魔法少女のトリアーデへのコメント(2021年12月29日 21:28)

    上記の内容について承知しました。
    意図しない挙動である可能性が高いので、
    バージョンアップの際には修正を検討させて頂きます。

    調査及びコメントどうもありがとうございました。

  • 魔法少女のトリアーデへのコメント(2021年12月29日 15:58)

    加えて本作では、ダンジョン攻略度によって
    敵のステータスが上昇する仕組みを導入しています。
    そのため、最序盤の敵であっても、
    ダンジョンの進行具合によりステータスは上昇していることから、
    ダメージを受けやすい仕様となっております。

    ダンジョン攻略度による敵ステータスの変動は以下の通りです。

    ★攻略レベル1:ボス1体討伐済
     魔物の最大HPが2倍になる。
     その他の全ステータスが1.3倍になる。

    ★攻略レベル2:ボス3体討伐済
     魔物の最大HPが2.5倍になる。
     その他の全ステータスが1.6倍になる。

    ★攻略レベル3:ボス5体討伐済
     魔物の最大HPが3倍になる。
     その他の全ステータスが1.9倍になる。

  • 魔法少女のトリアーデへのコメント(2021年12月29日 15:50)

    魔法少女のトリアーデをプレイ頂きありがとうございます。

    本作では、基本的に魔法の計算式は以下の形式をとります。
    攻撃者の魔法攻撃力[*n倍] - (防御者の魔法防御力[*n倍] + 防御者の運[*n倍])

    以上から、敵の魔法攻撃力の倍率が、ダメージを受けるキャラクターの
    魔法防御力の倍率 + 運の倍率 を上回る場合にダメージが発生します。
    n倍については各魔法により倍率が異なりますので、
    攻撃者の魔法攻撃力が上回る場合は多少発生することもあるかと思います。

    質問者様のご質問の回答となっていれば幸いです。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2021年11月 4日 03:05)

    王都から南に進むと紅葉の町があります。
    紅葉の町から西に進んでみてください。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2021年10月24日 23:08)

    鉱山の町から海を渡った先の大陸の南側にあります。
    船が出てますので、町の北側を確認してみてください。

  • 魔法少女のトリアーデへのコメント(2021年10月14日 18:55)

    すずりんです。
    上記の件、内容については承知しました。

    基本的に動作を軽くするようにこちらである程度の検討はしますが、
    現状動作についての問い合わせは数件程度という状況も踏まえて
    全てにおいてこちらで対応ということは致しかねることもご考慮くださいますようお願いします。

    以上です。

  • 魔法少女のトリアーデへのコメント(2021年10月12日 17:34)

    ご連絡ありがとうございます。

    エフェクトによる負荷の増加についてあまり報告は挙がっていませんが、
    今回要望があるということで、内容について承知しました。
    次回更新時に切り替えを行えるように機能を追加したいと思います。

    以上です、よろしくお願いいたします。

  • 魔法少女のトリアーデへのコメント(2021年10月10日 17:56)

    コメントありがとうございます。お手数おかけしております。

    青の間へと進むためのイベントの条件は以下となります。

    ①赤の間の6つの迷宮を全て攻略し、以下のアイテムを所持していること。
     ・炎の紋章 :燃え盛る炎の迷宮
     ・静寂の紋章:沈みゆく静寂の迷宮
     ・大地の紋章:阻まれし大地の迷宮
     ・新緑の紋章:草踊る新緑の迷宮
     ・野兎の紋章:光見る野兎の迷宮
     ・永久の紋章:闇落ちる永遠の迷宮
    ②上記を満たした上で、赤の間の迷宮から帰還する。

    以上二点となります。
    もしかしたら、クリアしていない迷宮があるというようなことはございませんか?
    (赤の間の迷宮のステージ選択画面から左右を押すと、別のステージを選択することができます
    ステージクリア後は、ミーニャの立ち絵とSTAGE CLEARの文章が表示されますのでお確かめください)

    以上、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。
    また何かございましたら、お手数ですがご連絡をお願いいたします。

  • 魔法少女のトリアーデへのコメント(2021年10月10日 13:40)

