東京逃亡者のイメージ

東京逃亡者

精神的にキてる奴が作ったホラーアドベンチャー

user-pic
総合得点 投票受付中
comment 4 (平均:4.1点)
view loading

それは2013年11月

私達は、とある才能を持つ者とインターネット上でコンタクトを取った。

彼は独特の世界観を持っている鬼才だった。

しかし問題が一つあった。

明らかに彼は精神異常の恐れがあった。

精神的にキているのだった。

今回プライバシー保護の観点から、彼の詳細を明らかにすることはできないが

彼の脳内に創り上げられた世界をゲームにする為

私達はラスト・ゲームメーカーと言う名のゲーム・プロダクションを開始した。

そして出来上がったのが、この「東京逃亡者」と言う名のゲームだった。


□ ホラーアドベンチャーゲーム「東京逃亡者」 Ver0.11
                       
「東京逃亡者」公式サイト(ゲームの攻略法と世界観を随時公開予定)
https://sites.google.com/site/tokyotobosha/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

□ はじめに
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍したらSetup.exeを実行し
ゲームをインストールして下さい。

指定した場所にTokyo_Tobosha011と言うフォルダがインストールされますので
その中のRPG_RT.exeを実行するとゲームが起動します。

またはインストール時にショートカットを作成していればスタートメニューから
「プログラム」→「RPGツクール2000」→「ゲーム」→「東京逃亡者」
でゲームが起動します。

□ ゲームの遊び方
・主な目的は特にありません。
作者が生みだした世界を自由に歩き回るだけのゲームです。

・さまざまな物語を経験する事によって
「物語ポイント」が1ポイントずつ加算されます。

・標識や石碑の前で「決定ボタン」を押すと、案内が表示される時があります。
(他:ベッド、本棚、骸骨、の前などはイベントが発生する時があります。)

□ ゲーム概要
・ ゲームジャンル

「2D、準オープンワールド形式ホラー・アドベンチャーゲーム」
(アクション・ゲーム、サウンドノベル、パズルゲーム的な要素もあります。)

・ 推定ゲームプレイ時間

1時間以上~あなた次第

□ ゲームプレイ推奨環境
・ ヘッドホン

当作品は音響にもこだわっています。
したがってステレオ・ヘッドホンを左右正しく装着し、
さらに部屋を暗くした状態ですと、より良くお楽しみ頂けます。

□ ゲームプレイ必要環境
Microsoft Windows XP/Vista/7/8 (32bit/64bit版OS両対応)

□ 二次創作について
二次創作、実況など可能です。(連絡などは不要)
詳しくは「東京逃亡者」公式サイトをご覧下さい。

□ ゲーム仕様上での注意
・当ゲームではセーブデーターは15個まで作れますが、
セーブした日時は記録されませんので、どのデーターに記録したのか
紙などでメモをすると、分かり易いと思います。

・ゲーム世界を探索中に複数のクエストが同時進行になる場合がありますので、
混乱しない様に、目標内容をメモしながらゲームプレイする事をお奨めします。

・会話シーン中に、Escを連打し強引にメニュー画面表示した時での
セーブ等では、バグが発生する時があるのでお控え下さい。

・何回も同じ恐怖を味わせる為に、ミス時に何回も同じ事をプレイさせる箇所が
ありますので御了承ください。演出をお楽しみ下さい。

・難易度が高い箇所に遭遇する前に、セーブをする事をお奨めします。

□ タイトル画面
・新たな惨劇 (新規にゲームを始めます。)
・惨劇の続き (セーブした所から始めます。)
・惨劇を終える(ゲームを終了します)

□ 操作方法
・移動           矢印キー、2・4・6・8
・決定ボタン        Enter、Space、C
・キャンセル、メニュー表示 ESC、X、0

・全画面表示        F4 (Alt + Enter)
・画面サイズの切り替え   F5
(全画面表示でない時)

・ゲームを強制終了     Alt + F4

・ゲームのリセット     F12
(タイトル画面に戻る)

□ メニュー画面

・持ち物    (主人公が持っている物を表示します。
         物語進行上で主人公が所持している事になっている物でも
         ここに表示されない持ち物もあります。

・記憶     (現在のゲーム進行状況をセーブします。)

・惨劇を終える (ゲームを終了します。
         セーブしていない場合はセーブされません。)

