非現実都市のイメージ

非現実都市

――混沌とした退廃的世界の虚無的物語――

loading view

このゲームは評価ならびにコメントを受け付けていません。

■基本紹介文
 「閉じた現実」、「仮想現実」、「夢の中」。
 それぞれの世界を行き来して、物語は進んでゆく。
 ――混沌とした退廃的世界の虚無的物語――

AzDesignADVで制作

■動作環境【注意】
動作環境以外(Windows Vista/7等)では、起動できても、途中でフリーズする場合があります。

■注意文
・人によっては、不快に思う内容であり、人を選ぶ物語かもしれません。
・そもそも不快な人間がたくさん登場する物語です。
 それは、不快な人間、愚かな人間を罰してゆく、という面がある物語だからです。
・ドット絵ですが、死体か、それに近い表現が含まれております。

   以下、蛇足。

■半分紹介文 VerB
 ある人間の、怒りの物語。
 悪が悪である事にも気づかず、色んな人間が細かな悪を繰り返す世界の中で。
 何が悪で、何が悪で無いのか......
 悪は、はっきり悪だと断定し、断罪する人物が描かれる物語。

■ぼんやりとした内面文
 意思も無く、ただ見知らぬ先があるから進んでいく......。
 憂鬱な風景ばかりが眼に入るばかり――改善されない世界。
 立ち止まりたくなかった。だから見知らぬ先、新しい場所へ進みたかった。

■非凡(非平凡)駄作
 一部の人しか、良い思われない内容かもしれません。反面、個性が強いと仰る方が、数人だけはおられました。
 なので! ありきたりな作品、よくある作品に辟易《へきえき》している方には......どうでしょう。合ったりするのでしょうか。少なくとも娯楽作品(エンターテイメント)では無さそうです。

ゲームポイント

・プレイ時間:1時間半くらい。
・ゲームでは無く、芸術に近い物と考えている。
・冗長性を省き、平凡で無い事を信念とした。
・ありきたりな物では無い物を求める人に向くかもしれない。
・さ迷う内容。ゲームの目的は無い。
・虚無、風刺。憂鬱。ハードボイルド。

最も注目してほしい点、力を入れた点

言葉では表現できないモノを込めた。
自分だからこそ、自分にしか作れないモノを、作った…つもり。
それがたとえ、大多数にチンプンカンプンであっても、私は、自ら作ると判断したものを、作る。
それが、フリーゲームの一角であってほしい。商業作品では不可能なことを、やれる。
説明しない作品も、作ることができる。

プレイヤーの皆様へのメッセージ

動画配信等は各々の良識にお任せ。
この世界の全てを見ようとすれば、それなりに難しく、そして不条理に満ちているので、ご覚悟を。


■メッセージ

人との感性の違いに、疲れてしまって……

ゲームに芸術を持ち込むのは、受け入れられない無理解に陥ってしまって……

私が作るのは、ゲームでは、なかった。

型を知りて、自覚的な型破りな作風も、破りすぎたために、的外れな批評を受けてしまい、自分は異端なのかもしれないと感じてしまう。

なおかつ、時代が進むごとに、ゲームは「易しく」、「分かりやすく・理解しやすい」ものでなければ、受け入れられなくなったと、思う。

自分の作風は、今の時代に、受け入れられない。――と、悟る。

それでも、作りたくないモノを、作りたくない。
作りたいものを作りたい。

私には、今の人たちの感性で意見を云われても、意味をなさない気がするので、レビュー機能は、ずっとずっとOFF。

私の作品作りとは……遺書のようなものかも…しれない。

更新履歴

2013/01/13 Ver2.00
 大規模修正。
・全体的に文章修正。
・オープニングを、シーン群「始まりの心象」へ変更し、腐市_屋内から見れるように変更。
・一度見たシーンへは【済】と表示。
・バグイベントの時間を若干短くした。予めDボタン押下で大幅省略可能。
・ゲーム開始時に操作説明を加えた。
・どこかへ「呟木」という木を配置。
・ワープメモリ保存装置の説明書きを配置。
・自室PC、隠した。代わりに張り紙を配置。
・壊夢から禁止洞窟へ行って戻ると、虚夢へ行くところが、システム上は壊夢の扱いになっていたバグを修正。
・TRUE END?後、再び、自宅や無空間(自宅周辺)マップへ行くと、自動的にイベントが発生してしまうのを修正。
・ゲームクリア後も、アイテム使用で、ゲーム機を起動できるようにした。
・ワープメモリ返却可能に。
・マップ「水増し夢」追加。
・腐市で、人物が一瞬映り込んでいたものを修正。
・スタッフロール、一部の文字を薄くしてみた。
・・エトセトラ...その他細部諸々修正。
※作者の環境(OS等)も動作環境外になり、私もこのソフトを完全には正常動作させられなくなりました……。なので今後、修正不可能な場合もちらほら出てきそうです。

2012/07/23 Ver1.02
 誤字修正。readme修正

2012/06/06 Ver1.01
・サイケデリックシティの前景(フォグ)ON/OFFを、分かりやすい所に配置。マップを移動しても設定は保持される。しかし、実行するイベント等によっては、また前景が表示される
(あくまでサイケデリックシティのみ。「疑心暗鬼大学2階」は無関係。)
・readmeに[Ctrl]キーによるすり抜けについて記載

2011/06/05 Ver1.00
 正式版 公開
 添付文章の内容を一部変更

2011/05/29 Ver0.10
 STG時、使う効果音を一時的にシステム効果音にする。これにより、効果音を鳴らす度にファイルを読み込まずにすむ。速度も多少は改善されるはず
 注意文付加
 シーン『レッドパス vs ノロ』を見ても、見たと判定されていなかったのを修正
 スタッフロール追加:テストプレイ

2011/05/12 Ver0.09
 ベータ版 公開

[非現実都市]をダウンロード

配布形式
フリーウェア
カテゴリ
アドベンチャーゲーム
年齢制限
全年齢
対応OS
Windows 98 Me 2000 XP
DL回数
制作者
ワイヤー・パンサー
制作サイト
wpMakeList
本体サイズ
0.8MB
Version
2.00
最終更新日
2013年1月13日

非現実都市の他にオススメの無料ゲーム

サイト内検索