決戦!防衛?魔王城!のイメージ

決戦!防衛?魔王城!

10~20分で終わるお手軽防衛ゲーム! 魔王軍を組織しトラップを配置し勇者を迎え撃て!

総合得点 投票受付中
comment 1 (平均:4.2点)
view loading

■タイトル
決戦! 防衛? 魔王城!

※ブラウザでプレイする場合はこちらから(スマホからでも動作します)
http://opgame.jp/game.php?id=1374
http://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm1993

■ジャンル
コミカル防衛ゲーム

■プレイ時間の目安
10分~20分程度

■特徴
ほぼツクールMVデフォルト機能のみを使用した、
タワーディフェンスを目指したかった何かです。

四天王の中から次代魔王を選び、魔王城の部隊編成やトラップ設置をおこない、
勇者の進軍を食い止めましょう。

2018/03/19:バランス調整。また、ゲーム開始直後にクレジット等を参照可能に。
2018/03/18:イージーモード、ハードモード追加。

■操作方法
基本的なツクールMVの操作に準じます。

マウスクリック:移動、調べる、メニューの選択・決定
 ※マウスクリック移動時は常時倍速移動
マウス右クリック:キャンセル、メニュー画面を開く

カーソルキー:キャラクターの移動、メニューの選択
Spaceキー、Enterキー:決定、調べる
Escキー:キャンセル、メニュー画面
Shiftキー:押しっぱなしで倍速移動
(オプションで、常時倍速移動をONにしている場合は、通常速度移動)

■製作者
Izunabi (イズナビ)

メール:
Izunavy@gmail.com

Twitter:
https://twitter.com/izunabiIS


■その他
もろもろ、バグやら、誤字やら、設定ミスやら、バランスやら、
これもうちょっとこうの方がいいんじゃねえのやら、
何でもよいのでコメントいただけると大変助かります。

もし、実況やら宣伝やら、して下さるという奇特な方がいらっしゃいましたら、是非ともお願いいたします。

ゲームポイント

10分~20分程度で終わる、コミカル防衛ゲームです。
四天王の中から次代魔王を選び、魔王城の部隊編成やトラップ設置をおこない、勇者の進軍を食い止めましょう。

最も注目してほしい点、力を入れた点

誰が魔王になったかによって、魔王城内の面々との会話内容が諸々変わりますので、いろいろ話しかけてみてください。

プレイヤーの皆様へのメッセージ

ワンプレイ10~20分程度で終わる防衛ゲームです。
ゲームバランスは割と適当で、初見でもクリアできるかと思います。
と言うか正直誰を選んでも難易度に大差ありません。

更新履歴

2017/03/22 ver1.11b 誤字修正
2017/03/20 ver1.11 バランス調整、スノリに救済措置追加
2017/03/19 ver1.10 バランス調整
2017/03/18 ver1.09b パラメータ調整
2017/03/18 ver1.09 コアスクリプト入替、ウィンドウスキン変更、難度変更オプション追加
2017/03/16 ver1.08 誤字修正
2017/03/07 ver1.07 誤字修正、メタルゴーレムの能力調整
2017/02/24 ver1.06 不要プラグイン削除
2017/02/23 ver1.05 特定条件下でタイマーがストップするバグの修正
2017/02/23 ver1.04 YEP導入・戦闘高速化、セーブポイント位置変更、雇用ユニット追加
2017/02/20 ver1.03 勇者側の能力調整、新たに雇用可能なユニットを追加
2017/02/19 ver1.02 魔晶石トラップの設定ミス修正、魔王の能力調整
2017/02/19 ver1.01 一部トラップの資金設定ミス修正
2017/02/19 ver1.00 初回リリース

[決戦!防衛?魔王城!]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
シミュレーションゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 7 8 10
DL回数
制作者
Izunabi
制作サイト
Twitter
本体サイズ
138MB
Version
1.11b
最終更新日
2017年3月22日

決戦!防衛?魔王城!の他にオススメの無料ゲーム

決戦!防衛?魔王城!のレビュー一覧 (コメント数2)

  • user-pic

    >高島れん 様
    プレイ、ならびにご感想ありがとうございます。
    ご感想にもありますとおり、フラグ管理がやたらと複雑というか、もうちとスッキリ作れたよなぁという感じではありますが……

    ゲームバランスについてなのですが、当初の制限時間は、4分で想定しており、その上でのバランシングとしていましたが、4分となると、プレイヤーにとっては短く感じるよな、ということで5分へ。
    「でも1分増やしたところでグレーターデーモンと契約すれば消し飛ぶからなぁ」ということで、更に1分を上乗せした結果、6分という、少しばかり過剰な猶予時間となってしまっていたようですね。
    また魔晶石トラップも、本来はもう少し効果が控え目だったのですが「プレイヤーが楽になる分にはいいか」とあえて効果を高めておいたのですが、結局それが「まずトラップありき」になってしまっていたようです。

    ニコニコのアツマールなど、他の公開場所でも簡単すぎる、という声が多く、私自身もテストプレイ時にはかなり時間を余らせてしまっていましたので、ここはバランシングいたします。

    大雑把なところを抜き出すと
    ・制限時間を6分から5分に短縮
    ・各種トラップの設置に要する時間を上乗せ、魔晶石トラップを本来想定していた効果に引き下げ
    ・大型ユニットの雇用費用を下げて能力は若干上方修正
    ・猶予時間延長を5万Gスタートのところを2万Gスタートとし延長時間も20秒から30秒へ増加、「時間が足りなくなったら延長させる」という選択肢が取り得るように
    という感じで調整いたします。