YouTubeで東京逃亡者を見る

ゲームポイント

オカルト系ホラーぽい部分もありますが正にはオカルト系のホラーではありません。

Q. 一番見て欲しい点は?
A. ・謎の世界観 ・世界で生きる住人達の声 ・独特の世界観

Q. 制作期間は?
A. 構想含め、約一年間

Q. プレイヤーの皆様へのコメントをお願いします
A. やればやる程、良さが分かるスルメ・ゲーかもしれません。
人によって評価が分かれるゲームだと思います。
サクっとできる作品ではなく、奥の深いゲームです。

更新履歴

2014/12/3 Ver0.11
・某キャラが会話反応せずクエストが始まらないのを修正。
・某アジト開錠時に、助けたはずの人物セリフが表示されるのを修正。

2014/11/28  Ver0.1 暫定版 初リリース

□ 前バージョンのセーブデータ移行について

Ver0.1のセーブデータはVer0.11で引き続き使えます。
Ver0.1のフォルダ"Tokyo_Tobosha01"の中のセーブデータ
(拡張子lsd、Save01.lsd~Save15.lsd)を
Ver0.11のフォルダ"Tokyo_Tobosha011"に入れて上書きして下さい。

[東京逃亡者]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャーゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows XP Vista 7 8 10
DL回数
制作者
ラスト・ゲームメーカー
制作サイト
ホラーゲーム「東京逃亡者」の世界と攻略
本体サイズ
56MB
Version
0.11
最終更新日
2014年12月 8日

東京逃亡者の他にオススメの無料ゲーム

東京逃亡者のレビュー一覧 (コメント数5)

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 3
    • 3
    • 1
    • 5

    オープンワールドタイプのオムニバスみたいな感じでした。
    操作とかシステムとかはちょっと・・・・・・。
    それを補って余りある世界観が魅力ですっ!

    グラフィックはRTPとの事でチープな感じ
    っていうより世界観以外は微妙なラインでしたが、自由に広がっている世界にポツンといる感覚は
    ルナティックドーンとかも思い起こさせます。ジャンルは違いますけどねぇ

    癖は強く、人は選ぶと思いますけど、普通のは面白くないっ!自分で目的をもって進められる人にはおすすめしますっ!

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 2
    • 5
    • 3
    • 5

    独特の世界観。オープンワールド風で、短編シナリオが各地に散りばめられている。1つ1つのシナリオが独特で濃く、これがこのゲームの醍醐味だと思う。他には無い世界観にずっと浸っていたくなる作品。使っている素材は凝ったものは少なくRTPが多いが、演出が独特で世界観を引き立てている。好き嫌いはハッキリすると思うが、私はこの他には無いオリジナリティを高く評価したい。

  • user-pic
    • 4
    • 5
    • 2
    • 4
    • 1
    • 5

    - ××によって変わり果てたディストピア、『東京国』を彷徨い歩く怪作 -

    勝手ながら自分と似た「作者臭」を感じたのでプレイさせていただきました。
    (当方もゲーム制作活動をしている者です)
    といってもまだ未クリアなので、途中経過での評価です。

    ■シナリオ・ストーリー 5点
    ○とても作り込まれた世界観。これはキている。
    世界観、地名、歴史、情勢、社会問題に至るまでゲームに盛り込まれている点はとにかく凄い。
    それでいてストーリーの主軸はゲーム中ほとんど語られることはない。
    このストーリーの作り方と見せ方には美学を感じた。
    ゲームの登場人物の話す言葉一つ一つが世界観を理解するために必要な情報であり、
    それらを収集し、考察することによりこのゲームの狂気的なストーリーを体感することができる。
    実在するorした人物や現実世界での社会問題へのオマージュやメッセージも豊富に詰まっており、
    ブラックなネタが好きで、ストーリーを考察するのも好きな人には最高なゲームと言えるかもしれない。

    ■グラフィック 2点
    ○どこかチープに見える。これはキている。
    はっきり言って、スクリーンショットに魅力がない。この作品はビジュアルで大損をしていると思う。
    フリー素材のマップチップを使っている部分は世界観にマッチしたマップが多いものの、
    フィールドマップなど、RTP(デフォルト素材)を使ったマップはどうもチープな印象が目立つ。
    サウンドが良質なあまりバランスも悪い。聴覚へのこだわりを視覚でも実現してほしかったと思う。

    ■サウンド 4点
    ○音響表現へのこだわりが窺える。これはキている。
    本当に素晴らしい。まるで良質な低予算ホラー映画のサウンドトラック。
    全てにおいてムードにマッチしており、文句の付けどころがない。
    また、BGMの導入にもこだわりを感じられる。
    ただし、不満な点は1つだけある。
    曲のほとんどは短い曲のループであるため、あまり長時間聞くと飽きて疲れてしまうこと。
    まあそれはそれで洗脳されるからいいのだが、もう少しひねりがあればよかったかもしれない。