    魔法少女のトリアーデをプレイ頂きありがとうございます。

    上記状況ですが、赤の間の入り口から戻ったために
    イベントが発生していない状況と考えられます。

    一度帰還の水晶玉を使用して頂くと、
    青の間のイベントが始まるようになります。

    次回更新時に、入口から戻った際も反映されるようにしたいと思います。
    引き続き、魔法少女のトリアーデをお楽しみ頂ければ幸いです。

  • マイフェイバリット2へのコメント(2021年10月 9日 19:59)

    Masa FUさん

    コメントありがとうございます。
    こたつドラゴン頼もしいですよね。キャラデザ好きです、ドラゴンなのにこたつって笑
    クロノスの旅路、タイムリーパーなど、プレイされてるんですね。どれも面白いですよね~。
    このBestは結構昔のゲームばかりなので、そのうちラインナップを更新したいところです。

  • 魔法少女のトリアーデへのコメント(2021年10月 7日 18:45)

    プレイ&コメントありがとうございます。

    安らぎの雫については、次回更新時に修正します。
    2層ボスの波長は、状態異常無効の装備で防げます。色々と特徴欄を確認してみてください。
    初回ターンに一回と、以降は確率で使用します。

    また何かありましたらご連絡ください。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2021年9月20日 23:32)

    Abyss Fantasyをプレイ頂きありがとうございます。

    魔物図鑑ですが、良ければこちらをご参照ください。
    https://w.atwiki.jp/abyssfantasy/

    主人公によっていける場所が違うため、場所が不明の場合は
    選択した主人公では行けない可能性があります。
    なお、魔物図鑑を埋めるためには周回が前提となります。
    何か不明な点がございましたら、再度ご質問くださいますようよろしくお願いいたします。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2021年8月16日 03:35)

    Abyss Fantasyをプレイ頂きありがとうございます。
    見つかったようで良かったです。
    また何かございましたらご連絡ください。

  • 魔法少女のトリアーデへのコメント(2021年5月18日 23:55)

    ご報告ありがとうございます。
    上記不具合について修正しました。(Ver1.4)
    お手数ですが、こちらでのプレイをよろしくお願い致します。

  • Abyss Roadへのコメント(2021年2月11日 22:36)

    魚を持ってくるようにと言われますが、ポーション持っていって話しかけてみてください。
    上記の点、不具合なので修正します。すいません……。
    Abyss Road、Abyss Fantasyと遊んでいただき感謝です!

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年9月22日 20:20)

    とくさん

    申し訳ありません、三週目に入る際に不具合が発生することを確認しました。
    精霊がキーアイテムをドロップすることに加えて、戦闘後の会話でも入手するため
    キーアイテムが二つ分手に入ってしまうことが原因だったようです。

    Ver1.21のバージョンアップで修正対応したためご報告します。
    また詳細な情報のご提供ありがとうございました。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年9月20日 15:23)

    とくさん

    Abyss Fantasyをプレイいただきありがとうございます。
    上記現象について確認しましたが、こちらでは再現しませんでした。

    シナリオの進行上、6つのキーアイテムは王様に渡すので無くなります。
    なので、強くてニューゲームを始める際には、6つのキーアイテムはアイテム欄に存在しないはずです。

    念のため、強くてニューゲームの実行時には、キーアイテムの削除処理を加えるようにします。
    アップデートにつきましては、もうしばらくお待ちくださいますよう、よろしくお願いします。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年9月11日 23:54)

    たまさんがまだ行ったことのない方角があるはずです。

    例えば、中央の王都メルキアを起点として、東には雪の村、
    西にはリンガベルへ進むルートがありますが南には何があるでしょうか?

    ヒントは以上になります。是非探してみてください。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年8月27日 14:03)

    こんにちは。
    アイテム「下界の地図」を使用すると、土の祭壇のような場所を確認できます。
    主人公がユキノであれば、王都メルキアの城で地図を入手可能です。
    場所が分かったら、その方角に進んでみてください。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年8月23日 10:09)

    なお「SoundTest.rpgsave」のUnknownエラーが表示されている場合には、
    SoundTest.rpgsaveのみを移動したsaveフォルダから削除してゲーム実行してみてください。
    (今回のアップデートでSoundTest.rpgsaveに変更を加えているためです。)

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年8月23日 10:00)

    新しいsaveフォルダ内に前のsaveデータを張り付ければ引継ぎができるはずです。
    再度ダウンロードして再度試して頂くか、それでも引継ぎができないような場合には、
    詳細な情報を教えていただけると助かります。お手数おかけしますがよろしくお願いします。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年7月20日 00:16)

