両手に今夜水を持ってのイメージ

両手に今夜水を持って

世界の存続か、滅亡かを選択する系ノベル

user-pic
4 comment
loading view

このゲームは感想コメントのみ受け付けています。

このゲームの感想を書く

短い話が3つ入っています。

魔法使いがとある娘の願いをかなえようと話を聞くお話、
全身が動かない女性のお話、
少年と亡くなった彼の父親の遺品のお話、
の3本です。

ゲームポイント

プレイ時間:約30分
選択肢は1つ

プレイヤーの皆様へのメッセージ

Windows 7, Windows10 のみで動作確認しています。
実況等はご遠慮ください。

[両手に今夜水を持って]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャーゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 2000 XP Vista 7
制作者
こゆび反応
本体サイズ
24MB
Version
1.3
最終更新日
2016年4月26日

両手に今夜水を持っての他にオススメの無料ゲーム

  • user-pic

    とても文章的にも素晴らしい作品でした。哲学的な問いもある。03の話が一番好きですね☆

  • user-pic

    あ”~・・・  やっぱし いちおう かいておこう・・・

    Fessenden's World ・・・Fessenden's  ・・・ ・・・ Fessenden・・・


    どう よんでも フェラデッセン とは よまない・・・

    ええ ええ  みつごのたましいひゃくまでも です (ちょい つかいかた ちがうような・・・^^;)

    よみかたの 矯正 できませーん^^;  つい こう よんで   こう いってしまいます・・・ 

  • user-pic

    『素晴しいと 思いました』

    緊急入院する前に 読んだ作品でしたが 病院のベットの上でも 考えていました。(とくにテキストファイル^^;)

    構成が素晴しいと思った。 読めばわかると思いますが そうなのか!と  一話一話が ほんと生きてます。

    最後 気になるところもありましたが それよりも 文章 ストーリーに惹かれました。

    この題材を このように 構成するとは!

    画面も目を惹きましたよ。 おっ と^^

    2回目の外出許可だけで ここにもアップされたの確認できただけなので また退院後 書かせていただくかもしれません。


    03めのきっかけになった はなし わたしも読んでました^^ 

    いろいろ 書きたくなる 素晴しい作品 ありがとうございます。   

  • user-pic

    3回目の外出許可.まだ治療中^^; 取り合えず 前回のつづき。


    『センスが良いなあと・・・思いました』

    もちろん 今 これ 読んでる人は 本編既読と言うことで書いてます。
    本編未読の方は 本編にGO!


    自分はセンスが無いので センスのよさが目を惹きました。

    ありゃ?センスの無い人間が センスを見ることができるのか?
    まあ センスを持って無いことと センスを感じることは 別物として^^;

    まず 今はもう見られないのですが。 初出の時の紹介文のこと。

    ほとんど 内容とか 構成のことは 書かれておらず・・・
    ストイックで カッコ良いなあと思いました。

    ただ それは諸刃の剣で・・・ 内容がまったくわからずファンタジーかな?と暫くDLしてなかった・・・

    今は 簡単な紹介文が載ってて 三部構成とか事前にわかるようになってますが
    そのような事前情報がわかる前に読んだ初出の時は 読んでて ほんとインパクトありました。
    (紹介文とか感想とかレビューとか事前情報が無いとどうも読まれづらい側面はありますが それが無いのも 『宝探し』の様に感じる私です)
    (最初に感想書くのって とても楽しいし うれしい^^)


    次に 起動したときに 読める物語の題名が03となってること これはとても目を惹きました! これは読み続けるしかないだろ!と
    (初出の時 三部作と知らずにいたときのこの感覚は書きつくせないものがあります)


    背景 画面にも。
    背景にテキストウインドウに見える枠があり それが少し斜になっている。
    それでいて テキストは斜になってない(斜になってたら読みづらいだろう・・・)
    怪しい雰囲気醸し出してます。
    この背景の選び方はほんとにセンスだ!と思いました。


    サウンド! これも的確に流れてくる!
    無音 テキストだけで描き出される世界に中に突然音が! 良いですね。


    03 最初の物語。視点は第三者というか読者というか いわゆる神の視点です。
    客観的に書かれるそれは・・・とても客観的です(おい!^^;