    ■システム 1点
    ○相当の忍耐力が必要。これはキている。
    Falloutのようなオープンワールドは今までになかったシステムとして評価できるのだが、
    全体的にフィールドが迷路のように入り組んでいるため、攻略に時間がかかる。
    さらに移動速度も遅いために、行き止まりに引っかかった時に引き返すまでの時間も長く、
    あまりプレイヤーにとって親切ではない設計に感じた。
    移動速度アップは雰囲気を壊すので嫌であるという事なら、
    Motherのダブルステップサンドのように足が速くなるアイテムや、
    乗り物等を導入してみてはどうだろうか。
    (自分はこの速度に耐え切れず、失礼ながらフィールド移動のみ
     プログラムの速度を上げるツールを使ってプレイしました。)

    ■オリジナリティ 5点
    ○新ジャンルを開拓する意気込みに共感。これはキている。
    「ついに来たか、オープンワールド」、見つけた時そう思った。
    また、ハッキリとしたストーリーが無く、散らばったヒントを使って世界観を理解していく
    サイレンのアーカイブのようなスタイルも、大好きなギミックだったので、もうツボに嵌りっぱなしだった。
    このゲームはまさに挑戦的、かつゲームそのものへのアンチテーゼとも取れるかもしれません。
    自分もいつかこういうゲームを作ってみたい。

    ■総評 4点
    このゲームは間違いなくキている。そして、本当にキている人しかまともにプレイできない。
    本当に人を選ぶが、ハマる人にはとことんハマる。

    このゲームは、「良い意味で」人にオススメできないゲームだ。

  • user-pic

    少しづつ進めて物語ポイント28になったのでもう一度来ました。(カンストかな?)
    自分にとっては神ゲーでした。とても面白かったです。
    前回のレビューでは書き忘れましたが、サウンドも最高でした。世界観とマッチしていて、記憶に残るBGMです。

    作者さまのブログも読ませて頂きました。
    更新を楽しみにしていただけに続きが無いのは残念ですが、それでもこの作品に出会えた事は私にとって幸いでした。
    このゲームは、序盤のマップの複雑さがとっつきにくく、中には序盤で投げてしまう方もいるかもしれません。
    それでも続きを見たい!と思えなかったのなら、そこまでなのでしょうけれど…。世界観を好きになれない方が無理に進めても楽しめるか疑問なところもありますし。

    死について。時の流れについて。存在について。意識について。記憶について。
    抽象的に、ロマンチックに、確実にグイグイ来る作風のオリジナリティーは数あるフリーゲームの中でも軍を抜いていると思います。
    あまり同じ人間が騒いでも仕方が無いと思いますので、感想はこれまで。
    もしも眠りから覚めたその時は、今一度ベッドに身を任せようと思います。
    しつこい感想を失礼いたしました。願わくば、少しでも多くの方に作品が認められます事を。

  • user-pic
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5
    • 5

    ゲームを6時間ほど進め、物語ポイント21になった現状でのレビューになります。
    個人的に凄く面白いゲームでしたので、気になった方の参考になりましたら幸いです。

    灰汁の強そうな紹介文に釣られてプレイ。
    ホラーといっても強烈な恐怖描写は無く、どちらかといえば「不意に影が差すカオスゲー」といった感じ。
    ギャグイベントはバカゲーが突き抜けて正に混沌といった印象です。
    ギャグのノリはアメリカンジョーク的ですが、要所に爆笑SEが入りますので笑い所が分からない方も安心です。
    個人的には渾身のギャグを真顔で聞き流す主人公が一番ツボだったりしますがw
    イベントのテンションが弾けてからの、すーっと引いていく時、ゾクっとくるような心地よさを感じます。

    「B級」「ブラックユーモア」「雑さ」に馴染みのある方に特にお勧めしたいゲームです。
    後は、チキンジョージを知っている方にはよりオススメしたいですね。
    とはいえ、何といっても濃いゲームですので、好き嫌いは分かれるでしょう。王道RPGが好きな方やホラーをギャグとして捉えるまで慣れていない方、つまり感性が普通の方には厳しいかもしれません。
    それでも、ストーリーはほぼ一本道であるのにも関わらず高い自由度は一見の価値有りです。
    そしてゲームオーバーはほぼ無いのに、適度な難易度が嬉しい!

    作者さまは紛れも無く芸術家であると思います。
    そしてしっかりした方であると同時に気が変(褒め言葉として受取り下さい)だと思います。
    こういったゲームにありがちな浅い世界観のストーリーなのだろうな、と予想して何気なく始めましたが、予想は嬉しい誤算によって見事粉砕されました。
    思うところ(考察)はありますが、ネタバレになりかねませんのでそちらの書き込みは控えます。今はただ、整然と波打つような恐怖に感覚をゆだねていようと思います。
    素敵なゲームをありがとうございました!

東京逃亡者のレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

東京逃亡者
と同じタグのフリーゲーム

サイト内検索