    戦闘の高速化については、既に標準プラグインによる戦闘速度4倍アニメーションに設定してこれですので、申し訳ないですが、こちらは現行仕様のままとさせてください
    (戦闘高速化プラグインも見付けたのですが、こちらは「高速化ボタンを押さない限りは通常速度(現行の1/4)」というものでしたので、現行のままとしました。結局アニメーションだけ早送りになったところで戦闘ログのテンポは改善しないので……)

    また、宝箱で勇者を誘導する際、中にわざと「強そうな見た目の弱い武器」を入れて換装を促すシステムや、勇者側のアイテム破壊(「ボトルブレイク」というトラップを考えていた)、隠し部屋、勇者側の成長要素なども考えてはいたのですが、結局のところ、複雑化するだけでプレイヤーにとっても負担にしかならんよなぁ、ということで見送った次第です。
    (こちらとしては、最善手は1~2周程度で見切ってしまっても構わないくらいの、ゆるゲーとして作っているので、あまり難度を高めたり複雑化してプレイヤーの負担を増やしたりしたくないという思いがあり……)

    なお、いつになるかは分かりませんが、「本作と舞台設定の繋がりがある、新生魔王が選出した新生四天王それぞれの拠点(つまり4ヶ所)から一つをステージ選択して防衛する」あるいは「魔王が王城陥落を目指すため勇者側が迎え撃つ(本作の逆)」なんてのも構想だけはあります。構想だけは。
    もし、「あれっ? どっかで見たタイトルだぞ」という作品を見かけたら、プレイしてやってください。いつになるかは分かりませんが。いつになるかは分かりませんが!(大事なことなので3回言いました)

    以上、貴重なご感想、ご意見、ありがとうございました。

  • user-pic
    • 4
    • 3
    • 5
    • 4
    • 4
    • 5

     非常に斬新なシステムですね。イベントフラグの使い方が秀逸で、MVでこんなゲームが作れるのか、と大変勉強になりました。

    >シナリオ
     シナリオがなくても機能するゲームですが、勇者達のステータスが見れたりするのは嬉しいですね。四天王のキャラ付けが良く、それによる配下の反応の違いなども楽しく、「全員話しかけておこう」と感じました。

    >グラフィック
     罠を設置したら、罠が表示されるなど、当たり前のようではありますが、プレイヤーにとって親切設計です。

    >サウンド
     イメージに合致しています。

    >システム
     MVの機能を使いこなしています。フラグ管理など大変だったかと思います。

    >オリジナリティ
     オリジナリティの塊です。タワーディフェンスゲームをMVで作ろうと思っても、なかなかここまで達成できないと思います。

    >総評
     ゲームバランスを調整すると、面白さが上がりそうです。

    1.6分という制限時間
     ノーマルとハードで2人(?)ずつプレイしましたが、初見でほぼ最善手に近いものが見つかり、初見ハードクリアとなりました。開発者様としては、プレイヤーがどう判断してどう行動するかが読みにくいのが難しいところだと思います。
     時間を要求される行動がありますが、6分あると、初見で城内全体の全イベントを調べるのに十分で、また、ほぼ全イベントを実行できます(金銭面的にも)。
     例えば現在の難易度なら、イージーで6分、ノーマルで5分40秒、ハードで5分20秒くらいだと、ハードの難しさが際立つかもしれません。また、周回プレイを通して情報を集める楽しさが生まれるかも。

    2.戦闘の高速化スクリプト
     決定キーを押しっぱなしにしていても、戦闘中は何もすることがないので、なお長いと感じます。もしそういうスクリプトがあるなら。

    3.最善手を見破られないために
     ゲームデザイン上、MPの枯渇がかなり有効なのですが、MPを奪う罠が格安です。かといって、その罠がやたら高額であれば、設置したくなくなります。勇者軍のリソースは「HP」「MP」「アイテム」の3つですが、リソースの種類が増えれば増えるほど、最善手が分かりにくくなります。
    ・魔王城に、勇者軍の武器防具が設置してある。進軍前に時間を消費することで、その宝箱を破壊できる。
    ・魔王城に、勇者軍のHPMPを全回復する魔法陣が設置してある。お金を消費することで、その魔法陣を破壊できる。(破壊するかしないかを五分五分の選択肢にする程度の、ゲームバランス調整が難しい)
    ・(これは微妙な案ですが)強い魔物は勇者を足止めするのに有利だが、勇者たちは魔物を倒すたびに経験値を得て、そこそこレベルアップしてしまったりする。
    ・四天王がTP(テクニカルポイント)を2だけ持っており、これを消耗することで、そのときだけ交渉を有利に進めることができる。(ただでさえ大変なフラグ管理ががが……)
    ・城の離れに隠し金庫があり、お金を調達できる。(でも、遠いので時間がかかる)

     この作品も秀逸ですが、もし次回作など作られましたら、ぜひプレイしたいです!

決戦!防衛?魔王城!のレビューをする

12345

シナリオの深さ。飽きずに長く遊べるようになっている工夫など。

12345

ゲーム画面の画質。演出の綺麗さ、キャラクター面の見栄えなどで判断。

12345

ゲームイメージにマッチしているか。ボイスありの場合はセリフが棒読みでないか。

12345

操作性やストレスなく遊べるか。レベルの高い技術を取り入れた作品かどうか。

12345

独創性があるか。斬新な演出や新たなジャンルの開拓など。

12345

熱中したか、ハマれるかどうかなどゲームとしての魅力。

※評価は1つのゲームにつき1人1回のみ反映されます。
※返信する時など評価をしたくない場合は、★を押さずにコメントのみで投稿してください。

サイト内検索