    そこが主観で書かれている02と01と違います。  そこが 良いのです。

    既に既読の方なら解ると思いますが。03は02の主観にとっては「物語」なのですから・・・
    客観性でそれが強調されてます・・・(03読んでるときには解らないのですが それも良い)

    03から02へのシフト

    02から01へのシフト

    それへの感想は控えておきましょう。感動のツボは人によってさまざまでしょうから^^


    この作品は綿密に構造とか効果とか色々考えて作られたものでしょうか?
    それとも こっちの方がいいかなあと 感性で創られたものでしょうか?

    どちらにせよ 傑出したセンスだと思います。


    [創られた世界]

    某所で私が幼いころ読んだと書いた短編は

    エドモンド・ハミルトン(Edmond Moore Hamilton)の「フェラデッセンの宇宙」(Fessenden's World)です。
    名作と呼ばれてた作品です。(キャプテンフューチャーシリーズ スターウルフシリーズばかりではないんです)

    全然違う感じの物語じゃないか!と思われる人もいるでしょうが・・・
    題材は同じカテゴリーに含まれる物です。

    えーと 集合でいうと 交わりの部分かな  そこが同じカテゴリーです^^;

    交わりの部分が"創られた世界"です。

    この世界が"誰かに"創られた物ではないか?という考えは普通に広まっている事です。
    神話等で・・・創造主?。   それが受け入れやすいというのは・・・ 人は・・・

    神"創造主"が"世界"を"物"を創りだし最後にそれらを知覚できる"人"を生み出したと言うこと
    それはとても興味深い考えなのですが それを書き始めると 話が大きく逸れるので ここでは割愛。

    今のところ私には世界の創り方が大きく2種類ある様に思います。
    アナログ的(物質的?)なものと デジタル的(情報的?)な物とにと。

    私が子供の頃はアナログ的な物語ばかりでした。まあ言うなれば 世界の要素をまとめ ぎゅっと圧縮しビックバンさせる。
    あとは どおいう世界ができるか観察する。 て感じかな。 または 物理実験中に きせずして出来てしまった!とか。
    (「百億の昼千億の夜」の阿修羅王の夢の話 思い出すなあ:光瀬龍のSFまたはそれを萩尾望都が漫画化したもの参照)

    デジタルなものが浸透するにつれて考えられるようになった"記録" "シュミレーション"による世界の話。
    物質的なものでないため。つい 軽く考えられて "偽りの世界" と認識されやすい物です。(シュミレーションの深度がどうあれ)

    アナログでもデジタルでも"なか"の"観察者"から見れば同じことです。
    "なか"に"自我"のある"観察者"が居るかどうかは また別の話になりますが・・・


    「両手に今夜水を持って」は たぶんデジタルな世界観ですね。01の物語で終わりになるなら。

    最初01読んだときは ちょっと??となりました。そんなお茶の間サイズ(死語?)のPCで世界をシュミレートなんて?と。スパコンでも無理なのに^^;
    (神帝ブアーくらいの容量とか演算系ないと・・・ : 長谷川祐一の漫画「マップス」「マップスネクストシート」参照)


    "水槽"というプログラム名が私の頭に浸透していって ようやく納得できました。
    世界をシュミレートといっても その範囲と深度はずっと限定されたものだったのです。

    "アクアリウム"ですね・・・
    この場合は・・・"偽りの世界"度が上がります^^;  "創造主"度は相対的に下がります・・・
    ただ のめりこみ度は大きいです。その範囲にだけ集中されたら・・・ 
    見るべきものを 切り取るのが"アクアリウム"
    シンパシー度はそうとうなものに なるとおもいます。

    もう一度
    それを踏まえた上での選択肢。 "保存"  "破棄"

    あなたなら どうしますか?

    軽い気持ちで 取り合えず 保存しとけや かな?
    真剣に考えてみるか。かな?

    01主人公の そして あなたの 立ち位置は?


    02に関しては 色々考えすぎて 頭 パーになったり 自己完結したり 色々したので
    今回は 書くのやめておきます・・・   

両手に今夜水を持っての感想を書く

サイト内検索