    ご質問ありがとうございます。
    戻せる意図で組んでますが確認します。
    不具合であれば次回アプデ時に修正しますので、お待ちください。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年7月 5日 19:17)

    まさかそこまでやり込んで頂けるとは思いませんでした。
    ありがとうございます、冥利に尽きます。

    頂いたバグレポートについては確認し、
    次回アップデート時に修正させて頂きますね。

    また、Abyss Road, Abyss Fantasy共にプレイして頂きありがとうございます。
    少しでも何かしら感じられるものがあれば幸いです。
    今後とも何卒よろしくお願いいたします。

  • Abyss Roadへのコメント(2020年6月30日 00:41)

    港の依頼はパーティが全員揃っていることに加えて、もうひとつ条件があります。
    主人公の出身地であるウェストエンドにまつわる話として、どのようなものがあったでしょうか?
    是非ともご一考くださると幸いです。
    例えば、ウェストエンドや雪の町の住民から、該当の情報が得られることと思います。

    港の依頼はエンドコンテンツとして実装しており、分かりづらい部分があるかと思います。
    当方の不手際です。申し訳ございません。

    不明な点等ございましたら、ご返信下さいますようお願いします。
    今後ともAbyss Roadをよろしくお願いいたします。

  • Abyss Roadへのコメント(2020年6月22日 20:34)

    プレイありがとうございます。
    会話イベントはパーティにイベントの人物がいることが条件になります。

    もしかしたら、まだタカさんが泊まったことのない宿があるかもしれません。
    ウェストエンドから王都に着くまでの道のりがヒントです。

    楽しんで頂けているようで有難いです。今後ともよろしくお願いいたします。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年5月 4日 16:09)

    コメントありがとうございます。
    上記の件について確認し修正しました。(ver1.04)
    嵌っている場合、申し訳ありませんがこちらでのプレイをよろしくお願いします。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年4月29日 23:48)

    あまり計画立てていないんですが、後一年くらいかけてじっくり完成させる予定です。
    しかし、ご要望等ございましたら忌憚なく仰って頂いて構いません。
    できる限りそうした意向には沿うような形で進めていきたいと考えています。

  • Abyss Fantasyへのコメント(2020年4月28日 03:31)

    プレイありがとうございます。
    楽しんで頂けたようで何よりです。
    Death end re;Questはツクールmvのコラボ素材です。
    readme.txtを更新したのでこちらをご確認下さい。

  • Abyss Roadへのコメント(2020年4月15日 19:45)

    再度布団で寝てみてください
    分かりづらくてすいません

  • Abyss Roadへのコメント(2020年3月25日 01:24)

    上記内容を確認し修正しました。(ver2.35)
    こちら不具合です、申し訳ありません。

    ver2.34時点での上記不具合の回避手段としましては、
    ジャバウォックの森の最奥へは「パーティにアリスを加えた状態」で進行することで回避できます。
    大変申し訳ありませんが、以上についてご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

  • マイフェイバリットへのコメント(2019年10月20日 20:52)

    ありがとうございます。10個までなので、どれにしようかちょっと迷いました。
    レディパール面白いですよね。プレイ済みの方からコメント頂けるとは思いませんでした。
    今も昔も、自分の中ではレジェンドになってます。

  • Abyss Roadへのコメント(2019年3月31日 10:58)

    確認しました。
    ver1.91の救済措置なので仕様です。

  • Abyss Roadへのコメント(2019年2月26日 21:27)

    確認・対応しました。
    次回のVerup時に反映します。

  • クロノスの旅路へのコメント(2016年1月 8日 15:13)

    • 5
    • 3
    • 5
    • 3
    • 4
    • 4

    一周目プレイ済の感想になります。
    -脚本-
    シナリオ自体はあってないような感じです。しかし、選択肢によって仲間になるキャラやイベントが変化したりするので面白かったです。場合によっては結構刺激的な状況に陥ったりもして味がありました。
    周回で仲間になるキャラを変えてみたり装備を引き継いだりなどやりこみ要素もあって、飽きずに遊べました。
    -グラフィック-
    キャラ絵がとても可愛いです。可愛いんですが、キャラ絵と実際のステータスがあまり噛み合ってない部分があり、そこは残念でした。
    -サウンド-
    ゲームのイメージにマッチしてると思います。
    -システム-
    装備の作成やアビリティ付与など、錬成的な部分は面白いと感じました。特技やアビリティ次第で戦闘スタイルに幅ができるので、その点でも試行錯誤しながら開発していく楽しみがあると思います。
    しかし、槍や鞭など一部の種類の武器が不遇だったり、三人くらいデフォルトで剣っぽかったりと、あまりバランスが良くない気がします。敵のレベルがストーリーに合わせて上昇するんですが、途中で最強の魔法を手に入れてからは一気に難易度が下がったりしたので、そのあたりも気になりました。
    ただサクサク進むので自分としてはありがたかったです。すごく面白いのに、こうだったらいいなみたいな惜しい部分が多いと思う。
    -オリジナリティ-
    選択肢でイベントや仲間キャラが変化したりするのが自分としては一番ユニークな部分だなと感じました。ルート分岐からの先の読めないハラハラ感が、なかなか他のゲームにはないこのゲームの持ち味だと思います。
    -総評-
    全体として非常に高水準にまとまったゲームだと思いました。
    中編RPGですが長編でプレイしてみたいです。雰囲気も良かったです。

  • Mystic Starへのコメント(2015年3月20日 16:52)

    • 5
    • 3
    • 4
    • 3
    • 5
    • 3

    SFC風王道長編RPGと銘が打たれている通りのロマン溢れるゲームでした。
    -脚本-
    王道を往く脚本に世界像がしっかりと落とし込まれていて良かったです。
    特筆したいのはなによりも冒険感かな。
    絶妙なタイミングで現れる移動手段の拡張や、未踏の土地を訪ね歩くスリルはどこか懐かしさを感じさせるものがありました。陸海空全部制覇してるのはスゴイ。
    SaGaやBOFやFFやDQ等SFC世代のRPGが好きな人は文句無しに楽しめそう。
    -視覚-
    戦闘時のスキルや奥義等もこだわりが覗いていて良かったです。
    -音楽-
    印象に残る音楽は特になかったように思います。
    -操作-
    中弛みしそうな中盤から一気に開けるところはよく考えてあるなーと思いました。
    コイン集めや賞金首システムも冒険性の一つの醍醐味といった感じで良かったです。
    陣形や技習得システム等、役割分担のバラエティに富んでいて特に不満はありませんでした。
    状態異常の活用が重要なのも良い感じ。
    -独創-
    独創性や新規性という意味で推すゲームではないかな。
    -総評-
    一切隙の見せない作りが凄かったです。

  • TimeLeaper -タイムリーパー-へのコメント(2015年3月20日 15:46)

    • 5
    • 3
    • 5
    • 3
    • 4
    • 3

    一週目プレイ済み二週目終盤でのレビューになります。
    -脚本-
    タイムループ物ということでまどマギに影響を受けているような感じ。
    シナリオという意味では可も不可もなく、もう少し色々詰め込めるような気もするかな?
    このゲームはなんといってもキャラクターが生き生きとしていて、どれも個性豊か。
    物語を進めていくにつれて台詞の掛け合いが面白くなります。
    お気に入りのキャラができると一層楽しんでプレイできるはず。
    だからこそシナリオをもっと深めればキャラの色んな側面を惹き出すことが出来たんじゃないかと思います。
    -視覚-
    キャラクターの立ち絵がまず可愛いです。
    画質や演出等、特に気にすることなくすいすい進めることが出来ました。
    視覚的にはまず問題ないという事なのだと思います。
    -音楽-
    印象に残るようなサウンドは特にないかな。
    -操作-
    戦闘の快適性は良いし、素材集めや合成も適度にバランスが取れていて良かったです。
    キャラ間のバランスも非常に良く取れていると思う。
    ボイスシステムはかなり面白いと思います。ヤミの死亡時の台詞で笑ったり。
    やっぱりキャラが面白いゲームですね。
    個人的には折角のタイムループ物なので二週目はシナリオ分岐して欲しかったかな。
    -独創-
    新規性というよりも既存の物で手堅く作られているという印象です。
    -総評-
    二日通しで熱中したので個人的にプレイしたゲームの中で群を抜いていたというのが総評です。
    凄く楽しんでプレイすることが出来ました。ありがとうございました。